2017年1月アーカイブ

潜在意識の活用&自己啓発法のシルバメソッド・ニュースに掲載された卒業生の体験談です。

【カテゴリー:ビジネス目標-就職】


マインドの鏡でときめく職場に転職成功

M・E様 30代 派遣社員 東京都<17091>

 前の職場を辞めて、仕事が決まらず悶々とした日々が1ヶ月半くらい続いていました。
私は、これまでサービス業に長く就いていました。
しかし、サービス業はなかなか土日が休めません。
自分のしたいことが土日に重なることが多かったため、思い切って派遣会社にはオフィスワークの希望を出していました。
ですが、事務経験が殆ど無いため、書類選考の段階で受からず面接すらも出来ない状態が続いていたのです。


 ときどき派遣会社から紹介される仕事もあったのですが、それは自分の希望通りの賃金ではなかったり、賃金が希望通りであっても交通の便で考えてしまったりとなかなか思うようにいかずにいました。


 そこで、レベルに入ってプログラムを試みたのですが、 詳細にイメージをしたら、なぜかオフィスワークの経験が殆どない私は、仕事が決まる可能性が低くなるような不安感に襲われてしまいました。
だから、イメージで喜びに浸りきれず、そのままテクニックは使わずにいたのです。


 しかし、その後、基礎コースの再受講に行った時に、せっかくシルバメソッドという素晴らしいものに出会えたのに、こんな時にこそテクニックを使わなければ、受講した意味がない!と再確認しました。
そこで、『どうしたら、上手く喜びに浸れるだろう』と考えました。


 そして、ふと思い付いたのは黄色い紙に具体的な希望を書き出してみよう!ということでした。
なぜ黄色の用紙かというと、たしか黄色い紙に書くと集中力が増すような情報をどこかで記憶していたからです。


 早速、黄色の紙に、希望の仕事の詳細を書き出してみました。詳細といっても漠然としていたので、「ときめく」という言葉を使ってみました。

 -------------------
ときめく勤務地、ときめく時給〇円以上、ときめく仕事内容、ときめく職場環境(人数が多い、人間関係が良い)など6項目ほど書きました。
 -------------------

 そして、白枠無しで『どの項目も叶ってる!』と喜びに浸りながら、机の上で叶った項目ひとつひとつに全部〇をつけている自分をイメージしてみました。
実際、用紙の色がハッキリしているのでイメージしやすかったです。
また、このイメージが上手くできたポイントはというと、やはり、「ときめく!」という言葉を使ったことが、良かったのだと思います。


 この時点で、喜びは十分感じられたのですが、途中からレベルに入って、きちんとマインドの鏡を実践することにしました。
まずは、青枠で仕事が決まらない状況を視覚化し、さらに、なぜなかなか希望の仕事が決まらないのか、自問自答して思いつく限り答えてみました。


 そして、白枠では、前述のように『どの項目も叶ってる!』と喜びに浸りながら、机の上で叶った項目ひとつひとつに〇をつけている自分をイメージしました。
時々、アルファサウンドをかけて、白枠なしで白枠内のイメージに浸るだけの時もありました。多分5分くらいだったと思います。


 そして、マインドの鏡を実践し始めて、2カ月位経った頃に、ついにすべての項目が叶った職場が見つかったのです。
紙に書いた通り職場はみんな親切な人ばかりで、人間関係も良好です。
本当に勤められて良かったと感謝の日々です。
本当にシルバメソッドに出会えて良かたです。


<以上>

 私は、2016年2月に基礎コースを受講しました。
その受講中に効果を実感できましたので、翌3月には上級コースのウルトラセミナーの受講に至った次第です。
それでは、私の基礎コースを受講するまでの経緯や実際の体験をお話させていただきます。


ネガティブ思考で、自己嫌悪に陥って仕事面で上手くいかない自分が!【1】

 私は、昔からネガティブ思考で、自分と人とを比べては自己嫌悪に陥ってしまう所がありました。
この考え方を、どうにかしたい...と思いつつも、『これは性格だから仕方ない』と、自分に言い聞かせ、変わろうとは考えていませんでした。
また、『変われるものではない』と思い込んでもいました。
その結果、人間関係で苦労することが多く、特に仕事面で上手くいかないことが続いていました。
私は保育士の仕事をしており、複数担任でクラスを受け持っています。
他の先生だと、子ども達を上手くまとめられるのに、私がやると落ち着かない場面が多々ありました。
そんな毎日にストレスを感じていたのです。


耳鳴で、薬がないと眠れない苦しい日々【2】

 更に昨年末、中耳炎になり、その後遺症からかひどい耳鳴りが残ってしまいました。
そして、『薬がないと眠れない』という状況が続いてしまったのです。
今から思えばこれも思い込みだったのですが、ただその時は、自分ではどうすることもできず、夫の薦めもあり藁にもすがるおもいで受講させて頂きました。


子供達がザワザワして落ち着かない状況が、ピタッと話しが止まり、私に集中:3本指のテクニックで驚きの反応!【3】

 基礎コース2日目を受講してすぐに、職場で3本指のテクニックを実践しました。
それは、今まで私が苦手としていた場面、子ども達がザワザワしてしまいそうになった時に活用しました。
私は三本指を合わせ、自分自身が落ち着いているイメージをしたのです。
すると、今まででしたら、落ち着かなかったり、どこかへ行ってしまったりしていた子ども達が、ピタッと話を止めてこちらの方へ集中してきたのです。
私は基礎コースの2日目を終えたばかりでしたのに、子供たちのこの反応に本当に驚いたのを今でも覚えています。
この経験をきっかけに、少しずつですが自分の行動に自信が持てるようになってきました。


悩まされていた耳鳴りで眠れない状況が、なんとテクニックを使ったすぐ解決【4】
お風呂で不眠改善プログラム

 また、耳鳴りに関しては、毎日お風呂の中でレベルに入り、[私は、布団に入るとリラックスすることができています。
そして、十分な睡眠をとることができています]と、プログラム※しました。
すると、あれだけ手放せないと思っていた薬を飲まなくても、自然と眠りにつくことができるようになったのです。
正直、耳鳴りの音の大きさ自体は、以前と変わってはいません。 
しかし、『耳鳴りがしていてもリラックスできる』と自分の内的意識にプログラムできたお陰で、自分の抱えていた問題解決ができたのだと確信しています。


自信がもれるようになり、自分が好きになってきた【5】
 自分自身の体験から言えることは、ネガティブ思考の人は、無意識に負のプログラムを日々しているだけなのです。
ですから、その方向性を少し変えられれば、つまり本当に望んでいることをプログラムしていけば、
『既存の自分をガラリと変えることができる』
ということです。


 シルバメソッドに出会えたことで、少しずつですが着実に、自分が良い方向に変わっていることを日々実感しています。
そんな自分を、好きになることが出来るようになり嬉しく感じています。


※アルファレベルに入って、内的意識(?潜在意識)に記憶させること。

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。