3.自己改善面: 2010年7月アーカイブ

私のパートナーの一人、リーサ・フローラーの"学び&気づき"を紹介します。
------------------------------------------------------------
すべてを受け入れる

シルバメソッド基礎コース、4日目にケースワーク(※注)をします。

このときに、すべてを受け入れる準備が出来ている人のほうが、すんなりワークに取り組めるようです。

すべてを受け入れるということは、大変難しいと感じられるかもしれません。

そのすべてとは、

 緊張している自分、

 ケースワークが上手くいかなかったら恥ずかしいと思う自分、

 違う相手が良かったと思っている自分、

 逃げ出したい気持ちなど、

さまざまなことを感じている自分がいることを知ることからはじめます。


 そして、次にそれにさからわないことです。

 緊張している気持ち→よし!

 恥ずかしい→よし!

 逃げ出したい気分→それもよし!

と受け入れてみましょう。

なぜか、気持ちが落ち着いてきます。

こころ、意識が広がってきます。

開き直りが大切とよく言いますが、開き直ることが出来る人は、無意識に自分を受け入れているのだと思います。

自分を受け入れたから、開き直れるのでしょう。


 ケースワークの結果がどうでようとあなたの人生が他人に影響されるわけではありません。

その時に経験するあなただけの感覚をつかむ事が大切なことなのです。


 ケースワークをたとえに出しましたが、日々の生活の中で嫌だと思うことを少しずつ、受け入れてみる、受け入れられなかったら、受け入れられない自分をよし!とし、受け入れてみるということをやってみてはいかがでしょうか? 

あなたもあなた以外の人も、今そのままで完全なのです。


(※注)ケースワークとは、4日間のコースで、最後の午後全部をつかってケースワークをします。

このケールワークは、二人で行います。

一人は、心身をリラックスして、マインドのレベルに入ります。

もう一人が、問題を出し、それについてマインドのレベルに入っている人が、答えます。

言葉を変えれば、透視をし、健康状態の問題でしたら、ヒーリングしてあげます。

このようなワークを通じて、自分にも透視ができ、ヒーリングも可能であることを実感していきます。

その中で、自分の可能性を広げていきます。

   人生には、テキストもノートも助っ人も、

   何でも持ち込めます。

     (作家 森 博嗣 氏)


持ち込めるとは、自分でゼロから考える必要はない、持ち込めるもとは持ち込み利用することだ。

多くの経験や情報や協力者が周囲にたくさんあるのだけら。

それらを活用すれば、あなたは非常に速く成長でき、物事は達成できる。


 自分一人で、なんでも考え、やろうとしている自分はいないだろうか?

それは、限られた人生を効率よく、効果的に生きる生き方ではない。

もし、一人で何事もしようと思うと、どうしても自分の限界を感じてしまう。

例えば、時間がない。能力がない。お金がない。・・・・


 そして、このような壁は、その時には高い壁のように前面に立ち塞がり、不可能のように感じてしまう。

テキスト、ノートを持ち込み、また、助け人に聞けば、いとも簡単にその限界を打ち破るヒントをうることができる可能性が大きい。

そして、これらは足し算ではなく、掛け算で働き、大きな効果をもたらす。


【ポイント1】

 あなの望む願望や目標を叶える為にも、大事な考え方は、あなたの周囲にある情報や協力者を活用すること。

それができない方は、潜在意識に「何でも自分でしなければならないという」プログラムをしっかり持っている。

そのプログラムを「すでにある情報や人の助けをおおいに活用する自分」とリプログラミングすることが、あなたの望む人生を効率的に効果的に進めることができまる。

このリプログラミングをシルバメソッドでは、メンタルハウスクリーニング(心の大掃除)と呼んでいる。


 今、述べたのは、左脳の世界=客観的世界の話です。

常日頃、意識することです。



 あなたには、もう一つの世界を持っています。

右脳の世界=主観的世界です。

あなたには、意識的には使っていない潜在意識を所有しています。


 この潜在意識は、次の3つの機能を果します。

 1.過去の経験の全てを潜在意識は、保有している。...巨大な情報の倉庫です。

 2.第三者、物体と交信ができる。...主観的コミニケーション

 3.宇宙の叡智の交信ができる。

この3つの機能は、あなたの望む情報を提供してくれる仕組みを、あなたは備えていることになる。


【ポイント2】

その潜在意識を活用することにより、

・テキスト/ノート ...情報収集

・助け人を引き寄せる。

が得れることになります。


 この客観的世界と主観的世界を両方活用する生き方ができるようにすることが、あんたに大きな可能性を得ることになる。

ただし、注意することは、両方の世界を活用することです。

相乗効果が生じます。

あなたの人生には、有効な資源が周囲に、あなた自身にたくさん持っているのです。

この資源を活用できるように意識することです。

あなたは次のような経験はありませんか。

本を読んで、「その通りだ!」と思うがそのままで行動に移せずに記憶が薄れてしまう。

学んだことを実生活に活用していない。

など。

本を読んだときは、かなり充実感を覚え、"そうだ"と刺激を受けます。

人生やビジネスの問題を解決する方法がその本にはかかれており、すぐにでも使えるノウハウを発見するかもしれません。

そして、無性にやる気が出たりもします。


しかし、ここで一つ問題があります。

それは読んでいる最中や読み終えた後、しばらくは気分が高揚していますので、書かれていることを直ぐに実行しようという気になりません。

つまり、本を読んだことで、早くも満足してしまっている。

人間は忘れる生き物です。

次から次へと新しい情報が入ってきて、古い記憶はどんどん薄れていきます。

せっかく投資した時間、また、学びを無駄にしない為にも、そして、望む自分に変わるためにも、次のことを実践することを決意してください。


それは

『直ちに実行する』ことです。

あなたが、よいと思ったことは直ちに実行することです。

ただ読んだだけでは、実際に実行し体験したことより、どうしても印象が弱いです。

せっかくいいことを知ったのに、実践する前に忘れてしまうこともよくあります。

次から次と情報洪水の中で忘れ去られることもあります。

つまり、頭で分かったことと、実行することには大きな違いがあります。

実行した場合には、あなたにたくさんの情報がをもたらされ、気づきや自信が得られ、そして可能性を広げ、実践する価値や動機がおおいにもたらされます。

そのために、望む自分になるために、学んだことは

★『直ちに実行する』★

につきます。


第一の鍵:あなたの人生を作っている主人公はあなた自身であるこの鍵を持っているのは、あなた自身です。

行動を起してものにするか、しないで忘れ去られるかを決めるのは、あなたです。

あなたが良しと感じた事を行動に起せば、あなたは確実に成長するでしょう。

それを選ぶのはあなただといことを肝に銘記してください。


さて、実行できるようにする為に、次の3つを意識して行ってください。


■結果をもたらす自分になる為の3つの行動

1.本やセミナー等から学びの目的を明確にする

  あなたは、今、○○からどのような情報や知識、方法を求めているのか?

  あなたの願望や問題は何ですか?

  その為に、どのようなことが知りたいのですか?

  これらの問いの答えを紙に明記してください。

  あなたが何を求めているのかを意識し、集中することにより吸収率が高まるとともに、求めるものや情報が得られます。

  このことは、シルバメソッドの提唱するマインドの法則からもご理解頂けるでしょう。


2.TO DO リスト="やることリスト"を作る。

  そして、その優先順位を決める。

  その中から、今やることを一つ決める。


3.今やることを直ぐ実践する。



上記のことを意識し集中することにより、結果を生みだせる自分になります。

このことは、言うのは簡単ですが、行うは簡単ではありません。

ですから、そのことを行うと決意することが大切です。


あなたは、"直ちに実行する"ことにより、確実にハッピーなダントツになる人生を歩める自分へと変わっていきます。

人生を前向きに生きていきたい人、心のゴミを処理したい人、興味がある人は、次をご覧下さい。

-------

あなたのお部屋のお掃除や身体のお手入れと同じように今回は、心のお手入れ、掃除の仕方を学びましょう。
 
心の中にたくさんのゴミがたまるといわゆるストレス状態になります。

ストレスの解消の仕方は人それぞれだと思いますが、あなたは、心のゴミとはどのようなものかご存知ですか?

毎日の生活の中で感じる、イライラ、不満、怒り、恨みなど。

あなたが嫌な気分、気持ちになったら、それはすべてゴミです。

そのゴミの処理の仕方はあなたの健康にまで影響を及ぼしてきます。

ゴミのない心を培っていく

とりあえず、どんな時、どんなことであなたは嫌な気持ちになるのか?

自分を観察してみてください。 

その次は、この嫌な気分になった時、いかに自分が嫌だとは思わないように、或いはこれは自分を磨くチャンスだと考えられるように、ものごとの捉え方を変えていけるかが重要です。

絶対に相手が悪くて私が嫌な思いをしているのに、なぜ私が変わらなきゃいけないの?と思うことがあるかもしれません。

しかし、あなたはその怒りというゴミをいつまでも抱えていたいですか? 

だとしたら、それはとても損です。

相手がどんな人であろうとあなたが良いエネルギー、心がいつもすっきりと曇りのない状態で接していると、嫌だと思うことが随分減ってきます。

相手を変えようとするより、あなたが変わる方がはるかに容易ですし、健全です。

妥協するということではありません。

本当の気持ちいいを探る

気持ちのいいエネルギーは気持ちのいいに通じるエネルギーを引き寄せます。

友人と誰かの悪口で花が咲くことが本当の気持ちの良さとは違うことがわかってきたら、あなたは本当の気持ち良さに目覚めてきた証拠。

心のゴミの処理は、あなたの表情、身体の健康、人間関係、金銭面にまで直接関わってきます。

あなたはもっともっとキレイになれるはず!
 
人生はあなたがどんな人生を送りたいかを意識することで大きく変わっていきます。

あなたは、あなたの夢を実現していますか?

その前にあなたには夢がありますか?

こうなったらいいなぁ、ああなりたいなぁ、というものでも良いのです。

「夢は実現したいけれど、私にはまず無理ですよ。だって、・・・・・・。」

という人は以外に多いものです。

謙遜して言っているのかも知れませんが、言わないほうがまだ良いです。



 ある女性は、夢を限りなく語ります。

しかし、最後に「でも、そんなことばかり言って、本当は実現しないんだけどね・・・」と。

言葉が大切なことは以前お話しました。

私たちは、いつの間にか心の中に枠や壁をつくって自分を制限してしまいます。

それは、大変もったいないことです。

私自身もいろいろなことで行き詰まりを感じたときに、私にはできないかもと思うことがあります。

でもそんなときにたよりにするのが、わたしの取って置きのノートです。


 そのノートの中には、イエスの言葉から友人が言った言葉、あるいは、あらゆる書籍の中から、自分が元気や勇気が出る!と感じた言葉を書いています。

その中で、行き詰まりを感じたときに自分を奮い立たせる言葉は、イギリスの詩人ロバート・ブラウニングが言ったつぎの言葉です。

『人は常に己の限界に挑戦すべきである。手持ちの能力の範囲内に安住していては、人生の醍醐味を味わうことはできないのだ・・・』


 ホセ・シルバが『人生は問題集のようなものだ』というように、これまで何度も問題を解決し、その度に心の壁を打ち破ったときの感動は忘れられません。

だから、もっと人生の醍醐味を味わいたいと考えるのでしょう。

その問題の中には他人からしてみればとても小さなことだけれど、自分にとってはとても大事だったことはたくさんあります。


 多くの成功者や自己実現を達成した人々をインタビューした人がいます。

危機や困難に陥ったときに最初にいった言葉はなんですか?

とその人が聞くと、彼らは不思議とほとんど同じ言葉を言ったそうです。

『なんとかなるさ』

『大丈夫、できるさ』

『とにかくやってみよう』

というもの。

けれども、どうしてもそんな風に思えないという人は、とっておきの言葉を唱えなさいとある人が教えてくれました。

それは、『これでよいのだ』です。


 あなたの人生は、あなたの口から出てくる言葉を聞いていればあなたがどのような人生を歩んでいるかわかります。

それは、あなたの口からはあなたのなかにある思考しか出てこないからです。

しかし、自分にはとてもいえそうにない言葉を、まずは言葉から発することによって、自分の夢を実現に導くことだってできるのです。

自分の輝く未来を自分で決めることができるのです。


 あなたの人生を支配しているのは、あなたの会社や上司、両親や夫、妻ではありません。

あなた自身なのです。

いかなることが起こってもあなたに解決できない問題はおきないとホセ・シルバはいいました。

そして、あなたがあなた自身と周囲のことに配慮して、真剣に考えテクニックを活用すれば、それはあなたが全く考えつかない、途方もない方向から解決策が得られるのです。


 あなたがあきらめた夢はいくつありますか?

もう一度チャレンジしたい夢、あるいは新たな夢があるなら、人生の醍醐味をさらに味わうために、その夢を見つめなおして、あせらず、休まず、じっくりと取り組んでみませんか?

あなたにはその能力が十分に備わっていることはいうまでもありません。

先ほどのロバート・ブラウニングは『私は人生を、魂の力を試す材料だと考えている』とも言っています。

私も本当にそう感じています。


 リーサ・フローラー
まずは試してみなさい

試してみなければ何も証明することはできません。

信ずる心を持って一歩を踏み出し、不可能と思えることをやってみなければならないのです。

自分を超え、自分の限界を超えて生きることを、あなたは学ばなくてはなりません。

奇跡がつぎつぎと起きるのを予期して、それが実現するのを目にしましょう。

  アイリー・キャディ


...自分を信じること。

 そして、あなたの潜在能力を信じ。

 あなたは、何らかな使命をもって、この地球上に存在しているのだと信じ。

 無限の叡智が、あなたの使命を果す為に、あなたを支え、力を貸してくれることと信じましょう。

 あなたは、誰にも変え難い存在です。

 あなたが行い、その結果に関わらず、その過程、結果は必要があって生じたのです。

 そこから学び、成長を喜ぶことです。

 何も恐れることはありません。

 なぜならば、あなたの前に生じることは、あなたの学び、成長の為に用意してあるのですから。

 自分を信じて、始めましょう。

 始めることにより、数倍、数十倍の学びと気づきが得られます。

 そして、あなたの心を豊かにしてくれます。

このアーカイブについて

このページには、2010年7月以降に書かれた記事のうち3.自己改善面カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは3.自己改善面: 2010年6月です。

次のアーカイブは3.自己改善面: 2010年8月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。