3.自己改善面: 2010年11月アーカイブ

<前日のつづきです>

3.2で感じたことを実際に行ってみるのです。

 すでに、イメージの世界では再体験していますので、その気持ちはより高めやすくなります。

 そして、もう一つ大事なことは、やる気がもてない、好奇心がもてないから行動しないことは、いつになってもその気持ちはもてません。

実は、やる気がないときこそ、行動することです。

そうすると、脳は、やる気を高めはじめるのです。

そのような仕組みを脳は、持っています。

ですから、やる気、好奇心がもてないから何もしないのでなく、とにかく行動することです。


上記のことだけでも、非常に好奇心の対象が気づき、可能性を広がます。

それが、引き金になって、やる気が高まってきます。


4.好奇心を高めるシンプルな考え

 「人生は、うれしいサプライズの頻度によって充実感が高まってきます」

それは、いつもやりなれていることに「小さな変化」を作るのです。

例えば、

 ・いつも歩いている道を変えてみる。

 ・仕事でしたら単調な仕事に、小さな目標決めて、それにチャレンジする。
   ...10分ぐらいてできることを、9分でこなす。

 ・関心のないことを、やってみる。

 ・友達の誘いに乗ってみる。

等などです。

 ここで大切なことは、その事に注意を向けることです。

そして、どのような体験ができたか、そのことに意味を発見する行為が大切です。

好奇心を持つといことは、心をオープンにして、日々の変化を楽しむことです。

...このことも、とにかくトライすることです。

脳は、活発に活動して、変化に喜びをもたらします。


上記の4つのことが、今でもできる簡単な方法です。

このことを1ヶ月ほど行ってきたら、人生が変わります。

そして、人生の可能性が大きく広がります。

T.M さんが参考にしていただければ、幸いです。


尚、心身のリラックスしてアルファ状態を作るためにも、自分の潜在意識を活用できる自分になるために、お勧めです。

興味をもたれてたら下記をご参照することをお勧めします。

 「潜在意識活用法 シルバメソッド」をご参照ください。


問合せ者T.Mさんから下記のような質問をいただきました。

ーーーーーーーーーー

好奇心を高めるにはどうしたらいいでしょう??

私は3年ほど前にうつになってから、あまり人と接しない生活をしてきました。

そのせいなのか最近「好奇心」がわいてきません。

漠然と何かしたい、自分で何かを作り上げてみたい、といった感情は有るのですが、あまりに漠然としすぎて何にも手が着きません。

また自己啓発の本などには何事にも好奇心をもって挑みなさいとよく書いてありますが、その好奇心の持ち方が思い出せません。

以前はそれなりにあったのですが,,,

良い方法があったらぜひ教えていただきたいです。


ーーーーーーーーーーーー

<回答>

こんにちは

好奇心を高めたいのですね。


 ビジネスや歴史上の偉人でも、抜きん出る人の共通点は、『好奇心が強い』といえます。

好奇心は、行動のもととなる"起爆剤"を言われています。

これがないと、行動できなくなります。


 好奇心が高いとは、事象にワクワク、ドキドキする気持ち、喜びを感じ方が高いといことです。

ですから、日々、ワクワクする期待感を作ることが大切であるともいえます。

子供の頃は、いつも、ワクワクしていたのではないでしょうか。

子供は、「無限の好奇心」をもって生まれてきます。

ところが、だんだん大人になってくると好奇心が徐々に低くなってきます。

何故か?

子供の無邪気で勇敢な好奇心を邪魔する「常識」「ルール」が社会に存在しているからです。

ですから、「したいこと」より「したくないこと」に左右されてくることによります。

そして、あなたの潜在意識に天使爛漫な好奇心を規制するプログラムがインプットされてしまいます。

その為に、好奇心が弱まってきます。


 それならば、この好奇心は、高めることができないのか。

勿論、できるというのが結論です。


ここでは、すぐできることで少しヒントを4つご紹介したいと思います。


1.T.Mさんは、鬱になった経験をもたれていることから、ストレスをかなりもたれているのではないでしょうか。

 そこで、疲れ、ストレスをとることが、大切です。

疲れているときには、誰でも何もやる気になりませんし、関心を持つ気力も低下します。

ストレスや疲れを取る簡単な方法の一つ。

少しでも疲れを感じた時には、心身をリラックス(脳波をアルファ状態)にします。

1日の疲れは、15分程度で取れることが医学的にわかっているそうです。

人は、疲れている時は、ネガティブに物事を考える癖があるようです。

そこで、ストレス、疲れをとることが大切であることを実感しています。


2.上記の心身リラックスしたときに、過去に楽しかったことややる気に燃えている場面を思い描き、それに浸ることをお勧めします。

 この楽しかったことややる気に燃えている場面に浸るつづけていくと、やる気ホルモン"ドーパミン"も分泌しますので、やる気が高まります。

ここで大切なことは、心身をリラックスしている中で行うことです。

あなたの潜在意識が機能して過去の思い出をどんどん思い出せ、実感し、より浸りきれる状態になります。

それが、やる気に対する潜在意識に再プラグラムすることにも通じます。

やる気は、好奇心の基になる状態です。

この繰り返しをする中で、自分がワクワクすることに気づく可能性が大です。


明日、3,4番目を紹介します。

このアーカイブについて

このページには、2010年11月以降に書かれた記事のうち3.自己改善面カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは3.自己改善面: 2010年10月です。

次のアーカイブは3.自己改善面: 2010年12月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。