1. TOP
  2. 仕事や勉強で多忙な時に集中力アップする3つのコツ

仕事や勉強で多忙な時に集中力アップする3つのコツ

 2016/07/06 集中力   1,669 Views

やりたいこと、やるべきことがたくさんあるとき、集中できないという悩みがありませんか?

このような場合でも集中できる人は、仕事ができる人です。
評価され昇進、あるいはビジネスに成功できる人です。
また、勉強ならば、成績はぐんぐん高まり、目標の学校を合格できるでしょう。

その集中できる3つのコツをご紹介します。

 

 

集中力が低下すると

集中できないことによる陥る問題は、目の前の仕事や勉強に本来の能力は発揮できず、異常に効率が落ちます。

更に、創造力も低下し、質の良い仕事ができず、問題解決力が低下するでしょう。

このような時は、仕事や勉強がはかどらないだけでなく、疲れやストレスを持ってしまいます。

その結果、ますます集中力が低下し、効率が悪化することになりあす。

 

上記の状況の時に、集中力を高める3つのコツを紹介します。

 

集中する為には、優先順位を明確にする…集中力アップのコツ❶

 

集中力を下げる主の原因に二つあります。

一つは、「固執」です。

物事にこだわり、それに心がいってしまい、目の前のことに集中できない現象です。

二つ目は、「分散」です。

意識が今に集中できず、それ以外にことに意識が分散する現象です。

今回のテーマの集中力を低下させる原因は、「分散」です。

 

このような時には、優先順位を明確にすることです。

前日に、明日のやりたいこと、やるべきことを列挙する。

その上で、優先順位を明確にする。

翌日の朝、優先順位を確認して、それに従って進めると決意する。

 

 

継続的に集中できる為に、優先順位に従って行う良い癖を形成…集中力アップのコツ❷

優先順位を決めても、いままで優先順位に従って行動する癖がありませんので、行動できなくなる可能性が大きく、できなくなっているケースが多いと言えます。

何故ならば、集中力は、癖(習慣)だからです。

分散する癖をもっている為に、意識して、これをやるのだと思っても、無意識に、他のことをしないでいいのかとか、不安感を持たせ、今のことに集中できない状態を作ってしまいます。

 

そこで、「優先順位に従って行動できる」という考えを潜在意識にプログラムする必要があります。

潜在意識に優先順位に従って行動するのが当たり前と思わせれば、その通り、無意識に行動でき、目の前のことに集中できるようになります。

 

 

本当にやりたいことかを明確にする…集中力アップのコツ❸

 

下記の相談を受けました。

「したい仕事・勉強が3つある。

・MBAを取得する為の勉強、

・パイロットになる為の訓練、パイロットになる。

・起業したい。

しかし、勉強に集中できず、覚えられない。

また、現在の仕事で疲れ、なおさら勉強に集中できない。

その為、あまり進まない」

このような悩みを持っている方も多いです。

 

3つのことを同時にしている為に、一つをとりかかっていると、他のことが気になり、とりかかっていることに集中できない、注意散漫状態になっているのです。

 

この場合には、集中力を高める為に、次の三つのことを行う必要があります。

(1)目標を明確にする。

(2)同分野の目標ならば、優先順位を決めて、実行計画を立てる。

(3)目標実現の為に、潜在意識にプログラムをする。

 

 

集中力を高めるに目標を明確にする。

 

上記の相談の各テーマの目標が明確でなっていない。

その為、優先順位をつければ良いと分かっても、それができないのです。

 

そこで、まず、どのような起業しようとしているのか、そこから生じる利益、恩恵は何か?

利益、恩恵は、喜び、楽しみをもたらすものです。

それを検討して、明確にすることです。

その上で、この目標をやる価値があるかを確認することです。

 

パイロットを仕事にするのですから、同様に考えることです。

 

但し、MBA取得は、手段ですので、何の為に取得するのかを検討する必要があります。

即ち、その手段の目標を明確にする必要がでてきます。

 

 

優先順位、実行計画の立案

 

上記の分析があるので、優先するテーマを決めることが可能になります。

あなたの本当にやりたいことを決めます。

複数あるならば、優先順位を決めます。

 

その上で、優先テーマに対して、実現計画を立てることにより、どの程度の負担がかかるかが分かり、他の目標を併行処理できるかが分かるはずです。

 

ここまでくれば、何に集中すればが分かり、今は何に集中する必要かが分かります。

 

 

目標実現の為に潜在意識にプログラム⇒集中力を高める

 

整理された上で、優先するテーマを実現する為に、潜在意識の機能を活用することです。

潜在意識にプログラムされると、それが実現するのが当然と思うようになり、それ目標のことに自然と集中できる状態になります。

 

具体的には、潜在意識に次のプログラムをするのです。

「(テーマ)が実現した喜びに浸りきる」ことを心身をリラックスして毎日、イメージングすることです。

その結果、そのテーマの作業する時には、高い集中力をもたらされます。

そして、確実に目標が実現できるでしょう。

即ち、集中する癖が、目標を実現するのです。

 

 

まとめ

忙しいときに、集中できない方は、分散の癖をもっている為、集中できにくい。

それを改善する方法は、次の3つを実施すること。

 

今に集中できるようにする為

①その日の優先順位を明確にする。

②優先順位に基づく行動できるような良い癖を形成する。
… 潜在意識にプログラムすること。
夢、目標も考えて集中できない場合は、

③やりたいこが本当にやりたいことかを明確にする。

(1)目標を明確にする。

(2)同分野の目標ならば、優先順位を決めて、実行計画を立てる。

(3)目標実現の為に、潜在意識にプログラムをする。

 

 

この記事と一緒によく読まれている記事は、こちらです。

仕事、勉強の成績を効率よく高める為の集中力アップの3つのステップ

集中力は、あなたの望みを叶える為の重要なスキルです。

集中力は、仕事や勉強、そして願望・目標の実現、課題の解決とその力を高めることができるスキルです。

また、健全な集中力はあなたの心の安定と余裕をももたらしてくれます。

無料メールセミナー全10回 

  「仕事、勉強の成績を効率よく高める為の集中力アップの3つのステップ」

をご活用ください。

集中術:無料メールセミナー申込
即、体験したい! 自分の課題や願望に対してどのように実現するのかを、直ぐ知りたい方 は、クイック体験セミナー潜在意識シルバメソッドの体験セミナー
クイック体験セミナーの申込

\ SNSでシェアしよう! /

マインドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マインドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

silvamethod-create21

silvamethod-create21

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビジネスの苦境・逆境をチャンスに変え、成果をもたらすシンプルな3つの法則

  • ビジネスの壁ぶち当たり、窮地に立たされ時を打開する5つのブレークスルー法

  • 好きなこと、やりたいこと、自分にとって重要な事が行える2つの秘訣

  • 幸運を引き寄せる夢・抱負の作り方と実現する二つの視点

関連記事

  • 仕事や勉強中に雑念で集中できない方の為の3つの集中力アップ法

  • 仕事、勉強に集中できる方法:3つの事前準備

  • 周囲に影響されない、ブレない自分になる2つの視点と方法

  • 仕事、勉強の集中力を高める改善すべき4つのコンディション【ポイント4】

  • ゴールをイメージングして、集中力を高める

  • 仕事、勉強に超集中する仕組み「ゾーン」の入り方の4ステップ