2011年8月アーカイブ

 今日は、あなたが望んでいる分野で成功する。

また、人生で成功 したいと考え、成功ノウハウを身につけ、活用できる状態にするための一つの大切なことをお話します。


 ――――――――――――


 震災の復興、原子力発電所の問題、世界の経済情勢(未曾有の円高)。
この環境から私たちに生活に大きく影響するのは必至です。



それでもあなたは現状に甘んじて、そこから抜け出そうと思わないだろうか?
ぬるま湯を飛び出し、生き残るには、あなた自身の決断と勇気が不可欠だ。



 以前、蛙の「ぬるま湯」の例えを書きました。
再度、あなたの生き方と比べながら確認しましょう。


 

蛙.jpg

 熱い湯の中に力工ルを入れると、さてどうなるだろう?
そう、答えは「熱くてすぐに飛び出す」。



 では、今度はぬるま湯の中に力工ルを入れ、徐々に熱くしていくとどうなるだろうか?なんと「ゆであがつて死んでしまう」のである。
死に至るほどの熱さになつていることに気づかずに、飛び出すきっかけを失ってしまうからだ。



 このマヌケなカエルと、あなたは笑えるだろうか?
実はこの話には人生の重大な教訓が含まれている。
「ぬるま湯」を、あなたの今の生活環境に置き換えてみてほしい。
少しずつ熱くなつているのに気づかずに、のんびり浮かんでいないだろうか?
湯の温度があなたの内側にある大切ななにかを蝕んで、死に至らしめるまで。



 今は、ぬるま湯でなく、熱い湯になり始めていることは事実です。



 現状のぬるま湯を飛び出し、成功者になる人と、ぬるま湯にひたり続けて敗者になる人とでは、決定的な違いがある。


 日本の代表的成功者の例を取り上げよう。
本田技研工業の創立者、本田宗一朗は「アメリカに勝つなんて無謀だ」という周囲からの冷笑をよそに、日本独自の技術で国産のエンジンを造るという夢を実現し、世界のホンダを築いた。
成功者に共通していることは、


  ・夢(目標)に向って必ず実現できるという強い願望と

  ・必ずできるという信念


を持っていたことです。
できるという信念の根底には、問題に対しててポジティプに考える思考をもっていたことです。
あらゆる逆境を乗り越える単純かつ不可欠の要素であるが、しかしこれを維持することは意外に難しいことです。



 明日は、「成功のノウハウを身につけるには?」を説明します。

■◇■ブレークスルー視点5

ヴィジヨンを拡大する可能性マップでブレークスルー

 <成功者から学ぶ>


 少年のヒユー:フステッドは人間の脳から直接音楽を創り出せないかと考えていた。



 やがてスタンフォード大学へと進んだ彼は、友人とともにバイオミューズという、脳波を電子パルスに交換する装置を開発した。
少年の日の夢が現実のものとなったわけだ。



 しかしいざ、この装置を実現化するための投資家を探すとき、すぐに大きな壁にぶつかった。
多くの投資家が彼の発明をどう現実に生かすのかわからず、投資を断ってきたのである。



 それを打開する為 にとった方法は、「可能性マップ」というものである。



自分に次のことを考え、列挙して可能性のマンプを作る。
「医者、運動選手など、考えられる職業を書き出す。
そして、彼らがこの発明でどんなことができるのかを考えてみる」


例えば、
職業  音楽でできること
運動選手エアロビクス音楽
医者  胎児モニタリング
お年寄り ダンスのレッスン


職業  ビデオでできること
運動選手 ゴルフスイング分析
医者 理学療法
お年寄り ビデオゲーム
可能性マップ.PNG
アイディアをどうしたら実現にもっていけるか

 書き出しながらも、多くの可能性があることは確かだが、なかには馬鹿げているものもたくさんあると思った。



このことにより、発明をどう応用できるかのヴィジョン拡大のシステムを創造したことになる。
このマップにそって考えれば、実現のアイディアを見つけ出せる。



 すごいアイディアを考え出したが、それを何に使うのか?
こんなジレンマに直面した可能性のマップを作ることをお勧めする。



■ワンポイント

 苦境に立たされいるときは、人はネガティブな感情が生じ、自由な発想を妨げてしまう。

そこで、可能性マップ作成するときは、

◎心身をリラックスして脳波アルファ状態に入り、次の言葉を宣言する。

「私は、今考えたアイデアの可能が泉のごとく湧いてき、楽しくなります」

この言葉は、あなたにあった宣言文で書き換えて活用してください。

この宣言文が潜在意識にインプットされて、より効果的な発想をもたらされます。


 この「可能性のマップ」によって、多くのアイディアを実現化するために有効な手段である。

■◇■ブレークスルー視点4

行きづまった時は、類似問題にブレークスルーのヒントがある


今日は、ブレークスルー(切り開く)るために偉人から学びましょう。

===========================

 1857年のある日、パスツール博士はフランスのある病院を鬱々とした気持ちで訪れた。
博士は、子供たちがなぜ、ほんのちょっとした切り傷やすり傷によって感染症で死亡するのか、その原因がわからなかった。

パスツール.PNG 当時の科学者たちは、「自然発生」という不可解なプロセスによる、体内の生物が感染症の原因であると考えていた。
パスツール.PNG




 だが、パスツールは似たような問題が過去にもあったことに気づいていた。
 それを確かめるために、彼は小児病棟へと赴き、足に感染症のある小さな女の子を診察した。



 足に鼻を近づけると深く呼吸してみた。
ひどい悪臭だった。
しかしそれは彼の仮説を裏づけるものでもあった。



 研究所に戻った彼は、早速ふたりの助手を呼んだ。
「みんなもよく知っているように、現在子供たちの体の中で何か非常に危険なことが起きている。
それは外部が傷ついたときだけに起こっている。
つまり皮膚が傷ついたときだ。
これで、何か思い出すことがないかね?



 しばらく考えていた助手たちのひとりが答えた。



「前にも同じようなことがありました。
ブドウの感染です」



 その助手は、パスツールと彼のスタッフがフランスのワイン産業を救ったことを思い出したのだ。



 つぶしたブドウは発酵する前に腐ってしまう。
他の学者たちの「自然発生説」に対し、パスツールは発酵も腐敗も外部の原因で起きることを証明した。

感染症.PNG

 これに対し、パスツールのチームは、砕いたブドウにカバーをかけることで、菌を寄せつけないよう提案した。



 少女の足も、あのときの腐ったブドウと同じような匂いがしていた。
「明らかに感染症の原因は外部にある。
とすると、問題は簡単だ。
傷口を消毒して、空気に触れないようにすれば感染症にかからないはずだ。
さあ、あの子供たちの病気を治そうではないか」


   
■ブレークスルーの4つ目の視点

  問題が起こったら、まず表面的な現象から推理して、類似の問題を探すこと。
つまり、
  結果から原因を探っていく発想である。



この方法で、パスツールは数百万人の命を救う方法を発見、無菌室からバンドエイドまで、幅広い発見の新機軸を開いたのである。


明日、ブレークスルーの5番目の視点を紹介します。


■◇■ブレークスルー視点3

使用分野を変えてブレークスルーする


 ピンチになるとどうしても多くな方は、論理的になり左脳をつかい、結論のネガティブな結果を導きだす傾向にある。

例えば、商品が売れない。
   それは、この商品が陳腐化したのだ。だからもう売れないよ。

この図式である。


陳腐化、寿命という言葉で片付ける。
それ以上は考えようとしなくなります。
即ち、ネガティブな思考は、それ以上考えないでより理由を与え、思考停止してしまいます。
それだけでなく、あなたの潜在意識を活用まで停止してしまうのです。
即ち、ネガティブ思考がネガティブな感情を作り、心を閉ざし、潜在意識との接触できない状態をつくる。
ですから、発想、アイデアが生まれなくなります。


 もし、商品が売れないというならば、すぐあきらめてはいけない。
単にあきらめることは、大きな損失である。



■第3番目のブレークスルーの視点

「用途、分野を変えて商品が活用できないか」と考えることです。


 例えば、
あなたの親戚にスポーツ店を何店か経営している親戚がいるとする。
このチェーン・システムを利用して何か新しいものが売れないか、新しい事業ができないかを考えてみよう。
店のまわりを歩いて、人々がどんな問題を抱えているのかを探ってみよう。


 それを発見しさえすれば、あなたの親戚は喜んで店の一角を貸してくれるに違いない。
あなたは莫大な資金を投資して、新たな店を開く必要がなくなるのである。



■事例から学ぶ

 これはウィリアムズ・カンパニーズの事例です。
この会社は全米に総長2万8000マイルもの石油管を所有していた。
新規事業の検討にあたって、彼らはこのパイプを使うことを考えていた。


 パイプを通じてポンプで送れるものとは何であろうか? メープルシロップ? タバスコ?
あまりいいアイディアとは言えない。


 ポンプを使わなければどうだろう?
例えば、シカゴからロサンゼルスまでの模型鉄道などは? 馬鹿げているし、誰がそんなものを欲しがるだろう。


 しかし、考える方向としては間違っていない。
パイプの中に電線を通すというのはどうだろう。
いや、いっそ光ファイバーというのはどうだ?
光ファイバーは電線に比べ、はるかに多くの情報を運ぶことができる。
それにこれからは情報の時代だ。
新しくできた電話会社はそれを使いたがるだろう。


 いや、電話会社だけではなく、一般の企業だってそれを使いたがる。
それにそれを利用して、新規の事業を起こすことだって可能だ。
これは実際に起きたことである。
MICコミュニケーションが、ウィリアムズの最初の客だった。


 必要がなくなったからといって、それを壊す前に他の使用法を検討してみる。
ときには後ろを振り返ってみることも必要という、後ろ向き発想の勝利である。



■具体的な効果的な進め方

  ★マインド・ブレンストーミング法★


 発想法にブレンストーミングの方法があります。
複数の人で自由に発想する方法です。ブレーンストーミング.JPG ブレインストーミングの実施する4ルールがある。


(1)判断・結論を出さない
 自由なアイデア抽出を制限するような、判断・結論は慎む。判断・結論は、ブレインストーミングの次の段階にゆずる。


(2)奇抜、奇想天外のアイデア、考えを歓迎する
 誰もが思いつきそうなアイデアよりも、奇抜な考え方やユニークで斬新なアイデアを重視する。
新規性のある発明はたいてい最初は笑いものにされる事が多く、そういった提案こそを重視すること。


(3)質より量を重視する
 様々な角度から、多くのアイデアを出す。
一般的な考え方・アイデアはもちろん、一般的でなく新規性のある考え方・アイデアまであらゆる提案を歓迎する。


(4)アイディアを結合し発展させる
 別々のアイデアをくっつけたり一部を変化させたりすることで、新たなアイデアを生み出していく。
他人の意見に便乗することが推奨される。


★マインド・ブレンストーミング法は、この自由発想を脳波アルファ状態になり右脳を介して、あなたの潜在意識を効果的に機能する状態で発想することである。

 このレベルは、素直なレベルであるので、視野が広がるレベルであると同時に、潜在意識の3つの機能 を作用させるので、さまざま角度の発想が生まれやすい。
これは、一人で行うこともできますが、複数の人でもできる方法である。


 このマインド・ブレンストーミングは、あなたにブレークスルーをもたらすでしょう。


明日、ブレークスルーするための発想視点4を紹介します。


<昨日のつづき>

「ビジネスで窮地に立たされ時の5つのブレークスルー法」 の2つめの視点です。


■◇■ブレークスルー視点2


 お客様がくれるビジネス・チャンス


 ビジネスで窮地に陥ったとき、立場を変えて考えることで、その窮地から抜け出せることがしばしばあるものだ。



 事例から学びましょうーーーー

 ある日のこと、長野のリンゴ園でこんな老夫婦の会話あった。
「お父さん、○○社のせいでまた塗装会社がつぶれたわ。
なんとかしなければうちもおしまいよ」
「何ができるって言うんだ。ウマミのある仕事は全部、△△議員があいつらのところに持っていってしまうんだ」



 ○○社は「競争相手ゼロの塗料帝国を達成する」という企てのもとに、消費者がペンキに求めるものは何か、5万人を対象にアンケートをとっている。
今や、消費者がペンキに求めるもののすべてがわかってる。
その調査は次のようなもの
・豊富なカラーバリエーション
・キズがつきにくい
・長持ちする
・防爆性 



ある時の老夫婦の会話は、
次のようなCMを見て、『母さん、見てごらん、カラーコのCMを。塗り直し不要!1万2千色、子供にも安全、なんでもそろっているよ。』

「うちみたい小さな塗装会社は太刀打ちできないわ!! つぶれるわ!!」

夫は、次のような心のメッセージを思いだした。
(実は、シルバメソッド卒業生で夢のコントロールでプログラムしていた。その時のメッセージが下記である)

?お客様が何を欲しがっているのか聞きなさい。お客様はとんでもないものを欲しがるけど、その声を聞けば、お客様はあなたにビジネスチャンスをくれるはずだ″

というものだ。
ピンチはチャンス.jpg「さっそく試してみよう」 



○○社のペンキを塗っている男のそばに行って、ちょっとしたリサーチをすることにした。
「それ、さぞいいペンキなんでしょうね」
「そんなこと知るもんか。このペンキを塗るために古いペンキをはがしたり、ペーパーをかけたりで二日もかかったんだ。誰でもいいからペンキを塗る前の準備方法を教えてくれないものかね」
「これだ!ペンキがだめなら、こちらはペンキの塗り方を教えようじゃないか」



 こうして、この善良な老夫婦は、○○社からから30%のシェアを勝ち取ったのである。



■第三者からチャンスを発見するには

 あなたにブレークスルーをもたらす第2の視点
  お客様はあなたにビジネスチャンスをもたらしてくれる。
  また、あなた自身にもチャンスのメッセージをもたらす。



 ブレークスルーを探すときは、自分の製品についてはひとまず忘れること。
そしてそれを使ったときの経験を思い出してみることだ。
このことは、ビジネスだけでなく人生の課題もしかりです。



<具体的な進め方の2ステップ>

 前述でお客にインタビューした後、または、インタビューはできない時も下記のことは有効に働きます。
この方法は、相手の心(=潜在意識)に問いかけるという右脳的なやり方です。


1) 身リラックスして、脳波アルファ状態に入る。
脳波アルファ状態は、子供のレベルといいます。
素直なレベルです。多面的に感じられるレベルです。



2)聞きたい方を面前にイメージで出し、問いかける。
  もし、自分に聞きたいなら自分をだしても良い。



<備考>シルバメソッドのテクニックに相手の頭を借りるテクニックがある。そして相手に問いかける方法です。

明日は、窮地に立たされ時のブレークスルー:3を紹介します。

 ビジネスや人生で窮地に陥ったとき、あなたはどのようにそれを克服していだろうか。
困難に直面したとき、その困難をブレークスルー(切り開く)為の発想が必要です。
その発想のポイントは、次の二つの組み合わせが大切だ。
ブレークスルー.jpg
1.発想の視点を持つ
立場を変えて考えることで、その窮地から抜け出せることがしばしばあるものだ。
今回は、窮地を出した成功者から学び、5つの発想をもたらす簡単な5つの視点を紹介する。


2.発想は右脳を活用する
 発想は、左脳で考える方向の視点を提供し、右脳で発想を生み出す。
両方の脳を意識的に活用することが、効率的・効果的な方法です。



■◇■ブレークスルー視点1
 あなたの深い心(=潜在意識)のメッセ-ージに耳を傾ける


 アラン・ファンはコンピュータサイエンスにおける、マイクロチップ以来の偉大な発見を眠っている間になしとげてしまった。
 その夢とはこうだ。

=========================
二つの対立する魔法使いの弟子たちが、データのいっぱい入ったバケツを運んでいる。
このふたつの集団は相手を目指して進んでいき、衝突して大きな結び目になろうとする。

 ―――――――――――――――――――
 ファンはこの夢が、何か重要なメッセージを持っていると思った。
しかしどんなメッセージなのかは分からなかった。


 そしてある晩、まったく信じられないことが起こったのである。

 ―――――――――――――――――――?
二つの集団はお互いの中に突入していったにもかかわらず、衝突は起こらなかった。
お互いの中を、なにごともなかったようにすり抜けてしまったのである。
あたかも光が光の中を通り抜けるように。

 ――――――――――――――――――――
ファンは「そこで気づいたのです」
この夢が、光コンピューターの誕生のキッカケになったのです。


 光コンピュータとは、データを光ファイバーなどの細い管を通じて移送するコンピュータである。
光は電気よりはるかに速い速度で伝わるため、光コンピュータは今までのコンピュータの数千倍のスピードで作動する。


 ファンは先ほどの夢により、解決のヒントを見いだしたのである。
電流とは異なり、レーザー光線は他の光の中を変化することなく通り抜けることができるのである。
ちょうど、夢の中の二つの集団がお互いを通り抜けたように。
個々の経路に別々のレーザーを与える必要などなかったのである。
睡眠.PNG
■窮地からブレークスルーさせる為に夢を活用

 ファンはAT&Tのベル研究所の光コンピュータ研究部門のヘッドとして、12人のスタッフを指揮していた頃。


 ファンは彼らに自分のやりかたを教えようとしている。
つまり、深い心から送られてくる豊かなメッセージに耳を傾けることである。


 こうしたメッセージは時には夢となって現れ、時には窓の外を眺めている静かな一瞬に不意に湧いてきたりする。


 最も非科学的と思われるイメージや連想が、いかに科学的問題の解決となっている事実はたくさんある。

例えば、
エジソン、ケクレ、湯川秀樹博士・・・・・

私は、日本の経営者から、悩んでいたことが、夢からのメッセージで解決したという方もたくさん知っている。


しかし、普通の多くの方は
 「われわれは直感のままに行動することを、
      恥ずかしがってやめてしまうことが多すぎる」

また、
 「単なる夢に過ぎない」とか、

もっと悪い場合には、
 「誰も理解できないだろう」

といった言葉で自己検閲して、実行に移すことをやめてしまう。


 それは、この種のメッセージに対する確信をもつ体験がないからだ。


 真にユニークなアイディアが失われてしまっているの残念である。


 夢には、困難に直面したとき、その困難をブレークスルー為の大きな力を発揮する。
夢は、あなたの潜在意識から発するメッセージである。
潜在意識は、自分の過去の体験以外の第三者の情報をキャッチする機能を持っている。
例えば、
 あなたは夢で、実際におきたことを事前に見てしまったという"正夢"を見たことはないだろうか。




 この潜在意識の機能を活用する方法の一つが夢です。
シルバメソッドは、全4日間の基礎コースの初日に「夢のコントロール」を学び、習得していただきます。
夢からメッセージを得るのは難しいことではありません。


 今日から夢に意識してください。
夢を憶えていたら、次のことを自分に問いかけてください。
「夢は、今の私に何のメッセージを伝えようとしているのか?」


明日は、■◇■ブレークスルー視点2を紹介します

(明日の記事は、本ページの下部、日付の下の右記事をクリックしてください)





 今日は、シルバメソッドのテクニックを活用して、60歳の第二の人生の大きな夢を実現した成功体験談を紹介します。

私たちの潜在能力を偉大さを感じる体験談で、勇気を与えてくれます。

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

       シルバ・メソッドによる夢の達成
       60歳から7社 会社設立

         香川 光繁さん(男性 61歳 役員)

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


 60歳になって、第二の人生のスタートに当たり、自己激励のために、「10の会社創設、グループビルの建築、100人の人材集団育成」という、夢のような壮大なロマンを目標に立てました。達成には時間が足りないことがネックなので、対策を考えているとき、先生と出会い、「潜在能力」の話を聞きました。
会社.JPG
90パーセントも使っていない潜在能力を活用するにほ、シルバ・メソッド の受講に限ると教えられ、大ロマン実現のため、即座に受講しました。



 あまりにも素晴らしく、またあまりにも不思議な世界だけに、もっと知りたいと思っている矢先、創始者のホセ・シルバ氏が来日されました。

東京での記念講演を聴講し、学んでいる事の正しさを確信しました。



 先生の会場に行くと、不思議に全身からフツフツとわいてくるものを感じ、心にゆとりが広がっていきます。

まるで心の故郷に帰ったような感じです。



 再受講を繰り返し、学習、実践を深めていきました。
(再受講は、全世界1日1000円、何度も気軽に受講できるサービスに関心)
おかげで非常に元気になり、気力、感性が高まってきました。



 10社設立のプランについては、7社設立の目鼻がつき、グループビル建築の方は設計完了です。

毎日外観パースを見て、完成イメージをしております。

あとは中身の人作りと業績作りです。

身体の方もむしろ老いてから若さを取り戻し、髪も黒くフサフサで、我ながら自信にあふれています。

和顔受語を教わって以来、表情もこまやかになり、プラス思考で楽しく人生を送っています。



 もしもシルバ・メソッドを知らなかったとしたら、自分の人生はどうだっただろうかと思うたびに、現在に感謝しております。

他の人にも幸せになっていただくために、勧めていこうと思っています。

本日と明日、シルバメソッドのテクニックで潜在意識を活用してビジネス成功した体験談を紹介します。

 今回は、自分のビジネスだけでなく、関連者まで順調にビジネスが伸びた体験談です。

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

   私のビジネスだけでなく、仲間のビジネスも、
     うまくいくようになってきた!


          山田さん (24才 ディストリビューター 富山県)

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


 シルバメソッド を学んで自分がどのように変わってきたかをお話しする前に自己紹介にしばしお付き合いください。


 私は、高校、大学と造園を勉強してきましたが、大学からは建築を勉強するつもりでいましたので、大学は金沢工大と決めていたのですが、担任の強い説得もあり、どちらもすでに確実合格のお墨付きをもらっていましたが、東京農業大学へ進むことをきめました。



 私は大学のレベルよりも、専攻する分野が自分の学びたい方を選ばないと、自分のやる気が違ってくると思っていたので私は工大に行くつもりでした。


 それが、農大へ進んだので、大学3年の終わりまでは、授業に行っても毎回友達と話をしていました。


 この時までは、何もプラスになることがなく4年間が終わっていくものだと感じていました。



  しかし、このような気持ちが切り替わるときが来ました。

 私の所属していた造園建設工学研究室は、主に造園の現場に関することを中心に研究していたのでやりたかった建築関係のテーマで卒論が書けることになったのです。


 その卒論の調査も順調に進み、まとめになったときにもう一度、文献調査をすることになりました。



 そのとき、学科の図書館で、たまたま見た事典が気になって見たところ、求めていた情報が見つかったのです。


 この事典を見たことがきっかけで、素晴らしい論文が出来上がり、私は日本造園学会発行の論文集に建築のことで投稿することが出来ることになりました。


 その後論文は認められ、今年の1月に論文集として発行されました。

 このとき、私は初めて農大に来て良かったと感じました。



 たまたま見た事典、研究室の先生との出会い、これは今まで、自分が建築を絶対やりたいと思っていた結果、行動が良い方向に進んで行き必然的に起きたのだと思います。



 そして、いよいよ就職活動となったときに、また、私に進路のことで問題が発生しました。
それは、私が就きたいと思っていた職種の建築測量の求人が激減し、しかも求人が0件というような状況が続いていました。



 しかし、このとき私にはすでに、次のチャンスが来ていたのです。
それは父から頼まれていたセミナーへの参加でした。
そのセミナーと言うのが、現在、私が仕事としているナチュラリープラスという会社のセミナーでした。
私がこのセミナーに初めて参加したのが今年の1月10日です。


 このセミナーを聞き終わったとき、私は何故かすぐにこの会社の会員にならなくてはと感じ、即、父に電話をしました。
そして、ここから私の人生は明るい方向へと進んでいきます。



 このセミナーを聞きに行っていなかったら、私は今頃、職に就けていなかったかもしれません。
このNPという会社とご縁することが出来て私は今、ディストリビューターとして仕事をすることが出来るようになりました。



 この会社の事を知っている人はまだまだ少ないのですが、このような情報が今年の1月に入ってきたこともすごくタイミングが良かったのだと思います。
それも、論文が完成し、やっと就職という時にちょうどこの話が入ってきたのですから。



 ディストリビューターとして仕事をしていく上で一番大切な事はメンタルのトレーニングとよく言われます。

 常に自分の成功をイメージし、モチベーションを高める。
これが一番大切なのです。
そして、あるセミナーで願えば思いは必ず実現化する。
と言われ、私は家に帰ったあと、インターネットで何をキーワードで検索したか覚えていないのですが、林先生のホームページを見つけたのです。



 今、思い当たるキーワードで検索しても林先生のホームページが出て来ないので、あの時、必然的に林先生のホームページ が見つかるようになっていたのではないかと思います。



 そして、クイックセミナー に参加することになりましたが、その時に初めて聞いたコンディショニングサイクルはラジカセが壊れてるんじゃないの??って印象を持ちましたが、レベルに 入るすごい感覚を体験したのと、基礎コースで行う、マインドの鏡、3本指のテクニックが仕事で使えるのではないかと思い基礎コースの参加を決めました。



 基礎コースが終わってから仕事は順調に進み始めました。
そして、毎日願望実現するテクニックの「マインドの鏡」を行うようになりました。


 すると、私の仲間もうまく行くようになり、そして、実家で一緒に行動している母の所に次から次と母親の知り合いが来るようになり仕事のチャンスがだんだん増えていきました。


 マインドの鏡を行うとき、私は、仲間全員で成功しているイメージをすることによって、みんな良い方向に進むようになってきたので、本当に良かったと思っています。



 マインドの鏡を始めた頃はなかなかうまくイメージ出来なかったのですが、最近はうまくイメージが出来るようになったのと、私だけでなく、私の仲間もうまく行くようになってきたので、毎日楽しくマインドの鏡が出来るようになりました。

 3から1で入って1から5で出て来るまで最初は5分ちょっとでしたが、今では長いときで20分ほどやっていることもあります。


 最近はマインドの鏡をやるのがとても楽しいです。



 メンタルハウスクリーニング もよくやっているのですが、最近では全然落ち込まなくなりました。
問題が発生しても、プラスに考えることができ凄く前向きに楽しく何でも出来るようになりました。

右脳革命 林先生が書かれた右脳革命 、本当に良いですね。
私の知り合いに本を貸したところ、凄い気に入ったようで何回も読みたいからと言って自分で注文された方もいます。
その方は4日間10万円出して出る価値あるねって。
言ってくれ私も凄く嬉しかったです。



 私は、進路の事で今まで色々なトラブルがありましたが、それはすべて、自分が良い方向へ進むために起きていたのだと思います。


 私は、シルバメソッドを受講する前から自分の思いは実現化するということが自然に起きていたので、シルバメソッドでは必ず願望が達成できると信じています。



 シルバメソッドを受講して何より嬉しいのはマインドの鏡の中でイメージしている仕事仲間全員がうまく行くようになったからです。
この喜びをひとりでも多くの方に伝えていきたいと思います。



林先生、シルバメソッドに心より感謝します。
 東日本大震災(原子炉の問題)、アメリカやギリシャの債務危機とユーロ各国への影響と今までになかった危機状態が、私たちの仕事、家庭に明らかに影響しつつあります。
このような状態で、あなたのビジネス、家庭を正常で平安に進める為に、どろよう考え方をしたらよいのか?


 このように、●誰も経験をしたことのない変化の影響を防止、改善する有効な方法、また、
        ●様々なことをしてもうまくいかない場合の有力な思考が、
     逆算思考です。


 問題が起こると、なぜ、この問題が起きたのかと原因を追求する原因思考をします。
この思考は、目の前の問題に集中し、目の前しか見えなくなる傾向にあります。
何とかしなければ、それはなぜそうなったのか?
等等と、周りが見えなくなってきます。


 誰も経験したことないネガティブな状況の時、
また、あなたが経験したことのないネガティブな状況になった時、
何をやってもうまく行かない時は、

木を見るのでなく森を見る思考しないと、解決の糸口が見極められない、また、道を誤ってしまうことがあります。
森を見る思考が、逆算思考=結果思考です。
森.JPG この思考は、望む結果を得るために何をしたらよいかと考えることです。
即ち、目標や願望を設定して、それを実現するために、今、何をしたらよいかと発想する思考です。
視野を広がり、あらゆる可能性を考える思考でもあります。


 この思考を身近な例で理解していただきましょう。
マリナーズのイチロー選手は、結果思考の典型です。
今日のイチローに育てたのは、次のことがからも分かります。

彼いわく、
「25歳までは、体が成長を続ける。それまではともかく体力づくりに励む」
その考えを貫き通してきている。

彼は、目標を実現するために、段取りの一つ一つに集中していいる生き方をとっています。


 具体的には、目的を実現するために、自分の筋力の補強度、体力的な成長度を自分自身で測って知るバロメーターとして、トレーニングメニューを考えている。

「ぼくは自分自身のバッティングを自分のチェックポイントに照らしして、心がけている」

(チェックポイントとは、スイングをするときに太腿の裏側の張りができているか。ボールに対して、きちんと内側を見て打っているかどうか。等)
という発言をしています。
決して、結果に惑わされず、目的を見定め、その時その時に専念していることが分かります。
この思考は、長い目でみれば望む結果をもたらす可能性が高いといえます。


 次回は、結果思考を実行の仕方を左脳、右脳の視点で紹介します。
 昨日は、気持ちの浮き沈みを少なくして、安定した気持ちにする方法を紹介しました。
問題は、心の沈みを最小限にすることです。

その原因は、ネガティブな現象、例えば
 人に強く叱られたり、仕事を失敗したり、なかなか思うようにいかなかったり。・・・・
こんなの時、心が沈み、辛い気持ちにさせます。


 このことは、実は問題ではありません。
大切なことは、その気持ちに気づいたら、そのネガティブな気持ちをポジティブな気持ちに切り替え、プラスに転ずることができるかです。


 ネガティブな現象を感じられる自分であることは大切です。
ですから、

 私達が目指すところは、どんなことが起こっても、揺るがない心の状態です。

 ⇒これは、心をコントロールして、プラスの気持ちに持っていける自分になることです。

 そのようなに考えられる自分であり、心に余裕がある自分です。
元気.PNG この状態にする為の方向の一つとして、やる気と喜びに満ちた自分にすることです。
あなたが、やる気や喜びに満ちた時は、体内でエネルギーを発生させる化学物質が活性化します。
ネガティブな感情に支配されるとエネルギーの淀みが生じ、仕事や人生に遣り甲斐や生き甲斐を感じないどころか、運が悪くなり、健康にも悪い方向に影響してしまいます。
 

 では、喜び(快感)ややる気、元気を回復するにはどうしたらいいか?

 心は、あなたの言葉や行動(行為)により影響を受けます。
この事実に基き、元気ややる気、快感を呼び込む簡単に実践できる二つの方向をご紹介しましょう。


■□1.脳波アルファ状態に入る習慣をもつ

 ひとつは、静的な方法。
それは、心身をリラックスして脳波アルファ状態にすることです。


 リラックスをすると、体内から快楽ホルモン、セロトニンが出てきます。
ですから、こころが楽になる、幸せになる感情が出てくるのです。
そうすると、心に余裕ができ、少々のことで、動じない強い心が徐々につくられます。



■□2.身体を動かす

 身体を動かすこと、行動することによってもたらされる動的な方法。

その具体的な行動(行為)とは、

 笑う、歌う、踊る、走る、人を抱きしめる(ハグ)

です。


 では、後者を今回は具体的に解説していきましょう。


■(1)日々意識して笑う。

 人間は、色々な笑いの表情を持っています。
それが人間の顔の表情を、豊かなものにしています。
つまらないと思っている人の表情は硬く、変化に欠け、窮屈を感じます。
笑いは、ストレスを解消し、免疫力を高めます。
笑うと口角が上がります。
すると、両頬の下のあたりが押され、ここからも体に良いホルモンが出るそうです。


 また、笑う人の周りには人が集まってきます。
笑う角には福来るというように、色々な面がよくなっていきます。
だから、運もよくなるのです。


■(2)日常的に踊る、走る習慣を持つ。

 ストレスには良いストレスもあります。
ストレスを快感に転化する能力を人間は持っています。
その一例が、運動です。
走ることは、筋肉を酷使し、肉体的にはストレスとなりますが、筋肉や皮膚からの刺激が脳を活性化させ、精神的に気持ちのよい状態にさせます。
この状態の快感を「ランナーズハイ」といい、ベータ・エンドルフィンが脳内に分泌されることによっておこります。


■(3)人を抱きしめる/ハグするする習慣を持つ。
 最初は恥ずかしいですが、慣れてくると自然にできるようになります。
ハグすることにより、人と人との繋がり、喜びが自然と湧いてきます。
不思議です。


 なぜ、そうなるのか、人間の成長過程で最初に発達した感覚は、触覚です。
幼児期には、触覚を司る脳が大きく影響します。
スキンシップ、皮膚感覚は、脳を刺激します。
親との温かいスキンシップの少なかった子どもは、冷たく情緒が不安定な人間になることがあります。
それは、人としての基本的「快感」の喪失です。
ですから、スキンシップとしてのハグは、我々に元気を与えてくれます。



 ここで注意があります。快感ややる気は、脳の仕組みから徐々に湧き上がるものだということを注意してください。

何度も繰り返すことによって効果が上がってきます。

さあ、あなたも、意識して実践してください。
笑う、歌う、踊る、走る、人を抱きしめる。
やれることから、行いましょう。
    世の中は、絶えず流転している!

    決して、留まらず、変化し続けている。

 だから、淀みがなく、常に新鮮なのかもしれない。


 しかし、ネガティブな出来事が今年になって多発している。

それが、私たちの仕事や家庭に大きく影響し、影響し続けてている。



 過去を振り返れば、今から考えると、例えば戦後荒廃する中、もっと無残な時代を日本人は生き抜いてきた。
そう考えると人間は、逞しいといえる。



 あなたは、そのような逞しい人間でありたいと思っていますか。



 しかし、失業したり、不慮の事故にあったり、大きな問題を抱えたり、失恋 等などにより、落ち込んでしまうことはないだろうか。
そのような時でも、心が折れない強い人間で、冷静に対処し、前進できる自分でいたい。



 そこで、落ち込むようなことがあっても、直ちに回復できる為のヒントを紹介します。
心と鍵.JPG■□落ち込みから早く立ち直る一つのコツ■

■二つの真理

 次のような言葉をあなたは知っているでしょう。

  「集中するとそれは実現する」

これは真理です。
シルバメソッドでは、これをマインドの法則と呼んでいる。
このマインドの法則は、良い悪いに関係なく働く。
もし、ネガティブな事に集中すれば、ネガティブな結果をもたらし、ポジティブだったらポジティブな結果をもたらす。


 もう一つの真理

  人は、主体的に選択できる動物である。

このことは、人間のみが備えられている特性です。
他の動物にはない。


 何らかの問題が生じ、落ちこんだり、心が折れていたら、そのままでは、マインドの法則から悪い方に悪い方にと悪循環が生じる最悪な状態をもたらす可能性がある。

上記の二つの真理には、ネガティブな状態からすぐ切り替えられるヒントが隠されている。



■切り替えるコツ

 その切り替える為のコツは、人間の特性を生かして、

  ・ポジティブな面に焦点を当てる。
   即ち、ポジティブな面を選ぶことです。

 そうすれば、ポジティブな結果をもたらすことになる。



 その為の具体的な一つの方法は、
  「改善して望む状態は何か?」と考えることです。


 落ち込み、心が折れているときには、そのようになかなか考えられないといわれるでしょう。
その状態は、
  「この世の中で最悪な悲劇の主人公」かのように思い込んでいるからです。
また、
  失恋した時は、「二度と、あの人のような理想的な人には出会えない」と思いこんでいるからです。

 心を閉ざし、視野を狭めている状態に陥っているだけです。


 そのような時は、机の上に紙と鉛筆のみ置いて、目を閉じて、深呼吸を5回して心身をリラックスしてください。
できれば、脳波アルファ状態のレベルに入れるとよりよい。
このレベルは、物事も多面的に見られ、視野が広がるからです。

 そして、心に問いかけて下さい。

 「その状況が改善され、望む状態はどんな状態か?」

この質問に思いめぐらしてください。
このことは、徐々にポジティブな面が見えてきて、冷静な自分に徐々に変わってくる。
そして、望む状態が見えてきたら、もしかしたら

 「なんと、小さいことにくよくよしていたのか」
 「他の可能性があるではないか」
  ・・・・・

と感じる自分になっていきます。
望む状態=プラス面に意識を集中しているから、プラスの心に変わっていきます。

 このような方法で、ネガティブからポジティブに切り替えられる自分になるように意識して実践してください。
それを何度か繰り返す内に、あなたの潜在意識にポジティブで自分の可能性を信じ、打たれ強い自分へのプログラムがされ、徐々にそのような自分に変わっていきます。
前回に続き、「就職」の体験2弾です。

就職活動している方、また、イメージの驚異を実感して、それ以外にも活用できることを実感していただきましょう。


 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

       仕事もお給料も倍増!
     目標給与額達成しました


       佐藤美優さん (37才 出版関係・フリー 神奈川県)

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


 フリーで雑誌(隔週で月2回発行)の仕事を受けている私。
シルバメソッドを受講しはじめたころは、月に2冊発行されるうちの1冊だけを担当。
月の前半は雑誌の仕事、後半は派遣会社から仕事をもらう......という状況でした。
派遣の仕事は通勤時間が20分というのが魅力でしたが、昨年の4月に引っ越しをしたら通勤時間が2時間半になってしまいました。
仕事に慣れてきた頃だったので続けようかとも思いましたが、半面「通勤に2時間半かけてまで続ける仕事だろうか」という思いもあったので断りました。


 派遣会社から次の仕事をすぐに紹介してもらえるだろうと思ったのですが、世の中そんなに甘くありませんでした。
「佐藤さんが暇な時期は、他の会社も暇なんで、紹介できる仕事はない」といわれ、それっきり。
「本当は仕事があるくせに、他の人に回してるんじゃないの?」と一瞬疑いましたが、「それなら仕方がない。
出版関係の仕事じゃなくてもいいから、とにかく働こう!」と気持ちを切り替え、あいている時間でできる単発のバイトを始めました。


 簡単にお金がもらえるからと始めた仕事が長続きするわけがありません。
3カ月目には「このままではいけない。
これは私の人生ではない!」という思いが強くなり、「じゃあ、どうすれば?」と考えるようになりました。


 そこで、次の3つのイメージを、マインドの鏡に映すことにしました。
マインドの鏡
1A/私と入れ違いで仕事をしているKさん。
彼女は私と違って仕事のキャリアも長く、雑誌以外の仕事もいくつか受けているから他の仕事で忙しくなってしまう。
彼女が担当している月の後半分も私が担当することに決定。
誰にも迷惑をかけず、1カ月フルで雑誌の仕事ができるようになった。


2A/あるイベントで知り合った、とても魅力的でやり手なO社の社長。
その社長と何度か会ううちに信頼され、仕事をもらう。
社長と接することにより、ビジネスについても学んでいく。


3A/以上の結果、仕事は倍増。
もちろんお給料も倍増! 目標額は◎◎万円!


 これがたしか去年の9月のことです。
正直なところ「本当にこうなるのだろうか」と気持ちがくじけそうになりましたので、毎日鏡を見ていました。
でも、確信が持てるようになったからでしょうか、しばらくするとこの3つのイメージを映した鏡を見ることはなくなりました。


 その結果、どうなったでしょう? 以下が昨年末時点の状況です。
1は......11月はじめに実現しました。
ただしイメージと違って、Kさんが病気になっての交替でした。


2は......夏ごろから効果が現れました。
しばらくは単発の仕事をもらっていましたが、今はレギュラーに。
ただしイメージしていなかった「スケジュールに振り回される」というおまけつきで、体調をくずしました。


3は......「倍増」は実現しました。
ただし目標額には足りませんでした。


 実現したことの喜びも大きかったのですが、イメージと違ったり、イメージしていない「おまけ」がついていたことはショックでした。
明確なイメージを持つことの大切さが身にしみました。
そこで新たに、次のイメージを持つことにしました。


1B/Kさんはその後病気が回復して他の仕事で活躍している。


2B/仕事の段取りがわかってきて、ある程度スケジュールを管理するようになり、振り回されることなく仕事ができている。


 現時点の状況は、1は不明ですが、2は少しずつ実現しています。


 先述の1Aで仕事&お給料は倍増、2Aも実現。
3Aの目標額には足りないけれど「まあいいか」と思っていました。
この体験談を書かなければ、目標額があったことを思い出さなかったくらいです。


 それが、先ほど2の仕事の給与見直しの電話があり、お給料が倍増しました。
しかも「お給料は増やしますが、仕事量やスケジュール管理の負担などは減らす方向にします」とのこと。
お給料倍増、しかも楽になるなんて、うれしい限り! ヤッホー! シルバメソッド ばんざーい!という感じでした。


 今、興奮がおさまったところでよく考えたら、これで3Aの目標額達成! すばらしい「オチ」になりました。


 シルバメソッド歴1年4カ月で、こんなふうに調子のいい私ですが、今の仕事を10年後に続けているイメージは持っていません。
やりたいことは、まだまだあります。
それが実現するように、最近使わなくなってしまったテクニックを駆使したり、今活用しているテクニックをよりよく使えるようになっていきたいです。


 次回は恋愛に関する体験談を紹介できれば......と思っています☆
 今日は、皆さんから就職に関するお問い合わせがありましたので、就職に関してのシルバメソッドのテクニックを活用した体験談を下記の掲載しました。

 シルバメソッド の願望実現のテクニック、「マインドの鏡」を活用して、見事就職した事例です。
潜在意識の凄さを感じます。

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  受講後、就職決定。過去最高の条件で!
     A・Nさん (30代男性 会社員 東京都)

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 春にセミナーを受けさせて頂きましたが、その甲斐もあって先日就職が決まりました。その経緯を御報告させて頂きます。


 当初の私の目標は「ロンドンで就職する」というものでした。


 ロンドンの公園のベンチで読書をする自分の姿や、シティーのオフィスで活躍する自分の姿をマインドの鏡で思い浮かべることを繰り返していました。

就職.PNG セミナーを受けて暫くした後、そろそろ本格的に職探しを始めようと思い、以前から付き合いのある人材紹介エージェントに久しぶりに連絡をとったところ、 「滅多にない求人なのですが、ロンドンから求人の依頼が来ています」との返事を貰い(本当に稀なケースの求人だったようで驚きました。)


 早速面接を受けました。


 面接もうまくいき、返事を待っていたのですが、なかなかその後の返事を貰えなかったのですが、結果的には「現地での採用を優先したいということで、あまり当てにしないで欲しい」というものでした。


 丁度その頃、自分の心の中でどういう訳か「今はただロンドンでの勤務に固執するよりも自分のキャリア、プライベートの環境を整えて、将来もっと有利な条件で探したほうがいいのではないか」との思いが次第に募ってきたところでしたので、あまり落胆はありませんでした。


 その「ロンドンでの就職の可能性は当てにしないでくれ」との返事を貰った数日後、留学時代の後輩から仕事を手伝って欲しいとの連絡を貰い暫く考えた後、「これこそ今の自分に合っているのでは...」と思い始め、面接を受け、結果採用となりました。


 しかも、今までのキャリアで最高の条件でした。


 これまでの自分のキャリアを振り返ると、今度の仕事も正直不安がない訳でもありませんが、逆にこれまでの失敗を生かして、またセミナーで教えて頂いたことをうまく使いながら、頑張っていきたいと思います。


 セミナーの内容は役に立つと思ってはいましたが、こうして経験してみると、潜在意識の偉大さには、ただただ感心するばかりです。


 本当に有難うございました。

 ?????????

  A・Nさんからの約1ヶ月後のメールにて...  

 ここ1週間ほどの間でも、プライベートでピンチになりそうな場面が何回かありましたが、シルバメソッドのことを思い出して、『なんとかなる』と思っていると、ピンチを抜けたあとに、以前よりもずっと事態が好転するようなことがありました。


 その時々の時点での心の対応もそうですが、やはり普段から、たまにアルファに入ってリラックスできているのが効いているように思います。

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。