3-2習慣面: 2010年5月アーカイブ

人の依頼により、自分の好きなこと、今やりたいこと、自分にとって重要な事がいつも後回しになってしまう。

→人にコントロールされた人生から主体的に生きる生き方にするには?

その改善策の一つのことを提案します。

ーーーーーーーーーーーーーーー


 約束には、2つあります。

人との約束。

自分との約束。

 主体的に生きるとは、自分との約束を守れる人を言います。

これができることは、より成長し、喜びに満ちた人生を歩むことができ、そのような人生を"選択"した人といえます。

人は、人との約束を守りますが、自分との約束を疎かにする傾向にあります。


 上記のような傾向にある方は、交流分析のエゴリストの結果を見ると。

(性格(自我)を5つ分け、どのようなパターンの性格があるか分析する手法)

その一つ"素直な自我"が、非常に高い。

 ...素直な方で、人に対して断ることができない人といってもよいでしょう。

そして、父親の自我が、低い傾向があります。

 ...素直で頑固ではありません。また、確固たる信念が弱い傾向にあります。


 つまり、断ることができないタイプです。

そういう方は、ついつい第三者の依頼に素直に受けてしまう傾向にあります。


 主体的に生きる生き方をする一つのヒントには、上記のエゴリストの傾向からわかるように、明確な目的を持っことです。

即ち、主体的に生きるために、自分の中で優先順位を明確にすることです。

その為には、しっかりとして目標を持つことです。

「自分に大切にしていることは何か」

「自分の人生の質を上げる重要なことは何か」

明確にすることです。

その上で、それを行う日時を決める。

それ以外の時間に依頼を受けます。

しかし、依頼の日時と自分の大切なことを行う日時が重なった時の大切なことは、変更を必ず促すように確認することです。

上司やお客の依頼だからだといって、その日時でなくても良い可能性は多々あります。

 とにかく変更の依頼をする。

相手がOKしてくれば、それが優先順位が高いことになります。


 しかし、相手の依頼は非常に重要であり、日時の変更ができない場合には、その依頼を受けます。

あなたは、その選択を主体的にしたことになります。

その上で、自分の重要な事を、リ・スケジューリングして、1週間(2週間)の間にできるようにする姿勢が、主体的に生きることにもなります。

そのリ・スケジューリングができるようにするには、1週間単位のスケジューリングをしておくことです。

 この繰り返しが、この行為が当たり前になります。

即ち、あなたの潜在意識にそのプログラムされ強化されたことになります。


 ★人間だけが、自由意志を持ち、主体的に考えることができる存在です★

その大切な特権を放棄しないでください。

幸せで豊かな人生を歩む為に。

 < 目  次 >


あなたの人生を人にコントロールされていませんか?

 このような方がいました?

自分の好きなこと、今やりたいこと、自分にとって重要な事がいつも後回しになってしまう。

例えば、

 旅行や好きな勉強、習い事

 参加したいセミナーや集まり

予定しても、突如、仕事が入たり、お客からその日時にアポが入ってしまう。

そして、後回しになるならまだいいが、参加できなくなる。

このようなことが、あなたに起こっていませんか。


 

 あなたが、予定したことは、あなたの為の下記のようなことではないでしょおうか。

・あなたを喜ばせ、心身にエネルギーを充電し、元気にし、活力を持たせる。

・また、あなたの人生に質を高める重要なタスクでもあります。

そう考えると非常に大切なことができなかったり、大幅に後回しになったりすることになります。

 人間は、主体的に考える唯一の存在

 前章のことが何時も何時も置きえているようでしたら、あなたは、結果的に人にコントロールされている生き方になっています。

主体的に自分の人生を邁進しているとはいえません。

 人間は、自由意志をもって主体的に考える行動できる存在です。


 それを、人に明け渡していることになります。

そのような傾向にある方は、大げさなことではなく、事実、人にコントロールされている人生です。


楽しく、幸せな人生を送る為の大切なキーワード「約束」

 それならどのようにしたら、日々を自分でコントロールできるように改善するにはどうしたらいいか?

そのキーワードは「約束」です。

すごくシンプルでしょう。

楽しく、豊かな人生を歩む為のキーワードは、「約束」

 約束には、2つあります。

?人との約束。

?自分との約束。


 主体的に生きるとは、「自分との約束」を守れる人を言います。

これができることは、より成長し、喜びに満ちた人生を歩むことができ、そのような人生を"選択"した人といえます。


人は、自分との約束を疎かにする傾向がある

 人は、人との約束を守りますが、自分との約束を疎かにする傾向にあります。


 上記のような傾向にある方は、交流分析のエゴリスト※の結果を見ると。

 ????????????
※...交流分析では、人はみんな内部に5の部分(性格、自我)あるとしています。
その5つの部分がどのようなパターンかで、どのような性格があるか分析する手法。
 ・親の性格 ...?父親のように批判的な自我 と ?母親のように養育的な自我

 ・大人の性格...?理性的な自我
 ・子供の性格...?素直で従順な自我 と ?天真爛漫な自我
 ????????????

 

その一つ"素直な自我"(?)が、非常に高い。

 ...素直な方で、人に対して断ることができない人といってもよいでしょう。

そして、父親の自我(?)が、低い傾向があります。

 ...素直で頑固ではありません。また、確固たる信念が弱い傾向にあります。


 つまり、断ることができないタイプです。

そういう方は、ついつい第三者の依頼に素直に受けてしまう傾向にあります。

 ???????????

<参考>自分を知るという意味で、交流分析:エゴグラムしたいと思う方は、下記をご参照ください。

1)エゴグラム以外に、

あなたの 2)ストレス状況 3)生活の乱れ 4)無意識下の資質を分析します。

自分をする為に参考になります。

その上で、自分をどのよう方向に改善したら良いか改善点を把握できる可能性があります。


  ↓ ↓ ↓ ↓
自己を知り、望む自分への改善点を発見診断

楽しい幸せな人生を送るコツの一つは、目的を持つ

 主体的に生きる生き方をする一つのヒントには、上記のエゴリストの傾向からわかるように、明確な目的を持っことです。

即ち、主体的に生きるために、自分の中で優先順位を明確にすることです。

その為には、しっかりとして目標を持つことです。

「自分に大切にしていることは何か」

「自分の人生の質を上げる重要なことは何か」

明確にすることです。

目的を行動に移すために、日時を決め、自分に行う約束をする

その上で、それを行う日時を決める。

それ以外の時間に依頼を受けます。

しかし、依頼の日時と自分の大切なことを行う日時が重なった時の大切なことは、変更を必ず促すように確認することです。

上司やお客の依頼だからだといって、その日時でなくても良い可能性は多々あります。

とにかく変更の依頼をする。

相手がOKしてくれば、それが優先順位が高いことになります。


 しかし、相手の依頼は非常に重要であり、日時の変更ができない場合には、その依頼を受けます。

あなたは、その選択を主体的にしたことになります。

主体的にリ・スケジューリングする

 その上で、自分の重要な事を、リ・スケジューリングして、1週間(2週間)の間にできるようにする姿勢が、主体的に生きることにもなります。

そのリ・スケジューリングができるようにするには、1週間単位のスケジューリングをしておくことです。

 この繰り返しが、この行為が当たり前になります。

即ち、あなたの潜在意識にそのプログラムされ強化されたことになります。※※


 ★人間だけが、自由意志を持ち、主体的に考えることができる存在です★

幸せ豊かな人生を歩む為に、その大切な特権を放棄しないでください。

※※...あなたの潜在意識に次のようにプログラムして、習慣化してください。
 「私は、自分との約束を最初に計画をし、それ以外の時間に人からの約束します。
  それが、自分の大切時間を自分でコントロールことです。
  それをできる自分です」

 上記の効率よく潜在意識にプログラムする方法は、下記の無料メールセミナーを参考にしてください。
     ↓ ↓ ↓普通人が、ハッピーな成功人なるレッスン
◆無料メールセミナー申込

あなたは幸せな人生を歩むと「自分に約束」していますか

 あなたが、幸か、不幸かを選べるとしたら、どちらの人生を選びますか?

もちろん、「幸せな人生」ではないでしょうか。

しかし、人生は何が起こるかわかりませんね。

幸せな人生って選べるのか?と思いますが、これを機に、「幸せな人生を選択して生きる」と決意していただきたいのです。

なぜなら、幸せに生きると自分に約束をして生きたほうがはるかに、
  幸せを敏感に感じとるセンサーが働くからです。
 

幸せに生きるコツは

 では、あなたが「幸せに生きる」と決意して、幸せに生きていくために何をしていきたいと考えますか?

例えば、

「1日1つ誰かに奉仕する」

「1日○ヶは感謝できることをみつける」

「変化を楽しむ」

「心がトキメクことを選択して行っていく」

「子どもの長所に焦点を当てて子供の成長を見守っていく」

「悪口を言わない」

「誰かと比較しない」

「1日1回以上、誰かを褒める」など。
 

 あなたの心が幸せを感じることを意識して選択していくこと。

そして、それを行動に移す生き方が、幸せに生きるということです。


そのような信念に基づく生き方をしていくと、毎日の生活にワクワク感あり、楽しみあり、充実感が感じられてきます。

あなたの人生はあなたが選ぶことができるのです。
 

 
備考)その信念を潜在意識にすりこむことがポイントです。

   そうすれば、自然にその信念に従った生き方ができるようになります。
  


(注)本ブログの内容をより理解し、潜在意識の活用の仕方、メンタルハウスクリーニング等は、下記の無料メールセミナーもご活用ください。
  ↓ ↓ ↓ 普通人が、ハッピーな成功人なるレッスン
◆無料メールセミナー申込


< 以 上 >

上記記事の関連として、皆さんが読まれている記事を下記に掲載します。

 脳波をアルファ状態にする方法
心身をリラックスして、脳波をアルファ状態に入る方法紹介しています。また、その為のCDも紹介しています。
あなたの潜在意識を活用し、集中力、成功を引き寄せましょう!!

能動的瞑想は心を強くする:心身リラックスの7つの効能...心身リラックスして、脳波をアルファ状態にすることは、心を強くするだけでなく、ビジネス成功や豊かな人生を歩む上でも重要な方法です。それは能動的瞑想と言われています。7つの効果とやり方を紹介

なんとなく何もやる気がしない。やる気を高める簡単な5つの解消法...なんとなく、何もやる気がしない。そのような状態がつづくようでしたら満足いく人生は歩めません。心身疲れ、身体だけでなく、心も老いていきます。日々楽しくもありません。日々、満足をもたらすやる気を高める簡単な5つの解消法を紹介します。



本テーマを更に理解と活用できる為に、また、潜在意識にプログラムする方法を理解する為に下記メールセミナーを活用してください。