2010年9月アーカイブ

 あなたの職場の机、また、部屋は乱雑になっていませんか。

もし、そういう状態でしたら、選択力や決断力を高めるチャンスです。

身の回りの整理、整頓そして捨てることを、毎日10分間行うことです。

この行為には、選択、決断力の連続です。

それは、選択力や決断力を高める日常的トレーニングにもなります。

この日々の小さな成功体験の積み重ねが、あなたへ自信をもたらされます。


 さて、ものを何故捨てられないのでしょうか?

その主な理由には、

・いつか使うのではないかという思いがある。

・もったいない。(高価なものほどそう思える)

・思い出の品だから(捨てられない)

等など

 表現を変えると、物に対して、

  何らかな

    "とらわれ、こだわり、ひっかかり"

をもっているのです。


 我々の周りは、自分(家族)にとって不要なモノ、不適切なモノ、不快なモノものがたくさんあります。

そのようなモノを捨てることにより、よどみを取り除くことにより、

●机の周りや住まいがすっきりし、きれいになるだけでなく

●心理的な"とらわれ、こだわり、ひっかり"が取れますので、心身がすっきりして、ラクななり、これまで滞っていた人生がスムーズに回り始めてきます。

 (このことに関しては、明日、説明します)


 今まで、整理整頓やものを捨てることを何度もトライしたが、長続きせずに終わっているようでしたら、次の三つを明確にすることからスタートしてください。

1.整理整頓と捨てることのメリットを明確にする

 例えば、集中できる環境を作る。

      リラックスのできる環境を作りたい。

等です。

このことにより、動機を明確にすることと、どのような整理整頓や物を捨てるいくか方向性がきまります。

 実は、この行為があなたの人生をよりよくしてくれることを明日、お話します。

その結果、強い動機づけになるでしょう。


2.捨てる基準を明確にする

 捨てる行為は、選択と決断をすることです。

捨てられる自分になるためには、自分なりの基準を設けて、思い切ることです。

そうでなければ、上記のような捨てられない理由が、整理整頓と捨てることに対する障害になってしまいます。

例えば、

 不要...5年以上使っていないものは捨てる。

 不快...不快を感じるモノや場所は、整理整頓と捨てる。

 不適...自分が求めたものでないもの捨てる。(例:通販のカタログ、広告)

それに照らし合わせて、選択、決断して整理整頓し、捨てるのです。


3.不快なモノや場所は整理整頓と不要なものは捨てると"決意"する

 そして、毎日10分を整理整頓、捨てる時間をとることを決意する。

また、仕事が終了したら、整理整頓をして終わらせるというルールを明確にするのもよいでしょう。

この行為が習慣化されるまでは、それができているか、カレンダーに評価のマーキングして、達成感を味わうことも大切です。

この行為が、潜在意識にプログラムすることになり、より早く習慣化されていきます。


 実行できていなければ、その原因と対策することも重要です。



 整理整頓と不要、不適、不快なものは捨てることを今日から実施してください。

その繰り返しが、あなたの選別力、決断力を高めてくれます。


明日は、このことが、あなたの人生を良い方向に変えることになることを紹介します。

備考:関連記事

  身の回りの整理は心の整理⇒運を高める!  

 ある卒業生が20代の頃、ネフローゼ症候群※という難病にかかり、七度、入退院を繰り返したそうです。

闘病中、免疫力は低下しているので、すぐに風邪をひいたり、少し動いただけで再発したりと身も心もボロボロになったそうです。

七度目の退院を果たした時が二十代の後半、しかし、彼の心は老いた人のようだったといいます。

「何度も倒れた自分は、なんて弱い人間なのだろう。

自分ほど弱い人間はいない」と心底思っていたそうです。

病を恐れ、憂え、必死に生にしがみついている軟弱な自分。  


 そんな時、彼の先輩は彼にこういったそうです。

『君は強い人だと思うよ。何度も倒れながら立ち上がって、君はまだ生きているじゃないか。』

彼は、そういわれて

『えっ!』
 

 先輩は続けました。

『しかし、その命の強さは君が強くしたものではない。

 生かされているのだ。

 ならば、この先、大切なことは、与えられた命を精一杯生き抜くことではないか』と。

こう言われ、生にしがみついていた執着心が彼の中から一瞬で離れそうです。

生に執着するあまり、"死の影"におびえ、不安におののき、今、この瞬間を懸命に生きることを忘れていたというのです。

このときから、まるで憑き物が落ちたように心の重荷が取れ、あれだけ悩まされていた病気が快方へ向かっていったということでした。

生かされながら生きているという自覚に立つとき、人間は不思議な力がどこからともなく湧いてくることを実感。

彼は、現在60代。

ものすごく精力的に働いています。

『自分のやるべきことを誠実にコツコツとやり続け、結果は神の領分と受け止めれば、人間はもっと楽に生きていけるのかもしれません』

と彼は話しています。


 私たちは、生かされているから生きている。

その喜びをしっかりと味わいながら、生きていきましょう。


※腎臓の中の糸球体で血液はろ過され老廃物が取り除かれる。
 この糸球体に障害が起こり、多量のタンパク質が漏れて血液中のタンパク質が減り、むくみなどの症状が出る。
 慢性化するとなかなか治りにくい。

※※執着心は、拘り集中し、それ以外の考えを持つ事ができないようにしている心のプログラムです。
この執着心を持つことは、心に緊張を作り、マインドは閉ざされ、本来のマインドの力を活用することができなくなります。
その執着心を取り除く方法が、シルバメソッドでは、メンタルハウスクリーニングといっています。
今回は、卒業生の体験談を紹介します。

結婚願望を潜在意識を活用して成就した事例です。

彼女は、7年間、彼氏がおりませんでした。

シルバメソッドを受講して、年齢的にも適齢期をこえようとすていると思い結婚願望が高まっていました。

そして、その願望を成就の為に、基本どおり行い。みごと成就した体験です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

  結婚相手を引き寄せ感動!⇒結

         Α・Yさん 30歳
         会社事務員 東京


今から2年前です。

受講して一番最初に感じたのは「何て面白いセミナーだろう!」と思いました。

今まで、考えたこともない、マインド(潜在意識)の存在と驚異的なパワーに驚嘆したことです。

 それから、何度か基礎コースを再受講し、卒業生コースを受講しましたが、シルバメソッドのおかげで、いろいろな喜び、楽しさを経験できています。

 その中で一番大きなことは、自分の人生のパートナーと出会い、結婚ができたことです。

受講時、28歳だったので、結婚願望が徐々に強くなっていました。

その当日は、結婚対象の相手はいませんでした。

 受講後、早速、チャレンジしました。

先生のアドバイスに基づき、次の手順で行いました。

結婚対象の人がいませんでしたので、望むパートナーに出会うことが必要ですので、まずは、自分が望むパートナーの条件を明確にしました。

その望むパートナーの出会いを導いてもらうために、夢のコントロールを使いました。

何度か夢を見ました、それに従い、行動していたら、それらしき男性の存在に出会いったののです。

最初は、半信半疑でしたら、その方と話していると私の考えている条件に非常に近い方とわかりました。

お付き合いしていると徐々にこの方だと確信みえたものが持ち始めたのです。

お付き合いしてから1.5ヶ月後、突然その幸せはやって来ました。

彼から結婚の申し入れの告白されたのです。

まだ、お付き合いして間がないのいのに、ビックりしました。

実は、お付き合いし始めてから、シルバメソッドのテクニック「マインドの鏡」でプログラムをし続けていました。

その効果もあったのではないかっと思っています。

私はシルバメソッドを受けることにより、自分の潜在意識が働き、自分にとって重要、必要な人を見つけ出し、引き寄せることができたのだと感動しました。

今は、最高に幸せ一杯です。

林先生の懇切丁寧なアドバイス指導に感謝しております。


 他にも都内の駐車場を見つけてるために、テクニックを活用しています。

この潜在意識の能力をより高めたいと思い、日常のいろいろな場面でシルバメソッドのテクニックを使うようになりました。

今も、たくさんのシルバメソッド効果を経験していますが、その度に

 「シルバメソッド最高。ありがとう」

と心の中で言っています。

これからも日常の中でテクニックを活かしながら、更に自分の潜在意識や能力を高めて行きたいと思っています。
本日は、具体的に森を見る為の方法をご紹介します。
 
■□■2.森を見、知恵を引き出す方法

その有力な方法とは?
 
「静けさ」をつくることです。心が静かに落ち着いて、冷静に考えられる状況をつくりましょう。

 
毎日、静かな場所で約30分ほど時間をとり、心身をリラックスさせます。

たくさん不安や心配があったとしても、その30分間だけは忘れることを自分に約束します。

そしてこのときに、リラックスできると、脳波は自然にアルファ状態になるのです。


あなたの安らげるイメージ、或いはこれまでに楽しかったことをリアルに思い出してみましょう。

そして、楽しみや喜びの感情を再体験してみましょう。

すると、脳波は自然とアルファ状態になり、手のひらが温かくなったり、足の裏が温かくなったりしてきます。


このような状態になると、自然と心がほぐれ、結構いろいろなアイデアが浮かんできたり、ものごとの捉え方、視点を変えた見方がちょっとずつできるようになってきます。

つまり、ちょっとしたことなのですが、心の切り替えができると、ずいぶん気持ちが楽になってくるのです。

 
そこで、いろいろなアイデアやひらめき、自分を苦しめていた自分の勝手な思い込みに気づけるようになるのです。


日常生活において、食事をしたり、話をしたり、仕事をしている時など、何か行動しているときは、主に脳波はベーター波が出ています。

この状態は、あなたの先入観、固定観念が頭を持ち上げ、視野が狭くなっている状態です。


その点、脳波がアルファ波状態のときを、子供のレベル、天才のレベルと呼んでいます。

子供は、先入観をあまりもっていません。

とても素直なので視野が広がっています。

つまり、あなたの潜在能力を引き出すパワーを持っているレベルです。

 
このアルファ波状態は、情報、アイデア、そして知恵をもたらします。

歴史上の天才たちは、このレベルを活用してきた人たちです。


それは、天才だから成し得たことと考えますか? 

そう考えるのであれば、これ以上読み進める必要はありません。


もし、あなたがアルファ状態を活用できるようになるとしたら、何が変わるでしょうか?

もし、あなたがアルファ状態を自分のため、家族のため、世の中のために活用すれば・・・

それは、あなた自身が大きくポジティブな方向へ変わるのです。
 
心身をリラックスさせ、脳波をアルファ状態にし、そのレベルを天才と同様につかうテクニックを学ぶ4日間。

それがシルバメソッドです。

 
今、100年に一度の世界同時不況下にあります。

 
その影響は我々の身近なところにすでに及んできているでしょう。

そのような時にこそ、木だけではなく森も見て、あなたの状況を改善、発展させるために、アルファ状態を活用し、知恵を引き出していきましょう。

 
今は、チャンスの時です。

いろいろなチャンスを思いつくのにもシルバメソッドは活用できます。


備考:

■シルバメソッドは、4日間で短時間で心身をリラックスして脳波をα状態にし、潜在能力を引き出すテクニックを習得します。

詳しくは、潜在意識シルバメソッドをご参照ください。

 
■心身リラックス法にご関心あるかたは、下記のCDを活用ください。

  「リラックス &あなたのパワーアップCD 」


 
 終わりよければ、全て良し。

と良く聞きますね。

 それを裏づける法則「ピークエンドの法則」て聞かれたことがありますか。

これは、ノーベル賞を受賞した行動経済学者のダニエル・カーネマンの研究により発見された法則です。


 記憶に強く影響を与えるのは、

・もっとも強烈な感情の瞬間と

・結末の迎え方

である。


 後者は、物事が結末、終わりの形があなたの記憶にのこるというものです。


例えば、

人とケンカして、そのやな感情のまま終われば、マイナスの経験として記憶される。

そのため、その人と会うたんびに、不快感がよみがえる。

人とケンカしても、別れ際には、和解して、笑って終われば、プラスの経験として記憶される。


このことは、我々にハッピーにする為にヒントを提供してくれます。


 この法則を活用して、一日がハッピーな人生を送る為めの一つの方法として

■一日の終わり方...楽しい思いで終わらせる

具体的には、1日を振り返り、楽しかったことや嬉しかったこと。物事が順調に運び充実感をもったことを振り返るのです。

その振り返りを効果的にする為に、心身をリラックスして、その体験を再体験し、同じ喜びや達成感に浸りきり、満喫するのです。

この振り返ることは、あなたの潜在意識に成功体験をプログラムする行為にもなります。

成功する自己イメージが形成されていきます。


 その積み重ねが、喜び、充実感に満たされる一日を作ってくれるのです。

また、問題が生じても、それは解決できるという自信をもって対処できる自分になっていきます。


 終わりの姿は、プラス感情で終わることを意識することは、ハッピーな人生を築くことに非常に役立ちます。
下記のテーマ(9/16,17,18)に関連した内容になっています。

 「努力しても運気が下がっているとき!!」

100年に1度の世界同時不況。

思うように物事が進まないときには、今やっていることを大きな視野で見るときでもあります。

上記のテーマと併用して考えていただければ、あなたの仕事、人生を改善するチャンスに気づかれものと思います。

-------------------
 「努力しても運気が下がっているとき!!」では、

一生懸命頑張り、努力しても思ったように成果が上がらないとき。

特に、運気がよくない状況だと感じているとき。

次の法則に従い、考えることをお勧めしました。

<上昇気流に乗る為に知っておきたい法則>


法則1:量と質は反比例する


能力が同じならば、あるいは、行っていることが同じならば、量を減らすと質は上がる。

また、

法則2:急ぐと質が落ちる


運気が下降線にたどっていると感じているとき。ついつい焦り、腰を落ちつけて進めることができないと、その結果「質」が落ちていきます。


 仕事や学業に関わらず、何か自分の壁にぶつかり下降気流に乗っていると感じたときは、自分のしていることの"質"に注目してみる。


さて、本日のテーマは、 「努力しても運気が下がっているとき!!」の内容とは、別の視点で運気を上げることができるでしょう。
 
 
■□■1.運が悪いとき、物事が順調でない時、木をみてしまう

業績が低迷している時

 人間関係が思わしくないとき

 ビジネスが順調でないとき

人は、目先のことに捕らわれ、森を見ず、一本一本の木をみてしまいます。

このような時こそ、森を見ることが非常に大切なことに気づきましょう。


物事の調子が悪いときはどうしても近視眼的になり、物事の部分、つまり木を見てしまいます。

そして、ネガティブに考えるようになります。
 

そのようなときは、長期的な展望をしっかり考え、全体、つまり森を見ることが大切です。

木だけをみて、問題を解決しようとすると、かえって問題を複雑にしてしまいます。

また、長期的展望が欠落すると、あやまった方向に努力することにもなりかねません。

その結果、悪循環を招くことになります。

 
順調でない時こそ、森をみて、あなたの知恵を働かすのです。

業績が上がらない。

物事が思うように進まない時に、どのようにしたら、森を見、知恵を引き出せるのでしょうか?


明日は、「森を見、知恵を引き出す方法」をご紹介します。
今日は、それを解決する考え方を紹介します。

■□■4.上昇気流に乗る為に知っておきたい法則


 法則1:量と質は反比例する


能力が同じならば、あるいは、行っていることが同じならば、量を減らすと質は上がる。

また、


 法則2:急ぐと質が落ちる


運気が下降線にたどっていると感じているとき。ついつい焦り、腰を落ちつけて進めることができないと、その結果「質」が落ちていきます。

そして、ますます悪くなり悪循環を繰り返してしまいます。



例えば、学業では、学業の質を上げるには、予習、復習をきちんと行う。

また、人間の集中力は、長くても2時間です。

そこで、1時間毎に5分間の休憩を入れる。など


 また、ビジネスでしたら、お客様へのサービスの質が落ちていないか、質を上げる方向で検討する。

たくさんの業務を同時併行にすすめているならば、優先順位を明確にし、重要な業務に焦点をあてて、きっちり行う。

等々


 仕事や学業に関わらず、何か自分の壁にぶつかり下降気流に乗っていると感じたときは、自分のしていることの"質"に注目してみてください。

質の低下をきたしているのに気づくはずです。

 そこで、質の向上を図るために、単にガムシャラに努力するのではなく、努力の方向とその仕方を見極め現在行っていることを念入りにすることを考えてみることです。


運気を上げるために、行っていることの"質"を上げるのが一つの大切なやり方といえます。

あなたの仕事や私生活、人との付き合い、等々同様なことがいえます。  

■□■3.頑張り、やたら努力しても、問題が改善しない時・・


さて、今回は、aに焦点を当ててお話します。

・頑張り、やたら努力するけど、下降線をたどる。...運気が悪化しているように感じる時


このことは、

 ビジネスや企業においても、

 日常生活においても、

 学業においても、

 人間関係においても、

同様なことが起こります。


例えば、企業においては、好景気のときはどんどん多角化して、業績を高めることができました。


ところが、不況では逆です。

頑張って必死にたくさんの仕事をやっているにも関わらず業績は悪化していきます。


「それはなぜでしょうか?」


 ここで注意します。「不況だからしょうがない」と考え、環境のせいにしてしまうと、それ以上考えようとしなくなります。

環境がどうであれ、その結果を作り出しているのは、自分なのだと自責で考える癖をもつことが大切です。

そうすると状況を改善するために考え始めます。

他責にすると、その時点で思考はとまってしまいます。



あなたが何らかの能力を高めるためや、資格を取るために勉強するとしましょう。

しかし、あなたはたくさんやることを日常に持っているとすると、やはり、勉強の効果は思ったように上がらないとことはないでしょうか。

学習の効果を上げるには、当たり前のことですが、予習、復習を確実に行うことです。

しかし、やることが多くて、きちっと予習、復習する時間がとれないまま、学習をしていると、時間を費やしているにもかかわらず、

効果が上がらないということが当然起こります。


さて、これらの原因には、色々考えられますが、主には、単にガムシャラに努力している。

しかし

・努力の方向が間違っている。

・努力の仕方が間違っている。


上記の2つの例は、努力の仕方が間違っている例といえます。

もし、一生懸命頑張り、努力しても思ったように成果が上がらないとき。

特に、運気がよくない状況だと感じているとき。


その解決法を下記へ

3.努力しても運気が下がっているとき!!<3/3>

■□■1.危機感を感じたとき、二つの行動とる

今、100年に1度の世界同時不況といわれています。
 
それをひしひしと感じるようなことが、いろいろ聞こえ、見えてきます。


 人間は、その危機感を感じ、次の二つの行動のどちらかをとり始める傾向にあります。

 a.何とかしなければと頑張り、やたら努力する。

 b.心配、不安に駆られ仕事が手につかず、悩んでしまう。

いずれにしても、ますます思わしくない状態に陥る可能性があります。

そして、自分は運気が悪いのだと思いこんでしまいます。


あなたは、このような状態になっていないでしょうか。


 a、bどちらにしても、あなたのセルフイメージ(自己イメージ)がそうさせるのです。



■□■2.心配、不安に駆られるような場合は、セルフイメージの改善


例えば、bのような状態に陥るのは、あなたのセルフイメージが、問題が発生すると、心配、不安という形で反応します。

そして、思考停止し、行動もしないことになります。


「ピンチはチャンス」

ピンチの裏には、チャンスが隠されている。

このことは事実です。

そのように反応するセルフイメージに作り変えることが大切です。

そうすれば、チャンスを探し、それを創る方向に考えられるポジティブな思考に切り変えることができます。


どのようにセルフイメージを変えるかは、これまで紹介してきました。

潜在能力開発法シルバメソッドでは、その方法をメンタルハウスクリーニングといっています)

このような場合では、心身をリラックスさせ、脳波がα波状態になると、多面的に考えられるようになります。

行きづまりと打破することができます。


続きは、 2.努力しても運気が下がっているとき!!<2/3>

鉄も使わなければ錆び、水も用いらざれば腐敗し、

あるいは寒冷にあたって凍結する。

人間の知力もまたこれと同じで、絶えず用いざれば

ついに退化する。

   レオナルド・ダ・ヴィンチ

 -----------------------------------

 人間の知力は絶えず磨きをかけていかなければ、退化する。

「絶えず」磨き続けようと思うと、大変だ!と思い疲れ、ストレスを持ってしまう方がおります。

 確かに、使い続けていかなければ能力、知力は筋肉と同じように退化することは事実です。

だから鍛え、磨き続けることが必要であることは分かります。

磨き続ける必要から続けようとすると気持ちが重くなります。

そこで継続できる状態にする為の2つのヒントを提案します。



ヒント1:ポジティブ思考に転換する

 「退化」してしまうから知力を磨かなければと考えると、非常に窮屈に感じます。

そう考えると「退化」という言葉に意識にとらわれると、不安、恐怖を感じるようになります。

そして、「退化」という言葉に意識の焦点が合うために、徐々に退化する方向に歩みます。

「考えに集中すれば、それが現実化するのです」

これをシルバメソッドでは、マインドの法則といっています。

否定的に考えれば否定的結果をもたらし、肯定的に考えれば肯定的結果をもたらすのです。

そこで、ポジティブに思考を転換する必要があります。


 その為に、次のことを自分に質問してください。

  「磨き続けることにより何が得られるのか?」

その回答には、学び、成長、そして幸せがあることを感じるでしょう。

その学べる自分、成長する自分、幸せを感じられる自分に焦点を合わせるのです。



ヒント2:三日坊主でよい! それを続ける

 大切なことは継続することだといいます。

しかし、継続するのは大変です。

日々、何があるかわかりません。

続けられない時もあります。

もし、あなたが完璧主義的考えをお持ちだとすると、続けられなかった自分を非難することになります。

そして、自分を否定することにもなりかねません。

そのようなことが起きては、続けることが苦痛になります。


そこで、3日坊主の勧めを提案します。

仮に今日はできなくても、明日やればよいのだと気軽に考えることです。

3日坊主でよいのです。また、次の3日間行えばよいのです。

その繰り返しは、前進していることになるからです。

自分のペースで、一歩一歩進む自分であり続ける。


 最後に、磨き続ける対象は、4つです。

体、心、精神です。

そして、あなたが進む方向に必要なスキル(技能)です。

本テーマを3回に分けてご紹介します。
   ■1.あなたは運がいいですか? 
   ■2.運気をあげる簡単なことは?
  ◎■3.心の整理整頓とは?


■□■3.心の整理整頓とは?

あなたの身の回りの状態は、あなたの心の鏡である!!

心の整理状態は、身の回りの状態に反映されると言いました。


そこで、今年を良き年にするためにも心の整理整頓をすることは大切なことなのです。


その為の大切な一つを紹介します。

あなたは、たくさんしたいこと、やらなければいけないこと。

そして、周りの方からお願いされることがあると思います。

この状態は、身の回りが雑然としてる状態と同じです。


そこで、心の整理整頓の仕方は、次のことを参考にしてください。

(1)あなたの夢や目標を決める 

  ...このことが不要なものを捨てる基準になります。即ち、夢や目標に関係ないものは止める。
 

(2)夢、目標の優先順位を決める。

  ...この行為が、あなたの頭の中を整理し整え、何から進めるかフォーカスすることになります。

  フォーカスした夢や目標が実現していきます。


不要なものを捨て、スペースが得られ、優先順位をつけることにより何にフォーカスするかを決めることになるので、空いたスペースにあなたの望むものをあなたの潜在意識が引き寄せくれます。

即ち、あなたの望む状態を引き寄せます。

運を引き寄せられてきます。


◆運は、自分が引き寄せるものです◆

今年を良き年にするために、まずは、身の回りの整理整頓、そして、心の整理整頓を行ってください。

本テーマを3回に分けてご紹介します。
   ■1.あなたは運がいいですか? 
  ◎■2.運気をあげる簡単なことは?
   ■3.心の整理整頓とは?

■□■2.運気をあげる簡単なことは?

さて、あなたが望む状態を生み出す為のお薦めは、身の回りを整理することだ!!

何を言うのだ!!とあなたは思うかもしれません。

しかし、次のようなことが言えます。

◆あなたに関わる身の回りの状態は、あなたの心の鏡である。その心の状態(=潜在意識)が、その結果を引き寄せてくる。◆

だから、まず、運気を引き寄せるために、身の回りの整理整頓することをお勧めします。


整理整頓とは、ずさんに置かれているモノを整理し整えるということで、不要なものを捨てるということです。

不要なものを捨てるということは、そこに空間ができるのだから、新たなものを引き寄せ、得られる空間を作ることにもんります。

また、心にも余裕ができることになります。


雑然(ずさん)な生活を断ち切るために、身の回りの整理整頓をすることは、、精選を心掛けることになります。

雑然としている状態は、あなた心の鏡といことは頭の中が混乱してしまって、八方塞がりの状態となり、行き詰ってしまうことにつながります。

つまり、運気を悪くするということです。


私も、実は7年間使用していない棚と押入れの中のものを整理整頓しました。

7年間です!!

そして、新しいスペースを作りました。

その背景は、更に経済環境が厳しくなるだろう今年に備えでもあります。

チャレンジ&チェンジの気持ちを込めて行いました。

<明日につづきます>

本テーマを3回に分けてご紹介します。
◎ ■1.あなたは運がいいですか? 
   ■2.運気をあげる簡単なことは?
   ■3.心の整理整頓とは?


本日のコンテンツです。
■□■1.あなたは運がいいですか?


あなたは運から見放されたと思うときはないだろうか?

あるいは、運が悪い! と思うことはないでしょうか。

例えば、

・ある時期、何をしてもうまくいかない。

・思ったとおりにならないことばかり。

・たまたま希望の兆しがみえたことがあって期待しても、土壇場で駄目になる。
 ...自分でも不思議に思うくらい失敗ばかりが続いている。

運に見放された・・・としかいえないようなとき。


これを運が悪い結果だと、諦めているようでしたら、非常にもったいないです。


何事も、原因があるから結果があります。

因果応報のメカニズムに則っています。

その原因は、何かと考え、そこから学ぶことです。


自分が望まないことが起きた時は、あなたが成長するチャンスだと考え、歓迎して、素直にそこから学ぶ姿勢を持つことです。

このことは、今まで何度も言ってきました。


例え、自分とまったく関係がない問題が生じたときもそうです。

今、私たちはこれまでに経験したことがない未曾有の不況下におかれております。

その結果、私たちの生活に非常に大きく影響しており、今年はその影響を更に強く感じることになるでしょう。


このような不況の中で、運が良いと感じている人は、少ないでしょう。

これを読んでいるあなたはいかがですか?

しかし、こんな状況の中で、自分の状況がどうであっても、前に進んでいくことはできるのです。


つまり、今のあなたの状況をネガティブに考えるか、ポジティブに考えるかにより、今後のあなたの人生は大きく影響されます。

このような状況下で、ポジティブに考え、チャンスと捉え考え、自分の人生を創造できるのはあなた自身です。


結局、あなた自身の運を悪くするのも、良くするのも

あなた自身に起因するということです。


だから、運が悪いのはしょうがないとと諦めていると、何度も同様なことが起こり、雪ダルマ状態になり、大きな問題となって、取り返しのつかないことになります。


明日は、■2.運気をあげる簡単なことは?を送ります。

ーーーー
「運」に関する関連記事 
 チャレンジ力を高め、幸運を引き寄せよ【1/2】...あなたの潜在意識にチャレンジ力をインストール

 運が悪いとき、物事が順調でない時、木をみています

 


Q: 最近、異常に勉強に集中できないんです。

机に向かってもやる気はあるのですが、体が言うこと聞かなくて困っています(泣)

目指している高校受験の為に偏差値を高めたいのです。

集中力をUPさせる方法を教えて下さい。。。

A: 勉強に集中力を高めるヒントを4つほど述べます。

これは、集中力を非常に高めることができる私が実行している方法です。


1.集中力高める基本は、なんらかの理由をつけて、取り掛からない癖です。

その対策は、

1)1日の内、勉強する時間を決めてしまい。
 ...例えば、午後8:00から勉強する。1時間勉強する。

2)その時間にはとにかく取り掛かることです。

3)取り掛かるときに、一つの儀式を入れる。
その儀式の例は、下記の「3.」をお勧めします。

決めた時間にとにかく勉強するという習慣をつけてしまうことです。

そして、それ以外のことは、一切除外して、勉強に向かうとい姿勢をつくることです。

そうすると、脳は、徐々にエンジンがかかってきて、徐々に集中力が高まってきます。


2.集中力といのは、その1点に集中する動機、目的が非常に大切です。

 偏差値を高めたいとのこと。

具体的に、いくつに上げたいのか明確にすることです。

その上で、目標の偏差値に達成したら、何ができるようになるのかを具体的に考えてください。

例えば、○○学校に合格。そして、△△ができる。

このことを考えたら、ワクワクするというものです。


 数値目標とその結果、生まれる利益、恩恵を具体的考えれば、勉強するやる気を高まります。

その結果、勉強に集中する原動力になります。


3.勉強を始める前に、心身をリラックスして、次のように宣言することをお勧めします。

 「これから○○の勉強します。集中力と記憶力がどんどん高まります。

そして、勉強がますます楽しくなります」 ○○...教科名

といった自分に勉強中こうありたいなとい文章を作り、毎回勉強の前に宣言してください。

そうすると、繰り返せば繰り返すほど、あなたの潜在意識にそのことがプログラムされて、集中力や記憶力を高めることができます。

このことは、私は、集中力と記憶力が非常に高まり、勉強が楽しくなりました。

更に、勉強の仕方や試験に関する情報が自然に入ってくるようになりました。

これは、潜在意識の力と考えています。


4.疲れを感じたら、小休止することです。

 お勧めは、30分毎に5分の休憩することです。

普通は、60分や90分勉強して休憩をとる傾向にありますが、60分、90分の長い時間勉強すると集中度は、その途中で大きくおちてしまいます。

そして、継続することが苦痛に感じる時もあります。
更に効率をおとしてしまいます。

30分ですと集中度がそれほど落ちずに、5分の小休止で集中度を高めることができますので、勉強の能率という点で、効果的です。

以上、参考にしてください。
■□■1.あなたは運がいいですか?


あなたは運から見放されたと思うときはないだろうか?

あるいは、運が悪い! と思うことはないでしょうか。

例えば、

・ある時期、何をしてもうまくいかない。

・思ったとおりにならないことばかり。

・たまたま希望の兆しがみえたことがあって期待しても、土壇場で駄目になる。
 ...自分でも不思議に思うくらい失敗ばかりが続いている。

運に見放された・・・としかいえないようなとき。


これを運が悪い結果だと、諦めているようでしたら、非常にもったいないです。


何事も、原因があるから結果があります。

因果応報のメカニズムに則っています。

その原因は、何かと考え、そこから学ぶことです。


自分が望まないことが起きた時は、あなたが成長するチャンスだと考え、歓迎して、素直にそこから学ぶ姿勢を持つことです。

このことは、今まで何度も言ってきました。


例え、自分とまったく関係がない問題が生じたときもそうです。

今、私たちはこれまでに経験したことがない未曾有の不況下におかれております。

その結果、私たちの生活に非常に大きく影響しており、今年はその影響を更に強く感じることになるでしょう。


このような不況の中で、運が良いと感じている人は、少ないでしょう。

これを読んでいるあなたはいかがですか?

しかし、こんな状況の中で、自分の状況がどうであっても、前に進んでいくことはできるのです。


つまり、今のあなたの状況をネガティブに考えるか、ポジティブに考えるかにより、今後のあなたの人生は大きく影響されます。

このような状況下で、ポジティブに考え、チャンスと捉え考え、自分の人生を創造できるのはあなた自身です。


結局、あなた自身の運を悪くするのも、良くするのも

あなた自身に起因するということです。


だから、運が悪いのはしょうがないとと諦めていると、何度も同様なことが起こり、雪ダルマ状態になり、大きな問題となって、取り返しのつかないことになります。


■□■2.運気をあげる簡単なことは?

さて、あなたが望む状態を生み出す為のお薦めは、身の回りを整理することだ!!

何を言うのだ!!とあなたは思うかもしれません。

しかし、次のようなことが言えます。

◆あなたに関わる身の回りの状態は、あなたの心の鏡である。その心の状態(=潜在意識)が、その結果を引き寄せてくる。◆

だから、まず、運気を引き寄せるために、身の回りの整理整頓することをお勧めします。


整理整頓とは、ずさんに置かれているモノを整理し整えるということで、不要なものを捨てるということです。

不要なものを捨てるということは、そこに空間ができるのだから、新たなものを引き寄せ、得られる空間を作ることにもんります。

また、心にも余裕ができることになります。


雑然(ずさん)な生活を断ち切るために、身の回りの整理整頓をすることは、、精選を心掛けることになります。

雑然としている状態は、あなた心の鏡といことは頭の中が混乱してしまって、八方塞がりの状態となり、行き詰ってしまうことにつながります。

つまり、運気を悪くするということです。


私も、実は7年間使用していない棚と押入れの中のものを整理整頓しました。

7年間です!!

そして、新しいスペースを作りました。

その背景は、更に経済環境が厳しくなるだろう今年に備えでもあります。

チャレンジ&チェンジの気持ちを込めて行いました。


この続きは、明日に。

■□■3.心の整理整頓とは?
 経験とは、誰もが自分の失敗につける
 名前のことである。


   (小説家 オスカー・ワイルド)


 経験には、失敗経験もあるし、成功経験もあります。

また、楽しい経験もあるし、悲しい経験も誰しももっています。


 経験には、色々あります。

その経験から喜び悲しみとい感情をもたらします。

しかし、経験とは、単なる現象にすぎません。

その現象に喜びとか悲しみという意味=色をつけているのは、そう感じる心です。

その心とは、深い心=潜在意識です。

潜在意識の中のプログラム(記憶、観念)が、経験したときに悲しい、嬉しいと自然に反応するのです。


 ここで問題は、"失敗"したと感じた時や"悲しい"と感じた時のネガティブな感情をもつことです。

こころでは、「失敗」を例にして説明します。

その失敗経験により、落ち込み、動揺してしまうと、冷静に物事を考られず、適切に対処できなくなります。

ネガティブに感じるとネガティブなことを引き寄せ、悪循環がおこり、益々悪い方向にエスカレートしていまいます。


 大切なことは、経験は、"現象"であるといことです。


その現象を失敗、成功と感じ、経験を無意識に名づけてしまうのは、自分です。

そこで、失敗は、"学ぶ"という経験と名づけるとどのようになるか。

その経験から学びはじめます。

『何を学べばよいのか』という考えに意識がフォーカスするからです。

そうすると、失敗=学びという思考、つまり、潜在意識に徐々にプログラムされていきます。

そうすると、自分の望む結果でないことを失敗と思う自分ではなく、そこから学ぶ自分に自然と切り変わります。

そして、成長できる自分へと変わることができることになります。


 そのように効率よく潜在意識にプログラムする方法を、潜在意識活用法シルバメソッドでは、「メンタルハウスクリーニング」といています。

失敗の現象=経験から、学んでいった方が成功者です。

 心も知らず知らずに、色々なトラブルや過剰な情報に振り回され、ストレスの塵が積もり、冷静でいられない状態となっています。

また、悲しいことや悩んでいる人の脇にいると、しらずしらずに否定的エネルギーを受け、ストレスを徐々に蓄積されていきます。

このことを、シルバメソッドでは、しらずしらずにあなたの潜在意識にプログラムされる、記憶されるといいます。

これらのネガティブなプログラムが、ちょっとしたことで怒りを感じたり、ミスや判断を誤る原因になります。

ですから定期的に「心の掃除=メンタルハウスクリーニング」が必要になります。

そして、いつでも心を最善の状態を保つことが大切です。


takida.jpg

 そこで、あなたが隙間時間を利用して行う、簡単なクリーニング法を一つ紹介します。

チョッとした時間:例えば電車の中、吊革につかまっている時、昼休み公園のベンチに座っている時、人と待ち合わせるをしている時等に、少しずつ心の掃除をするのです。

 心身をリラックスして、脳波をアルファ状態にして深い呼吸をします。

その呼吸に意識を集中して、次のことを行います。

息きを吸う時は、体内に元気のエネルギーが入ってくるというイメージをします。

息を吐く時は、身体や心の不純物(否定的なプログラムを含めて)息とともに吐き出すイメージをします。

この方法を行う時の重要なポイントは、呼吸はできるだけゆっくり吐き、ゆっくり吸う。

特に吐く時間を長くします。

その時、イメージと共に息を吐くのにより気持ちを込めて、意識的にゆっくりとするのがコツです。

これを7回行います。

 その結果、呼吸が整えられ、気持ちがゆったりとしてきます。

ストレスが緩和され、心の悩ませていた問題が、取るに足らない事柄に思えてきます。

大事な問題と、どうでもいい事柄の区別がつきて、気持ちが整理されます。

そして、活力と自信が生まれてきます。

 隙間時間を活用した心の掃除は、1日の隙間時間を見つけ、小まめにやることです。

そのことが、1日中疲れをしらない、フレッシュな気持ちで、仕事等に集中する力を与えてくれます。




 今朝のNHKドラマ「ゲゲゲの女房」をご覧になりましたか。

 マンガの注文がまるっきりなくなり、このままでは。。。

女房(松下奈緒)は、父親の言葉を思い出しました。


  『長い人生に悪いことも良い時もある。

   悪い時に人間の値打ちがでる』


さあ、この言葉から何を気づきはますか。


 人間の価値は、悪い状況下ではっきりとわかるといことです。


 人は良いときは、冷静に考えられ、客観的に事を運ぶことができます。

しかし、悪い時は、冷静に考えられず、ネガティブなことに執着してしまい、適切な行動がとれなくなります。

悪い状況下のときこそ、人間の値打ちがでるのです。

そのような状況でも、冷静に状況分析し、ポジティブに考え、行動を起こし、対処できることだといえます。


 さあ、あなたは、どうでしょうか。

どちらのケースも、その人の潜在意識内のプログラム、自己イメージがそのように反応するのです。

値打ちのある人とは、悪い状況下でも、適切に対処できる人です。

しかし、多くは低い自己イメージを持ち、状況に影響されてしまい、適切に対処できず、悪循環をもたらしてしまいます。


 表現を変えれば、

値打ちのある人は、

 1. 高い自己イメージ
        ⇒物事に動じず、ポジティブに考え、行動できる人で、

 2. 潜在意識を活用
       ⇒必ず解決できるという自信を持ち、様々な知恵
        (アイデアや情報)を引き出せる人といことになります。

即ち、高い自己イメージを持ち、潜在意識の大きな可能性を活用できる(=知恵を引き出す)人ということがいえます。


この二つの課題がクリアーするのが、潜在意識活用法シルバメソッドの目的であり、具体的な実用的なテクニックを提供しています。

下記に関連する記事を示します。参考まで

  潜在意識の活用すれば、あなたの人生が変わる

  あなたの潜在意識が、今のあなたを創った

  あなたの人生は、あなたが創った結果。あなたの人生は、あなたの○○が決める。

  成功している人と普通の人の違いは?

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。