2016年7月アーカイブ

偏頭痛がなくなった!

 

 O・T様 40歳 国家公務員 神奈川県


基礎コースで教えていただくテクニックの中に「頭痛のコントロール」というのがあります。


私は子供の時から頭痛持ちで、これまで市販の頭痛薬を週に2回くらいは服用していました。


セミナーの日も薬を持っていったくらいです。



 頭痛が出始めたときに、教わった通りアルファレベルに入り「私は頭痛を感じています。


でも私は頭痛を感じたくありません。


云々・・・」と唱え30分もすると頭痛が消えてしまいました。



 これには本当に驚き、不思議で仕方ありませんでした。


同時に「これが潜在能力なんだ」というのを初めて実感し嬉しくて仕方ありませんでした。


受講後二か月ほど経ちますが、未だに一度も頭痛薬を服用していません。全く不思議です。



 また、四日目のケースワークの時にご一緒させていただいた女性の方が、私の親類のニックネームまで正確に当てた時にはのけぞるほど驚きました。


潜在能力というのは本当にみんなに備わっていて使い方を教わると誰でも使うことができるのだと実感しました。



 まだ練習中のものもたくさんありますが、今では潜在能力があることを確信を持って楽しく使っています。




ポイント 頭痛のコントロール

偏頭痛やぎっくり腰、肩こりなど、原因がはっきりしない、繰り返し起こる痛みに関して、潜在意識を活用して、アルファレベルで言葉をプログラムすることで、体をコントロールできるようになり、痛みを改善、解消していくことができます。

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。