2013年9月アーカイブ

■□■□■□■□■  気づき&学び  ■□■□■□■□■

   1つの行為が、エースを創る

  「毎日、鏡で自分と対話をする」

=========================

 

 冬のスポーツ、モーグル競技に関心はお持ちですか。

この競技が脚光をあび始めたのは、1998年の長野オリンピックでした。

里谷多恵選手が金メダル。上村愛子選手は7位でした。 

やる気 仕事成功のカギ-モーグル 集中力


 さて、今日の学びは、モーグルの日本のエースの一人、伊藤みき

選手とヤンネ・ラハテラ チーフコーチのやりとりです。


伊藤選手は、12年前から日本チームに参加しているメダル有力選手です。

彼女は膝が柔らかく、しなやかなターンと確かなエアー技術で、いつも

メダル獲得を期待されていました。

しかし、あと一歩のところで、いつも優勝を逃していたのです。


伊藤選手曰く、「モーグルが採点競技だと意識するあまり、審判の

評価を気にし過ぎて、自分の滑りに自信がもてていない」

ことが優勝できない原因だったようです。


 その伊藤選手を日本のエースに育ててきたのが、先に挙げたヤンネ

・ラハテラ(フィンランド)コーチでした。

ヤンネコーチは選手時代、長野オリンピックで銀メダルをとり、

その後の五輪で金、W杯では通算22勝をなし遂げた、史上最強と

言われた選手でした。

ヤンネ氏は7年前に日本チームにコーチとして招かれました。

 

 2012年の夏。

フィンランドを訪れたとき、伊藤選手はヤンネコーチに、自分の悩みを

打ち明けました。

ヤンネ氏は、

「審査員のために滑るのでなく、自分の為に滑ろ」

そして、伊藤選手に対して、あることをするように伝えました。

「自分を冷静にみろ。

 ●● 毎日、鏡で自分と対話しなさい。●●

 本気でやれ」

「成長するためには、心の中の思い込みを捨て、自分をのりこえ

 るしかない。

 その為に、鏡に向かって自分と対話しろ」

 そう言い続けたそうです。


どんな時でも、常に自分を信じること。それが大事。

しかし、それは簡単なことではありません。

だれでも浮き沈みはあるからです。

それでも試合では、自分のことを完全に信じることが全てです。

意識が分散せずに、今の目の前に集中力があがり、集中できる自分になる。


皆、プレシャーを感じるといいますが、それは自分のことを

信じていないから。

自分のことを信じていればベストの力がだせるはず。


戦うのは、競争相手ではない。

ましてや審査員など関係ない。

戦う相手は、"自分の心と肉体だけ"。


ヤンネ氏が選手時代、心がけていたことを伊藤選手に伝えました。

 

また、ヤンネ氏は選手時代、競技会場にいる他の選手から

技術的なアドバイスをもとめられても、すべてオープンに答えていたそうです。

競争相手ですが、彼にとってはそうではないのですから。

戦う相手は自分だけでしたから。

 

ヤンネコーチに言われたとおり、伊藤選手は、鏡を見つめ自分に

問いかけました。そして、以前にもまして、見違えるほどの滑りを

するようになりました。

今の伊藤選手は、スタート直前の心境を次のように語っています。

「安心して、気がらくになっています。

スタートの時に、とにかく開ききっていこうと。

出し切ろうというより、オープンにしようという感覚でスタートに

立てています」


そして、滑走し終えるときは、

「自分の板が、自分の後ろについてくる感覚」

ゴール地点では

「その日の一番の滑りができた。ものすごく気分がよくて。

これはいけるなという感覚になった」と。

 


伊藤選手は、昨シーズンワールドカップ、世界選手権5つの

大会でメダルを獲得。

ヤンネコーチの言葉をきっかけに日本のエースに育ったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 このことは、スポーツの世界だけではありませんね。

あなたの人生においても同じことが言えます。

ビジネスの成功、豊かな人生を歩むことは、誰との比較ではありません。

少し前のあなた自身との戦いです。


不調になると環境のせいや、人のせいにしがちですが、実は

あなた自身に、その不調の理由が隠されているのです。

もしかしたら、その原因が自分の中にあることを薄々知りながら

それを避けているのかもしれません。


しかし、前進したいのであれば、ヤンネコーチのアドバイスを

実践しみましょう。

「自分の心との対話」をし、打開策を引き出していきましょう。

なぜならば、その原因はあなたの自身の心の中にあるからです。

その心とは、あなたの潜在意識を指しています。


あなたには、あなたに生じた問題や障害を解決する力が備わっています。

そして、あなたには解決できない、乗り越えられない問題は生じません。

それを信じるためにも、是非、自分と対話をすることです。


 シルバメソッドの卒業生は、自分との対話を潜在意識を活用した効果的な

方法「助言者のテクニック」を活用して行います。

 

ヤンネ氏が日本のコーチに就任して7年。

彼自身の智慧や能力を引き出しながら、日本の選手一人一人の可能性

を広げ、各選手の能力を高めてきました。

その成果が、来年のソチオリンピックで試されます。

それが今から、楽しみにです。

秋の交流会

テーマ : 自他をゆるし、自己実現を加速するワーク

-「ゆるす」ことで、あなたは、より多くの豊かさを引き寄せる-

 銀杏.JPG

土曜の交流会...日時:2013年10月5日(土)

 午後1時15分から午後4時30分頃まで

 募集人数:16名


平日の交流会...日時:2013年10月7日(月) 

午後1時15分から午後4時30分頃まで

募集人数:8名


★幸せな人生のカギを握る心の作用を試してみよう!

 あなたは、自分、他者、環境、状況に対して、「ゆるせない!」と感じたことはありませんか? 私たちが日々生活する中で、大なり小なり、ゆるせないと感じることは多々あることでしょう。 


 例えば、

 ◇自分を理解してくれようとしない両親。

 ◇勉強をしない、手伝いをしない子供。

 ◇思いやりのない夫(妻)。

 ◇気の利かない従業員。

 ◇ちっとも減らないお腹の肉。

 ◇減るまで続けることができない自分の弱さ。

 ◇母(家族)に暴言を吐く父(家族)。

 ◇○○が止められない自分。

 ◇○○に誘う友人。

 ◇法律。

 ◇職場の処遇。

 など、きりがありません。


 一瞬、腹が立っても、すぐに忘れてしまうようであれば問題ありません。

しかし、度々自分の中で、そのことが「ゆるせない!」と気になるようであれば、何かしら、身体から信号が出ていないでしょうか。

体のどこかの痛み、など。

ネガティブな感情を意識していなくても、体に何かしらの症状が出ていれば、それはストレスの可能性が高いです。

ちょっと自分の心の中を洞察してみてください。


 もし、「ゆるせない」ことが持続していると何がよくないのか?

二つあります。

   1.問題を作ってしまう。

   2.あなたの望みは叶い難くなる。



■□1.ゆるせないことが、問題を作る

 私たちは本来、健康であるようにつくられています。

しかし、精神的にダメージを受けていると、身体が何らかの信号を送ってきます。

日々、アルファレベルに入って、それに対処するテクニック、例えばイメージでヒーリングをしたりしていても、なかなか状態が改善しない場合は、今回のようなワークが有効かもしれません。

もし、体に何かしらよくない症状が続いている場合、意識はマイナスに傾きやすくなります。

その結果、マインドの法則が働きます。

  ●健康面に問題が生じる。

それだけではありません。

  ●様々な面で悪循環が起こりやすくなります。

ネガティブな感情に集中し、問題を引き寄せてしまいます。

問題の悪循環を引き起こすことになりかねません。



■□2.ゆすせない思いが、あなたの望みを叶いにくくする

 ゆるせないネガティブな気持ちは、あなたに不安や恐怖をつのらせ、負の感情を常に意識してしまうようになります。

そのような状況で、願いを叶えようとしても、なかなか願いが叶わない可能性が高まります。

ここでの「願いが叶わない」とは、あなたは意識をしていないかもしれませんが、あなたが自己実現へ向かうプロセスを妨げてしまう可能性が高いということです。

 それには、二つの理由があります。

◆一つは、ネガティブ感情が心を緊張させ、エゴの声に惹かれていきます。あなたの内的意識とつながりにくくします。ゆえに内的意識を有効に活用できないことになります。

即ち、あなたの潜在能力を発揮しにくくさせてしまいます。

◆二つ目は、ネガティブ感情は、欠乏感や罪悪感を作り、そのネガティブな結果を引き寄せてしまい、あなたが思った方向へ願いが叶う可能性が低くなるでしょう。



■□3.幸せな人生をあゆむためには、「ゆるす」ことが大切

 ゆるせない気持ちやマイナス感情がある方、また、意識はしていないが何かしら信号とも思えるような症状がでている方は、意識をプラスに集中するために、「今」この瞬間、生かされている喜び、感謝できることに意識を集中することが大切です。


 今、この瞬間、自分の豊かさを知ること。

そして、それに感謝できること。

これらは充実した人生を生きていくうえで、とても大切なことです。

★★ 底面にこれがあれば、シルバメソッドのテクニックをより幅広く、想像的に使うことができるはずです。

つまり、テクニックを活用する上でも「ゆるす」ことは大切だということです。


 特に、次のような方は、是非ご参加ください。

◎もっと、人生を豊かにしたいとお考えの方。

◎絶対許せない、或いは、早く忘れてしまいたいこと、などの問題があり、
 気づきを得たい方。

◎シルバメソッドのテクニックをより効果的に活用したい方。その秘訣のひと つとして理解したい方

◎ワークに興味がある方。

 是非ご参加してください。

★★ゆるすことで、自己実現への道を加速する★★

<内容> 前回は2010年に開催致しました。基本的にワークの内容は同じです。


   解 説: なぜ、ゆるしが人生を豊かにするのか。

ステップ1  あなたの中のゆるせないことを1つ特定する。

ステップ2  ゆるせない自分を認める、手放す。

ステップ3  ゆるせない自分から、学べることは何か。探る。

ステップ4  肯定的な過去に変える。


2013年  秋の交流会 要項

 

 ■日 時  :土曜 10月5日(土) 午後1:15から4:30頃

          平日 10月7日(月) 午後1:15から4:30分頃

 ■募集人数 :土曜...16名  平日...8名
          ...定員になり次第締切らせていただきます

 ■場 所  :土曜...文化会館 3階 第2会議室
         平日 ...文化会館 3階 第1会議室

         会場までの地図は、マップをご覧ください。

 ■参加費 : 2,000円(税込) ニュース購読者様
        2,500円(税込)ニュース未購読者様
 (交流会は、卒業生のアフターフォローを兼ねております。2ヶ月1回開催)

<前回のつづきです>

人間の命を守る3つのシステム

 1. 自律神経
 2. 免疫システム
 3. 2つの幸せホルモン

前回は3の2つの幸せホルモンの一つセロトニンのについてお話しました。


今回は、もう一つのホルモン、オキシトシンについてご紹介いたします。

守る 地球.JPG


■□■3.人間の命を守る3つのシステム
            ...二つの幸せホルモン...オキシトシン

このオキシトシンは、別名「思いやりホルモン」「愛情ホルモン」「共感ホルモン」などと呼ばれています。
身近なところでは、意外かもしれませんが、陣痛促進剤にも使われ、乳汁分泌にも大きく作用するそうです。


■□1)オキシトシンが出るとき  ...愛情を感じるとき

オキシトシンは脳の視床下部でつくられ、脳内で消費されたり、腸に運ばれます。

オキシトシンが豊富に分泌される典型的なシーンは、お母さんが赤ちゃんにおっぱいをあげているときでしょうか。
子供への愛着や母性を育むのに影響するホルモン、つまり愛情に関係するホルモンともいえます。


人間は赤ちゃんを産めば親になります。しかし、いきなり親になれるのではなく自分の子供の面倒を見ながら、試行錯誤しながら、失敗を重ねながら徐々に親になっていきます。

その親としての愛情を注ぐ時に、また、誰かのことを気遣って思いやるときに、このオキシトシンが分泌されるそうです。

男性は子供を産めませんが、同様に誰かの世話をしたり、何かに愛情を感じて、面倒をみるときに分泌されるようです。


 自分の子供を捨てたり、育児放棄をする動物には、このオキシトシン量が少ないことがわかっているそうです。


■□2)オキシトシンが豊かな国 日本...誰かの為に役立ちたいと思う民族

 このオキシトシンが正常に、或いは豊かにある人々の社会では、人間同士の関係が良くなっていくと鎌田氏は言っています。


人間は一人では生活できません。だから「誰かのために」「社会のために」というプラスαの気持ちを持つこと、それによって、オキシトシンが出されるのだそうです。
このような気持ちを多くの方がもてば、世の中がより健全になっていくということでしょう。


 何も、世の為、人の為に自分の財産をなげうってまで何かをする必要はありません。
ちょっとした親切でよいのです。そういうときにも、オキシトシンは分泌されます。

そして、親切にしてもらった相手の体内でも、その喜び、また、感謝の気持ちを伝えたい、或いはお返しをしたいと思うことで、オキシトシンがあふれ出てくるのだそうです。


 また、オキシトシンは、好きという感情をいだいたり、誰かのことを気にかけたり、誰かと肌と肌が触れ合ったり、ペットをなでたりするだけでも分泌されます。


 日本人はとても親切な国だと外国から評価されていますね。
日本に生まれてきただけでも、大変幸せなことではないかと感じます。
鎌田氏はボランティアで時々、現在問題のシリアやパレスチナへ診察に行くそうです。

原発事故が起きたチェルノブイリへもその後の子供たちの経過観察のために、何度も足を運んでいるそうです。

 

 チェルノブイリは違いますが、シリアやパレスチナでは、「敵民族や敵国の人民を憎め」と、子供の頃からそれが当たり前として、教えられてるそうです。

一種のマインドコントロールですね。


鎌田氏が訪ねたパレスチナ難民キャンプに、ボランティアで情操教育をしにきていた日本人たちがいました。
彼らは口々に、この地での情操教育は、本当に難しいというのだそうです。

 

 彼らは、今、某テレビ局ではやりの「倍返し」を指導されているかどうかはしりませんが、「やられたら、やり返せ」と子供の頃から指導を受けて育っているのです。


そんなところで、思いやりを教えるのは本当に大変でしょうね。


日本もいじめや虐待の問題など、いろいろありますが、それでも、環境が整った日本に生まれたことだけでも幸せではないでしょうか。


 最近、受講された方は、思い出してみてください。
基礎コースの中で腕の実験をしましたが、私たちの体は、本能的に人のために何かをする時のほうが、体にエネルギーがみなぎるのです。
言葉で「自分のため」といった時と、「人のために」といった時では、受講生のほとんどの人は「人のために」と言ったときのほうが腕の力がしっかりとしているのです。

試してみたい方は、是非、再受講にいらしてください。


 つまり、心底そう思っているかどうかに関わらず、私たちの体は、本能として、そのように働くことで、力を発揮するように仕組まれているのではないかと、推察することができます。



■□3)オキシトシンを増やすために 
       ...ケースワーク(イメージによるヒーリング)のすすめ

 多分、ケースワークであなたが気になる人をヒーリングしている時には、きっとオキシトシンが分泌されていることが予想されます。

 

 余談ですが、つい最近、祖父のケースワークをしたら、改善が早くて「そんなばかな」と思い、ケースワークをしなくなったら、また状態が悪くなってしまったという方がいらっしゃいました。
状態が悪くなってしまったので、自分がケースワークを続けなかったせいかもと考えると自己嫌悪に陥ってしまったという方がいらっしゃいました。


 イメージでのヒーリングが如実に効果がはっきりわかる場合と、そうでない場合があるでしょう。
あなたは、相手に効果が現れなければ、ケースワークをやっても、意味がないと考えますか?

 

 効果が見えないことは、必ずしも、あなたのイメージ力(想像力、視覚化力)が弱いからとは言い切れません。
効果がないことで、自分を責める必要はありませんし、決して、無駄なことでもありません。

 

 ヒーリングをすることは、誰かを気遣う、思いやりという面で、あなたの中のオキシトシンを増やす方向へ働き、また、ヒーリングすること自体が、あなたの精神を安定に導くので、それにまつわるホルモンらが活性化することが考えられます。

 

 また、別の意味でケースワーク(ヒーリングイメージ)は重要です。

それは、この宇宙では私たちが実際に行動したことだけでなく、考えたこと、視覚化、想像したことのすべてが、宇宙のどこかに記録されているという教えがあります。

何を考え、イメージしてきたか、自分だけしか知らないと考えるのは、どうやら間違いかもしれません。
そのイメージしたことが、あなたの今後やあなたの家族に、何かしらの形で返ってくるとその教えは伝えています。

 話を戻しましょう。


 結局、誰かを思いやってヒーリングイメージをすることは、あなた自身にとっても、よいということです。

基礎コースでは、ケースワークの最後にヒーリングした方が笑顔で終わるように、または元気よくなったイメージで終わるようにとお伝えしています。


 その良いイメージがあなたの中にもコピーとして残るのです。

つまり、あなたにもそれがプログラムされるということです。

ですから、誰かの為にやっていても、結局あなたに何かしらの形で、返ってくるということ。

これは、大変意味があることです。



■□4)オキシトシンを育む行為とその効果
             ...オキシトシンでアンチエイジング

 鎌田氏は言います。

オキシトシンが自分からたくさん分泌できるようにするためには、愛する人をつくること。

スキンシップをすること。人の役にたつこと、親切をすること。感謝されたり、したりすることだそうです。

 

 オキシトシンが豊富に分泌されれば家庭の中が上手くいく可能性が高まってきます。

また、職場の人間関係もスムーズになり、接客や営業にもプラスの影響が出てくるでしょう。

また、相手の表情を的確に把握したり、心を読んだりすることにも大いに役立つそうです。

そして、自他に対する信頼性や、外向性、寛大性、開放性、利他性、誠実性なども増してくるそうです。

 私どもからは、オキシトシン分泌量を増やすために、シルバメソッド受講生に付け加えます。

どうぞケースワーク(ヒーリングイメージ)をすることをお薦め致します。

病気の方でなくてかまいません。あなたのご両親がより健康であるように、忙しい友人、問題を抱えた知人のストレスが軽減するように、ヒーリングをおすすめします。


また、誰かが良くなったこと(健全な状態に)をイメージするマインドの鏡を活用することも大いにお薦め致します。

 

 オキシトシンがたくさん分泌されると、その抗炎症効果で、動脈や心臓のアンチエイジングにもつながるそうです。

人のために何かをすることが回りまわって自分の若々しい血管や心臓をキープするのに役立ち、心も体も元気にしていくことができるということですね。

これはすばらしい正の循環ですね。

 


■□5)あなたは存在するだけで、役に立っている 
              ...思いやること、思いやられること

 あなたのお母さん(お父さん)はあなたのことを気にかけて、いろいろと言ってきませんか?

子供としては、余計な心配はうるさい!とも感じますよね。

しかし、お母さん(お父さん)はあなたを心配すること、思いやることで、オキシトシンの分泌を促しているとも考えられます。

もちろん過剰な心配はよくありませんが。

 

 あなたが存在するから、できること。

あなたの存在がお母さん(お父さん)に役立っているということです。

また、あなたがお母さんを思いやることで、あなたのオキシトシンが分泌されます。

 

 ご両親がいらっしゃらない方は、あなたを支えてくださっている周りの人々やものを是非気遣ってあげてください。

職場の人々。

日々、お世話になっているスーパーやコンビニの店員さん。

落としたものを拾ってくださった人。雨宿りできた公園の大木。

スーパーの外で、主を待つワンちゃんや猫ちゃん。


■□■4.幸せホルモンは自己実現への担い手


 セロトニンもオキシトシンも、あなたが意識をすることで満たすことできます。

あなたが、前を向いて、自己実現に向かって進む上で非常に必要なものだと認識しています。

 

 さて、今までの話から次の二つのことが考えられるでしょう。

 

 人間は、「人の為」に働くことにより、体内からセロトニンやオキシトシンを分泌し、心・体のエネルギーを高める仕組みを兼ね備えているということ。

つまり、偉大なる何かしらの存在は、私たちが「人の為」に生きる方向に、すでに遺伝子の中にプログラムしているのではないかと推察してしまいます。

これまでのことをよく振り返ってみてください。

あなたが喜びを感じた時は、あなたが何かを成し遂げた時や手に入れた時よりも、それによって誰かが喜んでくれたり、誰かが満足してくれたことの喜びではないでしょうか。

つまり、あなたの喜びは、人が喜ぶことにつながっている。

 

 あなたが幸せホルモンを分泌することによって、あなたの人生の目的や使命がよりはっきりと見えてくると思えるのです。

 

 そして、幸せホルモンは、あなたの人生の目的を果たせるように、あなたの本来の能力を発揮できるように導いてくれるものでもあります。

無理をしたり、我慢をしたり、人生には時には忍耐も必要です。

しかし、そんな中で、しっかりと、幸せを感じられれば、マインドが広がり、内的意識の力もより活用していくことができます。

また、問題をのり越えていくこともできるのです。

そのような繰り返しによって、自信がつき、生きることの喜びを実感できるようになっていくでしょう。

更に、人に貢献できる自分へと成長していくのではないでしょうか。

 

 どうぞ 2つの幸せホルモンがたくさん分泌されることを実践してください。
あなたのために、世の中のために。

 

 

 

 シルバメソッド基礎コースで、セロとニンというホルモンの名前を何度かお聞きになったと存じます。

セロトニンとは、なんでもない普通の日常生活の中でも、幸せを感じられるホルモン(≒神経伝達物質)のことで、別名「幸せホルモン」「ハッピーホルモン」と呼ばれているものです。


 基礎コースでは、あなたが日々αレベルに入ることによっても、セロトニン値がアップすることをお伝えしています。

また、あなたが日々αへ入り続けることによって、あなたと過ごす時間の多いあなたの家族のセロトニン値も徐々にアップしてくることが研究によってわかっています。

この研究については、以前ニュースレターでもお伝えしたことがあります。

 今回はそのセロトニンと、もう一つ大事なオキシトシンという2つの神経伝達物質が私たちの日常生活をいかに人間らしく、感動的、かつ健全な日々を送るために大切なものかをお伝えし、その2つの増やし方について、下記の鎌田氏の言葉を借りてお伝えいたします。

木もれ日2.JPG


 ■□■1.人間の命を守る3つのシステム

 諏訪中央病院 院長 鎌田實氏は、私たちの人間の命を守る目に見えないシステムが3つあると話されています。

その3つとは、1つは自律神経。

自律神経は、ご存知の通り交感神経と副交感神経があり、私たちの体の様々な機能をコントロールしています。

主に呼吸、血圧、消化、ホルモン分泌など。

2つめが、免疫システム。

私たちのからだは、成人男性でいえば約60兆個の細胞から成り立ち、内約2兆個が免疫細胞の機能をもった細胞で、毎日100億個ずつ再生されるそうです。

免疫機能が落ちれば、1日に5000個もできるというがん細胞を退治できなくなってしまうそうです。


 3つめが、2つの幸せホルモン、正確には神経伝達物質であるセロトニンとオキシトシン。

セロトニンは、心の健康を守ってくれる、心の不安を抑えてくれる物質です。

脳内でセロトニンが分泌されると、交感神経を刺激し、

爽快な気分をもたらしてくれます。これは健全な爽快な気分のことです。

「もっと、もっと」とさらなる快感を得ることを促すドーパミンの 暴走もセロトニンが抑制してくれます。

 つまり、ギャンブル、買い物、アルコールなどの依存症を防いでくれるのです。


 さて、ここでは3つめの、2つの幸せホルモンについて注目します。

  

■□■2.幸せホルモンがもたらすもの セロトニン

■□1)セロトニンはこんな時に出る ......意識して幸せを感じ取る

 セロトニンは、脳内神経伝達物質と呼ばれていますが、実はその多くは小腸で作られ、約9割は腸に存在しています。

だから、「食」と密接な関係があります。

食べて感動して、おいしいと思うときにセロトニンが分泌されやすく、また、これからおいしいものを食べられるぞと、わくわくしている時にも分泌されるのだそうです。

だから、食べることに関心がなくなると体も衰えるということですね。


 この点、女性は日々食卓を司るので、食事の支度は大変かもしれませんが、今日は○○をつくろう!と考え、また、料理中に、おいしく出来上がるのを楽しめることは、セロトニンを出す機会が多く与えられているということで歓迎すべきことでしょう。

今、セロトニン出てるぞ!と意識することで、体も心もより幸せを認識するようになるのではないでしょうか。


 また、食欲をなくすようなムリなダイエットは健全な体と精神を保つ方法とはいえないことが理解できます。

 

■□2)セロトニンを出すために  ......小さな感動を積み重ねる

 先ほど、セロトニンは9割が腸に存在するといいましたが、脳に存在するセロトニンは全体の1?2%にしかすぎないのだそうです。

しかし、このわずかなセロトニンが精神的に大きく関係しているというのです。


 鎌田實氏は、40代後半でパニック障害になったそうです。

そこで、医者である彼がとった方法は、小さな感動を積み重ねることでした。

それによって、パニック障害は再発しなくなったそうです。

何気ない感動は日常生活の中にたくさんある。

それを見つけられない人は、要注意!意識して見つけようとする姿勢が

必要です。


 うつ病の人もセロトニンの量や働きが極度に低いと言われています。

もし、あなたの気分がマイナスのスパイラルにはまっているようでしたら、セロトニンの分泌量が低くなっているかもしれません。

是非、小さな感動の積み重ねを実践してみてください。


 そのセロトニンを育むための小さな感動の積み重ねとはどのようなことをすればよいのか。

具体的方法に関しては、4)にてお話いたしますね。

 

■□3)セロトニンを出すコツ  ......自分だけの小さな感動に気づく

 先日、シルバメソッド交流会後のお茶の席で、ある卒業生がつぎのようなことを話していました。

「コンセントの2つの穴の大きさが違うことを知ってる?」

「セブンイレブンの最後のNが小文字なのはなぜか知ってる?」

彼は、日常生活の中で、このような簡単に気づかないような些細な発見をすることが彼の喜び、感動なのだそうです。

彼は、意識して発見することを習慣にしているということでした。


 その理由は、

私たちの日常生活の中で、人生に役立つヒントはたくさん与えられている。

しかし、そのヒントに気がつくか気が使いないかは本人次第。

より多くの気づきを得るために、日々アルファレベルに入っている。

かすかな気づき、小さなヒントをも逃さないために、小さなささいな発見を自分の中で、とても大切にしているのだそうです。

他人がどう思おうが、自分がどのようなことで感動できるかを把握しておくことも、とても重要なことですね。

気分が沈んでいる時や、おもしろくないことが起きてしまった時にはそく気分転換をすることが重要です。

そんなときに、自分で何をしたら気分を変えられるか、わかっていれば、それに越したことはありません。

 


 ■□4)セロトニンを維持するために
       ......「10年日記」「幸せノート」で感動をリピートする 

 さて、小さな感動の積み重ねの具体的な方法です。

鎌田氏は、実に簡単な方法をすすめています。

彼は、次のように言っています。

「日々の小さな感動は忘れやすいもの。だから、小さな感動を 書き留められるように日記をつけなさい。

 日記は10年日記帳がいい。」

10年日記とは10年分の歳月の日記が書ける日記帳。

それに、日々の小さな感動をわすれないように書き留めるのだそうです。

そうすれば、いつでもそれを見て、思い出して、繰り返し感動を味わうことができるということ。


 花を見て「美しい、かわいい」と感じたり、ウインドゥのマネキンが着ている洋服を見て「ステキ!」と感じたり、おいしいものを食べた時、きれいな風景を見た時。

見知らぬ誰かに親切にされた時。新しいなにかを発見した時。

その喜びを記録しておくのです。


 クリエイト21では、マイナス思考のスパイラルにはまっている人は「幸せノート」をつけましょうとお伝えしています。

今日1日のうち、幸せだと感じたこと、感謝できることを最低3つ探して書く、ということで、上記の話と似たようなことですね。


 先日平日コースを受講したばかりのやっと20歳になった男性は美しい家具を見ていると、何時間でもそこで過ごせると言っていました。

頼もしいですね。


 小さな感動を味わうのは、女性のほうが得意かもしれません。

しかし、意識して探そうとすることで、たくさん発見があります。

私たちがどれだけ多くの人やものに助けられているか、そして、あなたが生きていることが、あなたが、ただがんばっているから生きていられるのではないことがわかるでしょう。


 とくに、最近怒りっぽいと感じている、プレッシャーやストレスを強く感じている、感動がない、つまらない日々と感じている方は即、今日から幸せノート、小さな感動探しを実践してみてください。

 


■□5)その他のセロトニン効果
       ......質の高い睡眠をとり、いい仕事をするために

 チューリッヒ大学の研究で、セロトニン量が低下すると、脳の扁桃体という場所(攻撃性や恐怖に関わる)と、前頭葉(理性と抑制に関わる)の連携が弱くなり、怒りを抑制しにくくなるということがわかったそうです。

つまり、脳内のセロトニンが怒りのコントロールに影響を与えるメカニズムが明らかになったということです。


 鎌田氏はセロトニンを増やすには、旅もいいと言っています。

旅が心を揺り動かし、感動が脳内の神経伝達物質を増やす。

そして、体が元気になる。心も満足するということです。

集中力やる気、本来の能力を発揮しやすくなります。


 セロトニンは、質の高い睡眠をもたらしてくれる物質でもあり、セロトニンをしっかりだせる人たちは、いい睡眠がとれる。

同時に目が覚めているときには、しっかりと覚醒し、バンバンいい仕事ができるということです。


 セロトニンは体内時計もコントロールしていることが近年わかっているそうです。

ですから、基本的なことですが生活のリズムを整えることも、大切だということですね。

 

 次回は、もう一つの幸せのホルモン、オキシトシンについてお話しします。

あなたの心と体が"人生の目的、使命"に向かうように働いているホルモンではないかと感じております。

 

<<<<<補足>>>>>

■□ レベルに入ることは、前述の3つのシステムを高めることすでにお気づきかと存じますが、心身をリラックスして、アルファ状態に入ることは、これら3つのシステムを整える役割を果たしています。

 

 今日、ビジネスや人生における様々な問題によって、私たちは様々な感情を感じています。

それがストレスとなって様々な病気を引き起こし数多くの社会問題をも引き起こしています。

レベルに入ることにより、

 

・ ストレス等の刺激で交感神経が活発になり副交感神経との バランスがくずれ、体を正常にコントロールできなくなり、 頭痛やめまい、動悸等、自律神経失調症の症状が現れてきます。

 レベルに入ることは、副交感神経を活発にし、 自律神経とのバランスを調整してくれます。

 

・ レベルに1日1回15分入ることにより、医学的には1日分のストレスを解消し、免疫力を高める方向に働くことが分かっています。

 

 つまり、ガンなどを退治するNK(ナチュラルキラー)細胞が増えるということです。

 ですから、日々、意識的にレベルに入ることを実践することによっても、人間の命を守る3つのシステムを高めていけることが わかります。

========================

こんばんは、残暑お見舞い申し上げます。

夏休みはおわりましたが、暑さは舞い戻ってきましたね。

今年の夏の思い出は・・・どんな思い出が残ったでしょうか。

夏の疲れを癒すために、また秋から頑張るための

エネルギー補給のために、再受講をご活用ください。

***...***...***...***...***...***. ***...***...***...***...***...***.
   【 再受講をお待ちしております!! 】

来週開催
●東京 土日コース  全4日間

  9/7(土)、 8(日)、9/21(土)、23(日)


再来週開催
●大阪基礎コース 全4日間 

  9/15(日)、16(月:祝日)、10/19(土)、20(日)
         
***...***...***...***...***. ***...***...***...***...***...***.

セミナー・交流会等、詳細は下記をクリックしてください。
  http://www.1smss.com/11.htm

■交流会
  会場:文化会館   午後1:15?4:30頃     
  池袋から東武東上線5分、大山駅下車、徒歩3分
 
 土曜  10月5日(土) 14名様  第2会議室
 平日  10月7日(月)  8名様  第1会議室
  
  
■1Dayセミナー   11月2日(土)  8名
 
  午前10:00?午後6:00頃   会場:文化会館 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。