2013年12月アーカイブ

■□■□■□■□■  気づき&学び  ■□■□■□■□■

           心と環境の掃除の効果

=========================


 先日、次のような質問を頂きました。

-----質問------

> 年末の掃除をしています。

> なかなか大変ですが、掃除をすれば、効果は出るのでしょうか?

> 全部が全部綺麗にならなくても、掃除をする分、エネルギーが良くならないのでしょうか?

---------------------------- 

大掃除.jpg


 さあ、年末、あなたは大掃除、整理整頓をして、新たな気持ちなって、新年を向かえる準備ができましたでしょうか。

いやいや年賀状を書いている最中でしょうか。


-------問い合わせの回答-------

 掃除の効果を十分学び気づかれているのではないでしょうか。

(質問者は、たくさん勉強されている方です)

身近な話として、掃除:不要なものは捨て、整理整頓するとどんな気持ちになりますか。

気持ちがよくなり、環境が整うので、目から入る情報は、整っているので、集中しやすくなりますね。

この状態は、心のプラスのエネルギーが向上している状態です。

即ち、掃除効果として、物事を進める上でより効果的にできるということになります。

仕事でしたら心が落ち着き、効率アップが図れる。


 また、片付けて、不要なものを処理すれば、部屋にスペースができます。

それが心の余裕を生み、また頭の中が整理されやすいと感じます。

それだけでなく、スペースが生じるので望むことを引き寄せやすくなるといわれます。


 しかし、掃除しても効果などないと思ったり、疑問に感じているときには、その思いが、掃除効果を弱めてしまいます。

すべてがエネルギーです。

素直に掃除したときの気持ちを体感して、気持ちよいことを実感することです。


 今年受講された主婦の卒業生は、家の不用品を思い切って整理し、1トンちかく処分してしまったそうです。

(仕事柄、重いものが多くあったそうですが)

その後、一時して、仕事がどんどん入ってくるようになったと話されていました。

メンクリ.PNG
 
 掃除、整理整頓は、エネルギーの流れをよくします。
しかし、片付け上手なかたでも、マイナス思考の人はいつも悩んでいます。

掃除、片付け、プラス、やはり考え方を変えることがエネルギー的にも一番効果的かと感じます。

 心の大掃除(メンタルハウスクリーニング)は、非常に大切です。
 http://www.1smss.com/sp/mhcCD.html


関連記事

決断力アップに、あなたの周囲の整理整頓&捨てる(1)

望みを引き寄せ、あなたの人生を変える...整理整頓&捨てる(2)

 創造的、積極的ないき方とは、どんな環境でも自分を生かすことを意味します。
あなたは創造的、積極的な能力を活かし、望む人生を歩むことができます。
即ち、このことは、あなたの無限の力(潜在意識 )を発揮できている人生を表しています。
その生き方をする為に6つの原則に集中 して生き方です。

積極的 集中


 次のような相談をよく受けます。

□ビジネスや私的な目標、願望を実現する過程で、やる気が薄れ、目標日程から大幅に遅れたり、中断してしまう。

□病気になり、かなり落ち込み、毎日が苦痛である。

□人間関係にぎすぎすして、人にふりまされている毎日で辛い。

□ついついネガティブに物事を捉えたり、人が言われたことに影響して、落ち込んだり、憂鬱になってしまう。

□人前で話すのが苦手だ。しかし、必要に迫れて、人前で話す必要があり、その場にのぞむ直前になると気分が悪くなる。

□あまりに多忙で、物事に集中できない。仕事が終わった時は、本当に疲れきっている。

これらの事例は一部です。


 この種のことは誰でも抱えている問題ではないでしょうか。
結論から言えば、自分の望み通りには歩めていないということです。


■□■1.最大の原因は、あなたの心

<続きは、上記タイトルをクリックしてください>

 あなたは、「今」「ここ」に集中 している生き方をしていますか?

 多くの方は、未来や過去に集中して生きており、今という瞬間を楽しんでいません。
その生き方の多くはネガティブな生き方になっています。

 さあ、あなたはいかがでしょうか?
 
 今、ここを大切にしている生き方を意味している言葉に、「一期一会」があります。


楽しい 集中



 次のような状態が多くないでしょうか。

イライラしている。
心配、不安が多い。
なんでも急ぎすぎている。
・・・・
このようなネガティブな状態になっているようでしたら、今、ここに生きていない傾向にあります。


また、
過去を悔やんでいる。
未来を憂いている(将来が心配、不安だ)
心は、ネガティブになっていきます。


 過去や未来を考えることが悪いといことではありません。
過去から学ぶ、未来を計画することは、極めて正常であり、有意義なことです。
プラスの結果を生み出します。


 しかし、過去や未来に対してネガティブな感情を持ち続けることは好ましくありません。
人は、今日のことよりも、明日や昨日のとこで頭を一杯にしてしまう傾向にあります。
それもネガティブな考えです。
そのネガティブな考えに集中して、他の事に集中し、意識が散漫になってしまったりします。


 未来に生きるときは、自分自身の価値を下落させることになりかねません。
例えば、
『○○が欲しい。でも、まだ、それを得られていない。獲得するに値しない人間だ』
等と考えてしまうことです。



■□1.今、ここ、この瞬間に意識を集中して生きると

<続きは、上記タイトルをクリックしてください>


■□■□■□■  気づき&学び  ■□■□■□■□■

                 夢の啓示

                   「癌」

 =========================


 夢は私たちに沢山のことを気づかせ、貴重なアイデアや問題解決の方法を示唆してくれます。

是非、あきらめずに夢を活用してほしい。
 
 まだ、使い慣れていないときでも、願望が強ければ、夢からヒントが得られる可能性は高いです。

 しかし、日々レベルに入り、あなたの心マインドが整理されていれば夢は、それほど願望が強くなくても、あなたに必要な情報が手に入る、というか気づく可能性が高いといったほうが正しいでしょう。


 つまり、マインドが整理されていないと、夢から情報を受け取っていてもヒントかどうかわからない可能性が高いのです。


 マインドが整理されているとは、心が落ち着いていて、あなたが何を欲しているのか、どう生きて生きたいのか、何を大事にしているのか、あなたが成長する為に進む方向、など。

それらが自分の中で明確になっていることです。


 自分の中で、それらの中の一つにでも、焦点をあて、その内容が明確になっていることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「夢のコントロール」の具体的な活用の仕方は、シルバメソッド

基礎コース初日に学びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今日は、卒業生の方から次のような質問を電話で頂きました。

「自分が癌である夢を見ました。

 その為に、不安になってしまいました。それは本当でしょうか。

 潜在意識 が私に知らせてくれたのでしょうか」

という問い合わせです。睡眠.PNG ■夢の情報の確からしさを確認せよ!

 
 夢は、確かに私たちに貴重な情報を知らせてくる場合もありますし、まったく無関係な情報と思えるものもあります。


そこで、その確からしさを確認するために、シルバメソッドでは3つのテクニックを活用することができます。

その一つは、夢のコントロールです。


■強い不安を感じ続けると免疫力を弱める

 癌というと誰でも不安になるものです。

癌かもしれないという夢、それが予知夢、あるいは正夢かもしれませんし、全く脈絡も無い夢かもしれません。


 しかし、自分が癌かも!と思い込めば、この不安や恐怖のネガティブな感情に集中 し、ストレスを作り、免疫力を弱めてしまいます。

その結果、本当に病気を自ら生み出してしまいます。


 もし、不安が強い場合は、すぐ医者に見てもらうことです。

そして、癌であるかどうかを確認することが大切です。

癌でないという診断が出れば、不安は払拭されます。


 もし、癌であると診断したならば、すぐ治療を受けることを決意できます。


 ここで、思考を改善していただきたいのですが、癌になってしまうことが、よくないことなのか?ということです。

癌とは、体に現れた正常でない状態ですが、それを恐怖と捉えるのは人間世界の刷り込まれた思い込みです。


あなたが人生を謳歌したい、楽しんで生きていきたいというプラの意識に集中し、思考を変える必要があります。


病気になってしまったことで、より幸せを感じられるようになった人々はたくさんいらっしゃいます。

病気になることにも、メリットがある。

そう捉えて生きていくことが人生を楽しむコツです。

ここでは、病気から得られるメリットについて考えていきましょう。


■病気は、二つのメリットを与えてくれる


 病気になるということは、もしかすると生活習慣(主に食に関して)や生活環境(物質的・精神的汚染空間)、あるいは、ものの考え方が良くない(ストレスを抱える考え方)ことを知らせてくれるサイン・信号であると捉えることができます。


 私たちの心身は基本的には健康であるように作られています。

しかし、病気という診断が下された場合には、それに対処せよという指示です。

そこからいくらでも学ぶことができます。


 病気になったら、それはそれで良いことだと捉え、そこから学ぶことによって、様々な成長をもたらすことができると考えましょう。



■癌は、弱い細胞である、それを強くしてしまうのは、あなたの「思い」!

 
 シルバメソッドの卒業生であり、イメージ療法の権威者、故カール・サイモントン博士は、癌は脂肪細胞と同じ位、弱い細胞だといわれています。

しかし、それを強めてしまうのは、癌に対する不健全な考え(恐怖・不安)です。

不健全な考えがストレスを作り、免疫力を弱め、がん細胞を強くするということです。


 仮に、癌であることがわかったら、治療を受けながら、次の三つ方向性で対処することをお勧めします。


 あなたがシルバメソッドの卒業生でしたら、テクニックを効果的に活用してください。


下記の3つの実践を行ってください。


1.癌に関する不健全な考えを健全化することです。

 例えば、「私は癌で死ぬんだ」

  ⇒「私は、●●をすることにより健康になる可能性がある」と

  希望が持てる心の状態をつくっていくこと。

  これを効果的行う方法が、メンタルハウスクリーニング(心の大掃除)法です。


2.日常的のネガティブな反応・考えを変換する。

 1日の出来事の欠点ばかりを見つけ、いやな反応を示しているとからだはそれに反応し、ストレスを感じます。

 出来事の中に良い点、たのもしい、楽しい、役に立つ、喜べる点を見つけていくことです。それがメンタルハウスクリーニング(心の大掃除)につながります。


3.健康に対するケースワークをする。


 人は、もともと健全であるように心身ともに作られている。

人間には、生まれながらにして恒常性機能(ホメオスタシス)が備わっています。

つまり、健康であるように免疫力が備わっています。

ですから、治療と合わせて、潜在意識を活用した健康であるイメージ(ケースワーク)を日々取り入れることです。


もし、病気になったならば、上記の3つを並行して進めることにより、より早く健康・健全な心身がもたらされる可能性が高くなります。


以上、参考まで


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

  < 問題に動じない自分を形成する >

 「集中力を高め、成功するためのベースは、グランディング力」

参考にしてください。


■□■□■□■□■□■□■  気づき&学び  ■□■□■□■□■□■□■

プロに学ぶ!

平常心と集中力 をつくる儀式

=========================

 新たしいことをチャレンジしたり、難問にチャレンジするときは、誰でも心配や不安、恐怖を感じます。

これは自然なことです。

しかし、そのネガティブな感情に押しつぶされたのでは、集中できず能力も発揮できません。

不安になる心をコントロールし、平常心になり、目の前のこの瞬間に集中できる自分にならなければならない。

その為に、プロや成功者は、必ず事前準備をしている。


 NHKプロフェシャルに登場した。

今日は、日本で初めての肺移植を執刀し成功させた、世界でも屈指の実績を誇る呼吸器外科医・伊達洋至先生から二つ学びましょう!


■一つは、平常心と集中力を作る為の儀式

 伊達先生は、難しい手術の前の日に必ずある儀式をおこなう。

<続きは、上記タイトルをクリックしてください>

 成功している人は、チャンスに意識を集中している人だといえます。


 私たちは、豊かで大きな可能性をもっている。
しかし、それを手に入れられるかは、あなた自身の考え、姿勢にあります。
即ち、積極的な健全なセルフ・イメージであるかにかかります。


 いったん、「積極的な健全なセルフ・イメージ」へ高めようと決め、チャンスに意識を集中すると、それまで気づかなかったチャンスに気がつくようになります。
自分の周りの世界に存在するチャンスの豊かさを知るだけでなく、征服する山、乗り越える海原、開くドアに、こと欠きません。
この世は、求める目標、成し遂げたい使命に満ち満ちています。


 積極的な健全なセルフ・イメージを持っている人は、どのような逆境でも、失敗からも、あらたなチャンスの種があると考え、それを探り、引き出します。
ピンチはチャンスという発想する人です。
即ち、チャンスを発見することに意識を集中できる人です。

一見、無関係なことを関係づけたり、平凡の中に非凡を見出すことによって、チャンスの存在を認めています。


ピンチはチャンス.jpg

■□1.成功者は、チャンスに集中している人

<続きは、上記タイトルをクリックしてください>

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。