1. TOP
  2. スマホやテレビ依存症から抜け出す為の3ステップの克服法

スマホやテレビ依存症から抜け出す為の3ステップの克服法

未分類   446 Views

スマホ・ネットやテレビづけになっていることは、時間の無駄だけでなく、
豊かな人生やビジネスの成功を「今」放棄してことに通じます。

しかし、テレビやネットに依存症だと思われる方、この癖を改善したいと思っていますが、それから脱げだせない。
それは、何故か? 癖だからです。

この癖を改善し、テレビやネットから離れる、あなたの優先する価値あることをできる癖にする為の3ステップの克服法を紹介します。

あなたの大切な自由時間を無駄に使っていませんか?【1】

あなたは、次のような癖・習慣を持っていませんか?

■仕事上でしたら

  • 朝は、一般的に能率が上がる時間です。
    仕事にかかる前に一杯お茶をのんでから、あるいは、
    1本タバコを吸ってから仕事にかかるということはありませんか。
  • 何か難しい問題に当たると、考えるのを止めて、
    目先の仕事をしたりして時間を過ごす。
  • 日中はだらだら仕事をして、残業時間になると集中して仕事をする。

■私生活では

  • 仕事や家事の疲れで、ついついテレビ漬になる
  • テレビやラジオをつけたまま、勉強をしている。
  • いつまにか、スマホやネットサーフィンして時間が過ぎていた。

これに近い事はを誰でも持っているのではないでしょうか。

さて、ちょっとしたことはがあなたの大切な時間を無駄にしています。
何故ならば、1度で終わらず、毎日繰り返しているからです。
まさしく、それをするのが癖になっているのです。

例えば、

  • テレビ漬などは、冷静に考えれば時間を無駄にしている代表的癖の1つです。
  • 深夜、ちょっと調べていたら、いつのまにネットサーフィンしていた。
    午前1時、2時になっていた。
  • ついスマホに手が伸びて、見ている。

多くの方がその罠にはまっています。
あなたに、テレビ漬けやスマホ、ネットサーフィンする傾向があるならば、あなたはテレビを消す事、スマホを手放す事で実際に人生が変わってきます。

スマホ・ネットやテレビに依存する時間は、あなたの大切な時間
(時間を有効に使う為に1日24時間三等分法)

この事を次のように考えてみてください。

あなたが仕事をしているならば、1日24時間を三等分して、

・8時間は仕事をしており、

・8時間は睡眠の時間に当て、そして、

・残り8時間が、あなたの自由な時間です。

人生は、この自由な時間8時間で決まるといっても過言ではありません。
何故ならば、人生は仕事だけではありません。
あなたの人生には仕事以外に5つか6つの分野を考えて行動する必要があり

ます。

例えば、

家族のこと、健康のこと、教育や自己啓発のこと、精神を豊かにすること、等。
それを考えたり、行動するのは、あなたの自由時間の8時間です。
しかし、この8時間の中には、食事や風呂に入る時間や通勤時間、家事の手伝い(家事)等が含まれます。

あなたの自由時間は3時間程度です。

この自由時間を何に使うかが、あなたの豊かな人生やビジネスの成功に大きくかかわってきます。

そういう意味で大切時間の一つなのです。

あなたにとって貴重な3時間の自由時間をスマホ、テレビに!


自由な時間は3時間前後をスマホ、テレビを見る時間にしていませんか?

その時間、仕事の疲れで、何もやる気がしない。
ゴロゴロテレビを見て過し、1日が終わてっしまう。
それならば、日曜の休みの時間を活用しようと考えます。
しかし、上記のような癖を持っている方は、日頃の疲れも手伝って、やはりテレビ漬け、ついついスマホを見てしまう。

結果上、休みの大部分を使ってしまいます。
何故ならば、テレビを見る癖、スマホを見る癖を持っているからです。

装置があなたの主人公になっていないだろうか?

このようにテレビ漬けになっている人は、あなたの”主人公はテレビ”になっています。
テレビを見ているときに、あなたが目にしているのは他人が楽しんでいる様子です。
その人たちは実に楽しそうですが、あなたは他人が楽しんでいるのを受身の姿勢で見ているにすぎません。

彼らはお金を稼ぎ、あなたは時間を無駄にしているのです。
他人が楽しんでいる様子をたまに見るぐらいならよいでしょう。
しかし、平均的世帯は、一日に7時間もテレビを見ているというデータがあります。

あなたは、どうでしょうか、チェックしてみてください。
決して、テレビがあなたの主人公ではなく、あなたがあなたの主人公にならなければなりません。

あなたはスマホに依存している生活をしていませんか

もし、下記のような状態でしたら、スマホ依存している生活になっている可能性が大きいです。

・歩きスマホをしている。

・いつもまにか手にスマホを持っている。

・何かをしている時、つい気になってスマホをチェックしている。

・常にスマフォを持ち歩かないと気になる。

・電車で本を読む時間が減り、スマホを見ている。

さあ、いかがでしょうか。
スマホに依存していると、先ほどの時間がスマホについやすことになります。
スマホユーザーの平均的な利用時間は3時間14分(2016年)、1日に6時間以上
ヘビーユーザーもいる。

有益な建設的にスマホを活用している意識を持っているなら問題はありません。
しかし、スマホ依存症的な人は、メール、ラインチェックをしたり、ゲームをしていたり、ネットサーフィンをしている傾向にあります。

人生は有限です

その有限の時間をコントロールし、豊かな人生を作るのも、望ましくない人生をつくるのも”あなた”次第です。

時間の無駄は、先延ばしともいえます。
もし、優先することができていないと感じている場合には、下記の記事をご参照ください。

先延ばし癖の4つのタイプと改善法:これはビジネス成功の要だ!

↓ ↓ ↓

 

日常のちょっとした時間を無駄にしている癖を良い癖に変えるには【2】


テレビを見てしまう、スマホに手がいってしまうのは、癖になっているからです。
依存症は、癖です。

この癖を解消するために、癖の仕組みを脳と心からみていきましょう。
これを理解することにより、解消の方向と解消できるという確信が得られます。

テレビ、スマホの依存を脳の仕組みから

脳には、報酬システムがあります。
その報酬システムはどのように働くのか。

脳は、報酬が手にはいりそうだと認識すると、ドーパミンという神経伝達物質を放出します。
このドーパミンが脳全体に指令を出し、注意力を集中して、欲しいものを手に入れようとします。
ドーパミンが一気に放出されたときに感じるのは幸福感ではなく、むしろ興奮に近いものです。

人はこれによって神経を研ぎ澄まされ、敏感になり、欲望で頭がいっぱいになります。
快感が得られそうな予感がして、そのためなら何でもしようという気になります。

 

この数年の神経科学の研究の結果、ドーパミン放出効果によって、好ましさや満足や喜びなどは感じられないということが分かっています。

また、ドーパミンには報酬を期待される作用があるが、報酬を得たという実感はもたらされない。(神経科学者ブライアン・スヌットソン)
即ち、報酬システムが作動したとき、そのとき感じるのは、「期待」であり「喜び」ではないといことです。

ドーパミンが急増すると目先の快楽がやたらと魅力的に見え、長期的にどのような影響が表れるかなど考えられなくなってしまうのです。

以上から、欲望を感じているとき、私達はいい気分でいるとは限らない。
ときにはどうしっようもなくさいていな気分になるほどです。

ドーパミンのおもな役割は私達に幸せを「追い求めさせる」ことであって、私達を幸せにすることではないといことです。

テレビやスマホの依存してしまうのも、上記の報酬のメカニズムによるものです。
そこで人生に意義を与えれるようなほんとうの報酬と、分別をなくして依存症になってしまうようなまやかしの報酬とを、きちんと区別しなければなりません。

そのような区別をできるようになることが、私達にできる最善のことなのです。
欲望じたいには良くも悪くもありません。

大切なのは、欲望によって自分がどこへ向かおうとしているか、そしてどういう場合なら欲望に従っても良いから見極められるかどうかのです。

 

心から見たテレビ、スマホの依存症は?

テレビ、スマホの依存してしまうのは、癖と申しました。
この癖は、前述の脳の報酬のシステムの働きから、作られていきます。
即ち、その欲望を満たすために何度も繰り返すことにより、癖が形成されていくのです。

これらの癖は、どこに形成されているのか?

それは、あなたの潜在意識です。
あなたの潜在意識があなたの95%の行動を決定しているといわれています。
これは癖のとおりは働くようにドーパーミンが分泌し、誘導します。

癖というのは、潜在意識にプログラムされているので、あなたはいつものように自然とその行動(癖)をしてしまいます。

それは、そのように振舞うのが楽だからです。
違うことをすると何か、不快だったり、しっくりしない、抵抗を感じます。
だから楽な方を選択し、その行動を取るのです。

癖は、良い癖もありますし、悪い癖もあります。
例えば、朝、挨拶する。お礼を言う。等は良い癖ですね。

それならば、テレビやスマホを見てしまう癖はどうでしょうか?
それは、前述しましたように、次の視点できちんと区別することが大切です。

・人生に意義を与えれるようなほんとうの報酬なのか。
・分別をなくして依存症になってしまうようなまやかしの報酬か。
です。

もし、後者でしたら改善が必要になります。

悪い癖を改善するということは、潜在意識に書き込まれているプログラムを自分が望む行動に自然に振舞えるように書き換えればよいということになります。
その為には、どうすればよいか?

本テーマを更に理解と活用できる為に、また、潜在意識にプログラムする方法を理解する為に下記無料メールセミナーを活用してください

 

 

あなたの潜在意識を活用して日常の癖を改善する方法【3】


次の3ステップの実践が一つの効果的なやり方です。

 

あなたの癖は、何故、望ましくないのかを考え、決断◆第1ステップ

あなたの癖は、何故、望ましくないのかを考える。
まずは、癖を変える動機を明確にすることです。

これは、良い習慣に変えたいという強い動機づけをもつための作業です。

あなたの動機付けの方向には、大きく二つあります。

一つは、痛みを避ける

二つ目は、快楽を求める
ここでは、一番目の痛みを避けるに注目します。

何故ならば、その癖が問題であることを、まず、認識し、それが自分にとってどれほど無駄であるかに強く気付き、どれほどの痛みをもたらすかということを、しっかり確認することが大切だからです。

それが、よい癖に変える動機づけになります。
例えば、

●前回のテレビを見る癖を例にしますと、

「自宅に戻ると直ぐテレビをつける。そして、だらだらテレビを見たりする」このような癖があるならば、あなたにとっての問題、無駄や痛みは何でしょうか?

  • 時間の浪費。
  • 考えたい事ややりたい事をする時間がなくなる。
  • 1週間があっと間にすぎて、何も建設的な事や自分が本当に喜ぶことを自由な時間はあったのに、行えていなかったということに、不満を感じる。
  • この繰り返しをすれば、1年間同じ生活、少なくとも1日3時間見ているとすれば、1年間に1095時間、即ち、1日24時間で割れば、45日にも相当する。1.5ヶ月も無駄に過ごしたことになります。実は、自由な時間は、1日8時間だとするならば、4.5ヶ月無駄に過ごしたことになります。
  • この時間は、人生全体を考える上で、もっとも大切な時間であり、それを無駄なことに削られているのです。
  • ・・・・

ここまで、考えると大変な無駄をしているだけでなく、人生上の危機感を感じ始めるのではないでしょうか。
「望むことを前向きに行えない人生を送っているのか?」と
スマホに依存する癖をもっているなら、

テレビと同様な問題があるだけでなく、

  • 勉強や本を読んでいるときに、ついスマホに手がいいき、集中力を欠いてしまう。
  • 電車に乗車している時は、多くの方は本を読む方が多かったが、今は、皆さんスマホを見ている。
    本を読まなくなる。

テレビ以上に時間の無駄や集中力を欠いたりしてしまいます。

勿論、スマホの良い面もたくさんあります。
それの使い分けができれば、問題にはなりませんね。

これまでの作業からこのまま続くとどのような痛みがあるかが認識できます。
そして、この痛みが大きければ大きいほど、その癖をなくそうという”決意”を持つことができます。

ここで、この癖をなくすと”決意”してください。

 

改善したい癖をどのように変えたいのかを考える◆第2ステップ

あなたの望む良い癖を考えてみるのです。

つまり、動機付けの二つ目です。

快楽を求める
例えば、上記の例でしたら

・テレビは事前に番組をみて、今日の見る番組を吟味して、1時間以内にする。

・残りの2時間を今したいことに時間を費やす。

そのしたい事は、〇〇です。

…この〇〇を具体的に決めることが大切です。

この〇〇に快楽の要素があるからです。

その快楽、即ち喜び、充実感や満足感は何なのかをしっかり考え、紙に列挙してください。

望む結果が明確にったら次のステップへ。

 

望む状態になるようにあなたの潜在意識にプログラムし、実行する◆第3ステップ

望む状態を作る為に意志力でなく、自動実現力を活用する

ステップ2で、改善の強い動機づけができました。

それをあなたの意思力=自制心で行うことは、努力が必要になり、実現する方法としては適切なやり方とは言えません。
その動機付けを活用して、その行為をするのが当然というように潜在意識に思わせることにより、自然とその行為を行われるようにすることが、成功する秘訣です。
即ち、潜在意識の自動実現力を活用することです。

 

望む状態を潜在意識にプログラムする方法と実践

さて、望む状態を潜在意識にプログラムする方法を紹介します。
望む状態にするための潜在意識にプログラムする為に、次の二つの方向でします。

1)どのような行動をとるか事前に決める

例 テレビの例でしたら

イ.前日に、翌日に見る番組にマークをつける。 1時間以内。

ロ.残りの時間内でやりたい事、何をするのかを決める。

勿論、テレビ1時間を見て、残りが2時間でしたら、2時間でできる内容です。

注)イ、ロを妨げる障害があるならば、それを解消します。

例えば、家族ですんでいるならば、家族に

・その見たい番組を事前に伝えておく。

・この時間は、〇〇をすることを了解してもらう。

2)潜在意識に望む状態をプログラムする

標準的プログラムの仕方は、次の3つのプロセスで進めてください。

1.心身をリラックスして、脳波をアルファ状態にする。

2.次の二つをあなたの潜在意識にプログラムしましょう。

(1)「私は、前日に見たい、または見る価値があるとマークをつけた番組だけ見ます。

それを見ることにより、満足できます。」

(上記の言葉は、あなたの確信が入る言葉に変えてOKです)

(2)望む状態が出来た喜びに浸るイメージをして、それを満喫する。

3.ベーターレベルに戻る。
このプログラムを毎日行ってください。

望む状態が自然とできる状態になるまで繰り返しプログラムします。
上記の心身のリラックスの仕方が分からない方は、下記をご参照ください。

心身リラクゼーショントレーニング法:脳波アルファ状態に入る。

↓ ↓ ↓

<補足>シルバメソッドの卒業生の方は、3本指のテクニックを活用してください。

例えば、

・テレビを見たいなと思ったとき、あるいは、

・疲れたなと感じた時、

あなたは、帰宅して直ぐテレビのスイッチをつけて、だらだらテレビを見る癖をもっているならば、あなたの潜在意識は、上記の二つともテレビを見るぞという信号をだしていることに気づくことが大切です。

そのような気持ちになったときは、すぐ3本指のテクニックを使います。

そして、その気持ちを取り除き、自分の望んでいる状態に切り換えるのです。
また、今、勉強や仕事に集中している時に、スマホをちょっと見ようとしようとする時、三本指のテクニックで、今の集中していることい専念できるように引き戻すのです。

 

カレンダーに評価のマーク◆補足ステップ

上記のことができているか、カレンダーに評価のマークをつける。

〇…できた  △…不十分 ×…できなかった

×がついた場合は、その理由をはっきりさせ、それは重大であると考えたら、その対策を上記のステップに盛り込みます。
この行為は、単に進捗状況を確認することや×、△の反省をする為にでなく、〇が徐々につくことにより、小さな成功体験を味わい、達成感を実感することにより、それを潜在意識にインプットしていく行為でもあります。
そういう意味で、非常に大切なプロセスです。

以上の3ステップを継続実践することにより、あなたの大切な時間を自分の本当に望む方向へ時間をコントロールすることができ、かつ、望みを叶える良い習慣を形成することができっます。

以上


決断、決心する為の要の直感力を効率よく高め方、潜在意識の活用の方法を理解する為に、下記のメールセミナーまたは、クイック体験セミナーをご活用ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

潜在意識の活用の仕方を知りたい方は、下記を参考にしてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの潜在意識を活用して、ビジネス、人生、学業、等の願望実現が 必ず実現する方法とは?
世界110カ国1400万人以上が効果を実感した潜在能力開発法シルバメソッドの講師が語る。普通人が「ハッピーな成功人」になるレッスン潜在意識シルバメソッドのメールセミナー
無料メールセミナー登録
即、体験したい! 自分の課題や願望に対してどのように実現するのかを、直ぐ知りたい方 は、クイック体験セミナー潜在意識シルバメソッドの体験セミナー
クイック体験セミナーの申込

\ SNSでシェアしよう! /

マインドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マインドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

silvamethod-create21

silvamethod-create21

この人が書いた記事  記事一覧

  • スマホやテレビ依存症から抜け出す為の3ステップの克服法

  • 中間管理職の共通した悩みは、判断・決断力の欠如!ビジネス決断の要は直感力

  • 仕事上のミス・トラブルに不安を感じ、自信がもてない中間管理職が、仕事の達人になる3つの秘訣

  • ビジネスの苦境・逆境をチャンスに変え、成果をもたらすシンプルな3つの法則

関連記事

  • 人生・運命を変える、スキマ時間を活用した、6つの簡単な方法

  • 仕事で失敗し落ち込んでも、冷静なあるがままを見られる自分になる3ステップ

  • ビジネスの壁ぶち当たり、窮地に立たされ時を打開する5つのブレークスルー法

  • 先延ばし癖の4つのタイプと改善法:これはビジネス成功の要だ!

  • 正しい決断をする為の直感力を鍛える4つの能力:ビジネスを成功している人は直感力を重要視

  • 成功している営業マンと普通の営業マンとの3つの違い