2010年7月アーカイブ

 
私のパートナーの一人、リーサ・フローラーの"学び&気づき"を紹介します。

--------------------------------------------------------------------------------------------
----  変化を楽しむ  ----

 私たちは、何の変化も無い毎日を送っている人は誰もいません。


同じような毎日を送っていても、細胞は常に入れ替わり、生まれ変わっています。

変化には、自分が希望して変化を求めた場合と、家族が突然病気になるなど、変化せざるをえない場合、また加齢に伴って環境や身体が変化していく場合があります。

 どれも自分を成長させるために準備された出来事、問題、課題です。自分が希望せずして起こった変化の場合、その状況を受け入れられるまで、人によっては戸惑い、絶望感に襲われ、病気になってしまう場合もあります。それは決してよくないことではありません。


 しかし、自分に起こる変化に大きく戸惑わないためには、自分を客観的に見ることができるようにしておくことが大切です。
客観的にみるとは、自分が人生のどんな位置にたっているのか、自分が今、何を学ぼうとしているのか、何を超える時期なのか、或いは吸収する時期なのかをじっくりと洞察してみましょう。


 たとえば、家族になにか問題が起こったとき、その問題が起きたことが自分のせいではないと思ったとしても、大切な家族が健全な生活を営むことができるようになるために自分が何をすることができるのか考えます。

その場合、根底にあるのは愛や信頼関係を築くことを学ぼうとしているのですが、その学び方は、ひとによってそれぞれ違います。

自分が今、子供や夫(妻)、両親を助ける、より一層の愛を育むことを学んでいるのだとわかれば、誰かを非難することなく自分に合った対処の仕方を冷静に見つけられるはずです。


 対処の仕方には、自分が知らないことに対して情報を得る必要があるでしょうし、時間も要するでしょう。

しかし、情報を得ることで、人間関係がひろがったり、自分の心の壁(たとえば、見栄や劣等感など)を取り払うことができたりと、やはり自分の成長につながります。

自分以外から降りかかってくる変化にも、偶然はありません。

変化はあなたが学ぶ必要があるときに、ベストなタイミングにやってきます。

そのときを気づかずして、その場しのぎで過ごすと形を変えてまた同じ課題がやってきます。


 潜在能力開発法シルバメソッドの開発者:ホセ・シルバは、『人生は問題集のようなものだ』といっています。

まさに、死ぬまで私たちには、さまざまな問題が起きます。

変化と仲良しになり、変化が起こるたびに自分が成長できることを信じて、生きていくポジティブな姿勢を身に付けることが、一層人生を楽しんで充実させていくコツといえます。


 人には、変化の多い時期と変化の少ない時期とあります。

あまりにも安定した生活を維持するために、現状にしがみつこうとするがゆえに頑張りすぎたり、その頑張る方向が違うと問題の解決がより複雑になります。


 たとえば、マインドの鏡を完璧に使って、自分の思い描いたとおりの現実が現れなかったとき、そこにはあなたが学ぶべきほかの課題があるのだと認識してください。
 

 いずれにせよ、直感が働くように心身ともに自分のコンディションを毎日整えておくことは大変重要です。

そのために、レベルに入り、自分のメンタルスクリーニングをすることは大変重要です。

また、トレーニングを積んで、直感が冴えてきたとしても、自分の課題を避けることはできません。

が、直感を活用することによって自分が成長する速度は速くなり、変化に対するストレス度は随分軽減します。

さらに心の平安が広がっていきます。

 変化を前向きにとらえる考え方として、スピリチュアルカウンセラーのキャロル・アドリエンヌは、次のように言っています。


 『変化は自分に必要なものを運んできて、本来の自分の姿へと近づけてくれる手段であると信じてください。このように考えられるようになることで、私たちは日常生活の中から、自ら抱えている問題を解決するヒントを巧みに読み取れるようになります。』 


 何か問題が起こったときに、あるいは問題だと感じたとき、最初は戸惑うかもしれません。

しかし、それは自然なことです。

それを自分の成長を促すサインだと受け止め、問題を洞察し、直感を活用することによって、解決を進めていけるようになると、変化は怖いものではなくなってきます。

もし、その問題が何を学ぶサインかわからないときは、夢のコントロールやグラスの水のテクニック、或いは助言者を活用しましょう。(潜在意識を活用するシルバメソッドのテクニックです)


変化は、自分を変えるために訪れてくれます。あなたを成長させるために・・・

前日は、日常の癖を改善する標準の3つのステップの内

◆第1ステップ

  あなたの癖は、何故、望ましくないのかを考える。

◆第2ステップ 

 改善したい癖をどのように変えたいのかを考える

までを紹介しました。



今回は最後の第3ステップをご紹介します。

◆第3ステップ 

その望む状態になるようにあなたの潜在意識にプログラムし、実行する。



 望む状態にするための潜在意識にプログラムする為に、次の二つの方向でします。

1)どのような行動をとるか事前に決める

 イ. 例 テレビの例でしたら前日に、翌日に見る番組にマークをつける。 1時間以内。

 ロ.残りの時間内でやりたい事、何をするのかを決める。

   勿論、テレビ1時間を見て、残りが2時間でしたら、2時間でできる内容です。
 
 注)イ、ロを妨げる障害があるならば、それを解消します。

 例えば、家族ですんでいるならば、家族に

 ・その見たい番組を事前に伝えておく。

 ・この時間は、〇〇をすることを了解してもらう。


2)潜在意識に望む状態をプログラムする

 標準的プログラムの仕方は、次の3つのプロセスで進めてください。

 1.心身をリラックスして、脳波をアルファ状態にする。

 2.次の二つをあなたの潜在意識にプログラムしましょう。

 (1)「私は、前日に見たい、または見る価値があるとマークをつけた番組だけ見ます。それを見ることにより、満足できます。」

  (上記の言葉は、あなたの確信が入る言葉に変えてOKです)

 (2)望む状態が出来た喜びに浸るイメージをして、それを満喫する

 3.ベーターレベルに戻る。


 このプログラムを毎日行ってください。望む状態が自然とできる状態になるまで繰り返しプログラムします。


 上記の心身のリラックスの仕方が分からない方は、下記をご参照ください。

   心身リラクゼーショントレーニング法:脳波アルファ状態に入る 


<補足>シルバメソッドの卒業生の方は、3本指のテクニックを活用してください。

 例えば、

 ・テレビを見たいなと思ったとき、あるいは、

 ・疲れたなと感じた時、

 あなたは、帰宅して直ぐテレビのスイッチをつけて、だらだらテレビを見る癖をもっているならば、あなたの潜在意識は、

上記の二つともテレビを見るぞという信号をだしていることに気づくことが大切です。

そのような気持ちになったときは、すぐ3本指のテクニックを使います。

そして、その気持ちを取り除き、自分の望んでいる状態を創っていきます。



◆補足ステップ

 上記のことができているか、カレンダーに評価のマークをつける。

  〇...できた  △...不十分 ×...できなかった

 ×がついた場合は、その理由をはっきりさせ、それは重大であると考えたら、その対策を上記のステップに盛り込みます。



以上

テレビを見て後悔している方は、

 ?テレビを消し、見なければ、あなたが主人公になります。?

少しオーバーでしょうか。

しかし、これは決してオーバーなことではありません。

「あなたが自分の人生をどのように生きていきたいのか?」 

ということに大きく関わってくるからです。


他の日常の改善したいと思う癖があったら上記の3ステップを試みてください。


■ まとめ ■

 「テレビを消せば、人生とういう番組の主人公になれる」

日常的なちょっとした癖を改善する為には、あなたの潜在意識を

活用した3つのステップを踏みます。

 ◆第1ステップ:あなたの癖は、何故、望ましくないのか考える

 ◆第2ステップ:改善したい癖をどのように変えたいのかを考える

 ◆第3ステップ:その望む状態になるようにあなたの潜在意識に
           プログラムし、実行する。

テレビを消し、見なければあなたが主人公になります。
前日まで2回にわたり、

 テレビを消せば、人生という番組の主人公になれる

■1)ちょっとした癖が時間を無駄にしている

■2)日常のちょっとした時間を無駄にしている癖を良い癖に変えるには

をご紹介しました。



今回は、その癖をどのように改善するかをご紹介します。


■3)あなたの潜在意識を活用して日常の癖を改善する方法


 次の3ステップの実践が一つの効果的やり方です。


◆第1ステップ

  あなたの癖は、何故、望ましくないのかを考える。


 まずは、癖を変える動機を明確にすることです。

これは、良い習慣に変えたいという強い動機づけをもつための作業です。

あなたの動機付けの方向には、大きく二つあります。


 一つは、痛みを避ける

 二つ目は、快楽を求める



 ここでは、一番目の痛みを避けるに注目します。

何故ならば、その癖が問題であることを、まず、認識し、それが自分にとってどれほど無駄であるかに強く気付き、どれほどの痛みをもたらすかということを、しっかり確認することが大切だからです。

それが、よい癖に変える動機づけになります。



例えば、前回のテレビを見る癖を例にしますと、

「自宅に戻ると直ぐテレビをつける。そして、だらだらテレビを見たりする」このような癖があるならば、


あなたにとっての問題、無駄や痛みは何でしょうか?

・時間の浪費

・考えたい事ややりたい事をする時間がなくなる。

・1週間があっと間にすぎて、何も建設的な事や自分が本当に喜ぶ

 ことを自由な時間はあったのに、行えていなかったということに、不満を感じる。

・この繰り返しをすれば、1年間同じ生活、少なくとも1日3時間見ているとすれば、1年間に1095時間、即ち、1日24時間で割れば、

 45日にも相当する。

 1.5ヶ月も無駄に過ごしたことになります。
 

実は、自由な時間は、1日8時間だとするならば、4.5ヶ月無駄に過ごしたことになります。

・この時間は、人生全体を考える上で、もっとも大切な時間であり、それを無駄なことに削られているのです。

・・・・


ここまで、考えると大変な無駄をしているだけでなく、人生上の危機感を感じ始めるのではないでしょうか。

  「望むことを前向きに行えない人生を送っているのか?」と


 
これまでの作業からこのまま続くとどのような痛みがあるかが認識できます。

そして、この痛みが大きければ大きいほど、その癖をなくそうという

"決意"を持つことができます。

では、ここで、この癖をなくすと"決意"してください。



◆第2ステップ 

 改善したい癖をどのように変えたいのかを考える


あなたの望む良い癖を考えてみるのです。

つまり、動機付けの二つ目です。

 快楽を求める


例えば、上記の例でしたら

・テレビは事前に番組をみて、今日の見る番組を吟味して、1時間以内にする。

・残りの2時間を今したいことに時間を費やす。

 そのしたい事は、〇〇です。...この〇〇を具体的に決めることが大切です。

この〇〇に快楽の要素があるからです。

その快楽、即ち喜び、充実感や満足感は何なのかをしっかり考え、紙に列挙してください。

それが明確になったら、



明日は第3ステップを紹介します。
前日(1/4)

 テレビを消せば、人生という番組の主人公になれる(1/4)

■1)ちょっとした癖が時間を無駄にしている

例えば、テレビをだらだら見る癖はないでしょうか。

そうい方は、あなたの最も自由に使うえる時間、その時間は、あなたの人生を多きく影響を及ぼす大切な時間でもあります。

その自由時間は、平日は平均3時間です。

その時間をテレビに当ている。

 あなたの人生は有限です。 

テレビを消せば、あなたの人生は大きく変わります。

といことお話をしました。



さて、今日は、

■2)日常のちょっとした時間を無駄にしている癖を良い癖に変えるには


 これらの癖は、どこに形成されているのか?

それはあなたの潜在意識です。

あなたの潜在意識があなたの95%の行動を決定しているといわれています。


癖は、潜在意識に形成されいます。


癖というのは、潜在意識にプログラムされているので、あなたはいつものように自然とその行動(癖)をしてしまいます。

それは、そのように振舞うのが楽だからです。

違うことをすると何か、不快だったり、しっくりしない、抵抗を感じます。

だから楽な方を選択し、その行動を取るのです。


 そう考えたら、癖を改善するということは、潜在意識に書き込まれているプログラムを自分が望む行動に自然に振舞えるように書き換えればよいということになります。


その為には、どうすればよいか?


明日は、

あなたの潜在意識を活用して日常の癖の改善する3つのステップをご紹介します。

ご期待くあさい。
『あなたの思考』が人生、及び日々の生活に大きく影響していることを実感していただきましょう。

さて、"思考"を広義の意味で、顕在意識と潜在意識に分けることができます。

今回は、この潜在意識の方を取り上げます。


■1)ちょっとした癖が時間を無駄にしている
   あなたの人生は有限です。


 その有限の時間を無駄にしてる癖はありませんか。


今日は、日常的なそのような癖についてお話します。

そして、それを良い癖に変える方法をあわせて紹介します。



日常の代表的な癖の例をあげましょう。

仕事上でしたら

・朝は、一般的に能率が上がる時間です。

 仕事にかかる前に一杯お茶をのんでから、あるいは、1本タバコを吸ってから仕事にかかるということはありませんか。

・何か難しい問題に当たると、考えるのを止めて、目先の仕事をしたりして時間を過ごす。

・日中はだらだら仕事をして、残業時間になると集中して仕事をする。


私生活では

・仕事や家事の疲れで、ついついテレビ漬になる

・テレビやラジオをつけたまま、勉強をしている。


これに近い癖を誰でも持っているのではないでしょうか。


 さて、ちょっとした癖があなたの大切な時間を無駄にしています。

例えば、テレビ漬などは、冷静に考えれば時間を無駄にしている代表的癖の1つです。

多くの方がその罠にはまっています。


 あなたに、テレビ漬けの傾向があるならば、あなたはテレビを消す事で実際に人生が変わってきます。

 この事を次のように考えてみてください。

あなたが仕事をしているならば、1日24時間を三等分して、

・8時間は仕事をしており、

・8時間は睡眠の時間に当て、そして、

・残り8時間が、あなたの自由な時間です。

人生は、この自由な時間8時間で決まるといっても過言ではありません。


 何故ならば、人生は仕事だけではありません。

あなたの人生には仕事以外に5つか6つの分野を考えて行動する必要があります。

例えば、

 家族のこと、健康のこと、教育や自己啓発のこと、精神を豊かにすること、等。

それを考えたり、行動するのは、あなたの自由時間の8時間です。

しかし、この8時間の中には、食事や風呂に入る時間や通勤時間、家事の手伝い(家事)等が含まれます。


 そう考えると、本当に自由な時間は3時間前後になります。


 その時間、仕事の疲れで、何もやる気がしない。

ゴロゴロテレビを見て過し、1日が終わてっしまう。


 それならば、日曜の休みの時間を活用しようと考えます。

しかし、上記のような癖を持っている方は、日頃の疲れも手伝って、やはりテレビ漬けになてしまい。

結果上、休みの大部分を使ってしまいます。

何故ならば、テレビを見る癖を持っているからです。


 このようにテレビ漬けになっている人は、

 あなたの"主人公はテレビ"になっています。


 テレビを見ているときに、あなたが目にしているのは他人が楽しんでいる様子です。

その人たちは実に楽しそうですが、あなたは他人が楽しんでいるのを受身の姿勢で見ているにすぎません。

彼らはお金を稼ぎ、あなたは時間を無駄にしているのです。


 他人が楽しんでいる様子をたまに見るぐらいならよいでしょう。

しかし、平均的世帯は、一日に7時間もテレビを見ているというデータがあります。


 あなたは、どうでしょうか、チェックしてみてください。


 決して、テレビがあなたの主人公ではなく、あなたがあなたの主人公にならなければなりません。


 人生は有限です。


その有限の時間をコントロールし、豊かな人生を作るのも、望ましくない人生をつくるのも"あなた"次第です。

私のパートナーの一人、リーサ・フローラーの"学び&気づき"を紹介します。
------------------------------------------------------------
すべてを受け入れる

シルバメソッド基礎コース、4日目にケースワーク(※注)をします。

このときに、すべてを受け入れる準備が出来ている人のほうが、すんなりワークに取り組めるようです。

すべてを受け入れるということは、大変難しいと感じられるかもしれません。

そのすべてとは、

 緊張している自分、

 ケースワークが上手くいかなかったら恥ずかしいと思う自分、

 違う相手が良かったと思っている自分、

 逃げ出したい気持ちなど、

さまざまなことを感じている自分がいることを知ることからはじめます。


 そして、次にそれにさからわないことです。

 緊張している気持ち→よし!

 恥ずかしい→よし!

 逃げ出したい気分→それもよし!

と受け入れてみましょう。

なぜか、気持ちが落ち着いてきます。

こころ、意識が広がってきます。

開き直りが大切とよく言いますが、開き直ることが出来る人は、無意識に自分を受け入れているのだと思います。

自分を受け入れたから、開き直れるのでしょう。


 ケースワークの結果がどうでようとあなたの人生が他人に影響されるわけではありません。

その時に経験するあなただけの感覚をつかむ事が大切なことなのです。


 ケースワークをたとえに出しましたが、日々の生活の中で嫌だと思うことを少しずつ、受け入れてみる、受け入れられなかったら、受け入れられない自分をよし!とし、受け入れてみるということをやってみてはいかがでしょうか? 

あなたもあなた以外の人も、今そのままで完全なのです。


(※注)ケースワークとは、4日間のコースで、最後の午後全部をつかってケースワークをします。

このケールワークは、二人で行います。

一人は、心身をリラックスして、マインドのレベルに入ります。

もう一人が、問題を出し、それについてマインドのレベルに入っている人が、答えます。

言葉を変えれば、透視をし、健康状態の問題でしたら、ヒーリングしてあげます。

このようなワークを通じて、自分にも透視ができ、ヒーリングも可能であることを実感していきます。

その中で、自分の可能性を広げていきます。

先日のクイックセミナー(体験セミナー:約2時間30分)のことです。


参加された男性(30代)、子供の頃から不整脈があり、軽い運動もできない。

そして、薬は副作用があり服用できない体質で、薬による治療ができない方とうい方がご参加されました。

クイックセミナーの中で15分、シルバメソッドの心身のリラクゼーションをしていただきました。

この経験は、その方にとって始めての経験です。

15分のリラクセーションを終えて、ベータレベルに戻ってきた時の顔は、大変清々しい顔でした。

その時の状況をお聞きしましたら、

自分の心臓が規則正しく、大変穏やかに動いていることを実感し、感動をおぼえたそうです。

この方は、子供の時から不整脈と付き合っているので、心臓の動きを敏感に感じとれるようになっているそうです。


この初めての体験に非常に喜んでおられました。

自分の体質により、薬は服用できない。

では、他に何をすればよいか手立てのない数十年間、自分の体をなかなかコントロールできないイライラ、悲しみとともに、両親もかかえているだろう不安な時間を数十年間過ごしていたのです。

しかし、たったこれだけのリラクゼーションが自分にとっては、非常に有効(不整脈を正常化する方向)であることを直感されたようです。

薬も何も使わない。ただ静かに目を閉じて、講師の言葉で心と身体をリラックス・・・。勿論、副作用もない。

リラグゼーションの結果得られるものは、免疫力アップ、ホルモンバランスの調整、主にドーパミン(快楽、集中力ホルモン)の適量アップとセレトニン(幸せ度ホルモン)の適量アップ、アンチエイジング、健全な思考度アップetc・・・


その方は、クイックセミナーの2時間30分ほどの長時間は、通常では最後まで座ることができないのですが、普通に座っていられたことに対しても、途中のリラクゼーション体験の効果の一つだと感じられたようです。

上記の男性の結果からも、不整脈(心臓病の類)で悩む方にとっても、心身のリラクゼーションは大変、効果的であることを実感しました。



その方にご参加いただき、これらの気づきと学びを得られたことに感謝申し上げます。


あなたの周囲に不整脈(心臓に関する病気)でお悩みの方がいらっしゃいましたら、このことをお伝え頂ければ幸いです。


<備考>今週末に開催するウルトラセミナーでは、リラクゼーション(コンディデョニング・サイクル)の第三者に誘導するトレーニングをします。

 効果的には、CDで誘導することより、人が肉声で誘導した方が人間のオーラエネルギーが作用する為に、より効果的です。

前回は、

■物事には、良い悪いはない。

 良い悪いを決めているのは、あなたの心。

 その心とは、あなたの潜在意識です。

  ブルーマンデーもあなたの考えかたが大きく影響している。、

と述べました。

今回は、具体的にブルーマンデーの克服法をご紹介します。

参考にしてください。


■■2.ブルーマンデーの克服法

ブルーマンデーの克服の考え方の一つは、

仕事や家事に喜びを感じることを用意すればよい。

具体的には、進んでやりたいという気持ちにする動機づけです。

その方法の一つは、仕事や家事にやりたいという気にさせる目標を作ることです。

あなたの創造力を発揮して、月曜日の目標を明確に設定するのです。

例えば、
 
 〇〇の業務のレポートを2時間でまとめる。

 お客さんとのアポを5件とる。

そして、その目標を達成することによる達成感を感じることです。

この達成感を感じることが大切です。

上記のゴールを設定して、それができた事を確認できるようにします。

そして、達成できたことを認め、自分を褒めます。

できたら、その目標と達成したことを「成功ノート」を作成して、1行で記入する習慣を持たれることをお勧めします。

 例 「本日5件アポ達成・・・・・」

この繰り返しが、あなたの心(潜在意識)に達成感を深く刻みこみ、今度は、自然と月曜日がまちどうしくなり、月曜日の朝は、活き活き、やる気に燃えるようになります。

そのように、逆にあなたの潜在意識にプログラムすることも必要です。

そして、仕事や家事に対してプラスに考えるようになれば、仕事や家事が楽しみになるだけでなく、あなたの潜在意識は、多くのインスピレーションをもたらします。

そして、あなたの創造力が更に高まります。

故に、あなたが何事に対しても、例えば、

人間関係や能力、健康に対してもプラスに考えられれば、あなたが望んだ結果がもたらされる可能性が高くなります。

反対に、物事をマイナスに考えるならば、すべてが嫌な事にしか見えない、あなたが望まない結果がもたらされることが多くなるでしょう。

要は、あなたの心が何事にもプラスに感じられるように潜在意識にプログラムすることが大切。

それを知るには、色々な人を観察して色々な人生を知ることも役に立ちます。

潜在能力開発法シルバメソッドの開発者であるホセ・シルバは次のように述べています。

「人生は問題集のようなものだ。

 そして、

 あなたに解決できない問題はあなたには起こらない」

その問題を解決する毎にあなたは成長していく。

つまり、不安や恐怖が減っていき希望や勇気がわいてきます。


☆☆ハッピーでダントツになる7つの鍵の

鍵1:あなたの人生を作っている主人公はあなた自身である

今まで話したことは、あなたの人生をプラスにするか、マイナスにするかを選択する主人公はあなただといことです。

ハッピーな人生を送りたいと考えるなら、プラスを選択し、自分を喜ばせる方法はないか考え、創造力を働かすことが大切です。


■ まとめ ■

■ブルーマンデーを克服する一つの方法は、

遣り甲斐や喜びをもたらす目標を設定し、その達成感を味わうこと。

その繰り返しが、月曜日を活き活きし、やる気のある一日にする。

★★もし、あなたがブルーマンデーを感じるようでしたら、上記の
ことを実行してください。

その時の注意
 1.目標は前日に設定する。
   このゴールを成功ノートに1行で記入

 2.朝、成功ノートを見て、今日の目標を確認する。

 3.実施した結果を、成功ノートに記入する。
    目標達成したら〇印。
    達成できなければ、それを翌日の目標にする。

 4.上記をブルーマンデーがこなくなるまで、毎日実践する。
 あなたの思考が人生及び日々の生活に大きく影響していることを実感していただきましょう。

◆あなたの心は、あなたが書き込んだ通り、或いは書き込まれた通りに機能します。

 具体的には、あなたが信じる情報は受け入れ、信念に反する情報は拒みます。

 これが、あなたの深い心の底(潜在意識)においては、強い影響力を持っているため、あなたは潜在意識に書き込まれたとおりに、良くも悪くも考え行動します。

それを理解する為に、実際に起こる問題の場面についてを考えてみましょう。


■■(1)ブルーマンデーにする主な原因

あなたは、月曜日の朝は、爽快で元気よく仕事に行けますか?

また、朝起きて、活き活きと家事ができますか?

多くの方は、月曜日が他の平日より、どうも不快で、憂鬱な朝を迎えられているようです。

そのような嫌な気持ちで会社に向う、あるいは家事をすることは、憂鬱なつまらない一日を過ごすことになりかねません。

しかし、週末になるとそのような気持ちが徐々に晴れて、活き活きとしてきます。

1週間は、どちらかというと不幸に始まり、そして週末から幸せに変わる。

この1週間を充実した週にする為に、月曜日は大切な一日です。

何故に不快で憂鬱になるのでしょう?


その理由は、いたって簡単です。

仕事そのものには、不快のものだとか、楽しいものだなどとは書かれていません。

仕事は、プラスでもマイナスでもありません。

仕事をプラスに考えるか、マイナスに考えるかは、あなたの感じ方によるということです。

つまり、あなたが仕事に、家事に遣り甲斐を感じてるか否かに原因があります。

あなたが仕事に遣り甲斐を持つていたり、楽しみだったら不快な気持ちにはなりません。


その証拠に、今日は友達と一緒に旅行に行く朝だとしたら、活き活きワクワクするでしょう。

不快や憂鬱の原因は、あなたの心にあるということ。

仕事は大変だ、嫌だ、辛い等とあなたの心に潜在意識にプログラムされていると通り、朝反応するにすぎません。

仕事は楽しい。

面白い。

遣り甲斐がある。

とプログラムされていれば

朝は、気分はすぐれており、活き活きとして会社にいくことができます。

仕事そのものは、よくも悪くもないのです。

仕事をプラスやマイナスに感じるのは、あなたの潜在意識です。

そこで、気持ち良く仕事や家事ができる自分にするにはどうしたらよいか。


明日は、その為の方法を説明します。

あなたのどのようにすれば月曜日は活き活きと過ごせるか考えて下さい。


■ まとめ ■

■物事には、良い悪いはない。

 良い悪いを決めているのは、あなたの心。

 その心とは、あなたの潜在意識です。

  ブルーマンデーもあなたの考えかたが大きく影響している。
   人生には、テキストもノートも助っ人も、

   何でも持ち込めます。

     (作家 森 博嗣 氏)


持ち込めるとは、自分でゼロから考える必要はない、持ち込めるもとは持ち込み利用することだ。

多くの経験や情報や協力者が周囲にたくさんあるのだけら。

それらを活用すれば、あなたは非常に速く成長でき、物事は達成できる。


 自分一人で、なんでも考え、やろうとしている自分はいないだろうか?

それは、限られた人生を効率よく、効果的に生きる生き方ではない。

もし、一人で何事もしようと思うと、どうしても自分の限界を感じてしまう。

例えば、時間がない。能力がない。お金がない。・・・・


 そして、このような壁は、その時には高い壁のように前面に立ち塞がり、不可能のように感じてしまう。

テキスト、ノートを持ち込み、また、助け人に聞けば、いとも簡単にその限界を打ち破るヒントをうることができる可能性が大きい。

そして、これらは足し算ではなく、掛け算で働き、大きな効果をもたらす。


【ポイント1】

 あなの望む願望や目標を叶える為にも、大事な考え方は、あなたの周囲にある情報や協力者を活用すること。

それができない方は、潜在意識に「何でも自分でしなければならないという」プログラムをしっかり持っている。

そのプログラムを「すでにある情報や人の助けをおおいに活用する自分」とリプログラミングすることが、あなたの望む人生を効率的に効果的に進めることができまる。

このリプログラミングをシルバメソッドでは、メンタルハウスクリーニング(心の大掃除)と呼んでいる。


 今、述べたのは、左脳の世界=客観的世界の話です。

常日頃、意識することです。



 あなたには、もう一つの世界を持っています。

右脳の世界=主観的世界です。

あなたには、意識的には使っていない潜在意識を所有しています。


 この潜在意識は、次の3つの機能を果します。

 1.過去の経験の全てを潜在意識は、保有している。...巨大な情報の倉庫です。

 2.第三者、物体と交信ができる。...主観的コミニケーション

 3.宇宙の叡智の交信ができる。

この3つの機能は、あなたの望む情報を提供してくれる仕組みを、あなたは備えていることになる。


【ポイント2】

その潜在意識を活用することにより、

・テキスト/ノート ...情報収集

・助け人を引き寄せる。

が得れることになります。


 この客観的世界と主観的世界を両方活用する生き方ができるようにすることが、あんたに大きな可能性を得ることになる。

ただし、注意することは、両方の世界を活用することです。

相乗効果が生じます。

あなたの人生には、有効な資源が周囲に、あなた自身にたくさん持っているのです。

この資源を活用できるように意識することです。

これまでの潜在意識を活用したシルバメソッド1dayセミナーでの、参加者の方々の感想や気づきをまとめてみましたので、お知らせします。

自分ひとりで、いろいろ考えてはいたつもりだが、参加することによって、先生からいろいろ質問をされていくうちに本当の願望が見えてきた。

○今まで、自分の頭の中で考えていることを言葉にしていなかった。

 言葉にしてみる(紙に書く)と願望がよりはっきりしてきた。


○他の方の問題や願望も聞きながら、先生が他の方にされる質問を聞きながら、その質問の仕方を自分の問題にしてみると自分の本来の真の願望が見えてきた気がする。

 自分への問いかける内容によって、自分の中でまだはっきりと気づいていない願望や問題が浮き彫りにされることがわかった。


○これから何を実践すればよいかが明確になってきた。


○他の方の話(問題・願望・体験談)を聞けたり、自分の問題・願望に対しても、他の参加者からアドバイスをいただけ、そこからヒントも得られたので、 有意義な時間を過すことができた。


○自分の願望が達成したときの利益、恩恵をあらためて考えてみたらたくさんのそれがあることがわかった。
 

○母に恩返ししたいと言う気持ちになった。


この他にもまだまだたくさんありますが、やはり願望や問題を紙に書くということで、自分の頭の中を整理することができるようですね。

また、私どもの方から、

 なぜ今願望が実現していないのか?

 なぜ、願望を実現したいのか? 

 その願望がかなったときの利益、恩恵は何か。

 その利益、恩恵はあなたに本当の喜びをもたらすのか。

などの質問をしております。


それによって、かなり自分の中での真の願望がはっきりしてきますね。

これらの問いかけを続けていくと、最初に掲げた願望は自分の願望ではなく本当は、こういうことをしたかったということがわかった。

などという方は結構いらっしゃいます。


自分の問題や願望(問題)をさまざまな角度から、その時に考えていることをはっきりさせるために

 ベータのレベルで書いたり、

 話をしたり、そして、

 アルファのレベルで、スクリーンに映し出してみたり、

そこであらためて考えてみることで本当に自分が望む願望や自分という人間が何をどうかんがえているのかがよくわかってきます。


つまり、自分の願望を通して洞察することによってあらたな見解が見えてきたり、あるいは確信が深まったりします。

これは基本的なことです。

もし、真剣に取り組みたい何かがあったら、あるいは、何か気にかかっていることが是非やってみてください。

また、1dayセミナーには気分転換に参加してみたという方もいらっしゃいますし、レベルに入って疲れを取るため(寝るため)に参加したという方もいらっしゃいます。

正直でみなさんとても楽しいです。

動機はいろいろで構いません。

もし、お時間ありましたら、是非一度ご参加されてみてはいかがかなと感じております。

<備考>1Dayセミナーは、シルバメソッド卒業生の1日のフォローセミナーです。ご自身の課題をもとにワーク的に行い理解し、課題にトライするセミナーです)

1DAYセミナーにて

 ビオラ奏者の方(シルバメソッドの卒業生)が参加されました。

彼女から聞いた話です。

彼女は昨年秋から冬にかけて、パイレートクィーン(帝国劇場)という舞台で、彼女自らも舞台の上で他の役者たちとともに芝居をしながら演奏をするというお仕事でした。

彼女は親戚の中学2年生の男子が登校拒否になり、自宅から出ない状況が長く続いていたので気になっていました。

そこで、その舞台に彼の母親といっしょに招待をしました。

彼はあまり乗り気ではなかったようです。

しかし、舞台を最後まで見終えた彼は、なんと、次の日から学校へ行くようになったということです。


 その後、現在までも学校へはきちんと通っているそうです。

それを聞いた彼女はものすごく喜んでいました。


 きっと、舞台の内容も刺激があったのかもしれませんが、彼女いわく、その舞台を構成している、楽器や俳優の声、歌などによる振動が中2男子の心と身体に伝わり、水でできている私たちの身体に何らかの効果をもたらしたのではないか・・・と確信しているということです。


 また、親戚のお姉さんががんばっている姿をみて勇気や希望、元気、などを受け取ったということもあるでしょうし、彼を思いやる彼女の気持ちも熱く感じたことでしょう。


 私たち人間は様々なことで心が通じ合い、大きな変化をもたらす可能性を持っている本当に素晴らしい存在なのですね。

 人間も、音楽も、お芝居も、みなつながっていてここまで変化することがあるのだということを再確認しました。


 相手が望んでいるかどうかわからないけれど相手がいやでなければ、そして自分も負担ではない「自分ができること、してあげたいこと」をベータの世界で実践することはとても大切ですね。



<備考>1DAYセミナー...シルバメソッドの卒業生へのフォローミーティングです。

ワークショップを通じて、自分の課題を元に基礎コースのテクニックをより理解度を深め、課題のアプローチします。

約1日間のフォローセミナーです。

あなたは次のような経験はありませんか。

本を読んで、「その通りだ!」と思うがそのままで行動に移せずに記憶が薄れてしまう。

学んだことを実生活に活用していない。

など。

本を読んだときは、かなり充実感を覚え、"そうだ"と刺激を受けます。

人生やビジネスの問題を解決する方法がその本にはかかれており、すぐにでも使えるノウハウを発見するかもしれません。

そして、無性にやる気が出たりもします。


しかし、ここで一つ問題があります。

それは読んでいる最中や読み終えた後、しばらくは気分が高揚していますので、書かれていることを直ぐに実行しようという気になりません。

つまり、本を読んだことで、早くも満足してしまっている。

人間は忘れる生き物です。

次から次へと新しい情報が入ってきて、古い記憶はどんどん薄れていきます。

せっかく投資した時間、また、学びを無駄にしない為にも、そして、望む自分に変わるためにも、次のことを実践することを決意してください。


それは

『直ちに実行する』ことです。

あなたが、よいと思ったことは直ちに実行することです。

ただ読んだだけでは、実際に実行し体験したことより、どうしても印象が弱いです。

せっかくいいことを知ったのに、実践する前に忘れてしまうこともよくあります。

次から次と情報洪水の中で忘れ去られることもあります。

つまり、頭で分かったことと、実行することには大きな違いがあります。

実行した場合には、あなたにたくさんの情報がをもたらされ、気づきや自信が得られ、そして可能性を広げ、実践する価値や動機がおおいにもたらされます。

そのために、望む自分になるために、学んだことは

★『直ちに実行する』★

につきます。


第一の鍵:あなたの人生を作っている主人公はあなた自身であるこの鍵を持っているのは、あなた自身です。

行動を起してものにするか、しないで忘れ去られるかを決めるのは、あなたです。

あなたが良しと感じた事を行動に起せば、あなたは確実に成長するでしょう。

それを選ぶのはあなただといことを肝に銘記してください。


さて、実行できるようにする為に、次の3つを意識して行ってください。


■結果をもたらす自分になる為の3つの行動

1.本やセミナー等から学びの目的を明確にする

  あなたは、今、○○からどのような情報や知識、方法を求めているのか?

  あなたの願望や問題は何ですか?

  その為に、どのようなことが知りたいのですか?

  これらの問いの答えを紙に明記してください。

  あなたが何を求めているのかを意識し、集中することにより吸収率が高まるとともに、求めるものや情報が得られます。

  このことは、シルバメソッドの提唱するマインドの法則からもご理解頂けるでしょう。


2.TO DO リスト="やることリスト"を作る。

  そして、その優先順位を決める。

  その中から、今やることを一つ決める。


3.今やることを直ぐ実践する。



上記のことを意識し集中することにより、結果を生みだせる自分になります。

このことは、言うのは簡単ですが、行うは簡単ではありません。

ですから、そのことを行うと決意することが大切です。


あなたは、"直ちに実行する"ことにより、確実にハッピーなダントツになる人生を歩める自分へと変わっていきます。

人生を前向きに生きていきたい人、心のゴミを処理したい人、興味がある人は、次をご覧下さい。

-------

あなたのお部屋のお掃除や身体のお手入れと同じように今回は、心のお手入れ、掃除の仕方を学びましょう。
 
心の中にたくさんのゴミがたまるといわゆるストレス状態になります。

ストレスの解消の仕方は人それぞれだと思いますが、あなたは、心のゴミとはどのようなものかご存知ですか?

毎日の生活の中で感じる、イライラ、不満、怒り、恨みなど。

あなたが嫌な気分、気持ちになったら、それはすべてゴミです。

そのゴミの処理の仕方はあなたの健康にまで影響を及ぼしてきます。

ゴミのない心を培っていく

とりあえず、どんな時、どんなことであなたは嫌な気持ちになるのか?

自分を観察してみてください。 

その次は、この嫌な気分になった時、いかに自分が嫌だとは思わないように、或いはこれは自分を磨くチャンスだと考えられるように、ものごとの捉え方を変えていけるかが重要です。

絶対に相手が悪くて私が嫌な思いをしているのに、なぜ私が変わらなきゃいけないの?と思うことがあるかもしれません。

しかし、あなたはその怒りというゴミをいつまでも抱えていたいですか? 

だとしたら、それはとても損です。

相手がどんな人であろうとあなたが良いエネルギー、心がいつもすっきりと曇りのない状態で接していると、嫌だと思うことが随分減ってきます。

相手を変えようとするより、あなたが変わる方がはるかに容易ですし、健全です。

妥協するということではありません。

本当の気持ちいいを探る

気持ちのいいエネルギーは気持ちのいいに通じるエネルギーを引き寄せます。

友人と誰かの悪口で花が咲くことが本当の気持ちの良さとは違うことがわかってきたら、あなたは本当の気持ち良さに目覚めてきた証拠。

心のゴミの処理は、あなたの表情、身体の健康、人間関係、金銭面にまで直接関わってきます。

あなたはもっともっとキレイになれるはず!
 
人生はあなたがどんな人生を送りたいかを意識することで大きく変わっていきます。

本体験は、シルバメソッドのテクにク「マインドの鏡」を活用して、参加者未達のためトルコ旅行中心の連絡。それを決行に至らされる潜在意識のパワーを実感します。

そして、どのようなイメージを創れば潜在意識が機能して願望を実現するのだという事例として素晴らしいです。

=================================

マインドの鏡が参加者を集め願を実現

トルコで観た皆既日蝕

S・Hさん (41才 自営業 東京都)
(2009年6月号のシルバメソッドニュースから)

二年前の事ですが、トルコ旅行に纏わる体験を報告させて戴きます。

春のトルコ旅行を楽しみにしていた1月、旅行社から電話が入りました。てっきり確認の電話と思ったのですが、「中止したい」という内容。

トルコで起きた鳥インフルエンザ騒ぎ等で、参加者のキャンセルが相次いだのです。

「行きたい人は別の日に振り替えて欲しい」という打診でした。

しかし、私にはどうしても振り替えたくない事情がありました。

トルコで観測出来る皆既日蝕の事を偶然知り、その出発日に行ければ、日蝕を観る事が出来そうだったのです。


 しかし、日蝕が目的のツアーではないので、旅行社に責はありません。何とかならないかとお願いし、その電話を切りました。

「何とか」と言っても人数が集まらなければどうしようもなく、私も現実に出来る事として、友人知人を誘ってみたのですが、既に出発まで2ヶ月という状況。

「これから春休みなんて無理だよ」という類の返事ばかり...

私はもうひとつの出来る事『シルバメソッドテクニック』を使いました。


 旅行社からのキャンセル要請があった少し前、偶然(考えてみれば『必然』だったのでしょうか?)ネットでシルバメソッドのサイトを見つけ、久しぶりに基礎コースの再受講をしたところでした。

初受講から十何年も経っており、作業室も蜘蛛の巣だらけな状態だったのが、再受講のおかげで、満員の電車でも座れるようになり、マインドの鏡は磨かれ、三本指はキュッと引き締まり、作業室は蘇りました。


 リフレッシュしたテクニックをフル活用し、旅行を実現する為の『出来る事』を行いました。

メンタルスクリーンには、予定通り行ければ観測出来るはずの場所(古代ローマ劇場遺跡)で、歓声を上げながら日蝕を楽しんでいる風景を投影しました。

毎日毎日繰り返しているうちに、スクリーンに映る風景だけでなく、自分がその場所にいるリアルな感触も生まれてきました。

太陽が陰り、驚いた家畜や鳥が騒ぎ鳴く声も聞こえてきて、頬にあたる風も感じるほどでした。


 同時にグラスの水のテクニックも併用しました。翌朝、目が覚めると『19』という数字と、私が日蝕に関連する『資料』を見ている夢を思い出しました。


 数日おきに旅行社からの電話が鳴り、「中止か変更出来ませんか」という言葉。その度に「もう少し待ってくれ」とお願いすること数回、もう駄目かと半ば諦め始めた1月19日の夜7時(19時)でした。

電話が鳴り「こんな時間に?」と訝しがりながら受話器を取ると「参加者が出ましたので催行致します」という驚きの言葉。

聞くと、ここ数日の間に突然、何組かの申込が入り、最少催行人数には届かないが無理してくれるという事だったのです。


 喜びはしましたが、まだ安心出来ません。

メンタルスクリーンに映した古代ローマ劇場はオプションツアーなのです。

全員が行かなければ移動時間などの都合上、かなり難しいスケジュールです。

そこで、夢で見た『資料』を作りました。

日蝕が見られる地域を記した地図、日蝕を解説したテキストにイラスト。

観測専用のサングラスも作りました。

これらは現地で参加者を説得するのに非常に役立ちました。


 皆既日蝕と云っても知らない人にはその凄さが判らないようで、「途中で観られれば良いですよ」という感じなのです。

そこで、オプション不参加の人に『資料』を見せ説得しました。

するとイメージが沸きやすかったようで、興味を持ってくれて全員参加してくれることになりました。

現地ガイドも当初は「移動中にでも観られればよいか」程度の気持ちだったそうですが、私の熱意に押され移動等の調整に尽力してくれました。


 当日の空は見事に晴れ渡り、それは見事な『日蝕日和』。

大自然のスペクタクルを堪能しました。


 時間と空間がハーモニーを為して重なり合う体験は、最高の感動でした。

太陽が陰ることにより風が吹き、頬に触れるひんやりした感触は、マインドレベルで体験していたソレと同じでした。


 参加者から感謝の言葉を戴き、私は逆に皆さんに感謝しました。

『自分だけでも観られれば』でなく、皆にとって良い結果になるよう望んだ意識が良かったのかも知れません。


 シルバメソッド講習会で先生が言われている事ですが、αレベルを活用する為には、βレベルでの努力を惜しまず行う事。

マインドのレベルというのは、現実世界で困難に陥ったその先に、差し出される杖や羅針盤である事を実感した旅行でした。

 20年前の「マインドの鏡」で潜在意識にプログラムしたことがよみがえり、非常に有利な物件を手に入り、不況の中、順調に仕事が運ばれた事例です。

潜在意識の驚異的な働きに気づかされます。


夢を叶えた「マインドの鏡」⇒仕事は順調

==マインドの鏡が教えてくれたこと==

山崎仁弥さん(仮名) (50代、社労士、東京)


 今から20年近く前のこと、当時勤めていた会社の転勤のため、東京へ移り住んできた頃のことです。物珍しさから昼休みになると本社のあった市ヶ谷近辺をよく散歩したものです。

ちょうど麹町と旧日本テレビの中間当たりやや奥まったところに何となく心惹かれる静かな一角をみつけよく訪れました。

ちょうど時期を同じくして、シルバメソッド・セミナーが永田町で開催されていることを知り再受講することにしました。

当時漠然と「自分で事務所を持ってみたい」と考えていた私は「マインドの鏡」を使って、例の心惹かれる一角に事務所を開いた自分をイメージしました。

ただし、「何の事務所」「いつまでに」という具体的なイメージはなかったため、そのまま忘れてしまったのです。

 時が流れて2年前、夢がかなって資格を取得し、小さな会社を立ち上げていた私は、手狭になった事務所の移転先を探していました。

パートナーと話し合い、「市ヶ谷付近がいいよね」と毎日不動産探しをしていました。

一度決まった物件がキャンセルになるなど、なかなか見つからず途方にくれていたところ、偶然あの一角に入り込んだのです。

20年近くも前のイメージが鮮やかによみがえりました。

すぐさまインターネットで周辺の物件を検索し、今の事務所を借りることができました。

知人に占ってもらったところ、先にキャンセルになった物件は不吉な物件だったそうで、今回の物件は「大吉」とのこと。

正に災い転じての例えどおりです。

そして、自分自身がすっかり忘れていたイメージを「マインドの鏡」がきちんと覚えてくれていたことが本当に不思議に思えました。
 
 さて、その会社を立ち上げたときのことです。

資本金がありません。

このときもマインドの鏡を使って、「○○万円を手に入れ出資する」自分をイメージしました。

すると祖母が急に自宅を売り払って老人ホームに入居することになったのです。

その土地の権利の一部が母の名義でしたが、すでに故人であったため、売却益の一部を私が相続することになりました。

有り難く使わせていただきましたが、「母の死」「祖母が自宅を手放す」といった経緯を経て舞い込んだお金である点にひっかかりを感じました。

お金を得るイメージをするときは、必ず「みんなが幸せになるイメージ」も加えようと思った次第です。

 昨年急転直下の経済不況。

来年の経営は大丈夫だろうか。

いち早くプラスのイメージをマインドの鏡に映しました。

来年は大変そうだぞ、そんな焦りもあったのでしょうか。

とにかく仕事が殺到して、てんてこ舞いしているイメージを映し出しました。

 本年の2月現在、そのとおりになっています。

専門誌執筆、単行本の依頼が3本、セミナーの依頼が3本、その他財団法人設立、事業再編のコンサルなどなど...。

バタバタです。

ああ、もう少し余裕を持って楽しく仕事をしているイメージにすればよかった、などと贅沢なことを考えている始末です。
 
 3つの経験から分かったこと。

マインドの鏡は必ず答えを持ってきてくれる。

しかし、あるときは突然に、場合によっては意に反して...。

その答えがよりよい結果であるためには、自分にとって何が一番大切なものなのかを考え、具体的にイメージすること、そしてみんながハッピーになることをイメージに加えることが大切なのだと思います。

本日は、シルバメソッド卒業生の体験談を紹介します。家族4人全員がシルバメソッドを受講し、日頃テクニックを活用しています。

 司法試験合格に向けて、お母様の潜在意識にプログラムする体験は実に気づかせるところが沢山あります。

息子さんの合格に向けてのイメージを描く中で、ワクワクして喜びと嬉しさで興奮して眠れなくなるほど、イメージ(で潜在意識にプログラム)するのが楽しくて続けられた。

その効果でもあるように思えます。
 [ビジネス目標面―資格]

司法試験合格のためにシルバメソッド活用

山田由美子さん(仮名) 50代、親業訓練インストラクター 埼玉

 私の家族(夫と子供二人)4人は皆シルバメソッド卒業生です。今回は昨年の次男の司法試験に向けて、夫と私と次男と3人で取り組んだ内容をお知らせ致します。

 まず、試験前の親子の取組みとして、私が息子を作業室のレベルへ誘導しました。

彼の作業室の様子をリラックス感が深まるように言葉で導きます。

そして、息子が事前に作業室で作っていた次のような錠剤を毎回プログラムし、メンタルスクリーンに映し出させました。

(1)黄色ビタミン剤は免力を高める

(2)緑錠剤は平常心でいられる。

(3)白錠剤は記憶力が高まる。

(4)シルバー錠剤は事案分析力を発揮する。

(5)赤錠剤は瞬発力がある。

(6)青錠剤は書くスピードが早くなる というもの。

 そして、「これらを飲むことで6つの効果があります。

正確で自分の満足いく答案が書け、試験中何があっても次にもち越すことはありません。

結果がどうであれ次の科目も全能力を発揮します」というアファーメーション(肯定的宣言文)を試験終了日までプログラムし続けました。

また、マインドの鏡も併用して、誘導しました。

白枠に最終目標である一番嬉しい場面を投影させました。

息子は白枠の中に、家族で乾杯しているところや、合格体験記を書いている後輩に合格までの道のりを話している等のイメージをし、喜びを感じていました。



 また、息子は自分で3本指のテクニックを活用し、勉強に試験に常に活用していました。

 しかし、試験3日目、本人はあまり良くなかったとガッカリしていたのですが、翌朝、私はある鮮明な映像の夢を見ました。

それは「合格したのでみんなと打ち上げに行ってくる」という息子の声までもはっきりと聞こえた夢でした。


 早速、その朝、息子に夢の報告をメールしてモチベーション高めたところ、当日の試験は、ある程度満足できたと言いました。

試験前に「どんな結果であろうとその結果を翌日にもち越さない」とプログラムしておいた効果かもしれません。

私は、この日、夫と「すべてが滞りなく終わってバンザイしている姿」をイメージしました。


 試験終了後も、さらにマインドの力を発揮させました。

息子は自分でマインドの鏡を続け、夫は試験終了翌日には、紙に司法試験合格者と書き、その下に息子の受験番号と名前を書き入れ、床の間、リビング、机、そして、各部屋、とにかく家中のあちらこちらにその紙を飾りました。


 そして、私は作業室に入りカウンセラー(助言者)に挨拶の後、メンタル・スクリーンに4日分の答案用紙を積み重ね、それを採点する先生を十数人配置し、先生達に語りかけました。

  「この子は輝く子です。人のために力を発揮することのできる子です」

 それを続けていると不思議なことにイメージは、勝手に変化していきました。

なんとその答案用紙に「ダイヤモンド」が7?8個現れキラキラと輝いているではありませんか。

そして、「この子は伸びる芽を持っているのです」とマインドで唱えると今度は答案用紙の中に、「竹の子」が出現。

ダイヤモンドと竹の子が答案用紙の上で踊っているのです。


 竹の子は日を追う毎に成長し、昨年5月に試験が終わり9月の発表まで竹の子は成長し続けました。

 このイメージは非常に楽しい時間でした。それと同時にマインドの鏡をいっしょにしました。

白枠のイメージは、家族が笑顔で乾杯し合格を喜んでいる姿、子育てに関して夫からの感謝の言葉を言われている私、その度にイメージしながらうれし涙が出てきました。


 夜、寝る前にレベルに入ってこれらを実践していると、ワクワクして喜びと嬉しさで興奮して眠れなくなり4時ごろまで眠れない日もありました。でも楽しくて続けました。


 そして、合格発表の日。

息子からの電話で、「合格したよ、これから打ち上げに言ってくる」と以前、私が夢を見た通りの息子からの電話でした。


  成績は本人が思っているよりはるかに、上位での合格でした。本当に家族全員で喜びました。


 林先生に何回もイメージの仕方についてアドバイスを頂きました。

先生は何回でもはじめての人に教えるようにいつでも丁寧にご指導くださいました。

そしてシルバメソッドに感謝です。

何回も助けられています。

ありがとうございました。

あなたは、あなたの夢を実現していますか?

その前にあなたには夢がありますか?

こうなったらいいなぁ、ああなりたいなぁ、というものでも良いのです。

「夢は実現したいけれど、私にはまず無理ですよ。だって、・・・・・・。」

という人は以外に多いものです。

謙遜して言っているのかも知れませんが、言わないほうがまだ良いです。



 ある女性は、夢を限りなく語ります。

しかし、最後に「でも、そんなことばかり言って、本当は実現しないんだけどね・・・」と。

言葉が大切なことは以前お話しました。

私たちは、いつの間にか心の中に枠や壁をつくって自分を制限してしまいます。

それは、大変もったいないことです。

私自身もいろいろなことで行き詰まりを感じたときに、私にはできないかもと思うことがあります。

でもそんなときにたよりにするのが、わたしの取って置きのノートです。


 そのノートの中には、イエスの言葉から友人が言った言葉、あるいは、あらゆる書籍の中から、自分が元気や勇気が出る!と感じた言葉を書いています。

その中で、行き詰まりを感じたときに自分を奮い立たせる言葉は、イギリスの詩人ロバート・ブラウニングが言ったつぎの言葉です。

『人は常に己の限界に挑戦すべきである。手持ちの能力の範囲内に安住していては、人生の醍醐味を味わうことはできないのだ・・・』


 ホセ・シルバが『人生は問題集のようなものだ』というように、これまで何度も問題を解決し、その度に心の壁を打ち破ったときの感動は忘れられません。

だから、もっと人生の醍醐味を味わいたいと考えるのでしょう。

その問題の中には他人からしてみればとても小さなことだけれど、自分にとってはとても大事だったことはたくさんあります。


 多くの成功者や自己実現を達成した人々をインタビューした人がいます。

危機や困難に陥ったときに最初にいった言葉はなんですか?

とその人が聞くと、彼らは不思議とほとんど同じ言葉を言ったそうです。

『なんとかなるさ』

『大丈夫、できるさ』

『とにかくやってみよう』

というもの。

けれども、どうしてもそんな風に思えないという人は、とっておきの言葉を唱えなさいとある人が教えてくれました。

それは、『これでよいのだ』です。


 あなたの人生は、あなたの口から出てくる言葉を聞いていればあなたがどのような人生を歩んでいるかわかります。

それは、あなたの口からはあなたのなかにある思考しか出てこないからです。

しかし、自分にはとてもいえそうにない言葉を、まずは言葉から発することによって、自分の夢を実現に導くことだってできるのです。

自分の輝く未来を自分で決めることができるのです。


 あなたの人生を支配しているのは、あなたの会社や上司、両親や夫、妻ではありません。

あなた自身なのです。

いかなることが起こってもあなたに解決できない問題はおきないとホセ・シルバはいいました。

そして、あなたがあなた自身と周囲のことに配慮して、真剣に考えテクニックを活用すれば、それはあなたが全く考えつかない、途方もない方向から解決策が得られるのです。


 あなたがあきらめた夢はいくつありますか?

もう一度チャレンジしたい夢、あるいは新たな夢があるなら、人生の醍醐味をさらに味わうために、その夢を見つめなおして、あせらず、休まず、じっくりと取り組んでみませんか?

あなたにはその能力が十分に備わっていることはいうまでもありません。

先ほどのロバート・ブラウニングは『私は人生を、魂の力を試す材料だと考えている』とも言っています。

私も本当にそう感じています。


 リーサ・フローラー
まずは試してみなさい

試してみなければ何も証明することはできません。

信ずる心を持って一歩を踏み出し、不可能と思えることをやってみなければならないのです。

自分を超え、自分の限界を超えて生きることを、あなたは学ばなくてはなりません。

奇跡がつぎつぎと起きるのを予期して、それが実現するのを目にしましょう。

  アイリー・キャディ


...自分を信じること。

 そして、あなたの潜在能力を信じ。

 あなたは、何らかな使命をもって、この地球上に存在しているのだと信じ。

 無限の叡智が、あなたの使命を果す為に、あなたを支え、力を貸してくれることと信じましょう。

 あなたは、誰にも変え難い存在です。

 あなたが行い、その結果に関わらず、その過程、結果は必要があって生じたのです。

 そこから学び、成長を喜ぶことです。

 何も恐れることはありません。

 なぜならば、あなたの前に生じることは、あなたの学び、成長の為に用意してあるのですから。

 自分を信じて、始めましょう。

 始めることにより、数倍、数十倍の学びと気づきが得られます。

 そして、あなたの心を豊かにしてくれます。

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年8月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。