2011年5月アーカイブ


 「スマイルは、あなたの周囲を、身も心も健康に導きます」

               マザー・テレサ


 昨日、幸せ感度を高める一つの方法を紹介しました。
今度は、幸せを引き寄せる簡単な方法「笑顔」についてお話しします。

 笑顔が素敵な人には、何故か人が集まってきます。
安心と喜びのオーラーが発信しているからではないでしょうか。

笑顔2.JPG

 最近、無表情な人が多くなってきたように思います。
その理由は、日常の忙しいさに忙殺されている生活等が一つでしょう。
また、周囲にネガティブなことが多くなり、幸せ感度を鈍らしてしまう。
子供の頃の素直に感動をおぼえてきたのが、大人になって感動 の感情が鈍ってきた等が考えられます。


 あなたは、いつも笑顔でしょうか。

笑顔には様々な効果を私たちにもたらします。
ここでは、大切な二つを紹介します。


■笑顔は、健康を作る

 人間の体には、リンパ球の中のNK(ナチュラルキラー)細胞が50億個以上存在しています。
一方、どんな人の体の中でも、遺伝子の突然変異により、1日に3000個もの癌細胞が生まれているといわれています。
NK細胞は、絶えずこの癌細胞を攻撃して、癌になることを防いでいるのです。

 笑いにより、NK細胞が増えることが分かっています。
即ち、笑いは、あなたの免疫力を高めてくれるのです。
しかも、笑顔の真似をしただけでも、NK細胞が増えることがわかっています。
笑い、笑顔は、健康を創り、また周囲の健康をも創るといっても過言ではありません。



 アメリカの16代大統領エイブラハム・リンカーンの有名な言葉に、
「人間は40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て」と言っています。
自分が責任の持っている顔とは、自分自身の主体性が確立され、自分の言動や信念を持って責任のとれる人に備わった顔をいいます。
責任の持てる顔とは、最もその人の人生が浮かび出た"いい顔"を言うのです。
即ち、あなたのセルフイメージが顔に表れ、いい顔とは、高いセルフイメージになっているということです。

 笑顔がすべていい顔とは言いませんが、真にいい顔の人は、真に笑顔も美しい。
しかし、笑顔が美しくその人にふさわしいものになった時、笑顔はすべていい顔になっていくものです。


■笑顔は、あなたの心を健全にし、周囲の人を引き寄せる

 笑顔は、周囲の人に喜びと安心を与えます。
そして、人が引き寄せられ、溶け込み、良い人間関係を創ります。

 また、よく笑顔は、商売繁盛をもたらすといいます。
笑顔は、人の心を広げ、心の奥(潜在意識)につながり、話しや振る舞いがその人により伝わっていきます。
そういう意味で、よいコミュニケーションができ易くなります。
商売でしたら、商品のよさを素直に感じてもらえることになります。
その結果、商品が売れていくといことになります。

 事実、私の知り合い★にキャビンアテンダントの女性がいます。
飛行機内で商品を紹介しますが、同僚が1000人以上いる中で、トップ10の売り上げ達成しています。
その秘訣はと聞くと、笑顔だと断言しているのです。
(★...シルバメソッド の卒業生)

 笑顔は、マザー・テレサが述べたように「あなたの周囲を、身も心も健康に導きます」
笑顔は、体を健康に、心を素直な健全をもたらすということです。
それも、周囲の人にもです。


■笑顔トレ

 もし、あなたは、笑顔が少ないと思ったら、是非、次のことを習慣化してください。
朝、鏡を見て、自分の美しい笑顔を作り、しっかり見てください。
また、声を出して笑うことも非常に良いことです。
それをしっかり見て覚えるのです。
それを1日中で、その一番美しい笑顔を思い出すのです。
そうすると、あなたは健康で、心に余裕を持った健全な心に変わってきます。
更に、周囲の人達も、同様に徐々に変わってきます。


 日々のビジネスや家事等の忙しさに巻き込まれている方は、日々の疲れやストレスが徐々に蓄積され、幸せ感度が鈍ってくる傾向にあります。
 そのような状況は、喜び、充実感、満足感を感じにくし、日々の幸せを感じにく惰性的になり、やや、無味乾燥の感を持って日々生活することになります。
そのような傾向を感じている方は、幸せ感度を高める下記のことを実践してみてください。

 ここでいう幸せ感度とは、

 実は、昨年12月頃から、きれいな滝の写真を見つけたので、イメージで滝を想像し、自分がその滝の水に打たれることをイメージしていました。
滝の水は、ほど良い温水で、私の足元はなめらかで温かい石が敷きつめられています。
その温水は、心の汚れを取り、静かに落ち着かせ、私に元気を与えてくれるものです。

白絹の滝.PNG

  忙しい毎日を送られている方々だからこそ、1日5分でも時間を作って実践されることをお勧めめします。
このたった5分、されど5分、この1日のひとときの静けさを大切にすることで、今後の心の平安や心の気力、体力充実への地固めにつながることでしょう。

 そして、やがてさらなる希望が湧いてきて、いろいろなアイデアが生まれてきます。
実践する行動力もついてきます。
是非お試しあれ!


 進め方は、簡単です。
次の3つのステップで行います。
そして、短時間で効果を示します。


ステップ1:心身をリラックスする。

 できれば、脳波アルファ状態にするとより効果的です。
アルファ状態は、もっともエネルギー高く、素直なレベルです。
ですから、あなたがイメージすることを素直に受け入れてくれます。
そして、あなたの潜在意識を活用できるようなり、イメージ力が自然と高まります。


ステップ2: 心身をリラックスされ、癒すイメージを作ります。
  今回は、滝を活用します。
  その時のポイントは、下記を参考して下さい。


ステップ3:意識をベータ、今の状態に戻す。
  具体的に、大きく深呼吸する中で、意識をより鮮明にします。

以上の3ステップで行います。

 もし、このステップ1,3が実感できない場合には、次のCDを活用することをお勧めします。
 リラックス&あなたのパワーアップCD

 次の滝を使ったイメージを日々の日課として、取り入れることにより、変化の早い方は1週間やるだけでも、心身や生活に変化を感じることができます。
上記で感じる感情に満たされてくるのを実感します。

 そうすると幸せ感度が自然と高まり、あなたの日常の生活に感謝の気持ちが更に強く芽生えてきます。

是非、実践してみてください。


■ポイント1: イメージによる滝行だと思ってください。
 この滝の水は、宇宙の叡智に満ちたエネルギーが水と化し、あなたのココロとからだに注がれると想像します。
それは優しく清らかで美しく、かつ、強くたくましく、頼もしいもの、心身ともにより健康に導いてくれる水のようなエネルギー。
そして、あなたの本来の能力とパワーを目覚めさせるものです。

 イメージをする際には、五感と感情をともなったイメージができることがベストですが、まずは実践してみましょう。


■ポイント2:気持ちよさを感じる
 イメージで滝に打たれて、ココロの汚れ(ココロの基本カラー)は無色透明=無心と考えて。
嫌なことも良い思い出も=色つきと考える。
その時に感じている心配や不安なことも流してください)や、からだの中の毒(痛みやコリ、堅さ、不自由さなど)がどんどん洗い流されているイメージをします。

 汚れや毒が流れる様子はあなたの想像力を活かしてイメージしてください。
これでよし!安心!と感じたところで終わりにしたいところですが、5分という時間はあっという間ですので、
ご自分である程度、時間的な目途をつけて、実践しましょう。

 ココロの汚れやからだの中の毒などないと感じる場合、または、上記のイメージが面倒という方は、ただひたすらその水を浴びることで五感を活用して、気持ちよさ(感情)を味わってください。
これを実践することで、あなた自身が心身ともに元気になり、輝く存在へと変化していきます。

以上、参考にして、実践してみてっください。
それも、毎日1回から3回、1週間行うことにより、徐々に効果が見えてきます。
あなたの期待を満たすこと間違いありません。
 下記のような質問を頂きました。
今日は、質問に答えます。

...
 心配性?不安性?
先月ぐらいから、ささいな事があるだけですごく考え込んでしまうようになってしまいました。
たとえば、舌に口内炎ができただけで、舌癌じゃないかって考えたりするようになりました。
 学校の先生がリーダー選出の時に、わざと自分にならせないようにしたってことが原因でこうなってしまいました。
これって精神的な病気ですかね?
自分が病気じゃないかとか、友達関係のこととか、なにかあるとすぐ調べてしまいます。

-------------------------

...

 誰でも、心配や不安はあります。
しかし、ネガティブな感情をもつと、割ることが起るようになります。

 前向きに、肯定的な感がられるようななると、良いことがどんどん増え、日々が楽しくなりました。
このことは多くの方経験しています。


 一言で言うなら、心配や不安のような否定的な感情が生じるから、改善や対策をとるのです。
ですから、心配や不安は良いことです。
改善刷る過程で、あなたは成長できるのです。


 しかし、それが過剰に心配、不安に感じる。

 心配、不安にのできごとに対して、対処の行動とらすに、ただ、心配ばかりしている。
あなたのが、舌に口内炎ができたら、癌かなと考え、ネガティブ考え、何もしない場合は問題です。
そう思い続けるとその状態を引き寄せきます。
そして、本当に病気になってしまします。
医学的に、病気全体の原因の90%は、否定的に考え、ストレスを蓄積して病気を作ってしまうのです。 
ハート.PNG 過度に心配不安を感じたり、悪く悪く考えするのは、誰か、それはあなただといことです。
自分の身の回りに問題を見て、大別すると次の二つの反応のし方があります。

1.大変だ、大変だと考え、冷静に物事を考えられない人

2.問題を見て、「それはありがとう」と考えて冷静に問題の原因分析し、対策を打つ人

 ...なぜ、ありがたいのか。
自分が起こした問題なら、その原因を取り除けば、二度とこの原因では問題は生じなくなる。
つまり、自分は成長できるのです。


 あなたのは、どちらでしょうか。
同じ問題の取り方によって、とる態度が変わるということです。

 それなら、否定的に反応したり、肯定的に反応するのは、誰か、それはあなたの奥深い心です。
その奥深い心とは、心理学では潜在意識といっております。
その潜在意識に刻まれた考えが、あなたの性格を決めてしまいます。

 その考えを変えられないのか、それは可能です。
一つ簡便な方法を紹介します。

 自分が望む状態を文章化して、それを「口癖」のように何度も何度も唱えるのです。
そうすると、潜在意識にその考えが刻み込まれ、その考えのように反応できる自分になっています。

これを実施する上での注意、

・心身をリラックスして行う。

・力んで唱えてはいけません。口癖のように自然に何度も唱える。

・それを30日間は、繰り返してください。

そうすると、考え方が徐々に変わってきます。


 さて、もっともっと効果的な方法があります。
それが、積極的にあなたの潜在意識を活用するほうです。
この方法、長年の否定的に考える癖や行動を効率よく短期に簡単に改善することができることを多くのかたが体験しております。
詳しくは、潜在意識活用法シルバメソッドHPをご参照ください。
具体的には、潜在意識を活用したメンタルハウスクリーニング法(心の大掃除)です。

 今日は、私のパートナー:リサ・フローラーに登場していただきます。彼女は、子供アトリエも行っている方です。

 ――――――――――――

 癌の専門医であり、イメージ療法の先駆者であるサイモントン博士★の話の中で、あなた自身の健康やストレス状態、その解消の仕方を自分が良く知ってると述べられています。
ですから博士は、癌の患者さんに対して、自分の心に問いかけなさいと述べています。
勿論、健康なあなたも、同様にできるはずです。

 本日は、より簡単な方法によるストレス解消を紹介します。

あなたのストレスに対処する方法はどんなことですか?
カラオケ、スポーツ、森林浴、趣味に熱中する、もちろんレベル(心身をリラックスして脳波アルファ状態)に入ることも、etc...。
目まぐるしく変化している現代の社会環境に上手に対応していくためには、心身ともにリラックスできる時間をもったり、感覚や感情レベルで喜びを味わい、熱中できる何かが必要です。

そうした日常レベルでの"心のマッサージ"の一つとして、色彩による健康法をご紹介いたしましょう。
絵が上手い下手は関係ありません。
あなたも普段の生活に取り入れてみませんか。

方法は簡単です。
ベットルームや自分の部屋に、好きな画材と紙だけを用意しておいてください。
絵の具.JPG

子供の頃を思い出して色彩絵の具を使ってもいいですし、それが面倒ならクレヨンでも色鉛筆でもマーカーでも、なんでも好きな画材で大丈夫。

そして特に疲れがたまっている時や、イライラしている日、レベル(アルファ状態)になかなか入れない時など、寝る前にでもただ落描きをしてみればいいのです。

その時、気に入った色を目にするだけでどれほどストレス解消になるか。
上手に描こうなどと思う必要はありません。
イライラした気持ちを吐き出すように、気のむくまま手の動くまま描いたり塗ったりしてみましょう。
形を描こうとすると、何を描こうかと左脳が働いてしまうのでリラックスできなくなってしまいます。
あなたの描くものになんの制約もルールもないのです。
人の目や意見など気にせず、思う存分自分の使いたい色を堪能してみましょう。
終わった後は思いもかけない開放感があなたの心にあるはずです。

  
【備考】
★カールサイモン博士は、シルバメソッドの卒業生です。受講する中でイメージ療法の大きなヒントと確信をもたれたと言われています。


 ツイターに今日、下記のことを書きましたら、よいスタートにするには何をしたら良いかという質問を頂きました。

  「東京は今日、雨。
    窓の外を見て、清め雨と思い、一緒に清められると思うか。
     憂鬱な雨だと思うか。
      大切な一日のスタートができるかが決まります」

素晴らしい質問に答えたいと思います。

 1日のスタートが良ければ、1日快適に過ごせますし、集中力や能力もより発揮できます。
また、生き生きした自分は、人のよい関係をも作りやすくなります。
運も自然とよくなります。
心良い状態は、あなたのマインドを広げ、潜在意識 をより機能して、あなたの望む状態を引き寄せてくれるようにもなります。


 さて、基本は、
    新たな1日を迎えられた喜びと感謝が大切です。
   それは、大自然に生かされているという喜びであり、感謝です。

 そうすると、あるがままの自分でよいのだと感じられるようになっていきます。
朝の瞑想.JPG

 私は4つのことを実践しています。
あなたに1つでも参考にしていただければ幸いです。
また、それ以外に上記の基本を表現する方法があると思いますので、あなたなりの儀式を作るのもよいと思います。
そして、1日の良いスタートをしてください。


1. 目が覚めたら、すぐ起きて、外の新鮮な空気に触れ、大きく3回深い呼吸をして、1日を迎えられた喜びと感謝を込めて、ありがとうと心中で気持ちを込めて1回いいます。


2. 次に、椅子に座って心身をリラックスして、今日の大切なイベント(出来事、行うこと)を一つ選び、イメージの世界でそれを行っていることをメンタルリハーサルし、完了した喜びに浸ります。
また、周囲の人がいれば、笑顔をも一緒に描き、喜びに浸るのです。
達成感と満足感、そして、それをすることができたことに感謝をします。


3. 3つ、4つ目は、清清しい朝を迎えるための前日の事前準備です。

 前日の一つ目の事前準備
  1日の中のできたことや出来事で嬉しいこと、感謝することを、心身をリラックスしてメンタルリハーサルして、再体験します。
 これは、1日の終わりの姿が良ければ、1日が良い日だと思えるのです。
 つまり、良い一日であったという思いを明日につなげる行為になります。


4.前日の二つ目の事前準備
  布団の中で、心地よい、深い眠りに入るためと、気持ちよく爽快に目覚める儀式です。
  深い眠りに入る為に、睡眠のコントロール★を行います。
  そして、
  爽快の目覚めを迎えるために、目覚めのコントロール★を行います。

  ...狙いは、質の良い睡眠と1日のリズムを作ることです。
  

<備考>
★印...この方法は、シルバメソッド が使うテクニックです。
 ・睡眠のコントロールは、眠りにつくテクニックです。
 ポイントは、心身をリラックスして、数字を100からカウントダウンしていくだけです。
 そうすると、不眠症の方も深いに眠りに入ることができます。

 ・目覚めのコントロールは、決められた時間に1分と違わずに起きるテクニックです。



 我々は、色々な癖を持っています。
考える癖や口癖や行為の癖。

 人生に好ましくない癖があるならば、改善しなければと思いますが、なかなか癖が改善できないことを実感していませんか。
その癖が潜在意識に形成さえているからです。

 今日は、悪い癖を簡単に克服するヒントを紹介します。

 デンマークの有名な実存主義の創始者である哲学者キルケゴールの書籍の端書に次のような話がありました。

 名演技をする道化役者が、大酒飲みのアル中で、芸を駄目にしていた。
ファンが「酒をやめろ」と再三言われるたびに、
「明日から止めるよ。だから、せめて今夜だけは思い存分飲ませてくれ」
といったのである。
そして、その夜はおおいに飲んだ。
ところが、約束したことは忘れ、それ以後も、また飲むのである。

 そこで、キルケゴールはいう。
道化役者が、
「私は酒が好きで好きでたまならい。だけどそうまで心配してくれるなら、今夜だけは飲むのを止めよ
といったなら、彼はきっとそのまま酒を止めることができるだとう。

 この話は、プラスの気分にすれば、悪壁は簡単に止められるということを言っています。

 例えば、禁煙の場合。
マイナスの強迫観念に追われて禁煙するのでは、どうしてもストレスとなります。
例えば、癌になるからタバコを止めようと思うならば、タバコを吸いたいと思うたびに、癌のことを連想してしまうことになります。
家庭.png このようなマイナスの感情、ストレスを作るのではなく、一歩前進してより素晴らしいことが自分にはあるのだと思えるようにします。
例えば、子供や妻も明るくて健康で清清しい家庭を築ける。

 プラス気分で、ずっと明るく素晴らしい気持ちでタバコを吸わないでいられるというわけです。

 癖を止める理由から生じるプラス気分にするのが、成功の秘訣であるといことです。



    ■ココロのセルフ・マネジメント力[15]■
  【2】誰でも成功はできる潜在能力を備えている(8)
------------------------------------------------------------------------
(6)成功できる人の第3のカギ:モチベーションのコントロール力 (2)

―前日の続きー
■3)モチベーションは技術

 モチベーションが変化を含んでいることは明らかです。

 ある心理学者は、習慣のパターンというものは、幼年時代に身についてしまい、成人に達したら、人間を変えることはできないという考えにこだわっています。

 別な見識のある心理学者は、人間が変化する場合は、現実の世界で、劇的に変化することを認めています。
そして、自分自身の力で、計画的に変化できることを正しく論証しています。

 モティベーションの技術を身につけることは可能なことなのです。
 
モチベーション研究.JPG モチベーションに関する重要な原則があります。

 人間は、満たされることのない欲求をもってこの世に生まれ、人生の建設者、目標達成者、進歩と努力の造形家たるべく運命づけられています。
進歩、努力するためにモチベーションの力を活用する必要があります。
そのモチベーションの力は、誰にでも備わっています。
運命づけられているとは、モチベーションの力を発揮できる潜在能力が、あなたに内在しているといことです。

 また、モチベーションは永続的なものではありません。
培えば、すぐに反応がありますが、放っておいては育ちません。
育つように刺激してやらなければ、委縮、しぼんでしまいます。
モティベーションは、ある日突然、天から降ってくる神秘的な火柱ではありません。
成長し、つぼみをつけ、そして花開くものです。
それを準備し、それを引きつけ、それを受け取ろうと手を伸ばす時に初めて、最上の現れ方をするものです。


 誰でも、願いを叶える為のモチベーションを持って存在し、それを育成することができます。
あなたの願望実現や問題解決の原動力がモチベーションです。
モチベーションの力を活用する技術を見につけることが、あなたの望む人生を歩む為に大切な鍵になります。

 モチィベーションを高めるには、自分で行なうことであり、また、内面的なものであることを知らなければなりません。
ドアが十分、開けられれば、誰でも「成功」できます。
しかし、賢明な人だけが、自分でドアを開けなければならないことを知っています。
ドアを開くためには、鍵が必要です。
そして、その鍵は、あなた自身のうち深くにあるのです。


<明日につづく>
    ■ココロのセルフ・マネジメント力[14]■
【2】誰でも成功はできる潜在能力を備えている(7)
------------------------------------------------------------------------
(6)成功できる人の第3のカギ:モチベーションのコントロール力 

―前日の続きー

■1)あなたはモチィベーションを高める潜在能力を持っている


 成功とは、価値ある目標を前もって設定し、段階を追って実現することだといいました。
そして、すべての成功者は、高いセルフ・イメージという特徴を持っています。
成功は目標を伴い、それを達成しようというモチベーションを伴います。
人間の努力は前もって設定した価値ある目標に向けられるべきです。
また、成功は段階を追って実現、つまり、確実に進歩成長するためには、目標をたて続けなければならないということです。

 目標達成する為には、永続性のあるモチベーションを自分自身のうちから生じさせる必要があります。
それが、「成功」するための鍵の一つです。

 そして、誰もがモティベーションを高める為の潜在能力を持っています。
モチベーション.JPG
 真に成功した人は、自分をモチベートする方法を知っている人です。
もし、この方法を知らなければ、あなたは他人によりモチベートされ、他の人があなたの支配者に成ってしまい、自分の気に入らない人生を歩むことになる可能性があります。


■2)モチベーションを高める3つの要素

 モチベーションの意味を明確にすることにより、モチベーションを高める方向が見えてきますので、ここでモチベーションの定義をしておきましょう。

 辞書によれば色々な定義がありますが、代表的な定義を下記に記します。

(1)モチベーションとは、行動を誘い出し、選択させ、決定させ、
                      あるいは動機を規定するもの。

(2)モチベーションとは、人を駆り立てる内的なもの
                      ‥...・考え、感情、欲望、衝動。

(3)モチベーションとは、
          実現できるという信念を伴う期待に支えられた欲望。

などと定義づけられています。

 これらの定義から、モチベーションが行動を含んでいることは、一見して明らかです。
しかし、この行動は結果です。
もっと内的な本質の外面的な表われです。
考え、感情、欲望、欲求、本能的な推進力、選択、衝動‥‥‥これらは、すべて自分自身の内から発生します。
あなたが、どの行為に一番影響されるか?
また、どのようなことにより影響を強く感じるかは、他の人と異なるでしょう。
なぜでしょう?
それは、全く同じ人間は2人といないからです。
2人の人間が、同じ欲求を持つことはあります。
しかし、欲求を満たすためには、違った方法を選ぶでしょう。
考えが違うからです。
違った方法で選択の自由を働かせ、用います。

 従って、あなたをモチベートするのは、あなたをよく理解しているあなた自身であるということです。


 さて、モチィベーションを理解する本当の鍵は、最後の3番目の定義にあります。
「実現されるという信念を伴う期待に支えられた欲望」です。
もし、自分のものでない目標に向かって努力しようとしても、成功達成に必要な期待や強い信念を持つことができません。
埋もれている潜在能力を開発しようともしないでしょう。
自分の目的や目標を自分で決定し、必ず達成できるという期待と信念を身につけなければなりません。

 上記のモチベーションの定義から3つの要素に分けられることが分かります。
それぞれの要素を分かりやすくする為に、それぞれ表現を変えてみます。

?実現されるという信念  ⇒必ずできるといこう強い「確信」

?信念を伴う期待      ⇒実現できるのが当然と思える強い「予期」

?期待に支えられた欲望 ⇒駆りたれられる強い「願望」

 従って、モチベーションは3つの要素から構成されていることが分かります。
実は、この3つは、潜在能力開発法シルバメソッドが述べているプログラムを成功する3つの要素なのです。
成功の鍵3.jpg 願望を叶えるには、強い願望、強い確信、強い予期を持つことにより、願望は実現できると述べており、事実、卒業生は願いを叶えています。

 それならば、この3つを高めるにはどうしたらよいか。
この件に関しては、次の機会に説明します。

 成功する為の第3番目の鍵は、あなたの自身のモチベーションをコントロールできることだといことです。
そのモチベーションを高めるには、願望、確信、予期を高めることであるといことです。



<明日につづく>

「感動することをやめた人は、生きていないのと同じことである」

とアイシュタインは言っています。


その感動が、生きがいややりがいを強く感じるのです。

感動は、意欲をもたらす、エネルギーでもあります。


意欲をもち、感動を忘れない方は、長寿であるといわれています。

未知のものを受け入れ感動できる人は、若々しい

若々しい人は、未知のものにいつも興味を持ち、感動することを楽しんでいるはずです。

その感動の日々が、免疫力ややる気を高めてくれるのです。


さて、感動は、学びと勇気を与えてくれます。

そう、実感します。

先日のシルバメソッドのフォローミーティング

テーマ:健康ダイエット法

です。


卒業生から、1冊の本を頂きました。

その方が書いた本です。

1年に1.5冊ペースで本を出版している方です。

今回は、ご本人曰く、30分で読める本ですと言われていました。


翌日の朝、テーブルに置いていたその本を立ち読みしはじめたら止まらなくなりました。

あっというまに読み終えてしまいました。

"強い感動"と朝から"涙"がでてしまいました。


その本を別な方に読んでもらいました。

その方は、次のことを言っていました。

まず、ジーンとした。

その次に感動と感謝。

最後に自分もそうなりたい。と。


本は、95頁。5つの話で構成されています。

じっと見つめる022.PNG

第1話(いずれも実話です)

・・小学校の先生。「まったく伸びる見込みのない」生徒を受け持ち、

まずは、先生の愚痴をこぼすところから話が始まります。

・・・・大先輩の先生から小さなことでもよいから、「ほめなさい」と。

しばらくして、

先生(15年教鞭をとっています)が、「教育」とはこういうことだと

気づくのです。

(少し涙がでて、感動を覚えてしまいました)


第2話

社員20名ほどの鉄工所を経営する社長さんの話。

・・・社長は、あるキッカで「トイレ掃除」が日課になった。


あるとき、昼食時に、

社員の手を見たら、仕事に使うシンナーでおそろしいほどひび割れていた。

トイレ掃除でがさがさついている自分の指より

はるかに痛々しく、荒れていた。

・・・・


1話1話。感動の話ばかり、そして実話。

たしかにそうありたいと、私自身も素直に学ばされてしまいます。


感動こそ、心を広げてくれる。

そして、心の深いところ潜在意識の領域にまで、共鳴させ、人を素直にし、学ばしてくれると実感しました。

そして、生きる勇気をもたらしてくれます。


本の内容は、実際読んでいただくことが一番ですね。

    ■ココロのセルフ・マネジメント力[12]■
【2】誰でも成功はできる潜在能力を備えている(5)
-----------------------------------------------------------

―前日の続きー

(5)成功できる人は、第2のカギ:健全なセルフ・イメージを持っている

 成功した人は誰でも、成功を達成するには、セルフ・イメージが重大な役割を演じることを知っています。
セルフ・イメージは、健全な自尊心です。
積極的なセルフ・イメージは、人間の内に存在する潜在能力を認めることと深く関連しています。

 余りにも多くの人が、成功するせっかくのチャンスを消滅させてしまうのは、低いセルフ・イメージのせいです。
1人の人間のパーソナリティは、首尾一貫した無数の考えから成り立っています。
ですから、その人の首尾一貫した考えに反するものは、たとえ1つでも退けられてしまいます。
パーソナリティを形成する無数の考えの中心となるものが、自分についての概念、つまり
  自己概念
です。

こうして人は、統一され、鮮明に結晶化された、自分についてのいくつかの考え方の組み合わせを持つようになります。
この組み合わせが
  自己確認
です。

これに基づいて心に描く自己像が
  セルフ・イメージ
です。

 このセルフ・イメージは、どこに創られるか、あなたの潜在意識に形成されます。
そして、セルフ・イメージと反する考えや言葉、行為が現れると、抵抗します。
例えば、いやな気分やいごごちが悪い状態にして嫌気持ちになります。

 潜在意識と顕在意識の関係は、断然潜在意識の力が顕在意識の力よりも勝り強力です。
ですから、意思でがんばっても、相反する考えが潜在意識にあれば、その相反する考えが勝利してしまいます。

 このことを認識した上で、次のことを読んでいってください。

 セルフ・イメージは、あなたが成功できるかを決める重要な要因です。
もし、積極的で健全なセルフイメージを持っているならば、成功できる人でしょう。もし、不健全な低いセルフイメージでしたら、成功から遠ざかるでしょう。

 このセルフ・イメージについて確認します。


■1)セルフ・イメージは、あなたの限界を創る

 あなたのセルフ・イメージは、あなたの限界を決めてしまいます。

北壁.PNG

ひとたびセルフ・イメージを抱いてしまうと、これが自分の能力や才能の限界と思い込んでしまうのです。
それ以上に自分は進歩、向上できないのだごと思い込み、それ以上に伸びようとする試みさえも押しとどめてしまう、心の天井と成ってしまいます。
たいがいの人は、この天井以上に登ろうとは決してしません。
なぜなら、何を欲しているかは別として、セルフ・イメージが、自分に期待できること、自分に可能なことを感知する力を心の天井以下に制限してしまうからです。

 もし、セルフ・イメージが本質的に消極的・否定的であるなら、その人の判断も当然すべて、この消極的・否定的なセルフ・イメージでろ過され、その結果、疑惑という重荷を負わされます。
  ・大きなことをする資格がない、
  ・能力がないと思い込み、
  ・到底、高い所へ達することはできないんだ、
とあきらめてしまうのです。

 しかも、自分を低く評価している人々は、成功するあらゆる資格を備えているにも関わらず、ただ1つ、自信だけが欠けていることが多いのです。

 このような人は、他人の評価より、常に自分を低く評価してしまい、他人を判定する時よりも、自分を厳しく判定してしまうのです。

 多くの方は、自分を卑下する癖(習慣)を持っています。
少なくとも、人口の半分は「平均以上」なのです。
自分は劣っていると思っていると、劣った行動となって表われます。
だからと言って、それは潜在能力が劣っていることを示しているのではありません。

 

  ■ココロのセルフ・マネジメント力[13]■
【2】誰でも成功はできる潜在能力を備えている(6)
--------------------------------------------------------------
(5)成功できる人は、第2のカギ:健全なセルフ・イメージを持っている


■2)成功には、健全なセルフ・イメージが必要

 健全なセルフ・イメージは、成功にとって絶対に必要なものです。
自分を信頼していなければ、自分のすることに信念と自信をもつことは不可能です。
あなたがあげる成果は、あなたが、あなたの能力について持っている評価に正比例します。

やる気 仕事成功のカギ-バラ

 自分はこういう人間だと思うと、その通りの人間として行動するということは、心理学上の明白な事実です。
どんなに意志力を働かせようとも、ある期間、全く違う人間のように行動することは不可能です。
自分を失敗者と考える人は、成功しようと、どんなに懸命に試み、どんなにもがこうとも、たいがいは失敗します。

 会社でもう一つ高い仕事をこなすことができないと思い込んでいる人は、自分が昇進の候補者にならないような条件を無意識に作り出しています。
自分が期待する結果を生むような条件を作り出すのです。
低いセルフ・イメージは、破壊的な下降線を自ら描く結果となり、どんな場所にも決して到達できません。


■3)人を愛せる自分になるためには、自分を愛せる人に

 もし、絶えず恐怖感や劣等感を感じる不健全なセルフ・イメージを持っているならば、人に寛大であろう、公平であろうと、どんなに懸命に試みようとも、不健全なセルフ・イメージがそれに反抗して、気むずかしい、ねたみ深い、憎しみに満ちた人になってしまいます。

 自分に公平でなければ、他人にも公平になれるはずがありません。
自分を愛し、尊敬していなければ、他人を愛し、尊敬できるはずがありません。
そういう人は、自分の行動で尊敬に値しないことを示してしまうため、他人もその人を愛し、尊敬できないのです。

 自分を愛せる健全なセルフ・イメージを創ることが、人を愛せる自分になれるのです。
その結果、人に慕われる、尊敬され、愛され人に成長します。
成功には、多くの方の協力が必要な場合もあります。
快く協力してもられる人間関係を作る為にも健全なセルフ・イメージが大切です。


■4)あなたの潜在能力を引き出す為に、健全なセルフ・イメージが必要

 もし、人が自分の才能を現わせないとしたら、それは、二つの原因が考えられます。一つは、どのように自分の才能を効果的に引き出すことができるかを知らない場合。
もう一つは、自分の才能がないのだと制限するセルフ・イメージが能力を発揮にブレーキを掛けているかです。

 創造力や才能は、年齢や経験だけでなく、欲望によってでも引き出すことができます。
創造力や才能は、周囲の状況や環境に左右されません。
また、経済状態、信仰にも左右されません。
成功するためには、潜在能力を正しく評価し、人生において重要な役割を演じるセルフ・イメージを開発することです。

 しかし、短所を変えるために、積極的な思考を表面的に利用するだけでは意味がありません。
例えば、
  「今日は仕事の能率をうんとあげてやろう」
と単純につぶやいただけでは何の結果ももたらしません。
その表面的な行為は、潜在意識内の不健全なセルフイメージが健全化するには、あまりにも弱すぎます。
セルフ・イメージは、何度も繰り返しして習慣化したものです。
それを健全なイメージに変えるには、この潜在意識の機能と潜在意識をどのように活用すれば効果的に高いセルフ・イメージに変えることができるかを理解していなければなりません。
シルバメソッド流にいうならば、メンタルハウスクリーニング法(心の大掃除)です。
これについての詳細は後日紹介します。

 そして、もう一つ大切なことは、自分は価値がある、重要な人間だと実感できるようになることです。
それを認め、価値ある人間になると決意することが大切です。
成功とは、望む状態に一歩一歩近づくことです。
それを高いセルフ・イメージをつくることも同様です。

 セルフ・イメージを高めるには、まず、考え方の方向を改め、自分についての心構えを変えることです。
自分自身の重要性を正しく評価し、尊重して下さい。
人間は、最も丹念、克明に作られた精密な機械です。
そして、潜在能力は無限です。


■5)人は、オンリーワンの存在⇒成功の大切な認識


 人間の真価は、その人が、どう見えるか、何を言ったかではありません。
その人の中味です。
人間は自分を哀れんだり、自分を卑下したりして、一生を過ごすようにつくられたのではありません。
創造されたものは、それぞれが、すべてユニークです。
全く同じ人はこの地球上のどこにもおりません。
ですから、ある人と別の人を単純に比較することはできません。
人はそれぞれに成長し、開花の過程を経て、ほかの人には真似ることのできない、自分だけの世界を築くことに貢献することができます。

 そのためには、自分の才能を発見し、活用し、そして、その恩恵にあずかれるようになることです。
自分の価値を知り、健全な高いセルフ・イメージを持てば、自分の心に安定感という強い砦を築きます。

次回に続く「(6)成功できる人の第3のカギ:モチベーションのコントロール力 」

    ■ココロのセルフ・マネジメント力[11]■

【2】誰でも成功はできる潜在能力を備えている(4)

―前日の続きー

 (4)成功者は、潜在能力とう宝を信じ、それを活用している人

   ■2)成功者は、潜在能力を持っていることを信じ、それを活用している人

 エジソンや夏目漱石など、歴史に名を残している人のほとんどは、潜在能力を最大限に活用しています。
一般に天才といわれる人や成功者と呼ばれる人は、さまざまな機関における調査の結果からも潜在能力を活用できていると語っています。

 潜在能力を表現する上で、意識について確認しましょう。
心理学的視点で私たちの意識というものは、顕在意識と潜在意識の2つに分かれていると考えられています。
CINSEN9.JPG
 顕在意識というのは、私たちが物事を考えたり、何かを思い出したりするときの意識で、その機能や役割については、よくわかっています。

 しかし、潜在意識の機能や役割については、まだ十分に解明されていません。
じつに興味深く不思議なのが、潜在意識なのですが、一般にはふだんあまり使わない意識で、潜在化に眠っているという意味で潜在意識と呼ばれています。

 天才や成功者たちが、潜在能力を活用している人とは、この潜在意識を活用できる人とうことです。

ちなみに、私たちが使っている顕在意識はわずか3%だといわれています。
天才や成功者たちは、3%よりも多く、しかも巧みに潜在意識を使っているわけですが、具体的にどのように使っているというのでしょうか。

 エジソンを例にとりましょう。
エジソンは特許を1000件近くも取得していますが、そのアイディアは、すべて夢から引き出されていました。
そのことについては、エジソン自身が、伝記に記しているので間違いありません。

 だからといって、エジソンは、もちろん夢ばかり見ていたのではありません。
 「99%の汗と1%はひらめき」
との有名な言葉がありますが、エジソンは、ものすごい努力をしたうえで、最後の1%を夢から得られるひらめきで、完成していたのです。
尚、エジソンは、その1%のひらめきが重要で、これが無かった99%の努力は意味がないと言い切っています。

 では、エジソンは、どのようにして夢からアイディアを引き出していたのでしょうか。

 夢を見るときというのは、潜在意識を使っているといわれています。
潜在意識を使うということは、脳波でいうとアルファ波の状態に入っているということです。
アルファ波と潜在意識とは直結しています。
表現を変えれば、アルファ・レベルの状態というのは、潜在意識が開いている状態をさしています。
そのため、潜在意識に情報を送ったり、情報を引き出すということが可能になるというわけです。

 では、なぜアイディアが生まれてくるのでしょうか。脳作用展開図 小.JPG  ◆巨大な情報の倉庫?潜在意識の第1の機能

 潜在意識には3つの機能があります。
ここでは、2つの機能について紹介します。
この件に関しては、後日、詳しく触れたいと思います。
ここでは、潜在意識の活用することにより、あなたの可能性がより広がることを理解していただくことに焦点を置きたいと思います。

 私たちの経験とか、これまでに教育されてきたことなどは、すべて私たちのマインドの中に入っています。
しかし、顕在意識で思い出せるのはほんの1部で、ほとんどの経験や教育された内容を、顕在意識は忘れています。
正確にいうと、潜在意識のなかには入っていて、顕在意識は、忘れているのではなく、思い出せなくなっています。

 そこで、顕在意識が思い出せなくなっているものについては、潜在意識から引き出せばよいということになります。
そのようなことができるのかというと、じつはできるのです。

 どのようしてそれを行なうかというと、脳をアルファ波の状態にすればよいのです。脳がもっとも自然にアルファ波の状態になるのは、睡眠中です。

 ですから、睡眠中に夢というかたちで、潜在意識から情報を引き出せるということなのです。
これが第1の機能です。
エジソンのアイディアを見ますと、明らかに彼が過去に経験したことに基づいているので、夢からヒントを得た=彼の潜在意識から情報を得た、ということが言えます。

  ◆第3者の潜在意識とコミュニケーションができる?潜在意識の第2の機能

 ただし、それだけでは、エジソンのアイディアを説明することはできません。そこで第2の機能が出てきます。
それは、潜在意識においては、第3者の潜在意識とコミュニケーションができるというものです。

 シルバメソッドでは、これを主観的コミュニケーション(意思伝達)と呼んでいます。従って、エジソンは、自分自身の情報だけでなく、第3者の情報も組み合わせてアイディアを生み出しているのだというわけです。


 エジソンに限らず、多くの天才や成功者たちは、これら3つの潜在意識の機能を駆使して、アイディアを引き出し、問題解決をしていたのです。


 ただし、それだけで彼らが偉業を成し遂げられたのかといえば、これだけではまだ足りません。そこで次の条件が必要になります。

 明日につづきます



【潜在意識を活用した健康ダイエット】

本日は、平日のシルバメソッドのフォローミティングを開催しました。
テーマは、習慣のコントロール 健康ダイエット編です。
健康ダイエット系統図.JPG健康ダイエットは、理想的体型体重をマインドに持っています。
それを活性化してそれに引き寄せる方法です。

吸収、燃焼、排泄のバランスを整えることが要ですが、ストレスを持つとそのバランスが乱れ、引き寄せる力の障害になり、効果が弱くなります。

理想的体型の活性化を潜在意識を活用してプログラムし、無理したり、キツイことをしてストレスを作らない為に、キーワードとして楽しく、集中、希望、感謝を意識して実践していきます。

この方法は、自然と目的の体重に苦痛なく、無理せずに実現する可能性が大きくなります。
詳しくは、次の機会にご紹介したいと考えています。

参考> 習慣のコントロール:健康ダイエット編





    ■ココロのセルフ・マネジメント力[10]■

【2】誰でも成功はできる潜在能力を備えている(3)

前日の続き

 (4)成功者は、潜在能力とう宝を信じ、それを活用している人

   ■1)潜在能力の宝が自分にあると信じることが成功の第一歩

 あなたは豊かで、あなたの可能性を広める潜在能力の持ち主であることを確信していますか。
それを信じられているかどうかが大切なことです。

 科学者も心理学者も、潜在能力の25%から30%以上を使っている人は、ほとんどいない、と言っています。
しかも、この数字さえ、推定に過ぎません。

 身近な例で、駆け足をすると、じきに息が切れますが、なお続けて走ると、第2の力が出てきたように感じます。
このように人間は隠れた力を持っています。
異常な緊張をする時には、超人的な力を発揮します。
火事場のバカ力が良い例です。

 それと同じように、正しくモティベートされると、作業能力は倍加します。
これは、機械や機械装置にはあり得ないことです。
知能や才能の活用という点で、人間が、おびただしい埋もれた潜在能力を持っている、ということに何で不思議があるでしょうか?
人は誰でも、向上する力を持っています。
だからこそ、普通は、夢だとしか思えない手腕を発揮することがあったり、それ以上の優れた手腕を発揮したりする人が沢山いるのです。

 自ら制限すること以外に、罰則的な制限はありません。
この簡単な真理を、よく示しているのがスポーツの世界、特に、最も偉大な「個人の成果」と言われるトラック競技です。
ロジャー・バニスターが、人間の神話的な壁を破るまで、1マイル4分は、人間の能力を遥かに越えていることだと思われていました。
ロジャーバニスター.JPG

今では、破れることを世界中が知っています。
少なくとも、数十人のランナーの記録が、その目標を達成しています。
つい、数年前までは不可能と思われていた記録が次々に破られているではありませんか。「100メートル9秒台」の記録も、次から次を破っています。

 ここで、現実的な問題は、自分自身について、もっとよく知り、自分自身に、もっと多くのことを強いるようになることだけです。
誰でも皆、潜在能力を無尽蔵に貯えています。
この埋もれた才能を開発して下さい。
それには、埋もれた才能があることを認め、1人1人の努力によって活用しようと決心することが第一です。
これこそ、成功への最も偉大な第一歩です。

 成功者や偉人は、潜在能力を持っていることを信じ、それを活用している人です。

明日、このことについて紹介します。


今日、薬師寺一彦さん彫刻展の
 『精霊の刻(とき)』
に行ってきました。

心が癒されました。
アクリル・・・イルカ 素晴らしい。

もし、ご関心あるかたは、明日までですのです。
見逃さないでください。

ーーーーーーーーーーーー
古来、人は自然の中に、精霊の存在を感じ続けてきました。
そして、その存在は、時に、チカラを持った特別な動物の中にも感じることができました。
その動物と精霊の境界のような存在を求め、海に、森に、旅をしてきた作者。
その出逢いを、アクリルによる透明なオブジ工や、身につける彫刻であるシルバージュエリーへと、結晶化させた作品。
やる気 仕事成功のカギ

やる気 仕事成功のカギ

明日17日まですので、ご関心あるかたはお勧めします。
伊勢丹新宿店本館5階です。
  ■ココロのセルフ・マネジメント力[9]■

【2】誰でも成功はできる潜在能力を備えている

―前日の続きー


(2)成功のバロメーターは


 多くの人は、成功というと、何となく物質的な富を連想します。
しかし、そういう人でさえ、もっとよく聞いてみると、富によって買えるものよりも、成功がもたらすものの方を、もっと重視し、お金や物質的な富よりも、
名声、名誉、心の安定と安らぎの方、人の幸せや笑顔
をずっと高く評価しています。
成功バロメーター.jpg
 金銭だけが、成功を測る確実なバロメーターになることはめったにありません。

財産の蓄積が、人間のただ1つの目的となると、人間は、しばしば、所有する富の主人ではなく奴隷になってしまいます。
目標は価値あるものではなくなり、そのうえ、潜在能力を実現することにもなりません。

 どんなに財布が軽くても、人々のために尽くすという目標に向かって、毎日毎日前進する生活を送る限り、完全な失敗者にはなりません。
必ず報われます。
これは、単なる愛他主義のきまり文句ではなく、
世界の不変の法則、

  「善は善を呼び、悪は悪を呼ぶ」

という引力の法則です。
人に何か尽くしてあげれば、された人は恩善を感じ、お返しをしようという気持ちになります。
いつでも、すぐに、お返しができるとは限りませんが、きっと恩義を感じるでしょう。
これが社会的本能であり、人間は、そのようにつくられているのです。
これが人間の本性です。

 成功を測るただ1つの尺度は

  「自分は、どういう人間か」
  「どういう人間になるか」

に対する自分自身の評価です。
即ち、自己の成長に、自己の拡大に、成功の喜びを見出し、他人との比較ではなく、自分の改善の足跡によって、自分の進歩を測ります。

  表現を変えれば、あなたの成長、それはあなたの潜在意識に形成されているセルフイメージ、パーソナリテイをどれだけ高めているかです。


 ここで大切なことは、どの方向にセルフイメージを高めていくかといことです。
これは、目標とも関係します。
私たちは、豊かな可能性を保有していること、それを引き出す潜在的能力があつと先般述べました。
そして、自然とバランスを保ち、一体となって生きております。
先般説明しましたように、
例えば、酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出します。
そして、その二酸化炭素を植物は吸収し、光合成とともに、酸素を放出します。
このバランスが保たれる仕組みを自然は持っているのです。
人間は、このバランスの中に生かされている存在でもあるということです。

そのように備わっているのは何故か? 

地球.PNG

 人間には、使命、目的があるからではないでしょうか。
人間の共通している使命、目的は、

  「地球の環境を改善することです」

つきつめると、

  「人の幸せの為に」

というキーワードを持ち、この地球上に存在しているのではないでしょうか。
その結果、自分も幸せになっていきます。
先ほどの法則がここでも生きます。
 「善は善を呼び、悪は悪を呼ぶ」

「人の幸せ」「地球環境を改善」する為に、どういう人間になるか.。

これが、成長のパラメーターです。


(3)成功の重要な要件

成功するには、次の用件が必要です。

  第1:人間の潜在能力という宝を信じ、それを引き出すことができること。

  第2:積極的で、健全なセルフ・イメージをもつこと。

  第3:自分の願いの方向にモティベーションをコントロールできること

それでは、この3つについて、もっと詳しく調べてみましょう。

<明日に続きます>



 ■ココロのセルフ・マネジメント力[8]■

【2】誰でも成功はできる潜在能力を備えている


 人間は、もともと、豊かな世界に置かれ、誰もが、ありあまるほどのチャンスに囲まれ、欲しいものを選択する力を持っているのに、恐怖、疑い、心配を抱くのは、全く不合理のようですが、それでも人間は、恐怖、疑い、心配を抱きます。
ほかの動物と違って、人間は、単に、食べて、生きて、繁殖するだけでは満足せず、目的を求める本性があります。
人間は潜在能力を持ち、それを引き出せる力を備えて誕生しました。
ですから誰でも、生きている限り、成功できるのです。

男性積極的.JPG

 注)潜在能力から引き出すといことは、別な表現を使えば、あなたの潜在意識を活用できるといことになります。

 あなたが成功するためには、「成功とは何か」明確にすることにより、その成功できるイメージがもてると考えますので、その点からこれから数回に分けてお話していきます。


(1)成功とは何か?


 成功とは、大金もちになるとか、ビジネスに成功すると漠然と考える傾向にあります。
この考えの奥では、人との比較の表現になっているのではないでしょうか。
ですから、例えば、あの人のように大金持ちにはなれないから、私には、成功なんてできないと考えてしまいます。

 このように人は成功について考えるとき、たいてい、他人と比較します。
兄さんより成功しているとか、近所の人より成功しているとか、知り合いの誰それより成功しているとかです。
しかし、そう考えたら、視野を広げれば広げるほど、自分以上に成功している人のいることが分り、自分の成功は、ますます小さなものになってしまいます。
しかし、真の成功とは、本当の成功とは、ほかの人と比較して決めるものではありません。

 成功の定義は色々ありますが、私の気にいている定義は、
  ■「前もって設定した価値ある目標を段階を追って実現することである」
物差しや目盛りで測るようなものではありません。

 この「段階を追って実現する」ということは、絶えず、目標を設定しなければならないという意味です。
ある目標を設定し、それに到達したら、次の目標を、もっと高い目標を設定して下さい。

 また、目標を目指して努力しても、それが
  ■「努力するに値する目標、価値ある目標」
でなければ、やはり成功とは言えません。
成功は目標に関連します。
同時に、その人の潜在能力にも関係します。
未開発の潜在能力を開発することはやりがいのある目標、価値ある目標です。

 従って、目標達成するプロセスは、あなたが成長するプロセスでもあるといえます。
また、成功とは、同時に成長することです。


 明日は、成功を何で計るのか、そのパラメーターと、成功する為の3つの重要な要件を紹介します。

 本日、シルバメソッドのフォローミーティング(交流会:約3時間)を開催。テーマは、健康ダイエットです。

 一般的ダイエット法は、意思の力でダイエットするために無理や苦痛が伴う傾向になります。
また、継続するモチベージョンを保てない。その為、ダイエットを失敗する確率が高い事実があります。

 健康ダイエットは、体をコントロールする存在、潜在意識を活用するために、無理せずに、苦痛なく、そして、継続するモチベーションが維持できるので、成功率が高い方法です。
そして、人間に備わっている恒常性機能を活用した方法ですから、自然と理想的体重に引き寄せられていきます。
私もこのテーマで進めていく為に行いましたら、何の苦労や苦痛なく目標達成しました。

 効果的ダイエット法であることを再確認しました。
 その成功のキーワードは、潜在意識とポジティブ思考です。


 強い思いが不可能と思えることを可能にしまう力をもたらすことをいまさらのように実感しました。

 先日のNHKの「月への翼を手に入れろ!?史上最大のエンジンはこうして作られた」のアポロ11号の話です。
あら筋は、下記の通りです。

 ロケットの父と呼ばれるドイツ人、W・フォン・ブラウンは、宇宙ロケットをつくり月に行くことを夢見る少年でした。彼は、その夢をもち続けNASA所長となり人類を月に送ったアポロ計画で夢を叶えました。

アポロ11号.jpg
人類史に残る偉業達成の決め手となったのは、地球重力を制した史上最大のロケットエンジン「F-1」でした。
パワーは1億6000万馬力。
あまりに強力な熱と炎は、テスト中に何度もエンジンを破壊。
超絶パワーの制御を可能にした発想の転換に彼の知恵が活かされ、1969年のアポロ11号による人類初の月面着陸に成功しました。
強い思いが、必ず実現できることを実証した事例です。

 アポロ計画の話は、以前からよく聞きましたが、このNHKの番組を見て、一人の子供の夢を一生をついやし、実現してしまう"すごさ"を見て、テレビの前で振るえがきました。
もちろん、一人の力がアポロ計画を成功させたわけではないことは言うまでもありません。
その当時の政治環境、科学の進歩、優秀な科学者や技術者がいて、成功できたということは事実です。
しかし、W・フォン・ブラウンの子供の頃からの強い夢がなくしては、この計画は成功しなかったことも事実のようです。

 夢を実現するには、強い思いが不可欠です。
多くは、周りの人からそれは無理だといわれたり、自信がなく、無理だと思い込み、夢を捨ててしまいます。
もし、あなたが価値ある夢と考えるならば、それを実現するには、次の3つの要素を強く持てば成功します。
その事例の一つは、上記の事例だと実感しました。
その3つの要素とは、
(1) 駆り立てる、いても立ってもいられないほど強い願望(夢) を持つ。
(2) 必ずできるという強い確信 を持つ。
(3) それができるの当たり前、当然と思える強い予期 です。
これをどのように作るか、次の機会にご紹介します。
ヒントの一つは、あなたの潜在意識 を活用することです。
 東日本の大震災、原子炉の問題と、日本経済だけでなく、人の心に様々な影響を及ぼしています。
このような時、大切なことは何か?

 また、業績が低迷している時、
人間関係が思わしくない時、
ビジネスが順調でない時、
人は、目先のことに捕らわれ、森を見ず、一本一本の木を見てしまいます。

 そのような時、潜在意識内のネガティブなプログラムが反応して、心配、不安を強く感じてしまいます。
このようなネガティブな感情を持った時、人は森を見ずに、目先の木を見てしまいます。
そして、ネガティブな循環に巻き込まれてしまう傾向にあります。
このような時、大切なことは、全体の森を見ることです。
気球で空高く飛び、森全体を見るがごとく。

気球と森.jpg 森を見て、現在の立ち位置を確認し、長期的な視点で展望をしっかり考え、行動することが大切です。
木だけをみて、問題を解決しようとすると、かえって問題を複雑にしてしまいます。
また、長期的展望が欠落すると、あやまった方向に努力することにもなりかねません。
その結果から悪循環の渦に入りこんでしまいます。
 
 順調でない時こそ、森をみて、あなたの知恵を働かすのです。
業績が上がらない。
物事が思うように進まない時に、どのようにしたら、森を見、知恵を引き出せるのでしょうか?
 
 その有力な方法とは?
 
「静けさ」をつくることです。
心が静かに落ち着いて、冷静に考えられる状況をつくりましょう。

 毎日、静かな場所で約30分ほど時間をとり、心身をリラックスさせます。
たくさん不安や心配があったとしても、その30分間だけは忘れることを自分に約束します。
心身のリラックスし脳波をルファ状態にすることです。
その為に、その時あなたの安らげるイメージ、或いはこれまでに楽しかったことをリアルに思い出してみましょう。
そして、楽しみや喜びの感情を再体験してみましょう。
すると、脳波は自然とアルファ状態になり、手のひらが温かくなったり、足の裏が温かくなったりしてきます。

 このような状態になると、自然と心がほぐれ、結構いろいろなアイデアが浮かんできたり、ものごとの捉え方、視点を変えた見方がちょっとづつできるようになってきます。
つまり、ちょっとしたことなのですが、心の切り替えができると、ずいぶん気持ちが楽になってきます。
そこで、いろいろなアイデアやひらめき、自分を苦しめていた自分の勝手な思い込みに気づけるようになるのです。
 
 日常生活において、食事をしたり、話をしたり、仕事をしている時など、何か行動しているときは、主に脳波はベーター波が出ています。
この状態は、あなたの先入観、固定観念が頭を持ち上げ、視野が狭くなっている状態です。

 その点、脳波がアルファ波状態のときを、子供のレベル、天才のレベルと呼んでいます。
子供は、先入観をあまりもっていません。
とても素直なので視野が広がっています。
つまり、あなたの潜在能力を引き出すパワーを持っているレベルです。
このアルファ波状態は、情報、アイデア、そして知恵をもたらします。

 歴史上の天才たちは、このレベルを活用してきた人たちです。
それは、天才だから成し得たことと考えますか?
実は、誰でもそのような能力を備えているのです。
 
 もし、あなたがアルファ状態を活用できるようになるとしたら、何が変わるでしょうか?
もし、あなたがアルファ状態を自分のため、家族のため、世の中のために活用すれば・・・
それは、あなた自身が大きくポジティブな方向へ変わるのです。

 今、起きている日本を揺るがす出来事の影響は、我々の身近なところにすでに及んできています。
そのような時にこそ、木だけではなく森も見て、あなたの状況を改善、発展させるために、アルファ状態を活用し、知恵を引き出していきましょう。
 
今は、チャンスの時です。
その時です。
その知恵を引き出すために、前述したレベル★をご活用ください。


★...詳しく知りたいか方は、潜在意識活用法シルバメソッドをご参照ください。

    ■ココロのセルフ・マネジメント力[7]■

前日の続き
(4.自分の運命は自分で選ぶことができる)

(2)選択する2つの心が、あなたの人生を決定づける

 選択する力によって変えることができるのは、セルフイメージだけではありません。
将来の状況をも変えることができます。

 現在の状態は、過去の選択と決定の結果です。
ということは、現在の選択と決定は、将来、結果となって現れます。
すなわち、将来を条件づけるものは、今日の選択の結果なのです。

 人は自分の運命をコントロールできますが、過去の選択によって既に動き出している力を止めることはできません。
過去に戻ることは絶対にできません。
済んだことは済んだことです。
環境は、今のより良い選択によってしか、未来を矯正できません。

 人間は、もう自分は生きる価値がない、生きる張りがない、と思い込むと、急に老け込み、そして死ぬことを医学者たちは観察しています。
人の命ほど尊いものはないのに、どうして、もう生きる価値はないなどと思い込んでしまうのでしょう?
たとえ年をとっても、周りにある豊かさやチャンスを、どうして、もっと捕えようとしないのでしょう?
選択する力があるのだということを理解さえしたら、そんなことは考えられないはずです。

 さて、選択には2つの心がします。
2つの心とは、顕在意識と潜在意識です。
潜在意識
 顕在意識による選択は、情報に基づく論理的な選択です。

 潜在意識による選択は、無意識に選択します。
日常生活の95%は、潜在意識が選択しています。
つまり、無意識に行うことです。
例えば、鉛筆の持ち方、歩き方等の習慣化された行為です。
また、考えや感情、言葉の癖もあります。
例えば、被害妄想、卑下する、ネガティブな言葉を言うたり、考えたいるすることです。

 よく聞く言葉に、
     「考えたとおりの人になる」
というのがあります。
考えた通りの考えとは、潜在意識の考え、思いです。
即ち、潜在意識のプログラムです。
そして、「考えた(=潜在意識のプログラム)以上の人間になれない」
この点で、人生を決めてしまうのは、潜在意識の反応する選択であることがわかります。

 このことから、正しい選択ができるようにするには、潜在意識内の正しいプログラムであることだといことが言えます。
即ち、積極的な健全なセルフイメージを持つことです。

 一方、顕在意識、即ち意識的に選択、決定するとき、正しく行う為には情報が必要になります。
例えば、ビジネス上で意思決定する場合等を考えると、選択、決定する情報が不足していことが多々あります。
その為に情報を収集しても収集しきれない場合があります。
その時に、一流の経営者は、直感力にたよるという事実があります。
その直感は、潜在意識の3つの機能から発信されるものです。
正しい直感力は潜在意識が機能させるといことになります。

 以上のように、正しく選択、決定するためにも、あなたの潜在意識を活用できることが重要であるといえます。

 日々の暮らしの中で、豊かさとチャンスを自由に得たいと思うならば、自由選択の力を正しく働かさなければなりません。
自らの選択でないコースを歩んではいけません。
そのようなことをすると、自分の最善の成果をあげ、そして世間に認められることは、永久にできません。
人は自らの選択で幸せになることを選ぶこともできれば、不愉快でみじめになることを選ぶこともできる、ということをよく考えて下さい。
成功も失敗も、自分次第です。

 夢の城を築くことも、自らの牢獄をつくることも、自分次第です。
しかし、決定せずに、好ましい境遇を待ち望んでも、失敗するだけだということを忘れてはいけません。
あなたが最善の努力を払うに値すると考える目標に向かって、途中のさまざまな障害を克服しながら、段階を追って実現して行ってこそ、初めて、達成といえるのです。

■ココロのセルフ・マネジメント力[6]■


4.自分の運命は自分で選ぶことができる

 あなたは、適切に決定や選択して、ものごとを進められますか?
この決定や選択が鈍るとチャンスを逃がして、効率の悪い人生や望む人生を歩めないことになります。
それほど、決定や選択する力は非常に大切な力といえます。

選択.jpg

 ものごとの決定や選択が適切にできる為には、以前紹介しました成功している人の二つの要因に非常に関係します。

   成功要因【1】 積極的な健全なセルフ・イメージ
   成功要因【2】 潜在意識も活用している


(1)選択の4つの特徴

 豊かさに満ちていおり、無限の可能性があると述べました。
自分の周りに無限に存在するチャンスをつかめるかどうかは、その人自身の選択いかんにかかっています。
これは極論ではありません。
真実です。

 人間は、したいことをし、なりたいものになる自由を持っています。
この選択の力は最も偉大な力です。
人間は生まれながらにして、この力を持っています。
ただ、それが適切に活用されているかが問題だけです。

 これから選択の力についてお話する目的は、どうしたら自分の運命を選ぶことができるかを知るため、選択の力を分析することです。
理解できれば信じることができます。
そのうち、理解したことに信念を持つようになります。
自分の選択が、どのように作用するかを知れば、それを、うまく利用できます。

 ここに選択の力の幾つかの特徴をあげてみましょう。

第1に、人は行動の結果を選ぶことはできない。
 人は自分の行動を選ぶ自由はありますが、行動の結果を選ぶのではありません。
結果は因果法則によって必然的に決定されています。
今、この瞬間にどう選択したことが、結果としてに生じるのです。


第2に、選択は自分自身がしなければならない。
 判断というものは、自分のセルフイメージに適合し、自分が到達したいと願う目標に一致していなければならないのです。
この世に完全に同じセルフイメージを持っている人などいなのですから、人に委ねることは、極論すれば自分の人生を委ねることに等しいことになります。


第3、『選択』する力とは開発していかなければならぬ才能である。
 判断を下した経験が少ない人、悪い結果を恐れる人は、選択することを嫌います。
人間の他の才能と同じように、選択力は、使ってこそ発達します。

 良い決定をするには、決定をする習慣を身につけなければなりません。
良い決定の繰り返しがあなたの積極的な健全なセルフイメージの一部として形成されていきます。
かけのない能力であり、財産となります。


第4は、選択する力とは、得がたい特権である。
 選択する力があるのは人間だけです。
人間は、主体的に選択する能力をもっていいます。
この能力は、動物にはありません。
人間をほかの動物より高等にしている、1つの特性です。
また、人間が万物の霊長といわれ一つの所以もことにあります。


 選択する力の本質が何であるかを理解することが、望む人生をもたらすカギになります。
人生に投じたものは必ず戻ってきます。
これは、言葉以上の事実です。

 人に親切にすれば、友情を得、尊敬すれば、相手も尊敬してくれ、理解してあげれば、あなたも理解してもらえます。
あなたの意志次第で、結果を選ぶことができるのです。

 人間の成功というものは、通常、その人のセルフイメージに含まれている、いろいろな素質に依存しています。
また、自分のセールスイメージを創ったのは、自分の選択の繰り返しであることも事実です。
意識的に選択することによって、有用な人にも、協力的な人にもなれます。
柔和な人、愉快を人、信頼される人、勤勉な人、規律正しい人にもなれるのです。

 事実、人は、人生の目標に到達するために必要とあれば、どんな規範でも取り入れることができます。
こういうセルフイメージの人になろうと思えば、その通りになれます。
そうなれば、自分の成功を大きな軌道に乗せることができます。

 適切な選択し、成功の軌道に乗れるためには、2つの心に注目する必要があります。


 明日は、選択の2つの心について説明します。



                   <<一休み>>

 大河ドラマ「江」をごらんなっていますか?
先ほど、先週の再放送をみました。
その中で印象に残った言葉です。

 秀吉は、茶々への執心から将軍になると宣言。
あきれた周囲の身内がそれは無理だと言っている中、
現将軍の足利義明に自分を養子にしてほしいと頼み込むが即座に決裂。
それでも諦めない秀吉は、将軍の上の位で、公家しかならない関白になろうと野望を企む。
秀吉の妻"ねね"は、宗易(千利休)に、前例がないし、天と地がひっくり返らなければ「無理なこと」だと、
秀吉をなだめるように、お願いしたところ、そこで、

千利休.JPG
  宗易の一言。

  「無理」と考えるのは

     『人の心が作ること』


 百姓の子が公家でしかなれない関白になるなど前例がない。
 だから、だれでも無理だと考える。
 しかし、宗易がいうように、確かにそう思っているだけ。
 そう、思い込んでいる自分がいる。
 それはその人の潜在意識の中のプログラムです。
 

 事実、秀吉は、強い野望のもとに関白に任じられた。

 もし、駄目だ!! 無理だ!!と思ったとき、宗易の一言を思い出そう。

 「無理」と考えるのは  『人の心が作ること』

思考は切り替わり、新たな視点が見えてくるのではないでしょうか。

■ココロのセルフ・マネジメント力[5]■

3.チャンスを引き寄せるには

 私たちは、豊かで大きな可能性をもっていることを、前日説明しました。
しかし、それを手に入れられるかは、あなた自身の考え、姿勢にあります。
即ち、積極的な健全なセルフ・イメージであるかにかかります。

 いったん、「積極的な健全なセルフ・イメージ」へ高めようと決めると、それまで気づかなかったチャンスに気がつくようになります。
自分の周りの世界に存在するチャンスの豊かさを知るだけでなく、征服する山、乗り越える海原、開くドアに、こと欠きません。
この世は、求める目標、成し遂げたい使命に満ち満ちています。

 積極的な健全なセルフ・イメージを持っている人は、どのような逆境でも、失敗からも、あらたなチャンスの種があると考え、それを探り、引き出します。
ピンチはチャンスという発想する人です。

ピンチはチャンス.jpg

一見、無関係なことを関係づけたり、平凡の中に非凡を見出すことによって、チャンスの存在を認めています。

 本田宗一郎氏の有名な次の言葉があります。
「多くの人が成功を夢見ている。
私にとって成功とは数多くの失敗と自己反省を繰り返した末に初めて手に入るものだ。
実を言えば、そもそも成功とはあなたの仕事のほんの1パーセントに当たるものだが、それは失敗と呼ばれる99パーセントのものがあって初めて生まれてくるものである」

 このように積極的な健全なセルフ・イメージを持っている人は、ポジティブに自然に考えられると失敗自体を歓迎でき、そこから宝を見出してしまうのです。
そして、積極的な健全なセルフイメージをもっていると、潜在意識からのメッセージ、即ち直感力も高まり、チャンスを感じ取るだけでなく、チャンスを引き寄せてしまいます。

 改良する余地の無い仕事や職業などあり得ないということです。
世の中は常に進んでいます。
常に進歩しています。
その中で、チャンスを見出す人は、平凡の中に非凡を見る能力を身につけている人であり、一見、無関係なものを関係づけることのできる人なのです。

 しかし、人間は、確実なチャンスばかり見つけようとし過ぎます。
安全さを求め過ぎて、チャンスを見逃がしてばかりいます。
ほかの人が成功した時に初めて、うん、そういえば、あれがチャンスだったのかと、初めて気がつくのです。

 その理由には、二つあります。
一つは、低いセルフイメージ、即ちネガティブに考えてしまう為に、自分の視野を狭めてしまいチャンスに気づかない。
また、ネガティブに考える為にチャレンジしない。
ですから、チャンスを掴むには「積極的な健全なセルフイメージ」を開発する必要があります。

 二つ目は、ビジュアリゼーションの能力、すなわち、未来をはっきりと心に描く能力が低いためです。
チャンスを見つけるには過去でなく、現在と未来に目を向けて下さい。
種のうちに、その花を見、東の空の明るみに夜明けを見るようになって下さい。
チャンスは原因結果の法則に支配されます。
見つけようとしなければ見つかりません。
「百聞は一見にしかず」などと言って、見るまでは信じられないような人は、いつもいつもチャンスを見逃がすことになってしまいます。

 チャンスは、いつでも、どこでも見つかります。
いろんな形で見つかります。
災いの中に、すばやくチャンスを見つける人さえいます。
敗戦後の荒廃した日本や神戸大震災の悲惨な状態から見事復興する力を、私たちは持っている事実があります。

 多くの成功者は、打ちひしがれている時にチャンスを見つけたのです。
そして、自分のあやまちや失敗の中に、大きな成功のチャンスを見つけたのです。
その緊迫感が、かえって、その人を奮起させるのです。
また、そういう人は、ほかの人が失敗する時でも成功する人です。

 どんな仕事、どんな職業にもチャンスは無限にあります。
すべての事業は、セールスを促進し、重要な製品やサービスを改善する新しい考えに対しては、門戸を開放しています。
しかし、企業は人まねや受け売りは、いっさい受けつけません。
仕事の役に立ち、要求にこたえ、需要を満たす人々を求めています。
それこそチャンスです。
なんでも初めからあきらめず、一見、無関係なことを関係づけることを学んだ人こそ、単に物質的な報酬だけでなく、1つのことを達成したという、大きな幸福感と満足感を得るのです。
それを実現する力が「積極的な健全なセルフイメージ」です。

<明日につづきます>

■ココロのセルフ・マネジメント力[4]■

<続き>
2.あなたは豊かさに満たされ、無限の可能性がある

(2)人間は、万物の霊長...使命をもっている

 このような豊かさは、誰でも素直に認めます。ところが、人間は、遠い自然から身近な自然に目を移すに従い、その豊かさに対する見方を狭めてしまいます。
特に自分を取り巻く世界の豊かさと同じような豊かさが、人間白身の中にもあると言うと、たいがいの人は、疑いを持ち、認めようとしません。
人間は、万物の中で、他の生物が真似することができないほど、宇宙から多くの潜在能力を頂いています。
このことが、人間が万物の霊長をいわれる所以です。

 "人は創造の最大傑作です"これが自然の哲理です。
人間1人1人には、無限の可能性、無限の豊かさが内蔵され、潜在しているのです。

無限.jpg

原子に原子エネルギーが潜在しているように、人間も潜在能力を持っています。
それを引き出せば良いのです。
決して「使い切る」ことのない能力です。
もし、どんな能力であろうと、能力に不足を感じたら、それは、自分で自分に無いと思うからです。
選択の力を働かせるのをおこたったり、いくらでも引き出せる豊かさを閉じ込めているのです。

 人間には、無限の可能性を引き出す潜在能力を備えているといことは、私たちには何らかの使命、目的があるのではないかと思います。
それが、人生の目的です。
その目的は、人、この地球をよりよくする。
進化と向上を現実化するために、人間にこの本来の目的を与えられているのです。
その為に、人間だけに備えられておる潜在能力があるのではないでしょうか。


(3)成功者は、驚異の潜在能力があることを認めている人

 では、自分の豊かさを認めない人が多いのは、どうしてでしょうか?
まるで、自分だけが豊かさを与えられていないとでも思っているようです。
こんこんとわき出る生命の泉を、バケツでなく、スプーンで汲もうとしたり、ヒシャクの代わりにザルですくおうとします。
無いと思うから無いのです。
そういう人には欠陥があります。
その欠陥というのは、自分の豊かな才能と潜在能力の活用を、自ら制限していることです。体力、想像力、洞察力、創造力の蓄えを開発し、活用しようとしないのです。
筋肉を使わないでいると衰えるように、しぼんでしまいます。

 しかも、人のチャンスは1回限りのものではなく、日々、これ新たな始まりです。
人生の諸問題を全部、一度に解決することはできません。
人生には幾つもの段階があり、その一区切りごとに、1つ1つ解決していけばいいのです。新しいチャンスが、新しい時節が、新しい始まりが、いつでも待っています。

 科学、医学、芸術、産業、農学で、日ごとに新しい発見がされています。
このような発見は、人間に才能や能力が豊かにあることの証拠です。
ところが、これらの才能が、他人にはあっても、自分には無いと考える人が多過ぎます。
能力が必要な時、大勢の中には、その能力を自分の中から引き出そうとする人がいます。

 成功する人は、必要な能力を自分から引き出そうとする人です。
自分で自分をモティベー卜します。
自分に無限の豊かさがあることを知り、かつ信じています。

■ココロのセルフ・マネジメント力[3]■



2.あなたは豊かさに満たされ、無限の可能性がある


 先日のシルバメソッド・セミナー参加者の一人が、次のような相談を受けました。
「私は、55歳になり退職まであと5年です。
今までは、会社という大きな組織の中で、与えられた中で仕事をがむしゃらにしてきました。しかし、そこから会社から離れたら、自分は何ができるのか? ・・・分からない。
不安で自信がもてません」

 この方は、会社という小さな世界の中で30年以上生活していたので、自分に対する視野が非常に小さくなってしまったのではないでしょうか。

 一方、同じような立場で、「第2の人生を迎えられ、今までやりたかったことができる」とワクワクしている人もいます。

 今日は、年齢や立場、環境に関係なく、あなたには豊かさに満ち、無限の可能性があることを確認したいと思います。
このことを認識することが、あなたの潜在能力を引き出す為に大事なことだからです。
そして、あなたが成功への選択とチャンスをもつことにつながるからです。

 シルバメソッドが呼んでいる『マインドの法則』といものがあります。
簡単に言うならば、「考えに集中すれば、それが現実化する」という法則です。
あなたの考え、思いは、磁石のようにそのことを引き寄せる力を持っているのです。
もし、あなたが貧乏だ! 力がない!と考えれば、その思いが引きよせられ現実化されるのです。
その思いは、あなたの心の奥底からの囁きです。
即ち、あなたの潜在意識の中の思いです。
あなたの潜在意識の思い(=プログラム)は、そのことを実現する力を持っています。
"貧乏""できなかった"と現実化してしまうのです。

 あなたの心の思いは素晴らしいパワーを持っています。
それをマイナスでなく、プラスに活用するには、「積極的で健全なセルフ・イメージ」を持つことです。
その為に、あなたはいかに豊かな世界に生き、無限の可能性を持っているかを確認する必要があるのです。

 さあ、あなたの世界を再認識しましょう。


(1)豊かさに満ちている、無限の可能性がある

 人は誰でも皆、豊かな潜在能力を持っています。
自信を持って、人生やビジネスに成功している人は、その潜在能力を、ほかの人より沢山引き出している、というだけのことです。
そして、その無限の可能性と枯れることのない豊かさがあることを信じている方です。

 普通、人は自分の中に潜在している豊かな才能、能力、体力のほんの一部しか使っていません。
持てる能力の25%以上を使っている人は、なかなか見当りません。
人間とは、このようなものであることを知り、持っている力を本当に認識し、しかも、その豊かな才能をもっと活用するようになったら、「あなたの世界は、広く、大きく、すばらしい」ことに気がつきます。

 自分の周囲にも、自分自身の中にも、恩恵をもたらすものが、どんなに豊かに存在しているかに気がついた時、きっと、周囲が新しく見えてきます。
世界が違ってきます。
現実に対する見方が変わってきます。
そういう心構えが、「積極的で健全なセルフイメージ」へと導きます。
この豊かさ、汲めどもつきぬ豊かさ、使えば使うほど増える豊かさを理解していただくために、天地創造の豊かさ、宇宙創造の豊かさを、お話してみましょう。

銀河.JPG

 空には無数の星が輝いています。
しかし、天体望遠鏡の視界距離を、どんなに大きくしても、まだ、その先に見ることができない無数の星があります。
水は、人間がいくらぜいたくに使っても、使いきれないほどあります。
海に住む海中生物の種類のおびただしさを見て下さい。
海岸の砂の数を誰が数え切れるでしょうか? 
山々の数を数えあげること、そして、その威容を1つ1つ形容しつくすこともできません。
また、すべての川は海ヘ流れ込みます。
しかし、海があふれるということはありません。
毎年、生きては枯れ、生きては枯れる草木は、どのくらいになるでしょう。
人類がこれまでに掘り出した鉱物の量も、海底に眠っている量と比べたら、ほんの一握りです。


 その中で、人間には何らかの使命をもたされているようです。

<明日につづきます>

■□ ココロのセルフ・マネジメント力 □■

 

<前日の続きです>

(1.豊かな人生、ビジネスに成功の重要な二つ要因は?

 成功している人には、次の二つの要因が非常に強くかかわりあっていることが分かっています。

成功要因【1】 積極的な健全なセルフ・イメージ

 人生やビジネスでの成功とは、人が何をしたか、どう行動したかという結果より、その人が、どんな考え方、どんな心構えの人であったか、ということから自然に生まれる結果と言う方がふさわしい。
また、人は自分の性格や考え方を自分の望むようにつくりあげることができる、とも言われています。
このことから、成功する人と成功しない人の間には、少なくとも、もう1つの相違が指摘できます。
それは、成功した人すべてに見られる要素です。
少なくとも、それが成功の重要な要素と言えます。
あるいは、最も本質的な要素とも言えます。
それは、ほんのわずかな相違ですが、成功した人すべてが持っている大事なもの、それが、「積極的で健全なセルフイメージ」です。
即ち、自分の願望に向かって実現できると確信を持ち、実現することが当然と思える自分であることです。
また、全ての出来事(問題)を前向きに自然と考えられ、成長の糧にできる人です。

 成功の程度、または大きさの中には、世界的な名声と呼ぶ大成功から、ごく身近な友人たちにだけ認められる成功、あるいは、つつがなく暮らす内に、しみじみとした喜びを、ひそかに噛みしめる、というささやかなものまであります。
しかし、成功の程度はどうであろうと「積極的で健全なセルフイメージ」が決定的な役割を果しています。


 成功する人は、自分を、自分の環境を、もっと高めなければだめだ、もっと高い、もっと価値のあるものを得ようとしなければだめだという、意欲的な焦躁感に駆られています。

女性積極的.JPG

現状に、ある種の建設的な不満を抱き、より良くしようと努力します。
単なる不平は言いません。改めます。
嘆きません。実行します。
悔みません。前進します。
そして、真に願っている事は、常にポジティブに考え、実現できるとしっかりした確信を作ることができます。
このような人が、積極的な健全なセルフ・イメージを持っている人です。

 このセルフ・イメージは、意識を大別すると顕在意識と潜在意識の潜在意識に形成されます。
丁度、コンピュータにプログラムするように、潜在意識にあなたのセルフ・イメージがプログラムされていのです。
このプログラムは、自分でコントロールすることが可能です。
そのことを認識している人がたくさんいることも事実です。
人の性格は変えられないと言いますが。
実は、変えることができるのです。
つまり、誰でも望む豊かな人生を歩む為に、積極的な健全なセルフ・イメージにすることが可能だといえます。
どのように形成されるかは、今後説明します。


成功要因【2】 潜在意識も活用している

 成功している人は、いつも使っている顕在意識だけでなく、潜在意識まで活用し、コントロールできます。
潜在意識には、あなたの無限の可能性を引き出し、驚異の潜在能力を発揮することができます。

CINSEN9.JPG

その潜在意識を活用して、様々な障害や課題を乗り越え、自分が望む結果を引き出せた人です。

  以上から分かるように、二つの成功要因は、潜在意識に強く関係することが分かります。
人生の本当の幸福、ビジネスの成功の宝庫を開く鍵が、あなたの潜在意識です。
たとえどんなに宝の充満している金庫があっても、これを開く鍵がなければ、中の宝は結局ないのと同じことです。
人生の幸福、ビジネスの成功の宝庫を開くには、あなたの潜在意識を活用し、成功の二つの要因を獲得することです。



 今後は、このことに関して、徐々に紹介していきたいと思います。

■□ ココロのセルフ・マネジメント力 □■

1.豊かな人生、ビジネスに成功の重要な二つ要因は?

 昨日、ぬるま湯の蛙と同様な人生を送る方について紹介しました。
それでは、豊かな、生きがいの持てる人生は歩めないでしょう。
しかし、それに気づくことが大切です。

 さて、本日からあなたの豊かな充実した人生を歩む為のヒントを書きつづることにしました。
連続とはいきませんが、その時その時気づいたことを割り込ませながら進めさせていただきます。
あなたの人生、ビジネスのヒントとして活用していただくことを祈ります。

 ーーーーーーーーーー 

 ある人はつまらない、単調な、退屈な一生を送る一方、ある人は、特に有利な条件やチャンスに恵まれているとは見えないのに、人生、ビジネス面でも成功し、充実した一生を送る、人がいる。
例えば、パナソニック(旧社名:松下電器産業)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、呼ばれている松下幸之助氏です。

松下幸之助.JPG

松下氏の生い立ちを要約すると
「父が米相場で失敗し破産したため、一家で和歌山市本町1丁目に転居し下駄屋を始めた。しかし父には商才もなく店を畳んだため、尋常小学校を4年で中退し9歳で宮田火鉢店に丁稚奉公に出される。後、奉公先を五代自転車に移した。後のパナレーサー設立のきっかけになった。・・・」
決して恵まれた環境ではない。

 人生、ビジネスに成功する人との違いは、
なんだろうか?
どうしてでしょうか?
(これ以後は、豊かな充実した人生を歩みビジネスに成功することを、総称して単に成功と呼ぶことにします)

 その成功の要素に関しえは、いろいろな人が研究してきました。
例えば、もっとも大切なのは、行動力だと断言している方がおります。
また、正しいパーソナリティだ。
礼儀正しさ、親切、中庸など、性格や特質です。
一つのことに集中し、燃えるような情熱を持ち続ける方だと主張する方もおります。
これらの要因が、成功の達成や成功の程度に関係しなくはありませんが、そのうちの1つが人を成功させるものと断言することはできません。このような性質を、成功した人が持っていたとしても、だから成功したとは言い切れません。

 成功している人には、二つの要因が非常に強くかかわりあっていることが分かってきました。

<明日につづきます>

 昨日、シルバメソッド3日間集中コースが終了しました。
参加者の課題は、非常に多義に渡っていましたが、それぞれ気づきや課題をクリアーできる自信を持ち終了できました。
また、参加者の皆さんは、本来持っている潜在能力を引き出す方法を取得されたことを、最終日の半日かけて、体感をしました。

 さて、その中で、参加者の一人の方が次のように感じている方がおりました。

「今、仕事も私生活にも不満は感じていないが、平々凡々と
           ここ1年半送っている自分に気づきました」
「そのような生き方は、幸せ感や遣り甲斐などは感じない。
       これではいけないと感じて、セミナーに参加した」
といわれていました。

 同じようなことは、あなたにはありませんか?
これは、ぬるま湯の中の蛙現象です。鍋の中の水に蛙を入れる。

そして、火をつけて徐々に水を熱していきますが、蛙は少し温かいのでいい気持ちになっているが、だんだん熱くなり、逃げるタイミングを逸して、蛙がうで上がる現象です。

 このようなことになったら大変です。
私達の人生にもこのようなことがありそうですね。
特に不満を感じていない、それに安住して時間が過ぎ去り、1年が終わる。
また、幸せに包まれていると感じていると、この環境を甘んじて生活する。

 その結果、何が起こるか?

 ぬるま湯の蛙は、死です。

人生でしたら、成長が期待できません。
世の中は、変化し続けています。
即ち、世の中に送れ、気づいた時は、とんでもないことが生じることが考えられます。
簡単にいうならば、時間を浪費し、無意味な人生を送ってしまったという後悔がまっており可能性が大です。
それは、真の幸せではありません。
人間は、心地良い状態に安住しようとします。
それが楽だからです。
しかし、何時もいる心地良い状態に慣れて、そこに留まろうとする行為は、成長の機会を捨てることになります。

 このような現象に陥らない為には、どうしたらよいでしょうか?
それは、難しいことではありません。

 不満もなく、日々生活過ごしているなと思った時、または、
定期的に、次のように自分に問いかけてください。
「今、意味ある、充実した人生を送っているか?」
このことを自分の心に問いかけてください。
もし、NO. または、疑問を少しでも感じるならば、ぬるま湯の蛙状態になりつつあると考えて、次の二つを意識し、行動することです。
それは、意義ある人生を歩むことになります。

 人の幸せとは何か?
ノーベル文学賞を受賞した詩人イエ?ツは、幸せとはたった一つのことでしかないのだ。
 「それは成長である。
    人間は成長していときこそ、幸せなのだ」

といっています。

 成長し続ける為に、目標、願望を持って進むことです。
即ち、一つは、目標、願望を持ち、それを実現することに集中することです。
それも、あなたの人生の目的に則した願望であるならば、更に良いでしょう。
その為に、心身をリラックスしてあなたの潜在意識に問いかけてください。
「この願望は、私を鼓舞する願望か?」と。

 目標や願望は、あなたにとって未知の領域をチャレンジすることです。
そこで、新たな情報を得たり、経験をし、実現する中で、勇気と自信を培えます。
その過程で、高いセルフイメージを築いていく行為です。
そのプロセスが、充実した、意味ある人生を送ることになります。

 二つ目は、
充実した人生を送る為に、次の感性を高めることが大切です。
好奇心を刺激し、興味を持ち続けることです。

 現代は、経済的にも技術的にも非常に豊かになり、自由を手にいれられる時代です。

その結果、人生を満足しているかというと、多くの人はNoです。

 それは、大切なこと、例えば、愛を育むこと、自己啓発、願望実現等の意味ある活用には、ほんのわずかな時間しか避けていないからです。
このままでは、退屈な日々になってしまいます。
そこで、意識しなければならないことは、好奇心を刺激し、興味を持って行動することです。
その中で「ワクワク、ドキドキの瞬間」を作ることにより、喜び、充実感が自然と生まれます。
それが、私たちの元気の元になり、色々なものにチャレンジし、成長を喜べる自分へと成長させてくれます。
この二つ好奇心と興味を持ち続けるプロセスを意識することが、充実した人生を送る大切な鍵です。

 もし、あなたが今、惰性で生活しているなと思う節があったら上記のことを参考にしてください。


このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。