3.自己改善面: 2012年5月アーカイブ

マザーテレサから健全な精神について学びましょう!!

与えることの法則を実践に指針を私たちにもたらされます。

前回の下記の金言を再確認してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ◆ ◆ 金 言 ◆ ◆

 「寄付や献金は、人の精神的な健康を測る上で

                  たいへん効果的な判断基準になる。

  寛大な差し出す人たちが精神的な病にかかわるケースは稀である」

               カール・A・メニンジャー博士

--------------------------------------------------------

 
  スピリチュアルの代表的な法則 「与えるこの法則」に関する金言でした。


 金言は、「寄付や献金は"人の精神的な健康を測る"ことができる」

また、健全な精神でなければ、この宇宙の法則「与えることの法則」は

働かないと申し上げました。

マザーテレサ.JPG 健全な精神について、皆さんのよくご存知のマザー・テレサをつい思いだしてしまいました。

献身的に目の前に貧して人がいれば、かけない命にひたすら癒すことに全身全霊とこめて行いました。

それが全世界の人々へと伝わり、広がっていきました。

そうすることが、使命であり、歓びにもつながっていく、健全な精神からでた行為です。



 マザー・テレサは次のようなことを述べられています。

「私達のやっていることは、僅かな一滴を大海に投じているようなものです。

 ただ、その一滴なくしてこの大海原はないのです」


 この献身的な無償の奉仕の一つ一つが世の中を動かすのだとも聞こえます。

最初は、与えることも小さいことかもしれませんが、その積み重ねが大きな

ものになって、そして、自分に戻ってくるともいえます。

その為には、マザー・テレサのように相手の為に、損得考えずに、それを

できる自分に歓びを感じられる健全な精神であることが大切であるように

マザー・テレサが教えているように思えます。
 あなたを豊かにする宇宙の法則「与えることの法則」は、広く知られていますね。

 あなたは、この「与えることの法則」を信じ、実践していらしゃいますか?

もし、まだであれば、次の金言は大きな気づきをもたらすでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ◆ ◆ 今日の金言 ◆ ◆

 「寄付や献金は、人の精神的な健康を測る上で

                  たいへん効果的な判断基準になる。

  寛大に差し出す人たちが精神的な病にかかるケースは稀である」

               カール・A・メニンジャー博士

-----------------------------------------------------------
 
  スピリチュアルの代表的な法則 「与えることの法則」に関する金言です。

これは与えることによってますます富み栄えるという法則です。

これは宇宙の法則です。

与える.JPG


 全ては流れ、止まることはありません。

例えば、水の流れをせきとめれば、水は淀み、腐ってしまいます。

そのことと同じことが全てに言えることです。

 肉体、心、人間関係、経済、社会・・・自然、宇宙 ・・・

万物は流転しているのです。

与えるということは、その流れを作ること。

その流れを作れば、受け取ることになるのです。

 時間を差し出せば、時間を授かる。

 モノを贈れば、ものを受け取る。

 愛を注げば、愛し返される。

 お金を差し出せば、お金が入ってくるのです。

 もちろん、与えたもの以外を受け取ることも多々あります。



 さて、今日の金言は、「与えることの法則」。それが働く条件を示します。

見返りを期待し、打算的な気持ちで行えば、この法則は働かない可能性が高いでしょう。

つまり、差し出すときの精神的な健全さが大切だということです。

 見返りを期待し、打算的な気持ちで行えば、この法則は働かない可能性が高いでしょう。

大切なことは、

  出し惜しみをせず、豊かさをもとに、差し出すこと

差し出すことに、なんらかの不快感やもったないという気持ちがあると、

欠乏感を増幅させてしまうかもしれません。

しかし、そうすることによって、結果よろこびにつながれば、大万歳ですね。

一度快感を味わうことで、「与える」ことの循環を楽しむことができるでしょう。

そのうちに、

★与えたいという気持ちにつき動かされ、自然に与えることがいつしか

あなたの心からのよろこびにほかならないことに気づかれるでしょう。★

だから、カール・A・メニンジャー博士は、

寄付や献金は"人の精神的な健康を測る"ことができるといったのでしょう。

健全な精神を持って実践すれば、豊かな宇宙は、

きっと、あなたに求める以上のものを与えてくれるでしょう。



【補足】

不健全な考えは、あなたの潜在意識内の記憶=プログラムの反応です。

それを健全にする効果的な方法は、

    シルバメソッドメンタル・ハウスクリーニング(心の大掃除) です。


<前日のつづき:最終回>

営業マンも成功者、人生を豊かに生きているとも、ポジティブに考え、学び、成長している人です。

第三の
特長は、

■□ 3.すべての事実を自分の役に立つようにする


 「自分のやり方に問題があると考える

手段.JPG

 ・人のせいにしない。
 ・状況のせいにしない。
 ・自分の資質・能力のせいにしない。

 ⇒やり方が悪かったのだから、やり方を変えれば成功すると考える」 

うまくいかない時、他責にする方がいます。
例えば、
優秀でない営業マンは、
 「商品が他社の商品より良くないから売れない、価格が高いから売れない」
 「市場が冷え切っているから売れないのだ」
 「この商品は自分のお客にあっていない」
等と他責にして、言い訳をすることをよく聞きます。



 しかし、ちゃんと売っている営業マンも片方でいるのです。
人や状況のせいにするのは、逃げているにすぎません。
そして、自分の可能性を広げるチャンスをわざわざ狭めていることになります。



 このことは、ビジネスや人生上の問題を解決するときにもお同じことが言えます。
他責にして、自分を正当化してしまうことです。
それは、単に逃げているにすぎません。



 一方、できなかったことを自分の資質・能力のせいにすることも非常に多いことですね。
例えば、
「商品を買ってもらえなかったのは、自分に能力がないからだ」
「テストができなかったのは、自分はできそこないだからだ。勉強してもだめだ」
「憶えられないのは、頭が悪いからだ」
 ・・・・・・
即ち、「能力がないのだから、やってもだめだ」と結果上、自分を追い詰めることになります。
つまり、自分の自尊心を自分で傷つけているのです。
そして、自分の成長を自分で止めることにもなるのです。



 実は、能力のせいではありあせん。
誰でも能力はあるのです。
それを発揮できなくしてしまう原因は、自分の能力のせいにして、自分はダメだと言いきかせて、あなたの潜在意識にプログラムしているのです。
潜在意識は、「できない」というならば、そのとおり考え、行動をあなたにとらせます。



 優秀な営業マンは、能力や資質のせいにしません。
「やり方」に問題があるのだと考えます。
やり方を変えれば、必ず問題は解決すると考える人が、優秀な営業マンなのです。



 このことは、ビジネス、人生においても同じです。
もし、うまくいかなかったら、あなたの能力のせいではありません。
やり方が良くなかっただけです。
そう考えて、やり方を見直してください。


 ============

 もう一度確認します。

 優秀な営業マン
 また、ビジネスの成功者、満たされた人生を送る人の思考パターンは、

1.事実を否定せずに受け入れる
2.夢(ビジョン、目標)を見失わない
3.すべての事実を自分の役に立つようにする


 この3つの共通していことは、潜在意識です。
表現を変えれば、潜在意識のプログラム=自己イメージです。
自己イメージとは、「自分はこういう人間だと考えるプログラム(記憶)」です。

この3つのことを強く潜在意識にインプットして、その通りに反応できる自分にした方が、

 優秀な営業マン であり、
 ビジネスの成功者
 満たされた人生を送る人

の特長です。



 それを潜在意識に形成する為に、日常的に意識する事柄を以上、紹介しました。



 効果的に、効率よく望む自分を創る為に潜在意識にインプットして、高い自己イメージを形成する方法がシルバメソッドのセミナーです。

<前日のつづき>

■□ 2.夢(ビジョン、目標)を見失わない

目標をもつ主な5つの理由があります。
 
 1)夢、目標は、あなたの行動の原動力です。

 2)目標は、あなたを目標に向けって導いてくれるガイド役にもなります。

 3)目標は、あなたをポジティブにし、障害を除去し、すべての挫折感を一時的ななものにすることができます。

 4)駆り立てる夢、目標は、あなたの潜在意識が機能して、夢や目標を実現するように導いてくれます。

 5)目標は、あなたに成長をもたらす。
目標.JPG

 夢・目標を持ち続けることが非常に大切であることは、いうまでもありません。


 それを絶えず意識する為に、少なくとも次のことを実践することをお勧めします。


■1)どんなに忙しくても夢・目標実現の為に、毎日考える時間を持ち続けていく。

  夢・目標を持つとは、それにふさわしい自分になることです。
即ち、成長=望む方向に変化することです。
しかし、あなたの潜在意識は、変化をきらいます。
現状に戻そうとするのです。

ですから、絶えず夢・目標を意識し、その夢・目標があたかも現実になっているという思いにすることが重要になってきます。



 その為に、次の二つを日常的に行います。

1.日々、目標に情熱を注ぐ ⇒潜在意識に目標をイップット

 夢・目標が叶っている喜びに浸っている感情を伴うイメージングして、潜在意識にそれが現状であることをインプットすることです。
それを効果的にするには、心身をリラックスして脳波アルファ状態で行います。



2.日々、目標実現に対して、考える

 これは、毎日決められた時間に目標実現に向けて考える時間をとることです。
例えば、
 ・計画を立案、修正。
 ・実現を妨げる障害除去。
 ・実行・行動する。



この両者を行うことにより、実現に向けて相乗効果をもたらし、効率よく叶えることができるようになります。


■2)目の前の出来事は、夢・目標を実現する為の「学び」として真剣に取り組んでいる。

 日常的な雑務やルーチン業務、また、なんら価値を感じない事柄も実は、必要があって生じたのだと考え、おざなりにしてはいけません。
考え、行動する以上は、真剣に取り組みます。
そのことが夢・目標を実現できる自分を作ってくれるのだと考えてください。


 例え、あなたの目標とはまったく関係のない価値のない仕事、それをないがしろにせずに、その業務を価値あるものに工夫します。
例えば、単調な、いつも行っているルーチン業務に1割時間を短縮して処理できないかと考えてみる。
また、優先順位を決めて、業務を切り捨てる事はできないかと考える。
業務そのものをやらなくて良いと判断することもあるでしょう。


 世の中は、絶えず変化しています。
今まで必要だったことが、不必要になることも考えられます。



 このような視点で、目の前の問題や業務をないがしろにせずに、真剣に行ない、そこから学び成長する姿勢で物事にあたっていくことが大切です。
そして、それが夢や目標実現につながっていくのです。



 このようにして実現した小さな成功体験の積み重ねることが、大きな成功体験をもたらすのです。



 あなたの目の前の出来事には、あなたにとってなんらかな意味があるから、あなたの前にあるのです。
そこから学ぶことです。
このように学ぶ姿勢をもたらす大きな原動力は、あなたの夢、目標なのです。


 あなたの夢や目標を叶えたいのなら目の前のことをないがしろにしてはいけません。


明日は、

■□ 3.すべての事実を自分の役に立つようにする


を紹介します。


 先日、シルバメソッド卒業生の強い要望で下記のセミナーを無料で約2時間行いました。

「営業売上倍増セミナー"営業を科学する"」

 何ら右脳的でないかのように思われますが、

【営業を科学する】のですから、

そう見えますが、営業マンの心理は成果に非常に大きく影響します。

心理的な面が勝敗を決めるといっても過言ではありません。

このことは、あなたが何かを叶えたい時も同じです。




   95%以上の人は、多少なりとも劣等感にさいなまれている人生を送っているといわれている。

この劣等感は、あなたの成功と幸せに対して大きな障害となって立ちはだかっています。

その障害は、本来保有している能力を発揮できなくし、望むことを叶えられなくしてしまいます。

その障害の正体は、何か?

このことを別な角度でお話ししましょう。


 さて、先ほどのセミナーの中で優秀な営業マンの思考パターンについて紹介しました。
このことは、営業に限ったことではありません。

あなたの

  望みむ人生を叶える為にも、

  ビジネスを成功させるにも

共通しています。



 優秀な営業マン
ビジネスの成功者

満たされた人生を送る人と置きかえてもよいでしょう。

 その3つの思考パターンは、

1.事実を否定せずに受け入れる。

2.夢(ビジョン、目標)を見失わない。

3.すべての事実を自分の役に立つようにする。
  自分のやり方に問題があると考える。
   ・人のせいにしない。
   ・状況のせいにしない。
   ・自分の資質・能力のせいにしない。
  ⇒やり方が悪かったのだから、やり方を変えれば成功すると考える。

さあ、このような思考パターンはあなたも備わていますか。



■□ 1.事実を否定せずに受け入れる

 誰でも、嫌なことは認めたくありません。
営業マンでしたら、「君の会社の商品よくないよ!」とお客から言われたら反抗したくなりませね。
また、「お前は、ミスばかりしてしょうがないやつだ」と言われたら、いやな気分になったり、落ち込んだりします。
ネガティブな感情が、素直に受け入れない自分になったりします。



 一方、自分の考えを曲げない方もおります。
そういう方は、人の話を自分の基準に照らして、同じならば受け入れ、異なれば無視してしまういます。
小額1年生.JPG

 しかし、何事も、事実は素直に受け止めてから始まります。
事実は事実として、それを受け止めなければ、前進は望めません。
受け止めることにより、スタートでき、冷静に考えることができます。



 あなたが、素直に受け止める・認めることを拒む人でしたら、あなたの先入観や固定観念で考えている信号です。
適切に考えや判断ができ難くします。


 人間は、成長することに喜びを感じる存在です。
自分の考えや体験・知識は、限られています。
同じ現象でも、おなじ事実でも、その人や環境によって意味が異なることが沢山あります。
その為に、視野を広くもち、素直に事実を受け止めることから始めることが大切です。


 例えば、先ほどの事例ならば「君の会社の商品よくないよ!」
そのように指摘される商品上の何らか理由があるかもしれません。
それを優秀な営業マンは、お客さんの身になって聞いていきます。
それは、商品に問題があるかもしれませんし、お客様の勘違いやお客様のニーズに合っていないかも しれないのです。


 また、「お前は、ミスばかりしてしょうがないやつだ」
ミスが多いのは、事実ならば、それを認めその原因を探り、改善することにより、成長をもたらし、 自信を高めてくれます。
しかし、それを冷静に受け止められなければ、自分を卑下し、もっともっとミスをしてしまうことにつながります。


 このようにポジティブに考えられずに、ネガティブに反応してしまうことが、ものごとをうまく進められなくしているのです。 
素直に受け止られない自分にしているのは、何か?
また、ネガティブに考えてしまうのは、何か?
あるいは、人の話を素直に聞けない自分にしているのは、何か?



 それは潜在意識に形成された自己イメージです。
自己イメージとは、「私はこういう人間だ」と潜在意識に強く刻まれている記憶=プログラムです。
すべての反応:判断基準は、あなたお潜在意識に刻まれている「自分はどういう人間になりたいか」にかっかっています。



 優秀な営業マンや成功しているひとは、自己イメージに「事実を否定せずに受け入れる」というプログラムが形成されているので、ネガティブな状況でも自然とその反応をもたらしてしまう自分になっています。
そして、自分を高めていける人ということができます。



明日は、

■□ 2.夢(ビジョン、目標)を見失わない

をお送りします。


このアーカイブについて

このページには、2012年5月以降に書かれた記事のうち3.自己改善面カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは3.自己改善面: 2012年4月です。

次のアーカイブは3.自己改善面: 2012年6月です。

最近のコンテンツは潜在意識シルバメソッドのトップページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。