1. TOP
  2. ビジネスの壁ぶち当たり、窮地に立たされ時を打開する5つのブレークスルー法

ビジネスの壁ぶち当たり、窮地に立たされ時を打開する5つのブレークスルー法

 2017/10/11 未分類   1,552 Views

 

ビジネスで窮地に陥ったとき、あるいは、何をやっても業績が改善できない時、あなたはどのようにそれを克服しているだろうか。

その時、大切なことは、「今までと違ったことをする」ことです。

その違ったことを発見することが、困難をブレークスルー(切り開く)為の発想です。

その驚異的な5つのブレークスルー法を紹介します。

目  次

ビジネス上、業績が伸びない、悪化。窮地に立たせる問題が発生

ビジネスで、何をやっても売上が伸びない。
あるいは、数年横這い。改善の兆しがない。
あるいは、
問題が生じ窮地に足され、何をやってもダメだ。
このような問題は、どんなビジネスにおいても生じます。
だから、企業は成長できるのです!!

 

何故? 問題が生じるのか?
「全ては変化している」からです。
ビジネスの環境もお客も、商品も変わっていきます。
それに適応しなければ、いずれは収益が下降線をただるのが自然です。

 

しかし、その変化に適応でき難くしているのは、変化を嫌う潜在意識(個人、企業)が働くからです。
慣れしたんだことをするのが楽だし、また、そのことをすることや考えが常識をつくってしまいます。
ですから、適応しない方向に歩みやすくなるのが自然とも言えます。

 

それでは、いずれ突発的に問題が発生したり、窮地に立たされることが起こる可能性が大きくなります。
しかも、それは突発的な問題ではありません。
徐々に問題化し続き、突如として表面化された現象です。

 

この問題が起きてしまった以上は悪いことではありません。
現状の不備、環境に適応していない企業、従業員であることを示しているのですから。
問題の信号に気づいたのです。

 

しかし、問題を発見してもそれを解決できなければ、最悪の状態も起こり得ます。
そのような状況を打開する策:5つのブレイクスルーの視点を紹介します。

 

ビジネスで窮地に立たされたり、障害にふさがれた時の2つの打開発想

ビジネスや人生で窮地に陥ったとき、あなたはどのようにそれを克服しているだろうか。

困難に直面したとき、その困難をブレークスルー(切り開く)為の発想が必要です。
その発想のポイントは、次の二つの組み合わせが大切です。

1.違った視点で発想できる発送視点を持つ

立場を変えて考えることで、その窮地から抜け出せることがしばしばあるものだ。

今回は、窮地を出した成功者から学び、5つの発想をもたらす簡単な5つの視点を紹介します。

2.発想は右脳を活用できること

発想は、左脳で考える方向の視点を提供し、右脳で発想を生み出す。

即ち、潜在意識の活用が不可欠です。

両方の脳を意識的に活用することが、効率的・効果的な方法です。

 

潜在意識の活用の仕方に関して、詳しくは、下記のメールセミナーを参考にしてください。

 

 

あなたの深い心(=潜在意識)のメッセ-ージに耳を傾ける:ブレークスルー視点1

アラン・ファンはコンピュータサイエンスにおける、マイクロチップ以来の偉大な発見を眠っている間になしとげてしまった。

 

光コンピューターの誕生は「夢」から

その夢とはこうだ。

『二つの対立する魔法使いの弟子たちが、データのいっぱい入ったバケツを運んでいる。

このふたつの集団は相手を目指して進んでいき、衝突して大きな結び目になろうとする』

ファンはこの夢が、何か重要なメッセージを持っていると思った。
しかしどんなメッセージなのかは分からなかった。

そしてある晩、まったく信じられないことが起こったのである。
『二つの集団はお互いの中に突入していったにもかかわらず、衝突は起こらなかった。
お互いの中を、なにごともなかったようにすり抜けてしまったのである。
あたかも光が光の中を通り抜けるように』

ファンは「そこで気づいたのです」
この夢が、光コンピューターの誕生のキッカケになったのです。

光コンピュータとは、データを光ファイバーなどの細い管を通じて移送するコンピュータです。
光は電気よりはるかに速い速度で伝わるため、光コンピュータは今までのコンピュータの数千倍のスピードで作動する。

ファンは先ほどの夢により、解決のヒントを見いだしたのです。
電流とは異なり、レーザー光線は他の光の中を変化することなく通り抜けることができるのです。
ちょうど、夢の中の二つの集団がお互いを通り抜けたように。
個々の経路に別々のレーザーを与える必要などなかったのです。

 

窮地からブレークスルーさせる為に夢を活用

ファンはAT&Tのベル研究所の光コンピュータ研究部門のヘッドとして、12人のスタッフを指揮していた頃。
ファンは彼らに自分のやりかたを教えようとしています。

つまり、深い心から送られてくる豊かなメッセージに耳を傾けることである。

こうしたメッセージは時には夢となって現れ、時には窓の外を眺めている静かな一瞬に不意に湧いてきたりする。
最も非科学的と思われるイメージや連想が、いかに科学的問題の解決となっている事実はたくさんあります。

例えば、

エジソン、ケクレ、湯川秀樹博士・・・・・

私は、日本の経営者から、悩んでいたことが、夢からのメッセージで解決したという方もたくさん知っている。

しかし、普通の多くの方は

「われわれは直感のままに行動することを、恥ずかしがってやめてしまうことが多すぎます」

また、

「単なる夢に過ぎない」とか、

もっと悪い場合には、

「誰も理解できないだろう」

といった言葉で自己検閲して、実行に移すことをやめてしまう。

それは、この種のメッセージに対する確信をもつ体験がないからです。
真にユニークなアイディアが失われてしまっているの残念です。

 

 

夢は、あなたに打開策のヒントを与えてくれる

夢には、困難に直面したとき、その困難をブレークスルー為の大きな力を発揮します。
夢は、あなたの潜在意識から発するメッセージであります。
潜在意識は、自分の過去の体験以外の第三者の情報をキャッチする機能を持っています。

 

例えば、

あなたは夢で、実際におきたことを事前に見てしまったという”正夢”を見たことはないだろうか。
この潜在意識の機能を活用する方法の一つが夢です。

シルバメソッドは、全4日間の基礎コースの初日に「夢のコントロール」を学び、習得していただきます。
夢からメッセージを得るのは難しいことではありません。

今日から夢に意識してください。
夢を憶えていたら、次のことを自分に問いかけてください。
夢は、今の私に何のメッセージを伝えようとしているのか?

 

具体的な夢の活用法や潜在意識の活用の仕方に関して、詳しくは、下記のメールセミナーを参考にしてください。

 

お客様はあなたにビジネスチャンスをもたらしてくれる:ブレークスルー視点2

お客様の欲しがっているもがわかると、そこにビジネス・チャンスが隠されている

ビジネスで窮地に陥ったとき、立場を変えて考えることで、その窮地から抜け出せることがしばしばあるものだ。

事例から学びましょうーーーー

ある日のこと、長野のリンゴ園でこんな老夫婦の会話あった。

「お父さん、○○社のせいでまた塗装会社がつぶれたわ。 なんとかしなければうちもおしまいよ」

「何ができるって言うんだ。 ウマミのある仕事は全部、△△議員があいつらのところに持っていってしまうんだ」

○○社は「競争相手ゼロの塗料帝国を達成する」という企てのもとに、消費者がペンキに求めるものは何か、5万人を対象にアンケートをとっている。
今や、消費者がペンキに求めるもののすべてがわかってる。
その調査は次のようなもの
・豊富なカラーバリエーション
・キズがつきにくい
・長持ちする
・防爆性

 

 

ある時の老夫婦の会話は、
次のようなCMを見て、
『母さん、見てごらん、カラーコのCMを。 塗り直し不要!1万2千色、子供にも安全、なんでもそろっているよ。』

「うちみたい小さな塗装会社は太刀打ちできないわ!! つぶれるわ!!」
夫は、次のような心のメッセージを思いだした。
(実は、シルバメソッド卒業生で夢のコントロールでプログラムしていた。 その時のメッセージが下記です)

”お客様が何を欲しがっているのか聞きなさい。
お客様はとんでもないものを欲しがるけど、その声を聞けば、お客様はあなたにビジネスチャンスをくれるはずだ″

というものだ。

 

「さっそく試してみよう」
○○社のペンキを塗っている男のそばに行って、ちょっとしたリサーチをすることにした。

「それ、さぞいいペンキなんでしょうね」

「そんなこと知るもんか。
このペンキを塗るために古いペンキをはがしたり、ペーパーをかけたりで二日もかかったんだ。
誰でもいいからペンキを塗る前の準備方法を教えてくれないものかね」

「これだ!ペンキがだめなら、こちらはペンキの塗り方を教えようじゃないか」

こうして、この善良な老夫婦は、○○社からから30%のシェアを勝ち取ったのです。

 

第三者からチャンスを発見するには

あなたにブレークスルーをもたらす第2の視点

お客様はあなたにビジネスチャンスをもたらしてくれる。
また、あなた自身にもチャンスのメッセージをもたらす。

ブレークスルーを探すときは、自分の製品についてはひとまず忘れること。
そしてそれを使ったときの経験を思い出してみることだ。

このことは、ビジネスだけでなく人生の課題もしかりです。
<具体的な進め方の2ステップ>

前述でお客にインタビューした後、または、インタビューはできない時も下記のことは有効に働きます。
この方法は、相手の心(=潜在意識)に問いかけるという右脳的なやり方です。

 

1)身リラックスして、脳波アルファ状態に入る。

脳波アルファ状態は、子供のレベルといいます。
素直なレベルです。
多面的に感じられるレベルです。

2)聞きたい方を面前にイメージで出し、問いかける。

もし、自分に聞きたいなら自分をだしても良い。

<備考>シルバメソッドのテクニックに相手の頭を借りるテクニックがある。
そして相手に問いかける方法です。

 

<備考>心身をリラックスして、脳波アルファ状態にする方法は、下記を参考にしてください。または、下記の無料メールセミナーをご活用ください。

 

脳波アルファ状態にする方法や潜在意識の活用の仕方に関して、詳しくは、下記のメールセミナーを参考にしてください。

 

売れなくなった商品は、ブレークスルーをもたらす:ブレークスルー視点3

使用分野を変えてブレークスルーする

ピンチになるとどうしても多くな方は、論理的になり左脳をつかい、結論のネガティブな結果を導きだす傾向にあります。

例えば、
商品が売れない。
それは、この商品が陳腐化したのだ。
だからもう売れないよ。

 

この図式であす。
陳腐化、寿命という言葉で片付ける。
それ以上は考えようとしなくなります。

即ち、ネガティブな思考は、それ以上考えないでより理由を与え、思考停止してしまいます。
それだけでなく、あなたの潜在意識を活用まで停止してしまうのです。
ネガティブ思考がネガティブな感情を作り、心を閉ざし、潜在意識との接触できない状態をつくてしまします。
ですから、発想、アイデアが生まれなくなります。

もし、商品が売れないというならば、すぐあきらめてはいけない。
単にあきらめることは、大きな損失です。

 

商品の別な活用を考える:第3番目のブレークスルーの視点

「用途、分野を変えて商品が活用できないか」と考えることです。
例えば、
あなたの親戚にスポーツ店を何店か経営している親戚がいるとする。

このチェーン・システムを利用して何か新しいものが売れないか、新しい事業ができないかを考えてみよう。
店のまわりを歩いて、人々がどんな問題を抱えているのかを探ってみよう。
それを発見しさえすれば、あなたの親戚は喜んで店の一角を貸してくれるに違いない。
あなたは莫大な資金を投資して、新たな店を開く必要がなくなるのである。
■事例から学ぶ

これはウィリアムズ・カンパニーズの事例です。
この会社は全米に総長2万8000マイルもの石油管を所有していた。
新規事業の検討にあたって、彼らはこのパイプを使うことを考えていた。
パイプを通じてポンプで送れるものとは何であろうか?
メープルシロップ?
タバスコ?
あまりいいアイディアとは言えない。

 

ポンプを使わなければどうだろう?

例えば、
シカゴからロサンゼルスまでの模型鉄道などは?
馬鹿げているし、誰がそんなものを欲しがるだろう。
しかし、考える方向としては間違っていない。
パイプの中に電線を通すというのはどうだろう。
いや、いっそ光ファイバーというのはどうだ?
光ファイバーは電線に比べ、はるかに多くの情報を運ぶことができる。
それにこれからは情報の時代だ。
新しくできた電話会社はそれを使いたがるだろう。
いや、電話会社だけではなく、一般の企業だってそれを使いたがる。
それにそれを利用して、新規の事業を起こすことだって可能だ。

 

これは実話です。

MICコミュニケーションが、ウィリアムズの最初の客だった。
必要がなくなったからといって、それを壊す前に他の使用法を検討してみた。
ときには後ろを振り返ってみることも必要という、後ろ向き発想の勝利をもたらすこともあります。

 

具体的な効果的な進め方:マインド・ブレンストーミング法

発想法にブレンストーミングの方法があります。
複数の人で自由に発想する方法です。
ブレーンストーミング.JPG

ブレインストーミングの実施する4ルールがある。

(1)判断・結論を出さない

自由なアイデア抽出を制限するような、判断・結論は慎む。
判断・結論は、ブレインストーミングの次の段階にゆずる。
(2)奇抜、奇想天外のアイデア、考えを歓迎する

誰もが思いつきそうなアイデアよりも、奇抜な考え方やユニークで斬新なアイデアを重視する。
新規性のある発明はたいてい最初は笑いものにされる事が多く、そういった提案こそを重視すること。
(3)質より量を重視する

様々な角度から、多くのアイデアを出す。
一般的な考え方・アイデアはもちろん、一般的でなく新規性のある考え方・アイデアまであらゆる提案を歓迎する。

(4)アイディアを結合し発展させる

別々のアイデアをくっつけたり一部を変化させたりすることで、新たなアイデアを生み出していく。
他人の意見に便乗することが推奨される。
★マインド・ブレンストーミング法は、この自由発想を脳波アルファ状態になり右脳を介して、あなたの潜在意識を効果的に機能する状態で発想することである。
このレベルは、素直なレベルであるので、視野が広がるレベルであると同時に、潜在意識の3つの機能 を作用させるので、さまざま角度の発想が生まれやすい。

 

これは、一人で行うこともできますが、複数の人でもできる方法である。
このマインド・ブレンストーミングは、あなたにブレークスルーをもたらすでしょう。

 

潜在意識の3つの機能や潜在意識の活用の仕方に関して、詳しくは、下記のメールセミナーを参考にしてください。

 

 

行きづまった時は、類似問題にブレークスルーのヒント:ブレークスルー視点4

 

行きづまった時は、類似問題をからヒントを探る

ブレークスルー(切り開く)するために偉人から学びましょう!
1857年のある日、パスツール博士はフランスのある病院を鬱々とした気持ちで訪れた。
博士は、子供たちがなぜ、ほんのちょっとした切り傷やすり傷によって感染症で死亡するのか、その原因がわからなかった。

 

当時の科学者たちは、「自然発生」という不可解なプロセスによる、体内の生物が感染症の原因であると考えていた。
だが、パスツールは似たような問題が過去にもあったことに気づいていた。
それを確かめるために、彼は小児病棟へと赴き、足に感染症のある小さな女の子を診察した。
足に鼻を近づけると深く呼吸してみた。
ひどい悪臭だった。
しかしそれは彼の仮説を裏づけるものでもあった。
研究所に戻った彼は、早速ふたりの助手を呼んだ。

 

「みんなもよく知っているように、現在子供たちの体の中で何か非常に危険なことが起きている。
それは外部が傷ついたときだけに起こっている。
つまり皮膚が傷ついたときだ。
これで、何か思い出すことがないかね?」

 

しばらく考えていた助手たちのひとりが答えた。

 

「前にも同じようなことがありました。
ブドウの感染です」

その助手は、パスツールと彼のスタッフがフランスのワイン産業を救ったことを思い出したのだ。
つぶしたブドウは発酵する前に腐ってしまう。
他の学者たちの「自然発生説」に対し、パスツールは発酵も腐敗も外部の原因で起きることを証明した。

 

感染症.PNG
これに対し、パスツールのチームは、砕いたブドウにカバーをかけることで、菌を寄せつけないよう提案した。
少女の足も、あのときの腐ったブドウと同じような匂いがしていた。

 

「明らかに感染症の原因は外部にある。
とすると、問題は簡単だ。
傷口を消毒して、空気に触れないようにすれば感染症にかからないはずだ。
さあ、あの子供たちの病気を治そうではないか」

類似の問題を探り、その問題の結果ら原因を探る発想

問題が起こったら、まず表面的な現象から推理して、類似の問題を探すこと。
つまり、結果から原因を探っていく発想です。
この方法で、パスツールは数百万人の命を救う方法を発見、無菌室からバンドエイドまで、幅広い発見の新機軸を開いたのです。

 

ヴィジヨンを拡大する可能性マップの発想:ブレークスルー視点5

 打開策を探る為の可能性マップを描く

少年のヒユー:フステッドは人間の脳から直接音楽を創り出せないかと考えていた。
やがてスタンフォード大学へと進んだ彼は、友人とともにバイオミューズという、脳波を電子パルスに交換する装置を開発した。
少年の日の夢が現実のものとなったわけだ。
しかしいざ、この装置を実現化するための投資家を探すとき、すぐに大きな壁にぶつかった。
多くの投資家が彼の発明をどう現実に生かすのかわからず、投資を断ってきたのである。
それを打開する為 にとった方法は、「可能性マップ」というものである。
自分に次のことを考え、列挙して可能性のマンプを作る。
「医者、運動選手など、考えられる職業を書き出す。
そして、彼らがこの発明でどんなことができるのかを考えてみる」

例えば、
職業  音楽でできること
運動選手エアロビクス音楽
医者  胎児モニタリング
お年寄り ダンスのレッスン
職業  ビデオでできること
運動選手 ゴルフスイング分析
医者 理学療法
お年寄り ビデオゲーム

可能性マップ.PNG

 

アイディアをどうしたら実現にもっていけるか?

書き出しながらも、多くの可能性があることは確かだが、なかには馬鹿げているものもたくさんあると思った。
このことにより、発明をどう応用できるかのヴィジョン拡大のシステムを創造したことになる。
このマップにそって考えれば、実現のアイディアを見つけ出せる。
すごいアイディアを考え出したが、それを何に使うのか?
こんなジレンマに直面した可能性のマップを作ることをお勧めします。

可能性マップ発想は、脳波アルファ状態で行うと効果的

苦境に立たされいるときは、人はネガティブな感情が生じ、自由な発想を妨げてしまう。

そこで、可能性マップ作成するときは、

◎心身をリラックスして脳波アルファ状態に入り、次の言葉を宣言する。

「私は、今考えたアイデアの可能が泉のごとく湧いてき、楽しくなります」

この言葉は、あなたにあった宣言文で書き換えて活用してください。

この宣言文が潜在意識にインプットされて、より効果的な発想をもたらされます。
この「可能性のマップ」によって、多くのアイディアを実現化するために有効な手段です。

 

< 以 上 >

 

ブレークスルーを起こす為に、潜在意識の活用の方法を理解する為に、下記のメールセミナーまたは、クイック体験セミナーをご活用ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

潜在意識の活用の仕方を知りたい方は、下記を参考にしてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの潜在意識を活用して、ビジネス、人生、学業、等の願望実現が 必ず実現する方法とは?
世界110カ国1400万人以上が効果を実感した潜在能力開発法シルバメソッドの講師が語る。普通人が「ハッピーな成功人」になるレッスン潜在意識シルバメソッドのメールセミナー
無料メールセミナー登録
即、体験したい! 自分の課題や願望に対してどのように実現するのかを、直ぐ知りたい方 は、クイック体験セミナー潜在意識シルバメソッドの体験セミナー
クイック体験セミナーの申込

\ SNSでシェアしよう! /

マインドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マインドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

silvamethod-create21

silvamethod-create21

この人が書いた記事  記事一覧

  • スマホやテレビ依存症から抜け出す為の3ステップの克服法

  • 中間管理職の共通した悩みは、判断・決断力の欠如!ビジネス決断の要は直感力

  • 仕事上のミス・トラブルに不安を感じ、自信がもてない中間管理職が、仕事の達人になる3つの秘訣

  • ビジネスの苦境・逆境をチャンスに変え、成果をもたらすシンプルな3つの法則

関連記事

  • スマホやテレビ依存症から抜け出す為の3ステップの克服法

  • 危機状態の時、成果を高めようとしても上手くいかない時の三つの成功の秘訣

  • 夢、目標を見つける二つの方法と叶え方の3つの秘訣

  • ビジネスの苦境・逆境をチャンスに変え、成果をもたらすシンプルな3つの法則

  • 成功している営業マンと普通の営業マンとの3つの違い

  • 47才にして結婚をしようと決め、理想の結婚相手を見つけた方法