3.自己改善面: 2010年3月アーカイブ

 本テーマは、ネガティブに考え、すぐ落ち込むという方や運が悪いと思っている方、また、自分をもっともっと磨きたいと思っている方は、参考にしてください。

次のような質問を頂きました。
「スピリチュアルカウンセラーの〇〇さんの言っていることは どう思われますか?
  苦しみも悲しみも、どんな辛い経験も魂の修行です。
  すべてはカルマなのです。というような。」

魂やカルマと聞いて拒否反応をもたれる方もいらっしゃるこでしょう。
しかし、表現を変えていえば理解されるでしょう。

さて、
「カルマ」って何に!
カルマの法則というのがあります。
 「自分の成した行為は必ず自分に返る」と言うものです。
 「因果応報」「業」などともいいます。

即ち、良い事をすれば、良い結果をもたらす。
   悪い事をすれば悪い結果をもたらす。
ということになります。

これは、つまりシルバメソッドの『マインドの法則』のことです。

ここで大事な事実!!
「苦しみ、悲しみ、辛い」と感じるのはあなたです。
 そう感じさせる「出来事」には、苦しみなさい、悲しみなさい、辛さを味わいなさいとは書かれていません。
 その出来事は"現象"にすぎない、これを、あなたがどう受けとめるのか?ということにつきます。
 それを「苦しい」「悲し」「辛い」と色をつけるのは、あなたですね。

カルマの法則により、否定的な感情は、否定的な結果をもたらします。

あるいは、表現を変えれば "マインドの法則"=
 『考えに集中すると、その考えが現実化する』といことです。
否定的な結果を望まないなら、そのことを変えるために、その現象があなたの"成長する為の信号"として現れたと理解します。
そして、その現象を前向きに捉えられる自分になるように自分を変えていくこと。
即ち、メンタルハウスクリーニング★をしていくということです。
それが、きっとあなたに望む結果をもたらします。
これを繰り返すことにより、あなたは望む自分に変わることができ、徐々に成長していくことになります。
その成長がないかぎり、あなたの望まない現象は何度でも現れてくるでしょう。
それを引き付けるのは、あなたのその「考え」だからです。
望む結果を求めるならば、ポジティブな自分になることが大切だということもうなずけるでしょう。

念のため、繰り返します。

  全て起きることは現象です。
  それを色づけているのは、
  あなたの感じ方、考え方だということです。

そして、

  苦しい悲しい辛いことは、あなたの成長への信号!

です。
成長のチャンスです。そう前向きに受けとめられる自分になれるようにメンタルハウスクリーニングしましょう。

注)メンタルハウスクリーニング★...心の大掃除:あなたの潜在意識にインプットされているネガティブな考え等を肯定的な考えで中和し、肯定的な考えにすること。

現在の生活に、たいした不満はないけれど、希望もない。
もっと色々なことをしてみたいが自分にはできそうにない...かもしれない。
人がチャレンジしているのをみると羨ましく思うが、そこまでの勇気は自分にはない。
けれど、何かしら毎日の生活に変化が欲しい...という方。
或いは、ある程度同じ状況下で生活していると、変化を求めたいと思っている方。

今日のテーマを参考にしてください。

さて、あなたはに質問します。

◆あなたは、新しい事にチャレンジするのが好きですか?
 ...チャレンジしているときは、胸が時めくという方がおります。

◆あるいは、今の居心地の良い状態に留まるの好きですか?
 ...今に満足している。または、満足してはいないが、不満ということも無い.この状態に甘んじている。

チャレンジするということは、新たな世界に踏み出し、新たな可能性を生むことです。 
慣れた居心地のよい場所に少し変化を与えることで、それまでとは違った時間や空間を過ごすことができます。
あるいは、いつもしていることを異なった角度から取組むことによって、いままでと違った発見を見出すことができます。

 世の中は絶えず変化しています。
今が居心地がよいから留まろうとしても、或いは留まっているつもりでも、自分では気がつかないうちに、確実に変化しています。
または、周りの状況により、自然と変化せざるを得ない状況にあるときもありますね。
即ち、その変化に適切に対応することが大切です。無理に留まろうとすると、変化に適応できずに、停滞し、望む自分や人生を営むチャンスを失うことに通じます。
変化を楽しみ、チャレンジし、自己成長する喜びを味わいことです。

 日々の生活にちょっと疲れている人、退屈な毎日にうんざりしている人、あなたが、少し前まで心ワクワクさせていたことは何ですか?
ハッピーで幸運な人は、わくわくすることにチャレンジします。

 チャレンジにもいろいろなチャレンジがありますが、一般的にリスクを犯すことと考えがちです。しかし、ハッピーな人にとっては、自分の毎日の生活や心の状態をより居心地よくするためのリスクは、リスクではありません。
その結果が、一時的に失敗したとしても、チャレンジしたことに意義を見出し、いずれはそれがあったからこそ、成功しつつある今があると考えるからです。

 チャレンジは、あなたに幸運を引き寄せます。チャレンジがなくなるとは、流れを淀ませ、幸運を見放すことに通じます。

チャレンジは、あなたがが決意したことを行動に移すステップを踏むことが必要です。
あなたが、もし、チャレンジ力を育てたいと考えるならば、そのコツは、

  身近なことへのチャレンジからをお勧めします。

そのアイデアのキーワードは
  『今までとどう変える』
です。

その具体的例を下記に紹介しますので、小さなチャレンジを今日から開始してください。
小さなチャレンジが積もり積もって自信になり、大きなチャレンジ力をもたらします。
是非、チャレンジしてください。

<今ままでとどう変える>
いつも同じようにやっている事を変えてみる。例えば、寝る時間、起きる時間を変える。通勤時間や通勤ルートを変える。交通手段を変える。

<挨拶を変える>
家庭や職場での朝の挨拶を変えてみる。電話の最初の言葉を変える。

<衣食住を変える>
服装を変える。昼食は、何時も食べないものを食べてみる。飲み物を変える。ヘアースタイルを変える。部屋のレイアウトを変えてみる。家の中でプチ引越し(自分の部屋を他の部屋に)をしてみる。

<新しい事を始める>
やってみたかったスポーツを始める。違うジャンルの本を読む。受けたことがないセミナーや講習会を受講する。
10人の人と名刺交換をする。

<振舞いを変える>
あこがれている誰かのように、振舞ってみる。
でも、いつだって疲れている時や落ち込んだ時は、笑顔を大切にするのは、あなたを良い方向へ導くために大切なこと。

<何時もと逆のことを行う>
箸を左手で持って食べる。電車をいつも前に乗るなら、後ろに乗る。職場に入るのが時間ぎりぎりに入る人ならば、30分前に入る。人が引き受けないことをやってみる。

<イエスという>
人からの頼まれごろは、全てイエスという。そして、やってみる。

<心で思ったことはしてみる>
疲れている時や忙しい時でも、これはやった方がよいと思ったことを素直に行ってみる。
心でやりたいと思ったことは、行う。


ここで大切なことを2つ提案します。

1.上記のことをする時に、ためらうようでしたら、変化を好まない自分の反応です。

 そのような時は、心身をリラックス★して、これからすることを言葉で宣言します。または、イメージします。
 これは、あなたの潜在意識に肯定的(あらたな)プログラムをして、あなたの否定的な反応を中和します。

 この繰り返しが、あなたのチャレンジ力を、潜在意識の力でアップさせていきます。
 そして、スムーズに実行へと移させてくれます。

 ★...シルバメソッドの卒業生は、三本指のテクニックを使ってください。

2.チャレンジ力を高めるために行った事を、毎日ノートを用意して、一つのチャレンジを一行ずつ、書き留める。
 これは、あなたが、毎日どれだけチャレンジしたかのバロメーターになります。
 これは、あなたに自信を持たせてくれます。
 そして、大きなチャレンジをするときに勇気をもたらしてくれるでしょう。

 
さあ、今日から実践してください。
チャレンジは、あなたの中に新鮮な変化、或いは何かしらの気付きや成長を促します。あなたの脳がいつまでも若々しくいられるためにも必要なことです!

...心配、不安事を取り除きたいとき、どうすればよいのか?

 

Q:次のような質問を頂きました。
 
「心配事や不安な事に意識がいって、かえって不安になってしまいます。なんとか、この不安を取り除きたい。どのようにすればよいのですか」
というご質問です。
 
 
A:
フランスの心理学者、エミールクーエは、次のようにいっています。
 
「人は同時に二つのことは考えれない。」
「その考えに集中すると、その考えは行動を起こし、それが実現する」
 
セミナーではこの言葉をマインドの法則と呼んでいます。
そして、"考えに集中すると実現する"ということを強調しています。
 
ここでは、前者の
  「人は、同時に二つのことは考えれない」ことに注目します。
 
 
不安な事や心配事を単に取り除こうとすると、かえって不安、心配を強く感じてしまいます。
 
言葉を変えていうならば、否定的な思考(イメージ)を否定しようとすると、よりその思考(イメージ)が強化され、それにあなたの意識が集中してしまいます。
そうすると、否定的思考(イメージ)が実現してしまいます。
 
「あなたは、それを望みますか?」
 
以外と悲劇の主人公が大好きな人がいます。
自分で自覚されていないから困ります。
 
望まないという方は、ポジティブ思考(イメージ)に集中できる自分に切り替えられるようになることが必須です。
 
そうすれば、不安、心配の感情に惑わされないことになります。
 
そんなことは頭ではわかっているけれど、心がそうは問屋が卸さない!のですよね。
 
そこで、ポジティブ思考(イメージ)に集中できる自分に切り替える為に、次の
手順で望む思考やイメージにフォーカスできるようにすることが一つ方法です。
 
注)フォーカス=フォーカシングと同じ意味で使っています。
   =焦点を合わせること。(物事に注意や関心を集中すること)
 
 ポジティブ思考/イメージに切り替える為の5つのポジティブ思考変換ステップ
 
【ポジティブ思考変換ステップ:1】
否定的イメージがでてくる自分を素直に受け止める 
 
 心配、不安を感じている出来事や問題をまず存在していることを、一歩下がって客観的に見て、その事実を認める。
 
【ポジティブ思考変換ステップ:2】
そこから学ぶことは何かと考える。
 
 出来事や問題から不安や心配を感じているのは、あなた自身です。
出来事や問題には、悪い、良いはありません。単なる現象が起こっているという事実です。
 
 つまり、勝手に悪い事だと決め付けているあなたがいるだけです。
ですから心配不安になってしまうのです。
 
 出来事や問題には、ポジティブ側面とネガティブ側面があります。
 何事もこの2面をもっています。
 
 そこで、学ぶということは、あなたが、その事から学び、より成長するプロセスです。
 悪い面を注目すれば、不安、心配を感じ冷静に判断できなくなってしまいます。
 
そこで、考える方向は、出来事や問題のポジティブな面は何かと考え、そのポジティブ面の事実を発見し、その事実を得ることです。
 
それが、ここでいう学ぶということです。
 
 例えば、
 問題のポジティブ面は、問題の原因を取り除けば、今後、同じ原因で、二度と問題は発生しません。ここで、より問題を作らない状態にあなた自身(または、組織)に成長します。
 
 また、問題で動揺している自分を発見したら、「問題は自分を成長させるためにチャンスをあたえてくれたんだ。問題はありがたい」と自然と反応できる自分にしてしまう。
(このことをシルバメソッドでは、メンタルハウスクリーニング(心の大掃除)と呼び、潜在意識にポジティブ思考をインプットして、自然とポジティブに思考が反応する状態にします。)
 
 このことにより、落着いて、前向きに対処できる自分に成長できることになります。
 
 
【ポジティブ思考変換ステップ:3】
望むポジティブな思考やイメージは何か。
 
ここまでくれば、望むポジティブな思考やイメージは何かがわかってきます。
 
 例えば、問題が発生してしまったら、自分の意識をすぐ切り替えられている自分「問題よ、ありがとう」と考え、問題を前向きに対処している状態です。
 
【ポジティブ思考変換ステップ:4】
そのポジティブ思考やイメージに集中する
 
 上記の思考やイメージに集中できる環境:心構えが自然と作られてきましたので、そのポジティブな思考やイメージにフォーカスして集中できます。
 楽しみ、喜びをもたらすことができます。
 
もし、ポジティブ思考にどうしても集中できない場合は、次のステップを実施してください。
 
【ポジティブ思考変換ステップ:5】
   メンタルハウスクリーニングを実施します。
 
 先ほど述べましたように、自然とポジティブ思考やイメージに集中できるようにするために、あなたの潜在意識にこの思考やイメージをプログラムします。
その方法が、シルバメソッドでは、メンタルハウスクリーニングするといいます。
 
 
建設的に生きる自分にする為に、自分を悲しめ、いじめるだけの無駄なエネルギーは使わないでください。
 
問題から学び、ポジティブな面の思考やイメージにフォーカスして、成長できる喜びに楽しめる自分になってください。それは、
 
 「人は二つの事を同時に考えられない」のだから、ポジティブ側面にフォーカスするのです。
 
 

このアーカイブについて

このページには、2010年3月以降に書かれた記事のうち3.自己改善面カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは3.自己改善面: 2010年4月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。