3.自己改善面: 2010年10月アーカイブ

  「どうしてあの人は、太らないの?」
と思ったことはりませんか?

・世の中、太りやすい人もいれば、どれだけ食べても太らない人もいます。
・あなたよりも多食なのに、あなたより痩せている人。
・あなたの方が運動しているはずなのに、あなたより痩せている人。
そんな人があなたの周りにいませんか?

 そう、太りやすいか、そうでないかの原因は食べる量でも運動の量でもないのです。

 では、何が違うのでしょうか?

 結論からいうとそれは、体質です。

 太りやすい体質の人は何を食べても太ってしまうし、運動してもなかなか痩せない。
逆に、太りにくい体質の人は、大して運動もしていないのに何を食べても太らない・・・。
これが事実です。

 では、その事実を知った上でどのような対処をすれば、その太りやすい体質を改善できるのか?
それについてもう少し説明しましょう。

 まず、太らない体質をつくるためには、逆に、太りやすい体質の原因を知ることが大切です。
では、その太りやすい体質の原因とは?

その原因は、"腸"にあります。

 腸というのは「栄養を吸収するのが仕事」というイメージがありますが、実はもう一つ重要な役割があります。
それは"体の体温を作ること"です。
 腸というのは24時間365日動いています。(その動きは蠕動(ぜんどう)運動といって、ミミズのような動きです。)
そして、この腸の運動が体の体温を作っているのです。
(また、筋肉も体温をあげる役割をしています)

 体温を作るとは、カロリーを消費するということ。
カロリーを消費するということは、脂肪を燃焼すること。
これが基礎代謝と呼ばれるものです。

 腸が活発に動くことによって体温が作られ、積極的にカロリーが消費されることが理想的な基礎代謝なのです。
逆に言えば、腸が活発に動いていなければ、基礎代謝が低くなってしまいます。

※1日の食物を消化するのに、どのぐらいのエネルギーが必要か?
 フルマラソンするのと同等のエネルギーが必要です。
 つまり、消化、吸収にそれだけのエネルギーが消費されることが分かっています。
 それを胃と腸で消費されるのです。

基礎代謝が悪いから、"太りやすい体質"なのです。

あなたの腸は活発に動いていますか?

 自分では分からないかもしれませんが、あなたの腸が活発に動いているかを知ることは、とても簡単です。
なぜなら、腸が活発に動いていない人には共通点があるからです。
それは「便秘」と「冷え性」です。
もし、どちらか一つでも当てはまれば、残念ながら太りやすい体質だと言えます。

 便秘になるのは、腸が動いていないからです。
そして腸が動いていないから、体温を上手く作れず冷え性になるのです。

そして、もう一つ。
「腸が活発に動いていないと、痩せられない」という理由があります。
それは、"腸が吸収しすぎてしまう"ということです。
便秘と聞くと吸収が悪い人とイメージがありますが、
実は、"吸収し過ぎてしまう"のです。
確かに栄養の吸収は極端に悪くなります。
しかし、便秘だからといって栄養失調で生きていけない、なんてことはありませんね。

人間の体はとても賢く出来ています。

栄養が吸収しづらくても生存するために、ある一つの栄養素だけは吸収するように出来ているのです。

 その栄養素は一番の太る原因である、"糖分(炭水化物)"です。

 糖分だけはどれだけ便秘で腸が弱っても、変わらず吸収するのです。
逆に言えば、どんなに体に良いものを食べても、糖分以外はほとんど吸収されていないということ。

糖分とは主に炭水化物です。
炭水化物が胃の中で分解されると、"ブドウ糖"という糖分に変わるからです。
お米やスパゲティ、麺類など、これら私たちの主食とするものは全て炭水化物です。

 結果的に、炭水化物を食べると言いことは、
砂糖をバリバリ食べているのと変わらないのです。
そして、便秘であるとは、その"炭水化物"を出来る限り吸収してしまうということ。
これでは痩せられないのも当然でしょう。

要するに、
太りやすい体質
 腸が動かない
   ⇒体温が作れないから冷え性になる
   ⇒基礎代謝が下がる
   ⇒便秘になる、便通が悪くなる
   ⇒糖分の吸収ばかりよくなってしまう
      ⇒太る 

「便秘」や「冷え性」というのは、全て"腸"が原因なのです。

そして、代謝が悪くなるばかりか、不必要に吸収し過ぎてしまうという、ダイエットには不向きな、最悪の体質になってしまうのです。

運動の量でも、食べ物でもなく、今まで必死にダイエットしても痩せられない理由は"腸"にあったということです。

もし、便秘、冷え性であるならば、是非、下記を参考にしてください。

 一般公開講座 11/6(土)
 胃腸を元気にする!イメージトレーニング実践

または、

 腸内洗浄イメージトレーニングCD 


今日は、昨日、TBS情熱大陸 「武豊復活から」※
天才ジョッキー・武豊さん...天才から学ぶ&気づき です。

 天才とは、努力できる人だとよく言われます。

 がむしゃらに努力すれば良いといことではありません。
大切なのは次の3つです。
1)どのような目標に向けて努力するのか。
2)どのような方法で努力するのか。
3)どのような考え、姿勢で努力するか。

その中で、最も、重要なのは、三番目の「どのような考え、姿勢で努力するか」です。

 あなたが望む人生に変え、成功する為に必要な要因は、
  メンタル面が8割
  ノウハウのスキル面は2割
であり、メンタル面が非常に重要です。
(詳しくは、「4日間で願望実現の能力が得られる理由」参照)

このメンタル面は、上記3番目がその一つです。


 天才ジョッキー・武豊さんの一つ考えを紹介します。

 武豊さんは、
  「他人とは比較しない。自分との比較をする」
そうです。

 人との比較をする傾向にあります。
人と比較して、前向きになるケースもありますが、多くは否定的に考えるケースが多いのではないでしょうか。
自分はダメだと自分を否定したり、卑下したりします。
その中からは、何も生まれません。

 良きライバルがいたから、ここまで成長したというスポーツ選手もいます。
ライバルから刺激され、自分を鼓舞して成長させている方です。
これが、なかなかできないのですね。
どうしても、相手をうらやんだり、または、自分を卑下してしまう。

 ネガティブに考えると思考は、建設的に考えなくなってしまい、否定的な悪循環が始まります。


 人は、主体的に選択できる存在です。
そこで、他者に焦点を置くか、自分に焦点を置くかが大切です。

 武豊さんは、自分に焦点を置き、「自分との比較」をする。
明日の自分より、今日の自分を少しでも成長させることに専念している。
これを日々、意識しているとのことです。

人は変えられませんが(その方自身が、変えるのです)、自分は自分を変えることができます。
自分に焦点を当てた生き方が、「自分との比較」です。
そして、成長に喜ぶ生き方といえます。

 明日、「自分との比較」の人生を歩む一つのヒントを提供します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※【備考】 昨日、TBS情熱大陸 武豊復活
 今年3月、阪神競馬場で騎乗していた馬がレース中に骨折、宙に投げ出された武が思い切り馬場にたたきつけられ、競馬人生初の長期休養を強いられることになった。

「天才ジョッキー・武豊さん」の姿を追うことから始まりましたが、騎乗出来ない苦悩を抱えながらも、日本競馬界を盛り上げようとある時は北海道でどさんこ馬に乗り、またある時は馬券を買ってパドック解説に挑戦していました。
潜在意識活用シルバメソッド1Dayセミナーの目的は、二つあります。
1.基礎コース(全4日間)の前2日間の最も実用的な活用頻度が高いテクニックの再プログラミングをすることです。
  シルバメソッドの心臓であるコンディショニングサイクル(=メンタルトレーニングのプログラム)のプログラム強化です。

2.参加者の個々の課題に対して、掘り下げて、どのテクニックをどのように活用するか、その方法を理解し、実際にプログラムをして解決の糸口を引き出すことです。

 その為に、1Dayセミナーは、少人数で、1日をたっぷり使ってコーティング的に行います。(勿論、フォローの一貫ですので参加費は小額です)

 さて、今回1Dayセミナーに参加された皆さんの要点をアンケート的に答えていただきましたので、今後、ご参加を希望される方、ご参加に躊躇されている方の為にご参考になろうかと思います。

◆参加前の悩みは? 
 イメージ力が弱い。どうプログラミングしてよいかあやふや。
■参加されていかがでしたか?
 なぜ?と思った事が、見えてきました。絞り込む必要を感じました。
 <榎沢佳子(仮名)>

◆参加前の悩みは?
 仕事ができないこと。物事が継続できないこと。自分には能力がないと思い込んでいたこと。
 ...<参加したキッカケ>少人数で、一人一人の課題を掘り下げて聞いてくれるので、よりよいアドバイスがいただけると思って参加しました。
 (注:この方は、2度目の参加ですが、前回は、ご本人のご都合で午前中だけのご参加でしたが、どんない進め方をするのかが分かって、自分に適している考え、今回参加されたようです)
■参加されていかがでしたか?
 今日、今までの中で、かなり頭がスッキリとした気がします。
 問題解決に前進した感覚です。
 真剣に取り組めました。
 <R.S. 女性>

◆参加前の悩みは?
 1)直感力に自身が無く、テクニックの見直しをしたかったこと。
 2)自分の体調に対する不安や治す自信がなかったこと。
■参加されていかがでしたか?
 テクニックの見直しができたこと。
 自分の抱えている問題の解決策が見えて事が有意義でした。
 <H.I. 男性>


☆1Dayセミナーは、午前10:00から午後6:00まで、しっかり行いました。
 そこでの気づきの一つは、個々の課題を掘り下げ、ご自身の課題を理解することが非常に重要であることを改めて、痛感しました。
 課題がクリアーできないときには、課題が漠然として、具体的になっていない場合があります。
このことを本人が気づいていない、あるいは、明確にすることができないことも多々あります。
そこで必要なのは、意識的に課題を明確にすることにフォーカスすることです。
その為の一つの方法は、客観的的に、視野を広げる為にも、心身をリラックスしてアルファ状態を活用することをお勧めします。
また、その為のテクニックも活用することをお勧めします。

<参考>これまでの1dayセミナーを終えて、感想、気づき

今日を楽しめ。
 自分自身の人生を忘れがたいものにするのだ
作家:ナンシー・H・クラインバウム
--------------------------------------------------------

 あなたは、今日を大切にして、楽しめていますか?

 禅宗のお寺にいくと、
 一期一会
という言葉が書かれていることに気づいたことはありませんか。
その時、その瞬間は、二度とありません。
今は、一生に一度限りです。
その時その時を大切に、真剣に生きるといことを意味しています。

 その通りだと頭では分かっているのですが!
単調な仕事、家事にいやけをさしている自分。
毎日、毎日同じ繰り返しで、飽きを感じている自分。
の時がありませんか?

 その時を、飽き飽きして停滞するか、そこから新しい発見ができるかが、その日、その日を面白くできるかどうかになります。
新しい発見できるれば、今後の人生が変わります。


 新しい発見できる自分になり、日々を楽しいものにする為に、次のことを意識してください。
単調で、毎日同じ繰り返しをして、飽きを感じたら、
あなたは、「停滞している」という信号です。
「新しい発見を怠っているぞ!」という信号でもあります。

 そのような時こそ、心身リラックスして、客観的に、かつ視野を広げて、次のように問いかけてください。
「ここから、新しい発見は、何か?」
「自分を喜ばせるために、目標は何にか?」

もし、この質問に回答が得られないようでしたら、右脳を活用しましょう。
例えば、シルバメソッドの夢のコントロールを活用して、回答を得ましょう。

そして、新しい発見できる自分を創れるようになりたいと思います。
そうすれば、日々、楽しい、刺激のもてる人生を歩め、そして、自分の人生を創造できる自分になります。 

 小学6年生のお子さんを持つ、お母さんから次のような質問を頂きました。
Q:
子供の受験のことを考えると、一生懸命になって、ついつい子供に自分の考えを押し付け、がみがみといってしまいます。
それは好ましくないと思ってますが、ついつい子供に強く言ってしまう自分がいます。
どのようにしたら、改善できますか?

A:
 お母さんの気持ちは、わかりますね。
お子さんの為にも、わが子を希望の中学校に入ってもらいたいとい思うのが親です。

 ここで、子供の能力に関しての真理を確認しましょう。

 ●子供は、自分の問題を解決する能力をもっている。

 親の役割は、その能力を引き出すように、誘導するのではなく、聞いてあげることです。
そして、それに関する情報を提供することです。
親の考えに従わせることは、その能力を発揮するチャンスを取り上げることです。

 親は、自分の考えを押し付け、子供をコントロールしようとしてはいけません。
子供の折角の成長機会を取り上げることになります。

子供をコントロールするのではなく、子供が感じている問題を一緒懸命に聞いてあげる自分になることが大切です。
一生懸命聞いてくれる親に、安心感をもち、子供のマインドを広がり、本来の能力を引き出せる状態になります。

 親として、子供のはがゆい状態でも、心を広げて、聞いてあげる自分に改善するには何をしたらよいか?
シルバメソッド流にいうならば、メンタルハウスクリーニング(心の大掃除)です。

 つまり、子供の様子を見て、ついつい自分の意見を押し付けるクセを持っているのです。
そのクセ=プログラムは、潜在意識にあります。
そのプログラムが条件反射的に、起動して、否定的な状態を作り上げるのです。
その否定的プログラムを中和し、望む状態になるプログラムをインプットすることがメンタルハウスクリーニングです。
 これができれば、無理して聞くのでなく、子供の成長を楽しみに、必ず自分の問題は自分で解決できると信じ、見もっている自分へと変えることができます。

 具体的には、シルバメソッドのテクニック:三本指のテクニックを活用です。
望む状態を、心身をリラックスして脳波をアルファ状態にして、
「三本指を合わせることにより、望む状態ができる」ことを宣言します。

 そして、その場面のときに、三本指を合わせて、リラックスして望む状態を引き出すのです。
そして、少しでも望む状態になったら成功です。

 それを繰り返し、成功体験を重ねるのです。
その過程で、自然と望む状態の姿勢が潜在意識にプログラムされ、メンタルハウスクリーニングされていきます。

 
 併行して、もう一つ実施されるとベターです。それは、明日に紹介します。

このアーカイブについて

このページには、2010年10月以降に書かれた記事のうち3.自己改善面カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは3.自己改善面: 2010年9月です。

次のアーカイブは3.自己改善面: 2010年11月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。