3.自己改善面: 2011年11月アーカイブ

あなたは、日々本当にやりたいことをしている歩み方を意識していますか。

もし、Noでしたら、今日は、天才&成功者から学びましょう!!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私は17歳の時、こんな感じの言葉を本で読みました。

  「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい。

     そうすればいつかあなたが正しいとわかるはずです。」


これには強烈な印象を受けました。

それから33年間毎朝私は鏡に映る自分に問いかけてきました。

  「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら

   今日やる予定のことは私は本当にやりたいことだろうか?」

それに対する答えが「ノー」の日が何日も続くと私は

  「何かを変える必要がある」

と自覚するわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この言葉は、IT業界のカリスマ:アップルコンピュターの創始者であり、故スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学2005年卒業式で行われたのスピーチの一節です。
スティーブ・ジョブズ.JPG

 もし、日々、あなたが

  一生懸命努力し苦痛を感じている。

  ストレスを感じている。

  喜びより辛いと感じる。

このように感じるなら、上記の問いかけをしてみてください。



 さて、成功者であるジョブスのこの言葉、非常に重みを感じ、また、そうありたいと思われるのではないでしょうか。

真摯にあなたの心に従い歩むこと。

それが幸せで、あなたが存在している理由。

そして、悔いのない人生を送ることができる。



 自分に正直に生きているかを確認する方法として、私たちも適応できるのではないでしょうか?

私たちは、大人になると「しなければいけない」「すべきだ」といった考えにもとづき仕事や日々を送るようになりがちです。

そのような時は、自分に喜びよりも、苦痛をもたらす傾向にあります。

喜びと充実感をもたらす生き方をする為に

まず、

  「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら」

と問いかるのです。

今日が最後の日でしたら、さまざまなしがらみや恐れ、不安は取り除かれ、自分のプライドなどふっとんでしまいます。

全てのしがらみを取り除かれた上で

  「今日やる予定のことは私は本当にやりたいことだろうか?」

と考えるので、真に自分が今、この瞬間、やりたいことが心に素直に問いかけられる。

それが「No」ならば、本当にやりたいことでないことを自覚し、修正が可能になります。

意識することは、「変わる」ことであるという信号だといことを心してください。

 「何を変えたらようのか?」

と自分の心に問い掛けてください。



 私たちは、自分の「人生の目的」に則して生きることが、一番喜び充実感をもたらされ、確実に実現も可能になります。

その為の一つの方法が、ジョブズが33年間行いつづけた方法ではないでしょうか。



 できるならば、自分に問い掛ける時に、心身をリラックスして脳波をアルファ状態にすることがより効果的です。

この状態は、子供のレベルであり、あなたの潜在意識の問いかけられるレベルです。

素直に感じやすくなります。

 シルバメソッド卒業生のフォローミティング(交流会約3時間)が昨日の平日の午後に行いました。

年末でもあるので、来年に向けて人生を歩むために最も大切なテーマ

   「人生の目的を探る」について行いました。

短時間(約3時間)でしたが、ご参加された皆さんは、色々な発見をしたようです。

勿論、自分の人生の目的に関しても。


 イメージ療法の先駆者であり、シルバメソッド の卒業生であるサイモントン療法のカール・故サイモントン博士の言葉を下記の紹介します。

 ----------------------------------------

『人間は幸福でありたい、或いは幸せを体験したいという欲求をもっている。

 そして、人間は本質的に健康・健全な存在である。

 ここでいう健康・健全とは心穏やかに過ごせること。

 健康であるためには自分自身の気(エネルギー)を効果的に高めることが大切である』


●がんになる大きな要因

 自分の(ほんせい)から離れること=自分でない人間になろうと努力すること

 =個人の人生の目的を履き違えていることによるストレスや矛盾を感じている状態


●がんを癒す大きな力:

 自分の本性に戻ること=真の自分を受け入れること

 =自然の流れに身を任せられ、深い充実感や安心感に満たされた精神状態。

 ----------------------------------------

上記は、本性とは、人生の目的でもあります。

この人生の目的に則して生きるといことは、健康面だけでなく、人生面にも通じることです。



 され、交流会での話しに戻します。

その中で、あるか方は、周りが辛そうに仕事しても、私は生き生き毎日仕事をしています。

それは何故か?

その方は、

「大好きなことを仕事が終わったらできるかと思うと、仕事も楽しくなってしまうのです」

と言われていました。
お酒.JPG 具体的には、今日はどの酒を飲もうかと思うとウキウキしてしまうので、仕事も楽しくなってしまうそうです。


 このことから、一日を生き生き楽しめるコツを学んだような気がします。

また、私もそのことを自然と行っていることにい気づかされました。


 あなたが、もし、辛いと思いながら、また、気持ちが沈む日々でしたら、毎日、少しの時間でできる楽しみを見つけることをお勧めします。

そのことを考えるだけで、心身にエネルギーが入り、ワクワクすることに気づくでしょう。

そして、疲れが癒されてくることにも気づくでしょう。


 日々、楽しく生き生きして過ごすことができれば、それは人生というスパンでは大きなことをもたらすでしょう。


 ちなみに、その日の私の楽しみは、北朝鮮対日本のサッカーのVTRを見ることでした。

このアーカイブについて

このページには、2011年11月以降に書かれた記事のうち3.自己改善面カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは3.自己改善面: 2011年10月です。

次のアーカイブは3.自己改善面: 2011年12月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。