3.自己改善面: 2011年6月アーカイブ

 
今日は、サッカー日本代表の長友佑都選手から学びましょう。
彼は、現在、昨年クラブ世界1位になったインテルに所属しています。

 ーーーーーーーーーーーーーーー

長友選手.JPG

 今年、世界のトップクラブのインテルに移籍した長友選手は、本来のスピーディな足を生かして攻めのプレーがまったくできず、現地メディアーに「臆病・・」等のような批判されました。


一流のクラブで一流の選手達の中でプレーするプレッシャーに負け、視野が狭くなり、臆病になり本来の攻めのサッカーできなくなってしまいました。


 しかし、彼は2日間スタメンから外された時、一流選手のプレーをしっかり観察し、気づいたのです。
インテルの一流の選手は、自分のプレーをし、余裕をもって行っていることに気づきました。


 そこで、長友選手は、

  心のトレーニングに取り組みました。

その結果、
プレーすることの幸せ、チームメートやファンに感謝の念が自然と持てるようになりました。
うまくいかない時でも、チャンスがあるのだ。
その為には、"地についた自分のプレー"をすることだ。
そのことができる強い心を持つ必要性を実感しました。
その結果、長友選手は、道がみえた!!と感じたそうです。


 このことに気づいてからの長友選手は、サッカーファンならご存知のように、本来の長友選手の足をつかったスピーディで、かかんにトライする本来のプレーができ、成長し、チームに貢献しています。
現地のマスメデアは、一転して、ほめたたえ、評価点はインテル内では最高得点つけています。
インテルには、なくてはならない存在になりつつあります。

ーーーーーーーーーーーー

 この長友選手の素晴らしい体験から、
   心のコントロールが如何に大切であるかがわかります。


 ネガティブな考えや感情をもつと、萎縮し、本来の力が発揮できません。
それが、悪循環をもたらし、ますます、できなくなっていきます。


 このことは、前日までお話しました「集中力」も同じですね。
ネガティブな感情を持つと、集中できなくなります。


 そこで、ポジティブに考えられる自分にしなければなりません。
ポジティブにものごとを考えられるようになると、
長友選手の実体験では、自然と喜びと感謝が芽生え、本来のプレーができるようになり、自分の軸がさだまり、本来の力を発揮するだけに留まらず、さらに成長していく。


 このことは、スポーツでもビジネス、人生、健康のいずれにも通ずることです。


 ポジティブに考えられる自分になれば、プラスに働き、本来の潜在能力まで協力し、プラスの結果を生み出せるようになるのです。


 そして、感謝の気持ちは、ポジティブな自分になっている証です。
素直に人の行為を受け入れ、喜びを感じられる気持ちが培わられた現れです。
 

 もし、あなたがネガティブに考える癖を持っているならば、ポジティブに考える良い癖にしなければいけません。

 
 日常的に、意識的にプラスに考えるようにすることです。


 あなたがポジティブに考える自分になる、簡単な方法を一つご紹介します。

  それは、「感謝する」ことです。


小さなことでも「ありがとう」と感じられる自分に意識することです。


 具体的には、寝る前に、今日一日を振り返り、
  よかったこと。
  嬉しかったこと。
  感謝したこと。
を3つノートに書いてください。
たったこれだけです。
間違えなく、ポジティブな自分に変わっていくことが実感されます。

 
 もし、あなたが強いネガティブな考える癖を持っているならば、シルバメソッド が言う潜在意識を活用したメンタルハウスクリーニング法 をご活用することを勧めします。


 ビジネスのピンチをチャンスにする集中力(4)

<前日のつづきです>

 今日は、集中する自分に切り替える3番目の方法を説明します。

集中力は、あなたのネガティブに考える癖に大きく影響されます。

ネガティブな考えが生じて集中できない時に、瞬間的に切り替え集中できる自分にする簡便な方法を紹介します。


■3)集中を邪魔する癖の改善


 目の前の仕事をしながら、気になることに意識がいってしまうのも自然なことです。
しかし、それでは、目の前の仕事がおろそかになり、ミスが生じやすくなります。
つまり、集中できていなことになります。


 前述、

「ビジネスに成功している方や天才は、

    ピンチをチャンスに自然に考えを変られる人達です。

そして、
    チャンスをつかむために、物事に集中できる人でもあります。

    心をポジティブにコントロールできる人です」

と述べました。


考える癖.PNG

 しかし、前々回の相談者は、目の前の仕事と、気になる事を同時に考えながら仕事をしている。
目の前の仕事がおろそかになってしまい、問題を起こしまう。

 つまり、

  気になることを同時に考える癖

を持っているからです。
また、非常に気になる問題を抱えると、そちらに意識が引き寄せられることも事実です。


 このような時でも、本来行わなければならない、考えなければならないことに集中できるように、意識を切り替えることができるようにすることが大切です。


 集中できる自分にする為の二つの方向があります。
 ・顕在意識レベルで改善する方向と
 ・潜在意識を活用して改善する方向
が考えられます。
ここでは、相談者の問題の場面を考慮して、潜在意識を活用する効果的な方法を紹介します。


 ■潜在意識を活用して、意識を瞬間に切り替える方法■

シルバメソッドでは、三本指のテクニックを活用します。


 学ばれていない方は、下記のように集中できる自分の儀式を潜在意識にインプットします。

例えば、
つぎのように潜在意識に何度も繰り返して事前にプログラムしましょう。
 「私は、大きく深呼吸して、息をゆっくり吐き続けることにより、
    心身をリラックスして、心に余裕ができ、望むことに集中できます」
等です。

 このプログラムを、静かなところで、心身をリラックスして数回、心の中で唱えてください。
脳波アルファ状態で行うことが一番効果的です。
徐々に、あなたの潜在意識にプログラムされます。
その反応が自然を生じるようになります。


 そして、集中したい場面で、プログラムした通り次のように行います。
  『大きく深呼吸して、息を静かに吐き続ける』
そうすると、心身がリラックスして、心に余裕ができ集中できる自分に切り替わります。


 このことを繰り返す中で、集中できる自分に習慣化してしまいます。

 癖は、あなたの潜在意識に形成されています。
ここで行っていることは、良い癖を潜在意識にプログラムすることにより、望む状態を自然に反応するようになります。

 ------------------------------------


 あなたの問題が生じたときピンチをチャンスに変える集中できる自分になる誰でもでき、日常的に使える簡単な3の方法

  ■1)ポジティブに考えるように意識し、習慣化する。

  ■2)疲れを取る。

  ■3)集中を邪魔する癖を改善する。


を紹介しました。


 同様な課題をお持ちの方は、是非、実践してみてください。
徐々に集中できる自分になっていることに気づかれるでしょう。


<備考>集中力に関して、更に詳しく知りたい方は、下記のホームページをご参照ください。

   簡単に集中力を高めるには!

 ビジネスのピンチを
     チャンスにする集中力(3)

<前日のつづき>

ここでいう集中力とは、目の前のやるべきことに集中できることをいいます。

例えば、大きな問題が生じても、そのことに意識を引きずられないいで、目の前の仕事に専念集中できる状態を作れる自分になることです。
その為の誰でもできる3つの方法です。


  さて、今日は集中できる状態にする為の誰でもできる3つの方法の2番目を説明します。


■2)疲れを取る。

 疲れには、肉体的な疲れと精神的疲れがあります。
そして、肉体と精神とはお互いに影響しあいます。
ですから疲れは、心身ともに取り除くことが必要です。

 一方、疲れない心身を作ることも大切です。


 疲れていると、認知能力と意志が弱まります。
適切な判断や思考の切り替える力が弱まります。
そして、一般的傾向として、物事をネガティブに考え、悪循環を引き起こし、更に疲れていきます。


 仕事が順調でないと、不安や心配等のネガティブな感情を持ち、ますます疲れ、ストレスをもってしまいます。
その結果、適切な判断ができなくなるだけでなく、ヤル気がなくなり、記憶力や集中力まで低下く、心の余裕がなくなってきます。


 ヤル気と集中力を高め、問題をチャンスに考えられる余裕を作るために、しっかり疲れを取る。
疲れの取り方は、自分が癒されることをすることです。


 ここで注意、

  「そんな余裕、時間がないよ!!」

という声が聞こそうです。
しかし、過度の疲れやストレスを持つと、いいアイデアが生まれにくく、効率ようく物事を処理できないことは誰でもわかっているはずです。


 癒すことを"どう位置づける"かが大切です。
癒す行為などをしては、
 「仕事が遅れてしまう」「逃避」
だと考えてはいけません。

 これは、あなたの大切な「仕事」と位置づけてください。
仕事ですからやらなければならないのです。
この仕事をしないことは、あなた自身が"効率を悪くて良い""アイデアは不要"と宣言しているようなものです。

 「癒すことは、あなたの仕事」です。

その為に、自分の癒される好きなことを定期的に行うのも良いでしょう。
ここでは、次の誰でもできる日常的な二つことをお勧めします。


(1)熟睡する環境を作り、質の良い自然な睡眠をとる

 疲れやストレスを取る質の良い睡眠を取るために、

睡眠時間のコアを午後12時から午前6時

にする。
睡眠.PNG

 これには、二つの理由があります。
●睡眠の始めのほう:午後12時?3時頃で深い睡眠がとれると、細胞を修復する成長ホルモンが分泌されます。

●脳内ホルモン分泌の時間帯午後11時頃からメラトニンの分泌量が増えるのに従って、体温がじょじょに下がります。
この頃が寝どき。
メラトニンはその後、夜の間分泌されて睡眠を安定させます。
部屋は、メラトニンが分泌しやすようにするために暗くします。
朝が近づくと明るさに反応して減少し、体温は上昇してくるので目覚めることができるのです。


 それ以外に質の良い睡眠を作るために、次のことに注意してください。
・夜9時以降は何も食べない(寝る3時間前)
・寝はじめを深い睡眠にする為に、
  ◎寝る前は体温を上げる(風呂等で) 
  ◎カフェイン、アルコールは減らす  
  ◎寝室の環境を整えて、副交感神経を優位にする⇒リラックス
    (枕、香り、暗くする)


(2)日常的には、仕事の隙間時間を活用して、3分でも5分でも結構ですので、
  疲れを少しでも感じたら、目を閉じて心身をリラックスし、疲れを取る。

瞑想 顔.JPG

  できたら、脳波アルファ状態になれるとより効果的です。

 医学的に1日15分のアルファ状態にすることにより、1日のストレスが開放できることがわかっています。
ここでいいたいことは、疲れをためないことです。


 ストレスや疲れを取り除くことについてお話ししました。

 もう一つ、ストレス耐性を高める。
疲れない体を作ることも大切です。
これに関しては、次の機会に触れたいと思います。


明日は、3つ目の方法を説明します。




ビジネスのピンチをチャンスにする集中力(2)

 <前日のつづき>

(相談の要約)
 ビジネスの状況が悪化してしまい、
  ・目の前の仕事に専念集中できなくなり
  ・記憶力が低下した。
  ・お客様への気配の余裕がなく、お客様に配慮がなくなった。
という悩みの相談を受けました。
どのように解決したらよいのか?
どのようなシルバメソッドのテクニックを活用したらよいのか?


■□1.主な3つの原因は何か?

 主な原因を列挙すると下記の3つが考えられます。

1)ネガティブに考え、ネガティブな感情が邪魔して集中力を低下させる。
2)疲れが適切な判断や集中力を弱める。
3)集中を邪魔する癖を持っている。


上記の三つの原因は、一言でいうならば、
  「自分の心をコントロールできていない」
ということです。
ここでいう心とは、あなたの潜在意識のことを指します。



■□2.目の前のことに集中できる自分になる3つの方法

■1)ポジティブに考えるように意識し、習慣化する

 ネガティブに考え、それに伴うネガティブな感情に邪魔され、集中できなくなってしまう。

じっと見つめる022.PNG

 このことに関して示唆を与える実話を紹介します。
以前、紹介しました「じっと見つめる」(田中範孝著)の抜粋です。

 ------------------------

悲しみは、突然やってきた。
舅は病死し、夫も癌にたおれて、52歳の若さで逝った。
自分を包む世界が色を失ったように見える。


深い悲しみに沈んでいきそうな女性を
支え励ましたのは、二人の男の子だった。
再び生きる気力を取りもどしたとき、新たな問題が起きた。


すでに、90歳を過ぎていた姑が、
軽い脳梗塞から、しだいに寝付くようになり、
痴呆の症状が表れだしたのである。

 < 略 >

女性の心に先の見えない不安が広がった。
家業の商いに、家事に、姑の世話にと、すべてが重くのしかかっていた。
「なんで、私を一人残して、先に逝ってしまたの」

 < 略 >

四季の移り変わり、じっとみることで、実にいとしく思えた。
「喜びはどんなところにもある」
そう思うと、心が穏やかになってきた。
心が穏やかになると、姑に対しても少しずつ、いとしさが増してくるのを感じた。
姑の素晴らしい点が次々と実感できるではないか。

 < 略 >

-------------------------

 さあ、何を気づきましたか。
この実話から学ぶ一つは、

「喜びはどんなところにもある」そう思うと、心が穏やかになってきた。


 ネガティブに思っている限り、心は緊張し、視野が狭くなる。
そして、解決できるものも解決できなくなります。


 ものごとには、いい面も悪い面もあります。
どちらを見るかによって、あなたの心をネガティブにもするし、ポジティブにもします。
ポジティブな面を見れば、心が広がり、あなたの潜在意識に接触でき、潜在能力を活用できるようになります。
そして、問題を解決するヒントやアイデアを引き出せる自分になります。


 人間には、いかなる動物の中で、主体的に選択する能力を唯一備えている存在です。
意識的に、プラス面を見る癖をつけることです。


 即ち、

  問題をピンチと考えるのでなく、チャンスと考え、

    その問題から「学ぶことは何か?」

           と自分に問いかけてください。



 このことは、人間にだけ与えられている権利なのです。
もし、意識しなければ、あなたの心の奥深く(=潜在意識)には、否定的な情報で満載ですので、否定的な情報が反応して、不安や心配を作ります。
冷静な自分でいられなくなります。
目の前のことに集中できなくなってしまいます。


ピンチは、チャンスをもたらすのです。
チャンスに意識を向けるのです。


 これを続けていくと、ポジティブ思考が習慣化され、問題が生じても、自然とその中の隠されているチャンスを見極めようと考えるようになります。
実に楽しくなってくるのです。


 自然にポジティブ思考が生じるようにする効果的な方法が、シルバメソッドでは、潜在意識を活用したメンタルハウスクリーニング法(心の大掃除)です。


 ビジネスに成功している人達や天才は、ピンチをチャンスだと自然に考えられる人達です。
そして、チャンスをつかむために、物事に集中できる人でもあります。
また、望む状態に心をコントロールできる人です。


明日、2,3の方法を紹介します。

 昨日、シルバメソッドの卒業生から次の相談をスカイプで受けました。

 昨年、飲食のビジネスを立ち上げ、初期の頃は順調であった。
しかし、最近、集中力が欠けてきて、注文内容が一回で頭に入らない(記憶力の低下)やお客さんに対する気配り、配慮ができなくなったと実感している。
このような時どのようなテクニックで解決することができるかという相談でした。


 この種の悩みを持つ方は、今回の相談者だけでないのではないでしょうか?
そこで、今回はこの悩みを解決するヒントをあなたと共有化する為に紹介します。

------------

 さて、この方の状況をお聞きしましたので、要約しますと。
今までは、順調であったが、今年に入って、お客さんが激減した。
それは、二つのことが影響していたのではないかたと、彼は言っていました。
・業者が入れた食材に一部問題があったこと。
・そして、今回の東北大震災の影響。
その結果、売上げが半減してしまったとのこと。


 そこで、何とか売上げ回復しなければという思いで、仕事をしている時、目の前の仕事をしながら、同時にこの状況を打開するにはどうしたらよいのかと考えこんでしまい、目の前のことがおろそかになり、集中できていない。
ということでした。


 そこで、以前のように、どのようにしたら集中できる自分になれるのか?
そして、その時に使うシルバメソッドのテクニック(プログラム)は、何かという質問でした。

-------------

 ビジネスとは限らず、人生上でも大きな問題が生じれば、その問題に意識がいって目の前のことに集中できないという事は、誰でもありうることです。


 特に、大きな問題が生じたとき、それをネガティブに考えはじめると不安、心配や恐怖感が高まり、目の前の仕事が手に付かない、上の空になることがあります。
この状態は、自分が望むことに意識をコントロールできていない状態です。


 上記の相談者は、実は業績が悪化したことに対して、今は、不安、心配とう感情はあまり感じない。
どちらかとうと悲観的に考えないポジティブなタイプなんだと、本人がいっていました。


 疲れはないのかと確認しましたら、1日中、立ち仕事をしているので、身体が非常に疲れる。


 ポジティブに前向きに考えられることは大きな救いです。
相談者の問題は、今、集中することに思考を切り替えることができないことです。
それが、集中できていないという表現になるようです。


 ここでは、自分が望む状態に、思考が切り替えられれば、以前のように集中でき、記憶やお客にたいしての気配りもできることになります。
このことができれば、彼の場合には、ポジティブに考えるので潜在能力を発揮できやすい。
そして、ビジネスのピンチをチャンスに変える知恵や発想できる可能性が大です。

ピンチはチャンス.jpg

 尚、一般的には、このような問題の状況では、不安や心配の強い感情をもち、その感情が強ければ、意識はそのネガティブな感情に引かれて集中できなくなります。
そして、ネガティブな感情は、ヤル気をなくし、身体さえ"けだるく"してしまいます。
そして、なおさら集中力が落ちてしまいます。


 このようなネガティブな状況のときにでも、望む状態にコントロールでき、専念集中できる自分になれば、ビジネスは必ず改善、改良され成功へ向かっていきます。


 あなたの今、集中力は如何ですか?


もし、以前は集中力があったが、最近は落ちたなと思われているならば、同様の方向で集中力を高めることができます。


 明日は、集中力を高める簡便な方法を紹介します。



 東日本大震災を契機に、ビジネスや私たち家庭にさまざま影響が及んでいます。

東日本大震災の関連破綻が145件に達し、阪神・淡路大震災での倒産件数をわずか 3カ月弱で突破してしまいました。


 私の友人の会社も、苦境に立たされていると昨日聞かされました。
その時、以前、「徹子の部屋」にゲストとしてでていた加山雄三さんの話を思い出されました。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 20代人気絶頂の時、実力もない自分が親の七光りでスター扱いされる状況に不安の日々。

棒の上.PNG
 彼は細くて高い棒の上に立ち、いつ倒れるかとおびえていた。


 そんなある日、叔父と買ったホテルが倒産し10億の負債をかかえた。
彼は"倒れた!"と思った。


 しかし、その後、死に物狂いで働き十数年かけて返済した。
彼は、いいことも悪いことも全部自分の思い通りになってきた。

だから、70代の今、
  「人は心のもちようで、やりたいことは何でもできると確信している」
という。

 ――――――――――――――――――――――――――――

 あなたの思いが現実を作っている。
大切なことは運命のなすがままになっているわけではないということ。
それに気がつけば、あなたは変わります。


 どんな苦境に立たされても、そこにはそれ以上の報酬をもたらせるのです。
そして、私たちには、問題を克服する潜在能力を保有しているのです。


 しかし、左脳的な知識と思考だけでは今の自分を乗り越えるのはかなり難しいでしょう。  
それは学校では教えてくれない、右脳、直感、潜在能力の使い方を知ることが重要です。
通常の教育は、左脳偏重の教育で、右脳を活用することを教えていません。
しかし、人間の本来の能力は、右脳と左脳の両方を活用することにより、力を最大限に発揮できます。


 ビジネスに成功している人や、天才として偉業を成し遂げた人達の共通していることは何か?
それは、右脳を活用(=潜在意識を活用)、直感を信じ、潜在能力を発揮してきた人たちです。
そして、ポジティブに考えて(=潜在意識がポジティブに反応する)、チャンスをものにしてきた人たちです。


 その能力を活用する基本は、心身のリラックスし、潜在意識を活用できる方法を身にてつけることです。
このことは、誰でもできることです。(★注)
ただ、そのやり方を知らないだけです。


 あなたのこれからの人生には、良いことも悪いことも生じるでしょう。
それが人生です。
そして、そのことにより成長していくのです。
そこで、より効率よく「学ぶ」為にも、潜在意識を活用できるようになることです。


 そして、もう一つ大切なことは、
心の思いを変えれば、未来は変わる。
あなたは自分の人生の舵取りを自分がしていることに気がつくでしょう。
それは、一言、自分自身の深い心(=潜在意識)をコントロールできるスキルを持つことです。


 あなたの未来は変えられます。
その為に、ポジティブに考え、本来の潜在能力を活用できるようにすることです。


(注★)...「心身のリラックスし、潜在意識を活用できる方 法」は、シルバメソッドは約半世紀(50年)の研究から、たった4日間で潜在意識を活用できるようにし、課題や願望実現するテクニックを習得できることを 110カ国のの1400万人のシルバメソッドの受講生が実証しています。
 昨日、日テレ 「金プラ!!ネプ&イモト世界番付」という番組で、さまざまな国の人を対象にTV局が調査をして世界一はどこの国か? という番付を発表していました。


 例えば、世界一占いを信じる国とか世界一強盗が多い国、世界一浮気しない国など。
主にベスト3を発表していました。


 あまりにも意外だったのが、世界一怒らない国の番付で日本はもちろん上位に入っていましたが、
なんと一位はインドネシアだったのです。


 インドネシアの大人に、普通だったら怒るでしょう
というようなドッキリを仕掛けました。


 それは、インドネシアのカキ氷店にカキ氷を食べに来た人に、カキ氷の中に非常に辛?いものを入れておき、店の女の子が知らんふりして出すのです。
カキ氷.JPG

 結果は、細かい数字は覚えてないのですが、約90%強の人が、「うっ?辛い辛い!とっても辛い!」とつらそうな顔して叫ぶだけで怒らないのです。


 そこで、なぜ怒らないのですか? とインドネシアの人に取材したところ、インドネシアは昔から、大人は子供に"怒らない"ようにと教えているのだそうです。
少しくらいのことで怒って問題を大きくするよりも、怒らないで問題にしないほうが良いという考え方が、根付いているのだそうです。


 取材された人たちは、一様に親の夫婦喧嘩も近所喧嘩もほとんど見たことがないというのです。
親は子供に模範を示しているので、それを見て育った子供たちも、親のように、そういう怒らない性格になるのでしょう。
子供のときの環境は大きくその子に影響してきますから。
もしかすると、怒り方を知らないのかも知れませんね。^^
なんとも穏やかなお国で素晴らしい!


 さて、この事実は、私たちに大きな気づきを与えてくれます。

 子供の年代は、脳波でいうと主にアルファ波、またはセータ波で機能しています。
この脳波は、最もエネルギーが高く、潜在意識に直結している脳波です。
ですから、子供に怒ってはいけないという教えや親達の振舞いが、しっかり潜在意識にプログラム(=記憶)されていきます。
それが、子供たちの潜在意識の中にプログラムされているので、大人になっても怒らないという記憶が反応して、怒らない行動をするのです。


 このことから、主に次のことが言えます。

●人格形成のために子供の時期は非常に重要な時期であるということ。

●大人も、心身をリラックスして脳波をアルファ波優位状態にすれば、望む性格や考え方、ものごとの捉え方(プラス思考)を潜在意識に効率よくプログラムすることができます。
ゆえに変えられないと思っている性格もこのような仕組みを利用すれば、望む自分に変ることができるといえます。

 ⇒アルファ波状態を活用することで、効率よく望むセルフイメージを作ることができる。

 ⇒効率よく成功できる自分に変わることができる。

インドネシアの事実は、上記のことが可能であることを物語っているものです。


<備考>
印...シルバメソッド では、潜在意識を活用したメンタルハウスクリーニング(心の大掃除) と呼んでいます。

    幸せをつかむ遺伝子をONにする3つのコツ!?(2)

 昨日は、あなたが成功や幸せの人生を歩めるようにする為に遺伝子に働きかけ、影響を与える為の3つのコツの1番目、「高い志」 を紹介しました。


 今日は、2,3番目を説明します。


■2.プラス思考

 あなたは、ビジネスや人生上で大きな問題が起こしたとき、どのように思いますか?


 普通は、「大変だ」と思い、冷静な自分を保てず、おろおろしてしまいます。
そのような状態は、その問題を冷静に客観的に見て、分析して、対処できにくくなります。
即ち、問題は、解決しにくくなってしまいます。


 そのような時でも、動じない冷静に考えられる自分であるならば、より問題は解決し易いといえます。
そのように心をコントロールできる自分になることです。


 潜在能力開発法シルバメソッド の開発者ホセ・シルバ博士は、

   「人生は問題集のようなものだ」

と50数年の体験と研究から断言しています。


 即ち、あなたは、やっかいな問題、面倒な問題を解決していく中で、成長し成功を積み重ねていくのです。
ですから、問題は"ありがたい"ことなのです。
問題は、あなたが成長する為に、用意されているのです。


 このように問題をプラスに考えられれば、冷静に対処できます。


 人は、物事が順調に運んでいる時は、プラスに考えることができますが、思わしくない時には、どうしてもマイナスに考えてしまいます。


 ここでいるプラス思考とは、問題が起きたときでも、物事が思わしくないときでもプラスに考えられる自分をいいます。
その思考は、あなたの潜在意識に形成されたプラスのプログラムが、そのように自然と反応できるようにすることです。


 今日、このようなメッセージをいただきました。

「今、◎◎を目指して就活中です。
 今月いっぱいで辞め、活動に入りましたが、元気でいるようでも、
 なかなか決まらず、時折心が折れそうにもなります」

 この気持ちは、わかります。
不安や心配、恐怖感を感じているのですね。


 しかし、先ほど言いましたように、その問題は、その方が成長するために必要だったから生じたのです。
今日、メッセージを頂いた方、この機会はありがたいと思い、チャレンジしてください。
一回り大きな人間へ成長していきます。

 また、ホセ・シルバ博士は、次のようにも言っています。

   「問題は解決できない問題は、あなたに生じない」

といっています。
必ず、解決するのです。
そして、人は成長するのです。

jin.JPG  ところで、あなたはテレビドラマ「JIN」を見ていますか。
私は、昨年から欠かさず見ています。
その中の一シーンに、主人公の仁が次のような台詞を言います。

 「天は、解決できない試練は、われに与えない」

そうです、解決できる試練を与え、更に成長していくのです。


 何故、解決できるのか?
あなたには、問題を解決する潜在能力を持っています。
その為には、プラスに考えられることが不可欠です。
プラスに考えることは、心がリラックスし、心が開き、あなたの潜在意識に直結するレベルになります。
あなたの潜在意識の3つの機能を活用できるようになります。
その結果、あなたは、問題を解決するアイデアや解決方法、関連する情報がインスピレーションとして得られるようになります。
ですから、あなたの生じる問題は、効率ようく解決できるのです。



■3.感謝

 前々回、「生き物が生まれる確率は、一億円の宝くじに百万回連続で当たったのと同じくらいすごいことだとある学者はいいます。
あなたがこの世に生まれてきただけでも、この自然界では大変な偉業を成し遂げたことになる、そう考えるとあなたはかけがえの無い貴重な存在なんだ」と説明しました。


 そして、あなたは、過去、現在においても、楽しい、つらいと感じる事があるでしょう。
しかし、前述しましたように、全てのことは、あなたに必要があって起きるのです。
あなたは、やっかいな問題、面倒な問題を解決していく中で、成長し成功を積み重ねていくのです。
ですから、良い、悪いと思われる事が全て、あなたの成長の為に、用意されているのだと考えると、全ての出来事に「ありがとう」と感謝することができます。


 この感謝の「ありがとう」が、心から言えるようになれれば、あなたはプラス思考者です。


 そのように考えて人生を送ることにより、あなたの人生の目的に添った遺伝子がONまたはOFFになり、より高い知性の支援を感じられるようになるのです。
また、あなたのまだ発揮されていない能力の遺伝子がONになって、あなたの潜在能力を引き出し、あなたの可能性を広げてくれるのです。


<備考>

●プラス思考...潜在意識のプログラムをプラスにする効果的、効率的な方法がシルバメソッドでは、潜在意識を活用したメンタルハウスクリーニング(心の大掃除)といいます。


◆遺伝子をONにする瞑想CDを創りました。
ご関心あるかたは、参考まで下記をご参照ください。

   あなたをONに導く瞑想CD


 あなたは、自分をどのような存在と位置づけているでしょうか?

 この自分をどのように評価しているかで、あなたの価値を、あんたが決めてしまっているといっても過言ではあります。
あなたの価値は、人が決めるのではなく、自分が決めているのです。
別な言葉でいるならば、あなたのセルフ・イメージがあなたの評価をしています。
セルフイメージが、今現在の価値といえます。


 セルフ・イメージとは、私はこういう人間だと思っているイメージです。
そのイメージは、あなたの潜在意識に形成されています。


 例えば、何かに失敗したり、思うようにいかなかったり、また、人から強く非難、否定されると、大抵、自分の無力さや、自分の不甲斐なさで、自分を卑下して、落ち込みます。
そして、自分を低く評価するようになっていきます。
前日、触れましたがように、自分の価値を低く色に染めているのは自分です。
その結果、自分はだめな人間だとセルフ・イメージを形成してしまいます。


 だめな人間でしょうか。
 自分は無力なのでしょうか。

 勿論、それは間違っています。


 人間は、素晴らしい存在です。
そして、他の方と比較されない、唯一の尊い存在です。


 人間が生まれる確率は、どのくらいだと思いますか?
学者によれば、あなたがこの世に存在する確率は
一億円の宝くじに百万回連続で当たったのと同じくらいすごいことだそうです。


 あなたがこの世に生まれてきただけでも、この自然界では大変な偉業を成し遂げたことになる、そう考えるとあなたはかけがえの無い貴重な存在といえます。


 また、遺伝子という観点でみると、

遺伝子2.JPG 人間は、膨大な数(体重×1兆)の細胞から構成されています。
その一つ一つの細胞の核にある遺伝子には、約30億もの膨大な量の情報が入っています。
この遺伝子が様々な働きを決めています。
これは、生まれつき遺伝子で決まっているという意味ではありません。


 昔から、病は気からと言いますが、あなたの心のもち方一つで、人間は健康を損ねたり、また、病気に打ち勝ったりする・・・。
その人の考え方が心にも身体にも影響を与えるということです。
身体に影響を与えるということは、もちろん遺伝子の働きにも影響を与えるということです。
また、病気だけではなく、幸せをつかむ生き方ができるかどうかも、その遺伝子の働きをONにすることによってなしえると考える学者もいます。


 あなたの1つの細胞には、約30億もの情報を蓄えた遺伝子が存在します。
その内、実際に働いている遺伝子は5%から10%程度で、残りの遺伝子はOFFの状態です。
故にその働いていない遺伝子をONにすることによって、
あるいは、働かないでほしい遺伝子をOFFにすることによって、
あなたが、自然の摂理に反しない限り、あなたの願望はほとんど叶うということが考えられます。


 俗にいう天才や成功者は、結果上、望む遺伝子をONにしてきた人達だといえます。
例 ベートーベンは、耳が聞こえないにも関わらず、数々の素晴らしい名曲を残した。


 遺伝子を望む方向にONにするには、あなたの高いセルフ・イメージを持つことが一つは非常に大事であることが推察されます。


 以上の側面から見ても、あなたはかけがえのない存在で、素晴らしい存在です。

 その本来の姿にするのは、あなたの考え一つであるともいえます。
もし、自分を卑下するようなことがあったら、あなたにとって必要な遺伝子をOFFにし、本来の力が発揮できなくしてしまうことになります。


 遺伝子をONにするために、あなたの存在は変えがたい存在で、素晴らしい存在であることという認識、いや信念を持つことが非常に大切です。

 前日の郷ひろみさんの一言。

  カバー曲を完全にコピーする。
  中他半端であれば、それはコピーにすぎない。
  完全にコピーすると、何故かオリジナルが生まれる。

この言葉から、あなたは何か気づきが得られましたか?


 今日は、昨日の続きです。
番組を通じて郷ひろみさんの言葉で、もう一つ強烈に実感した言葉です。

 一言でいうならば、なんとポジティブ! だといことです。

 郷さんの35歳頃の三部作誕生の秘話
      「僕がどうなに君が好きか君は知らない。他2曲」

---------------------------------------------------------
 15歳でデビューして35歳になった時、
ネガティブに考えれば、20年もたって35歳では、アイドルとして通用しない年齢だ。
これからどうしよう。
アイドルとしては続けられないと考えてしまうものです。

 しかし、郷さんは、赤ちゃんが誕生して、20歳。
これからは前途洋洋。

人生はこれからだという年齢。
ぼくも、20年たって成人したのだという気持ちに切り替わった時。
この三部作に出会った。
----------------------------------------------------------

 この話を聞いて、家内が一言「なんてポジティブなの!!」

 そうですね。
すばらしい意識改革を郷さんはされたという実感をもちました。
このようにポジティブに考えれば、日々楽しくなり、これから出会うことが楽しみになりますね。

ハッピー2.JPG
 それだけではありません。
ポジティブな意識になったときには、そのポジティブな結果をあなたの潜在意識は引き寄せます。

その事が、あたかも幸運のように思えるでしょう。
しかし、これは必然です。

 ポジティブであれば、その結果もポジティブに。

 ネガティブであれば、その結果もネガティブに。
このことは、潜在意識の引き寄せる力を知り、実感している方は、十分体験していることです。


 一般的に、ポジティブに考えなければと思うけれど、何か問題が生じるとネガティブに悲観的に考えてしまいます。
順調にいっている時は、誰でもポジティブに考えられます。

 大切なのは、順調でない時でも、
        ポジティブに考えられる自分になれることです。


 即ち、ポジティブな自分ということは、単に頭の中で意識している状態ではなく、あなたの潜在意識 に『問題は良いことだ』とポジティブにプログラムされていることです。
それが、不調な時でも、自然と反応して、問題を冷静に見て分析し、そこから学び、成長していける自分になるのです。


 そのようなポジティブになれる自分にするにいは、どのようにしたら良いか?
最も効果的で効率的な方法は、心身リラックスして脳波をアルファ状態にして、自分がなりたい状態をインプットすることです。

 インプットの方法は、色々なテクニックがあります。
言葉で、イメージで、その他。
このことをシルバメソッド では、メンタルハウスクリーニング(心の大掃除) と呼んでいます。

 この世の中には、良い悪いはないのです。
単に、現象があるだけです。
それに色をつけるのがあなたの思考(=潜在意識のプログラム)です。
その色をポジティブにすれば、あなたの人生は期待するように運びはじめます。
非常にシンプルですね。

 郷さんは、それを実践している人かもしれませんね!!


 【歴史上の発見者から学び、その視点を潜在意識を活用して強化する】

 現代の科学的大発見の一つに、
「生物の遺伝情報を伝える生体物質―DNAの二重らせん構造の発見」があります。

DNA.JPG この発見から50年という節目に、
発見者ジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックが、他の並みいる一流科学者に先駆けてDNAの構造を明らかにするという快挙を成し遂げることができたのか、その経緯を掘り下げる為に、発見者の一人のワトソンがインタビューに答えています。

 ワトソンは、そのインタビューの中で、この発見を可能にした要因をいくつか挙げました。
どの理由もそれほど意外なものではなかたのですが、一つだけ成功理由として驚くようなことを付け加えたのです。
「DNAのコードを解読できた一番の理由は、この問題を追究していた科学者のなかで我々はそれほど優秀ではなかったからだというのです。

 その意味するところは、彼ら自身が優秀でないという自覚をもっていたので、視野を広げるためにも、人のアドバイスを求め、そして耳を傾けた。
それらにより思考を刺激し、アイデア発想を高めることに努めたことによるものであるということです。

 優秀な科学者は、自分が全ての人より優秀だと思いこみ、人にアドバイスなどは求めない傾向にあるといことです。
そして、視野を狭めてしまうのだということです。


■人生やビジネスでも同じ

 このことは、歴史的発見だけの話しではなく、我々の人生やビジネスにおいても同様なことをいえるのではないでしょうか。

 視野を広げ、色々な気づきをもたらすために、
素直な気持ちで、先入観を排除して、人の意見やアドバイスに耳を傾ける。
その情報を刺激として発想していく姿勢が大切です。

 しかし、このことを、単に頭の中で注意しても、その状態はなかなか作れないものです。
いつもの癖がでてしまいます。


■脳波のレベルを借りる

 そこで、上記の姿勢をもてるようにするために、脳波レベルの力を借りことをお勧めします。
そして、そのレベルは、あなたに今以上の情報力と発想力をもたらします。
それは、少しのトレーニングが必要ですが、誰でもできることです。

 通常、私たちの日常生活は、脳波は主にベーター波で機能しています。
この状態は、実は物事を見る視野が狭く、直線的に考えてしまう癖があります。

 そこで、視野を広げるという視点で、心身をリラックスして脳波をアルファ波状態(瞑想レベル)にすることにより、素直に見られ、視野が広がっていきます。

 そして、更に、このレベルを積極的に活用する為に、自分の心(=潜在意識)に問いかえる★ということをすることにより、驚異的に情報力や発想力が高まり、より適切の判断をすることがでるようになります。
丁度、あなたの心の奥深いところに、あなたに力を貸してくれる優れものいて、それと対話する中で、ユニークなアイデア発想したり、情報を得ているようなものです。


 大切な事を判断し、結論ずける時等は、このレベルを活用することをお勧めします。

 このレベルは別名、子供のレベル、天才のレベルといわれ、最も脳のエネルギーが高いレベルです。

 しかし、疲れている時には、アルファ状態になるとは眠りについてしまいますので、少しのトレーニングが必要となります。


<備考>★...心に問いかえる方法として、シルバメソッドでは、3つのテクニックを活用します。

 昨日、日本テレビで

「本当のエコを考える地球旅行 ?明日へのチカラ? 」

午後9:00から放映していましたが、ご覧になりましたでしょうか。

前日、前々日のブログのテーマ「幸せ/生きがい」に非常に関係した内容のテレビでした。

幸せとは何かを考えさせられました。



 4つの事例が紹介されていました。

・徹底したリサイクル精神!驚異の国を挙げてのエコ・キューバ国

・ヨーロッパ1美しい村オーストリアの「レッヒ」...自然を守り、共生する人々、近代都市と自然との融合

・「日本の秘宝」小笠原諸島の"生態系を守る"男の挑戦!

そして、

・世界一幸せな王国!ブータン ... 経済大国への成長よりも、自然との共生を選んだ小国・ブータン。

 独自の指標「幸せ指数」によると国民の97%が幸せと答える、心豊かな暮らしを重んじる国です。


 ブータンは物質的には豊かだと思えませんが、国民は幸せだと答えます。

 ナビゲーターの役の嵐の相葉雅紀さんのがブータン国の首相に質問しました。

首相の回答の中の二つのことが私の心に響きました。



一つは、「エコ」は自然を大切にすること。

 ⇒それは、自然を大切にする根底は、人間と自然の共生です。
   
   ⇒といことは、人間は、大自然に生かされているのです。
自然.JPG

 例えば、酸素を吸収して人間は生きられる。

 この当たり前のことが、大自然の営み。

 人間が吐き出す二酸化炭素を植物が吸収して、光合成により、つまり、太陽の光の力をかりて二酸化炭素から、酸素を作る。

そして、人間は、その酸素を体内に取り入れる。

このような循環が大自然の仕組みです。

しかし、人間は、欲の為に森林を伐採等から自然のバランスを乱し、地球上では二酸化炭素が増加し、自然環境が乱れています。


 ブータンでは、エコ国家として、自然のバランスを取り戻すことを積極的に推進しているのです。

エコは、単なる無駄をなくすだけでなく、地球を守り、大自然と共生する道のりだといことを改めて感じました。

そして、人間は、大自然の仕組みの中で"生かされている"のです。

全てのモノと生物、動物、そして人間のバランスが保たれることにより、人間は生存できるのです。

大自然の仕組みの中で生かされていることに、感謝の気持ちを持ちます。


 二つ目は、「喜びはその時、瞬間だけ、しかし、幸せは継続的に感じる感情

 ...確かに、幸せは、永続的な感情です。

 幸せは、生きがいを感じ、使命感をもって人生を歩む中で日々感じる感情ではないでしょうか。

幸せは、国レベルでは、国内総生産(GDP)では測れません。

ブータンでは、この生産性指標を変えて、国民総幸福量(GNH)を大切にしています。

即ち、大自然の営み、仕組みの中に生き、生かされている喜び、感謝の気持ちで、前向きに大自然を守る使命に持てている。

それをエコという表現を使っているように思えます。


 しかし、人間は特別な存在です。

人間は、生物や動物にはない、将来を考え、知恵を絞って、環境を改善、改良できる存在です。

その為に潜在能力を備えられた存在です。

だから、万物の霊長といわれる所以です。

そして、人の幸せの環境を作る使命を持って存在しているのです。

人間は、健全で健康に創られ、大きな使命をもっているのです。


追伸:

 人間は、健全で健康に創られているのに、

 健康を害し、心が病んでいる人が多いのは何故でしょうか。

 このことに意味あることなのではないでしょうか?

 このことに関しては、機会を見てお話したいと思います。

 



     <昨日の続きです>

 あなたは、自分が歩んできた道に悔いがないと思えますか?
もし、そう思えるようだったら「生きがいある人生」を歩んでいるといえます。

 多くの方は、そう言えないのではないでしょうか。
もし、そうであっても焦る必要はありません。
求めれば、必ずそれは引き寄せられるからです。

 
 人生を歩んでいくにつれて「生きがい」という言葉は次第に重みを増していきます。
自分にとって、意味ある人生なのか。
生きがいある人生を歩めれば、きっとワクワク、生き生きし喜びと感動に満ちた生き方になているでしょう。
そのような人生を歩めたら最高ですね。

生きがいある人生は、昨日述べた幸せな人生です。
幸せは、あなたの心が感じ取るのです。
ですから、生きがいもあなたの奥深い心(潜在意識)が感じるのです。

 生きがいある人生を発見するにはどうしたらよいか?

 今日は、一つのヒントを偉人から学びましょう。


 誰でもご存知の1952年にノーベル平和賞を受賞した「密林の聖者」と呼ばれたアルベルト・シュバイツァー博士から学びましょう。

アルベルト・シュバイツァー.JPG

 博士は、実は医師になる前は、すぐれたパイプオルガン奏者として注目されていました。18世紀の大作曲家バッハの研究家としても知られ、また神学者としても一流の評価を受けていました。
 ところが、演奏家、研究者、学者として尊敬され、将来を嘱望されていた博士は、全てを投げ捨てて、30歳の時に医師になる道を選び、アフリカの地で、生涯を現地の人たちのための医療活動に捧げたのです。

 その切欠になったのが、21歳の時、朝、目を覚まし、何気なく窓の外に目をやった彼は、鮮やかな木々の緑を目にし、小鳥のさえずる声を聴きながら、自分がたとえようもない至福感に包まれのを感じました。そう感じる瞬間、彼の脳裏には稲妻のようにひとつの考えが閃いたのです。「ほかの人に幸福感を与える人間になるべきだ」と。

 偶然、アフリカのガボン共和国の僻地で、マラリアや結核など多くの伝染病が蔓延し、人々が苦しんでいることを知り、即座に
「自分は医者になってアフリカに行かなければならない」と思い、決意しました。
彼は、すぐに医学大学に入学し、38歳で医師の資格を取得し、決意通りアフリカの現地の人々を治療にあたったのです。
50年間現地の人々に医療奉仕をしつづけたのです。

 この博士の事例は、21歳の時に自分の「生きがい」を見つけたのです。それも偶然。
その生きがいに捧げるために、新たな挑戦を恐れずに、決断する勇気をもつことの大切さを教えてくれます。



 あなたの生きがいは、何か?

 今、見極められてない方が多いでしょう。
しかし、あなたの心の奥には、それを知り、それに関連し、近づいた時に共振するがごとく気づかせてくれるのです。

 ですから、常日頃、新たな気持ちで、素直に接することが大切であるといえます。
また、機会があれば、子供のように色々なものに好奇心をもって触れることです。

 心の響きを感じられる自分になる為のお勧めは、心身をリラックスすることを毎日経験することです。
心身をリラックスすることにより、子供のレベルまたは天才のレベルと言われる脳波アルファ状態に入ります。
この繰り返しにより、敏感に素直に感じられる自分になっていくのです。
即ち、鋭い直観力が身につけられます。

 シュバイツァー博士のように、自分の「生きがい」を発見し、長い時間をかけ、回り道をしながらも自分の「生きがい」にたどり着く場合もあるのです。
ですから、あせらず、その時その時を大切にする心構えで生きることが大切だといえます。

もし、自分の生きがいを感じる生き方を感じた時、次のことを自問してみてください。

・自分の生存は、何かのため、または誰かのために必要ですか?
・自分の固有の生きて行く目標は何か。
        あるとすれば、それに忠実に生きているか?
・今のあなたの人生は生きるのに値するものであるか?

このなかで一つでも、確信を持って「はい」と言えるのなら、あなたは、あなたの生きがいを発見したのかもしれません。

 しかし、今、そう感じられなくても、上記述べた心構えで日々を過ごすことが大切です。
生きがいを求めれば、いずれそれに気づくことができます。


twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする  


◆twitterを始めました。 情報&ヒントをつぶやいています。
フォローしましょう
 東日本の大震災。
いままでの当たりまえの生活が、当たり前でなくなった被災者の皆さん。
その支援されているボランティアとして参加されたる方々、被災者の方を支援する光景の中に小さな幸せを瞬間感じ、感動を覚えました。

 幸せって何なのか?

 幸せは、とらえどころのない、人類の永遠のテーマです。
この幸せというのは、どうやって測るのか?
女性積極的.JPG

『今、世界各国で、国民の"幸福度"を測る新しい指標づくりが進んでいる。
背景にあるのは、これまで社会の豊かさを測る基準とされてきたGDPなど経済指標の行き詰まり。
所得上昇と幸せが結びつかない、地球環境などの持続可能性がない(成長の限界)などが明らかになり、社会の進歩を何で測っていくのかが改めて問われているのだ。』
 (NHK:クローズアップ現代から引用)

 今、幸せて何なのか、考える機会を与えてくれたように思えます。

 アメリカ流の幸せは、自己実現と誇り、豊かなモノを幸せの尺度としてきた。
一方、GDPが161位であるブータンは、伝統文化による素朴な生活を大切にして、環境維持と作りをし、幸せを感じながら生きている。
今回の震災を通じて、家族と友人との結びつきに共感を感じ幸せを瞬間もたされている。
そこには、人の価値観が大きく影響しているように思えます。

 結論的には、幸せを一つに定義づけることはできません。

 しかし、言えることは、幸せを感じるのは、あなたの「心」です。
モノや環境ではないことは事実です。
その心は、あなたの奥深い心、即ち潜在意識に形成された価値観、セルフイメージです。

 しかも、人間には共通しているものがあるように思えます。
至高の喜びを感じる時があります。
それは、自分の事で叶った時ではなく、人のことで叶った時です。
「人のために」なのです。
人間は、どうもそのように「人のために」働くことに喜びを感じ、環境を改善する方向に"深い心"に仕組まれているとしかいいようがありません。
それが、「人生の目的」です。
あなたは、あなたの役割があります。
その役割の中で「人の為に」に良い環境、関係を作ることであるといことです。
あなたの奥深い心が幸せを感じ、幸せが湧きあがり、実感するのです。

 幸せは、ものではなく、心が感じるのです。
どんなに悪環境でも、幸せを感じ、生きがいを感じて生きている方がおります。
一方、裕福な環境(モノ、お金)が備わっても、不安や心配の中で生きている方もおります。

 奥深い心が大切です。(あなたの潜在意識のセルフイメージ)
重要な一つは、物事をポジティブに感じる心であることは間違いありません。
ネガティブに考えるようでは、不幸を引き寄せると共に、不安や心配、恐怖を感じます。
真にポジティブに考える自分を創ることです。※

 さて、幸せを感じることは、「生きがい」に強く関連しています。

 明日、生きがいに関して、考えてみましょう。

※...ポジティブな自分をあなたの潜在意識に形成する方法が、シルバメソッドではメンタルハウスクリーニングといっております。


このアーカイブについて

このページには、2011年6月以降に書かれた記事のうち3.自己改善面カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは3.自己改善面: 2011年5月です。

次のアーカイブは3.自己改善面: 2011年7月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。