1000の気づきと学び「潜在意識の大掃除」の最近の記事

先日、ある医師が、年齢を重ねると
「呼吸までも楽をする」ようになってしまうという話をされていました。
多くの高齢者の口ぐせは、「面倒くさい」です。
呼吸を面倒くさがると、浅い呼吸になってしまい、脳への酸素の量が減ってしま
うのだそうです。
それで、睡眠時間をきちんととっても、日中が眠いことが多いそうです。

 

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s.jpgのサムネール画像のサムネール画像



このような方は日頃から運動不足の方が多いようです。
意識して呼吸をする時間を取り入れてくださいということでした。

 


練習の仕方は
息をフッフッフッと鼻から3回吐きます。
多分、お腹がへこむはずです。
そして、そして大きく鼻から息を吸い込みます。
そうすると、腹が膨らむはずです。
そこで、1秒ほど息を止めます。

 


立派な腹式呼吸ができました。
これを急ぎ足で、10回位繰り返せば、しっかりした呼吸と立派な運動になるようです。

 


脳を活性化させる為には、酸素不足は"喝"ですね。

 

仕事や勉強に集中できれば、高い生産性が得られ、記憶力や理解力を高めることができます。

この集中力を自由に自分でコントロールできるようになりたと思われている方がたくさんいます。

そこで、そのヒントの一つ、超集中状態、スポーツでゾーンに入るといいますね。

これについて考えてみましょう。

 

ゴルフ

   

『ビギナーズ・ラックで、チャレンジしてみよう』


ビギナーズ・ラックとは、はじめて何かにトライしたときに、

思いがけない好成績をおさめたり、幸運を得たりすることです。

あなたも、こうした経験があるのでは?


昔、アメリカの心理学者がゴルフでビギナーズ・ラックを経験した男女100人からその時の心理状態を聞きました。

すると、大半の人が次のように答えたそうです。

「ただ、無心にプレイしました」

「ダメもとの気持ちで、楽しみながらクラブを振った」など。

要は、いい成績をだそうとか、勝とうとか、イイところを見せようとか、そういった気負いや緊張がないので、リラックスしてできたということですね。

つまり、このリラックスが大事なのでしょう。

何事も結果を恐れないで、ビギナーズ・ラックの精神でチャレンジしていきたいですね。

 

◆1000の気づきと学び「潜在意識の大掃除」◆No.932
    

自然愛 潜在意識

 『好みの色と似あう色は違う...自分を変えたいとき』
 
...妻が友人の勧めで、パーソナルカラー講座へ行きました。
彼女がわかったことは、
自分が好きな色や好きな形の洋服は、必ずしも自分には合っていない、
ということ。



別な言い方をすれば、センスが悪いとも...こういうことを妻には言えませんが。
 
 他の人から見た自分と、自分から見た自分に大きな違いがあったりします。
こういうことは普通にあることなので気にしなければ問題にはなりませんが。
洋服は、勉強すれば自分に似合う洋服を見つけ、自分をより魅力的にアピールすることができます。
また、自分に似合っていても、好きでない洋服は着る必要はありません。
自分で選択できる、つまり、自分でコントロールができるわけです。
  


 問題なのは、なりたい自分(性格的要素)※があって、
そのように変われない自分がいる場合。
洋服を変えることだけでは、簡単にはなりたい自分には変われないでしょう。


 でも、それもその人が真剣にそれを望んでいるのであれば、潜在意識を活用すれば、より効果的に変えることができます。
現在の自分はすべて潜在意識に記憶されているので、なりたい自分を具体的にして、新しい記憶として潜在意識にプログラムをするのです。


 それと並行して、外見のイメージチェンジもされるとより効果的ですね。

※...自分がこういう人間だというイメージ(セルフイメージ)が潜在意識に形成されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

◆1000の気づきと学び「潜在意識の大掃除」◆No.933

    

自然愛 潜在意識


 『愛を優先が、収益改善の秘訣』

 

...先日TV番組のアンビリーバボーが、アメリカのある水族館の子どもイルカのことをとりあげていました。

水族館の経営は火の車。

 


 瀕死の子どもイルカを助ければ余計に経費がかさみます。

しかし、スタッフは瀕死ながらも必死で生きようとしている子イルカを助けることを決意しました。

 


 しかし、子イルカの状態が良くなってきてホッとしたところで、また問題。

今度は子イルカの尾ひれが腐りはじめ、このままでは全身に広がって死んでしまう。

尾ひれを切断するしかないと獣医は言います。

しかし、尾ひれを切断すればイルカは自分で泳げなくなる。

そうなれば、今以上のスタッフの介護が必要となる。

しかし、スタッフは決断します。助けると。

 


 そして、尾ひれ切断後、なんと子イルカは自力で泳ぐようになりました。

皆、一斉に喜んだ後、また落胆。

不自然な泳ぎの為、イルカの背骨が曲がってきたのです。

 


 そこで、必死で思いついたのがイルカの義足ならず、義尾ひれ。

しかし、お金がない。また、必死で考えた末、募金をすることに。

1ヶ月経ったある日、有名な義足メーカーから、

「うちの会社で尾ひれを作らせてほしい」と申し出がありました。

「募金でまだお金が集まっていない」というと、無償でOKだと。

 


 そこから1年半、改良に改良を重ねて、やっと義尾ひれで、子イルカは健康的な泳ぎができるようになりました。

 


 そのことが話題となり、水族館には大勢の人が来るようになり、大幅な経営黒字となりました。


 

 愛を選択して得た大幅な経営黒字。運命のイルカとの出会い。

愛は水族館を救った。

--------------------------------------

   ◆1000の気づきと学び「潜在意識 の大掃除」◆No.934

豊か 潜在意識


    
 『現代の忘れ物・・・自ら動くこと』
 
...「おかれた場所で咲きなさい」著者の渡辺和子氏は、心の灯運動を実践されています。
その運動のスローガンとは、
「暗いと不平を言うよりも、進んであかりをつけましょう」
というものです。



それは、
「幸せを他人まかせにしてはいけない」
自分が積極的に動いて、はじめて幸せを手に入れることができるのだという真理です。

便利さを求め、面倒なことを嫌う現代の忘れ物のひとつは
「自分から動くこと」そして、
「世の中を明るくしていこうという積極性」
を持つことだと彼女は伝えています。


あなたがこの考えに同意し、なにかしら行動を起こすなら、それは多くの人に潜在意識を通じて、広がっていくことでしょう。
あなたの「思い」が大切です。
「思い」は、心を通じて伝播します。

・・・・・・・・・・・・・・・・

   ◆1000の気づきと学び「潜在意識 の大掃除」◆No.935
     

滝と川 散在意識



 『難しい仕事をあえて引き受ける』


...難しい仕事がきたら、パスすることもできます。
しかし、なぜ、私のところに来たのでしょう。
偶然来たのではありません。
それは、私がチャレンジする為に引き寄せたのです。
 


 しかし、それに気がつかずに、
私には無理だ、忙しい、利益の割にはリスクが大きすぎる
あえて苦労する必要はない・・・などと考え、避けてしまいます。
それは大変もったいないことです。
 


 難しいと思う仕事は、あなたにとって未知で、経験していない領域をもたくさん含んでいます。
新しい発見がたくさんあるはずです。
 

 
 新しい発見を楽しんでください。
成功・失敗に捉われず、「私は、新しい発見を楽しめる余裕がある」と、自分に暗示※をかけてください。
 

 
 難しい仕事を通して、あなたは様々なことを学びます。
それがかけがいのない財産になります。
 

 
※数回深呼吸をして、リラックスしてから、心の中で数回、望む状態を唱えます。これを望む状態が叶った実感が持てるまで続けることをお勧めいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち1000の気づきと学び「潜在意識の大掃除」カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは1.ビジネス面です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

1000の気づきと学び「潜在意識の大掃除」: 月別アーカイブ