1. TOP
  2. 仕事の成功・改善
  3. 中間管理職の共通した悩みは、判断・決断力の欠如!ビジネス決断の要は直感力

中間管理職の共通した悩みは、判断・決断力の欠如!ビジネス決断の要は直感力

 2017/11/25 仕事の成功・改善   1,265 Views

30、40代の中間管理職が要求される能力は、直感力です。
また、更に昇進する為に直感力を磨く時期でもあります。
しかし、中間管理職の悩みの一つは、適切な判断ができない。
その為、自信喪失し、うつになる方もいます。
中間管理職は、部下、上司からの板挟み、特に結果を要求される立場、その中で適切に判断、決断をしなければ、期待に応えられません。
不確実な環境の中で、適切な判断をするのに必要なのは、直感力です。

目  次

管理職に要求され培う能力は、直感力だ!

40代の管理者の方から仕事に自信がもてなくなったと相談を受けました。
その理由は、適正な判断ができずに、会社に損失を出してしまったのことです。
このことにより、部下に対する指導自信、また、上司からは信頼を失ったことです。
適正に判断できる自分になるには、何が必要なのかと質問されました。

 

このような悩みは、スタフ、中間管理職、役員の立場の方から聞かれます。
役職が上になればなるほど、この悩みは大きくなるようです。

適正な判断するベースの能力は、知識・見識・思索です。
スタッフは、このベースの能力を要求され、育てる時期です。

30代、40代、50代の中間管理職になると、より大きな決断をしなければなります。
その為に、判断する情報が入手が難くなり、また、不確実性が高まり、ベース能力だけでなく、直感力が必要になってきます。
また、この年代は直感力を育成する時期でもあります。

 

 

中間管理職のマネジメントや商品・サービルに対する適正な判断が会社に大きな影響

会社をとりまく経済やビジネス環境がスピーディに変化しています。
その中で、ビジネス環境に適正に適応しなければ、会社の業績を維持、高めることはできません。

 

そういう中で、中間管理職は、非常に重要な役割を担うことになります。
部下のマネジメントや商品・サービスの生産性を高める要になります。
そして、不確実で、変化する環境の時代であるからこそ、中間管理職の判断をスピーディに適正に行われることが要求されます。

 

あなたは、ビジネス上で判断にちょと迷うことはありませんか?

迷うとは、あなたのところにリスクに対する十分情報がないために判断ができないか。
または、情報があまりにたくさんありすぎて、どれが真実なのか混沌としているときでしょう。

前者は、情報が不足するのは、単なる情報不足だけでなく、不確実であるからです。

 

もし、ビジネスの場面であなたが今そのような状況で間違った判断をしたならば、あなたの立場において、大変な損失をもたらすことになります。
企業の責任者ならば企業自体にダメージを与えてしまうことさえあります。

その為に、ますます判断、決断に慎重になり、先延ばしして、大変な機会損失をもたらす結果を生みます。
40代の中間管理職は、決断をする時に、非常に重要なことは、決断する十分な材料が手もとにないということです。
そのために、論理的に判断ができないため、それを補うのがあなたの直感力ということになります。

直感力を発揮するには右脳を使うことです。

 

不確実、不誠実の時代であるからこそ管理者には直感力が求めらる

現代は不確実の時代であるばかりでなく、不誠実性の時代でもあるといわれています。
誰があなたに真実を告げているか、誰がそうでないのか見極めるのは困難です。
そこで、このような時代であるからこそ更に、あなたの直感力がビジネス、人生においてより必要になってくるのです。

 

多くの偉人や成功者は決断を直感力に委ねてきました。
例えば、歴史上のジュリアス・シーザー、アメリカの代表的財閥であるJ・P・モーガン。
コンラッド・ヒルトン等々限りなくいます。
彼らは、いずれも重要な決定をするときには直感に頼ると語っています。

 

判断や決断する時に、中間管理職の直感力がますます必要になり、非常に重要な能力であるといえます。

 

その直感力を高め方について紹介します。

 

ビジネス上、適切な判断、決断する為の直感力を高める4つの能力

閃き

では、直感力を高めるためるにはどうしたらよいのか?

直感力を高めるには次の4つの能力を身に付けることです。

注)下記の4つの能力を高めると直感力が高まることを、潜在能力開発法シルバメソッド※の創始者:ホセ・シルバが研究により導きだしあした。

  1. ストレスや緊張を取り去り、リラックスする能力
  2. 集中力を高める能力
  3. あらゆる主観的世界の経験を受け入れるように心にプログラムする能力
  4. 自分と違う考えや物の見方を受け入れる能力

 

 

直感力の仕組み

直感はどのように発揮されるか。
あなたの潜在意識の働きです。
潜在意識の重要な機能は、巨大な情報力です。
潜在意識には3つの機能に分けられます。

 

潜在意識は

①あなたの今までの体験したことや遺伝として両親から引きついでいることは、全てあなたのマインドにあります。

しかし、ほとんど思い出せません。
それは潜在意識にあるからです。

従って、潜在意識は巨大な情報の倉庫といえます。

 

第三者や物体、精神界と主観的意思伝達ができます。
つまり、潜在意識レベルでは、様々な物とのコミニケーションが可能になるといことです。

心理学者のユングは、これを普遍的集合意識と名づけました。
「意識の深いレベルでは、皆意識がつながっている」とユングは述べられています。

 

高次の英知とも主観的意思伝達ができます。

 

この3つの機能は何を意味しているのでしょうか。

それは、あなたの潜在意識は、驚異的な情報力を持っているといことです。
あなたは顕在意識と潜在意識を活用すれば、無限の力を発揮できるということです。

 

しかし、それを意識的に活用の仕方が分からないので活用できていません。
この意識を活用している人が天才、成功者と言われています。

この機能を活用できれば、情報をキャッチする能力、直感力を高めることが可能になります。

 

あなたの潜在意識を活用し、直感力を高めるには、まず、あなたが潜在意識につながる方法を知る必要がある。
その為には、心を広げることです。

それを邪魔するのが、ストレスや緊張です。その結果、心が狭くなり、潜在意識とつがり難くなってしまします。
そこで、直感力の4つの能力の第一番目、ストレスや緊張を取り去り、リッラクスする能力が必要になります。

あなたが直感を必要とする目的があります。即ち、目的に則した情報です。

第2番目は、どんな情報が必要なのか?
その情報を得る為の集中力を必要になります。

また、判断・決断するには、判断基準=目標を元にして行うことです。
その目標に関連した情報を得るために、調べ、人に聞くことになるが、それだけでは情報を集めきれない為に、判断に迷うことになります。
そこで必要なのが直感力です。
直感を働かせる為に、目標に集中することにより、効果的に引き出せます。

第3番目には、主観的世界から情報が得られると確信が必要になります。
それがないと、感じたものは、頭で考え、根拠がないので否定されてしまいます。

最後に第4番目は、心を広げ、固定観念に縛られることなく、異なる考えや見方を受け入れる姿勢が必要です。

この4つが、あなたの直感力を高める秘訣といえます。

 

 

直感力は、洞察力や理解力の源です。

適正な判断は、洞察力は論理的思考からだけではくだせないなこともあります。

その為に直感力からのインフォーメーションが必要なってきます。

だから、不確実なことまで判断が迫られる中間管理職には、我々は直感力を発揮できることが要求されます。

 

 

それでは、直感力を高める為の4つの能力について、解説します。

ストレスや緊張を取り去り、リラックスできる能力:【能力1】

自由

直感力を阻害する要因には、大別すると3つあります。

①恐れ ②習慣・伝統 ③緊張

…①、②については後ほど説明します。

ここでは、③の緊張についてお話します。

 

特にビジネスの世界では、緊張、ストレスはある程度まで、逃げることができないのが現実です。

 

例えば、会社を左右しそうな重大な決断を下す必要があるとします。
決定は本日午後3時まで。現在、午前9時。
しかも、決断するための情報が不十分。
このような状態の時には、時間的な余裕もない為にストレスが高まります。

 

特に、中間管理職の方は、スタフと違い、上司から難題の課題の実現を要求されるから、いっそう社内では緊張する立場にいます。

 

緊張が直感を働きにくする二つの理由

直感的情報は、あなたの潜在意識からの情報です。
緊張している状態は、その情報を感じ難してしまいます。

 

1)ストレスや緊張は、あなた自身に向けられて発しつづけている直感のメッセージの拾い上げを困難にします。

2)緊張している時は、脳波ベータレベルになるので、あなたの潜在意識から情報を得るのに適切なレベルではありません。潜在意識から情報得やすいレベルは、脳波アルファレベルです。

このレベルが直感を発揮できるレベルといえます。

 

緊張を取り、直感を働き易い状態にするには
緊張している時には、心身をリラックスさせることです。

具体的には、
あなたは一人になれるところにいって、緊張やストレスを取り除くために、心身をリラックスして脳波アルファレベルに入り、潜在意識のメッセージを感じることが大切です。

※心身をリラックスして脳波をアルファ状態を作るためのやり方は、下記を参考にしてください。

 

-----------------------
<備考>シルバメソッドの卒業生は、
より効果的なレベルは、”マインドのレベル”を掴み、そのレベルに入れるようにすることです。
このことは「人生を変える右脳革命」の本にも書きましたが、人の性格が違うようにマインドのレベルもそれぞれですし、脳波と違って機械では検知することができません。
あなた自身で感じ取ることが必要です。
そのトレーニングが、シルバメソッドの基礎コースの4日目の午後全部使って行うケースワークです。

卒業生の方は、どしどし、ケースワークをしてそのマインドのレベルを見極め、そのレベルに入れるようにしましょう。
そうすれば、あなたのテクニックはより効果的に使えるようになり、直感力がより機能するレベルに入ることができます。
-----------------------

 

 

直感力を高める為に、集中力を高めよ:【能力2】

集中力

 

集中力は、直感力のベースの能力であり、ビジネスを成功に導く

集中力とは、特定の問題に注意を集中する能力で、そうすれば、何事にも妨害されることなく、その解決に専念できます。
詩人のエマーソンは次のように述べています。

「集中力は、政治、戦争、ビジネス、スポーツなど、人間が行うすべての活動を成功に導く秘訣である」

でも、この集中力とは、たいていの人が考える、難しい顔をして手をほほにつけて眉にしわを寄せて物思いにふけるようなものではありません。
もっと自然に、リラックスした状態です。

 

集中力を高めることにより、直感力の働きを高める以外に次の効果が期待できます。

・効率的に物事(仕事)を処理できるようになる

・目覚しく記憶力が増進する

・自分の望む状態に、心を切り替えることができる

 

これらの能力は、特に中間管理職には必要であり、ベースになる能力でもあります。

 

直感力を高めるために何故、集中力が必要?

あなたの潜在意識から得られる情報が、あなたのビジネス上の問題を解決する為の情報として、直感、ひらめきを提供してくれます。
その潜在意識の協力を効果的に得るためには、問題や課題を解決するために集中力が必要になります。

 

集中力は、考え方や感じ方、行動パターンをコントロールすることによって身につくスキルです。
自分をコントロールする能力を高めていけば、必ず高い集中力を発揮することができます。

 

直感を引き出す為に集中力が必要な理由は、大別すると二つあります。

一つは、直感力とは、理屈や筋道たって情報を得るのではなく、突如と現れるひらめきです。
このひらめきはあなたの潜在意識からの情報です。
潜在意識から、あなたの目的に対する情報を得るには、その目的に集中する必要があるのです。

二つ目は、直感の表現スタイルは、回答が具体的に言葉、イメージでくる場合もありますが、“感情”や”シンボル”で得られるケースが多いようです。

その意味を解釈するための『ひもとくカギ』は、「なぜ?」と問いかけ、つきつめていくことです。

その為には、あなたの感情に気持ちを集中することが大切になります。
あなたが、「なぜ?」と問いかけることにより、直感的にわかるという状態が得られます。

 

さて、集中力を高めて、直感力を増進するには基礎となる3つの要件があります。

集中力を高めて、直感力を増進するには、基礎となる3つの要件

1)あなたの問題、課題に集中できるようにする為に、それらを明確で強い願望にすること

2)集中を妨げる障害を取り除くこと

3)集中力を高める為のスキルをもつこと

 

詳細は、下記の無料メールセミナーをご活用ください。

 

あなたの問題、課題に集中できるようにする為に、それらを明確で強い願望にすること (1)

誰でも、集中力を備えていると言っても過言ではありません。

その証拠に、誰でも経験していることがあります。

子供の頃、好きな遊びは、何もかも忘れているかのように、遊びに専念集中しています。
しかし、嫌いなものに対しては、すぐ飽きてしまいます。
集中が5分と持ちません。
好きなことや楽しいことには、驚異的な集中力をもたらすといことです。
イチロー選手は、子供頃の夢を実現しました。
それは、本当に望む強い願望だったからです。
友達の遊ぶ時間を少なくしてまで、願望実現のために、毎日練習をしています。

 

このことから二つのヒントが得られます。

好きなことはや、楽しいことには、集中できる。
また、心躍る夢には集中でき、継続できる。

即ち快楽には集中できる。

もう一つ、

「必ずできる」と思っている。

集中力を高める為には、明確で強い願望が大切であるといえます。

 

あなたが直感力を働かす目的は、何でしょうか?
それを明確にし、かつ強い願望にする必要があります。

強い願望にするヒントは、自分に次の問いかけをしてください。

「直感から得た情報が、どのような利益、恩恵をもたらすか?」

この答が、あなたにとった価値あるものでしたら強い願望に仕上げてくれます。

 

集中を妨げる障害を取り除くこと (2)

集中力を妨げる障害とは、心の緊張や恐怖、心配のネガティブな感情です。
マイナスの感情は、私達の思考をマイナスの感情を作る思考に仕向けてしまいます。
ですから集中ができなくなります。

その解消法は、前述の「能力2:ストレスや緊張を取り除く、リラックスできる能力」をご参照ください。

 

集中力を高める為のスキルをもつこと (3)

集中力は、どのようにすれば発揮できようになるかを解説します。

 

集中力に悩んでいる方から次のような相談を頂きました。

これは昔からなんですが 本を読もうとする時や、勉強しようとすると、すぐに気が散ってしまい、集中できなません。
本を読んでるつもりであっても 頭に入ってこない。
世間で言う所の学習障害というんでしょうか?
これを改善したいなと思っているのですが、どうしたら良いでしょうか?

 

私は、小学入学した頃 学校から帰り、自分の部屋に入ると、父が次のようなことを書き記していました。
机の上に ドリルが積まれていて紙にこのドリルは、ここから、ここまで。
次、このドリルはこうと、指示が書かれていました。
父の指導が、かなり子供心では苦痛でした。
このことが、勉強はしんどいものだという思うようになり、勉強が苦痛になったとい経緯があります。

 

一言でいうならば、集中力が悪い方はいません
集中できないのは、集中を妨げるプログラムがマインドにされているのです

そのプログラムは、あなたの潜在意識にされています。
潜在意識の特性として、なんでも『一般化』してしまいます。

 

例えば、このケースでしたら、

勉強は辛い。意識が散漫、集中できない。
<一般化>⇒私は集中力がない。…なんでも集中できない。

それでは、どのようにすれば勉強の集中力や継続力を高めることができるか。
勉強するのがいやだ!勉強がきらいだ!
当然、勉強は集中できなくなります。

 

どのようにすれば、この問題を解消することができるか。

それは、潜在意識に「勉強大好き」あるいは、

「私は、勉強中の高い集中力をもっています」と潜在意識にプログラムしてやれば良いのです。

これでOKです。

簡単ですよね。
しかし、潜在意識にプログラムを、どのようにすればできるのかが分からないからできないのですね。

それに関しては、下記の無料メールセミナーを参考にしてください。

 

 

集中力を上げる為の仕方を下記の記事を参考してください。

目標に向かく

 

集中力を培う簡単な方法

集中力には、大別すると下記の二種があります。

A.継続的に集中力を維持する。

B.その時、一瞬や一時期に集中力を高める

 

この二つの集中力は、どちらか一方だけを使うというものではありません。

それぞれの比重は異なりますがが、並行して使っていくことが多いといえます。

 

シルバメソッド・セミナーでは、集中力を高める簡単にできる記憶のカギのトレーニングや潜在意識を活用する三本指のテクニックが集中力を高める方法として活用できます。
また、αレベルに入ることは、気持ちを鎮め、ひらめきが浮かびやすい状態を作るだけでなく。
自然と集中力を高めることができます。

 

ここでは、1つお勧めの別な方法を紹介します。
このトレーニングを30日間続けるという決意のもとに行ってください。
そうすると集中したい時にしっかりできるようになります。

 

<集中力を培う方法>

a)部屋を暗くする

b)ロウソクまたは豆電球を用意する。それを目の高さで、1mから2mの距離に置く。

c)リラックスして、心の中で次のことを宣言します。

「私は、今から集中力を高めるトレーニングをします。

トレーニング中は無心で光を見つづけることができます」

そして、一途に光を見つづける。無念無想の状況で。

d)集中して見つづける時間は、1分から10分。

 

これを毎日、続けます。10日から2週間程続けると、実際の光でなく、今まで見続けたろうそくを実際には使わないで視覚化するだけでトレーニングに切り替えていきます。

このトレーニングを続けていくと、集中したいときに簡単に短時間に集中できることに気が付きます。

 

 

集中力を身に付ける基本は”心身一如”

集中力を高める訓練はいろいろありますが、集中力を身につける最も基本は、心の豊かさ(健全)と身体の健康を通して、心身一如の生き方をすることです。

 

心と身体はお互いに非常に影響する存在です。

 

ここでは、集中力を高めるために身体に関して簡単に触れます。
集中力を高める身体にするための要件は、運動と食事です。
この運動と食事の重要性に関して少しコメントをします。

 

具体的な進め方は、色々な書籍と、あなたの直観で自主的に学んでください。

 

●運動の効果を要約すると、

身体的行動(運動)が血液の化学物質を変え、血液中の化学物質は即座にメンタル面に影響を与えます。
体の中で脳の占める質量は2%にすぎませんが、エネルギーは全体の25%も使っています。
1/4の血液の供給は、いつでも脳を通じて流れています。

 

この事実からも運動行為がメンタル面に非常に影響を及ぼすことが推測できます。

 

運動の効果として下記のことがいえます。

・運動は感情をコントロールする。

・運動はやる気を注ぎ込む

 

●食事

西武を日本シリーズの優勝に導いた広岡元監督は選手の体質改善を徹底的に行ったことが非常に有名な話です。

例えば食事の面では、野菜は毎食たっぷりとらせる。化学調味料はいっさい使わない。
無添加薄口醤油、…。
そうして、選手をアルカリ体質に変えることを実践しました。
健康な人の血液は弱アルカリ性です。
反対に、病人は酸性であるといわれます。

 

消極的な感情の持ち主は、血液は酸性になり、ストレスがさまざまな病気を起こすことが知られています。
積極的な心の持ち方をすれば、血液はアルカリ性になっていくということです。
心と身体が影響しあうことが分かります。

 

このことからも、食事も非常に大切です。健康な身体と健全な心を作ることに大きくかかわりあうことが理解できます。

 

 

まとめ …直感力を高めるための集中力を高める方法

1)問題、課題を明確で強い願望と、集中力を阻害する障害を取り除く。

2)集中力を高める為のスキルを身につける。

3)集中力を身に付ける基本は心身一如である。

======================

 

 

主観的世界を感じられる心身とプログラム能力【能力3】

世界

以前にフィンドフォンのコミュニティで生活をしました。
自主的に毎朝、 5時ごろに一人で近くの丘(エネルギースポット)に登って、1時間程、スタンディング瞑想を行いました。
三本指でレベルに入り、グランディング(後に述べます)して自分のテーマに関して、心に問い掛けることを試みました。
さまざまな気づきとインスピレーションが出始め、回答が得られたという実感をもちました。
その時の感覚は回りの自然との一体感と、すがすがしい感じをもちました。

 

一例をあげると、

「心の壁を取り除くには?」
と問い掛けると、非常にシンプルな回答ですが、

「自分の心に誠実になり、素直に行動に表すこと。・・・・」
と返ってきました。

そして、それがどんどん展開していくのです。
毎朝1時間、自然から回答を頂きました。

この一時間は、心からの声(潜在意識からのメッセージ)が必ず得られるという確信の基に行っていたことに気づきました。

 

さて、直感力の発現のもとは、言うまでものく、あなたの潜在意識からです。
あなた自身が潜在意識から発信される信号に気づく心身を持つことが、本章のテーマの一つになります。

 

直感力:潜在意識から発信する信号を感じる心身にする為の二つの要件

その為には、次の二つが大事です。

(1) あなたには無限の力があることを深く信じる

(2)精神のエネルギーレベルを上げる…精神性を高める

では、この二つについてお話していきましょう。

 

あなたは無限の能力があることを深く信じる(1)

あなたには、もともと無限の能力があることを信じることです。

・・・・信じられない?

 

あなたがいつも使っているのは顕在意識です。
一方、潜在意識は、普通の方が意識的活用していません。
しかし、シルバメソッドでは、この潜在意識をコントロールできるように4日間で習得します。
この潜在意識を活用できると、どのようなことが可能になるか?
その一端を理解するために、前述しました潜在意識の3つの機能を確認しましょう。

 

潜在意識の3つの機能

1. あなたの今までの体験したことや遺伝として両親から引きついでいることは、全てあなたのマインドにあります。

しかし、ほとんど思い出せません。

それは潜在意識にあるからです。

従って、潜在意識は巨大な情報の倉庫といえます。
2. 第三者や物体、精神界と主観的意思伝達ができます。

つまり、潜在意識レベルでは、様々な物とのコミニケーションが可能になるといことです。

心理学者のユングは、これを普遍的集合意識と名づけました。

「意識の深いレベルでは、皆意識がつながっている」とユングは述べられています。

 

3. 高次の英知とも主観的意思伝達ができます。

 

この3つの機能は何を意味しているのでしょうか。

あなたの潜在意識は、この世の全て、全宇宙の存在とコンタクトすることができ、あなたが問題を解決する情報やパワーを与えてくれるということになります。

 

従って、あなたは顕在意識と潜在意識を活用すれば、無限の力を発揮できるということです。
しかし、それを信じなければ、その力は発揮できませんし、その力を使おうともしません。
また、その情報にも気づかずに、素通りしてしまいます。

 

それを信じることが難しいから、なかなか上手く活用できないと思っている方も多いでしょう。

 

まずは、あなたに無限の力があるのだと、あなたが自覚することが最初のスタートです。
あなたは、その無限の力を信じるにはどうすればよいのか?

 

では、すぐできる実践方法を二つ紹介します。

直感力を引き出す為の無限の力を信じる二つの実践方法

①上記の機能に関わる体験を重ねることです。
シルバメソッドの卒業生は、このことをテクニックを活用し、成功体験を重ねることにより、実感していきます。
ここでいう成功体験とは、主観的世界にプログラムをして、その結果を得たことを言っております。
どんな小さなことでも望む結果がもたらされたことは、成功体験です。
それを蓄積することが一つの方法です。

その過程で、あなたの無限の力が働いているのだと確信を培っていくのです。
②無限の力を保有していることを潜在意識にプログラムする。
合わせて、顕在意識に何度も何度も認識させることです。

その言葉は、
『わたしは、私の強く願う願望の実現や解決したい問題を解決する無限の力が備わっています』

この言葉を日頃から、プログラム(アファーメーション)していく中で「無限の力」があなたの中にあることを信じることができるようになっていくでしょう。
また、それを唱えているときに、不安や心配、恐れが徐々に消えていくことに気づいていくでしょう。

 

ここで、大事なのは”無限の力”があなたにあるということを認識し、確信することです。

 

直感を引き出す為に精神のエネルギーレベルを上げる…精神性を高める(2)

いかなる物質もあなたの思考もエネルギーであることが、現在の科学で実証されつつあります。
前述した力もエネルギーといってもよいでしょう。
そのエネルギーを受け取ることができるあなたになると、無限の力が活用できるようになります。
それは、あなたの潜在意識を活用できている状態でもあります。

 

それが活用できない状態とはどんな状態か、それは低いエネルギーのときです。
言葉を変えれば、精神性が低いときです。

 

その状態は、いずれも強い心配や不安、恐怖、憎しみ、羨む、執着心、自分を卑下しているとき、イライラ等です。
こんな時はエネルギーが低下しています。

 

あなたがエネルギー・レベルが下がっている状態かどうかを確認するには、喜びを感じられない、快活でない、なんとなくすっきりしない、素直に感謝をもてないそんな時はその兆候にあるといえます。

 

エネルギーを高めるには何を心がければよいか。
下記の6つの実践をすることです。

 

精神レベルを高める6つの実践

1)自分の好きなことを行う

2)自分の心の声を聞き、あらゆることへの感謝の気持ちを持つ

3)心が穏やかであり、心身のリラックスのし方を知っている

4)否定的感情・考えを捨てる

5)今に生きる

6)置かれている状況や環境は、必然であることを知り、良い方向に進みつつあると考える

 

エネルギーが低い状態の時は、まさしく、この6つの項目と反対のことをしているときです。

 

エネルギーのレベルが高い人は、いつも至福を味わっているように見えます。
そして、無限の力を信じているので、心が穏やかで、気分は快活です。

 

あなたは今どのような気分ですか?
もし、気が滅入ってたり、不安や心配を感じたり、苦悩していたり、苛立っているようならば、あなたのエネルギーは下がっているでしょう。

 

「エネルギーを高める6つの実践項目」の内容

至福な気持ちをもてるようにする一つの重要なポイントは、人生の目的を明確にすることです。
平たくいうならば、”自分が好きなこと”を明確にすることです。
その人生の目的に向かって前進すると、喜びに包まれます。
人生の目的に向かっていくことは、エネルギーレベルを高める方法です。

 

あなたは、周りの人の目や、自分の成果を気にするのをやめ、人生の目的に即した行動に集中することです。
その過程があなたに至福をもたらしていることに気づくでしょう。

 

“全てのことは、必要があってあなたの前に用意されている”
ということを信じることから始めることは、あなたのエネルギーレベルを高めることになります。

いい事も、悪いことも全てあなたがそこから学び、成長するために、用意されているのだということです。
そのことにより、あなたは人生の目的に邁進できるのです。

 

更に、あなたは全てに対して、感謝と愛と寛容の気持ちが自然に沸いてきます。

もし、それとは逆に、あなたの前の火の粉に対して、怒り、憎しみ、不安、恐怖を感じるようでしたら、いつになっても至福はもたらされません。
心の平安ももたらされないでしょう。
その状態はエネルギーレベルが低い状態だからです。

このことは、あなたの心のもち方一つできまります。
エネルギーレベルを高めたいと思うならば、

“全てのことは、必要があってあなたの前に用意されている”

ということを信じ、その時の自分の課題を知り、ポジティブに考え、実践してくことによって成長することです。

 

この目的に意識の焦点を合わせれば、全てのことは、あなたに喜びをもたらします。

 

このことは、あなたが「至福になる」という目的意識をしっかりと持つことです。
それで、決まります。
その目的意識のもとに日々実践することを心がけることです。

 

そして、もし、出来事から何を学べばいいのか分からなくなったら、心身をリラックスし(脳波アルファ状態にし)、無限の力と一体になっていることを感じれば、その回答が得られます。

 

しかし、多くの方は、それは分かったといいながら日常生活では、その目的に意識を集中せずに、いつもの自分の見方をして、自分のエネルギーを低くしています。
ここで大事なことは、至福になるという目的に意識を集中すると”決意”することです。
どうしたら、その状態になれるかということではなく、そのように意識を向けることを日頃実践することです。
そして、至福な自分を潜在意識にプログラムをしていくことです。

 

さて、直感力の発現のもとは、あなたの潜在意識からです。
あなた自身が潜在意識から発信される信号に気づく心身を持つことがテーマの一つになります。

 

その為には、次の二つが大事です。

・無限の力があることを深く信じる

・精神のエネルギーレベルを高める

 

以上のことによって、あなたは主観的世界につながり、全ての客観的と主観的両世界の一部であるあなたに、求めている力を与えてくれます。

その現れ方の一つが直感といえます。

 

まとめ …直感力を高めるために、主観的世界を感じられる心身にするには

(1) 無限の力があることを深く信じる

(2) 精神のエネルギーレベルを上げる…精神性を高めることである。

======================

 

 

自分と違う考えや物の見方を受け入れる能力【能力4】

受け入れられる度量(1)

受け入れる

受け入れられる自分とはどのような状態か?
基本は二つです。

 

1)「あなたの身の回りに起きる全ての出来事は、あなたの為に用意されている」という真理を認めることです。

これは前章で述べました。
このことに気づいているほど生きていくことが楽になってきます。
全ての出来事から学びとるという真摯に素直な自分があれば、おのずとそこから学びと感謝が得られ、成長してゆくのです。

 

2)素直に受け入れる自信を持つ⇒即ち自尊心が高いともいえます

その素直さはどこから得られるのか、一言でいうならば、あなたは「自分のことが好きか?」と問われたら、すぐに”好き”と答えられる自分になることです。

即ち自尊心の高い自分です。
そうすると、自分が更に成長するために、周りのこと、主観的次元の情報を含めて、受け止める姿勢ができることになります。
また、他人との比較をするのでなく、自分は自分であると自分に立脚して物事を考えます。

 

しかし、自尊心が低い場合は、疑ったり、何も信頼ができなかったり、拒否することが多く、行動には移せないことになります。

 

前述で紹介したエネルギーレベルを上げることは、自尊心を高めることにつながります。
そして、非常に簡便な方法をここでは紹介します。
是非、実践してください。
その結果、素晴らしい自分発見ができるでしょう。

 

自尊心を高める簡単な方法

①自分の好きなところ(心身、振る舞い、能力、他)、 嫌いなところを紙に列挙します。

もしかすると嫌いなところは、たくさん出るかもしれませんが、好きな所はなかなか出てこないという場合もあります。
しかしどちらも、大小問わずに30個は列挙するんだという気持ちで考え、書き抜いてください。

 

②次に、自分の好きなところの中から、最も好きなところを2、3個ピックアップして、それを心身リラックスして(脳波アルファ状態にし)、イメージして、浸ってください。

あなたの好きなところを思い出すメンタル・リハーサルします。
そうすると、自分が認められ、好きな自分が心の中で大きくなり、否定的な自分を小さくしてくれる方向に歩みます。

 

是非、実践してみてください。

 

心身の感度を高めるグランディング・テクニック(2)

さて、さまざまなことを受け入れるということは、適切に受け止められるということです。
このことを例えで説明すると、2本の足がしっかりと地についていなければ、ふらついて受け止めることができません。
それと同じように、主観的世界にのめりこみ、精神と肉体とのつながりがなくなってしまうと、せっかく入ってきた情報を受け止めることができません。
そのために、主観的世界と客観的世界がしっかりとつながっていることが大事です。
それにより、潜在意識から情報を受け止めることができると共に、肉体の感性が高まり情報を感じる力が高まります。

 

その”地につく”状態にするには、瞑想で使われるイメージのテクニックのグラウンデイング法の簡便な方法があります。

 

グランディング強化の仕方の一つ

レベルに入って、尾低骨のところにある第一のチャクラからコード(ひも)を地球の中心に伸ばし、その中心に固定するというイメージを作ります。
そのコードは太い大木の幹を想像してもよいです。

 

グラウンデイングしているような感覚は、少しからだが重くなったような感じ、体の密度が高まった感じがして、安定感を感じることができます。

 

このグラウンディングができていないと、ちょっとしたことで、驚いたり、動揺したり、舞い上がったりしてしまします。
グラウンディングができると、肉体の感覚が鋭くなってきますので、直感的に感じやすくなります。

 

まとめ …自分と違う考えや物の見方を受け入れる能力を持つ為には、

1)「あなたの身の回り起きる全ての出来事は、あなたの為に用意されている」という真理を認める

2)自分が好きだといえる自尊心を高めること。

3)心身の感度を高めるグランディングを強化する。

肉体がしっかりと地についていること。
その為の簡単なテクニックに、グランディング法を実践。

 

以上

決断、決心する為の要の直感力を効率よく高め方、潜在意識の活用の方法を理解する為に、下記のメールセミナーまたは、クイック体験セミナーをご活用ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

潜在意識の活用の仕方を知りたい方は、下記を参考にしてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの潜在意識を活用して、ビジネス、人生、学業、等の願望実現が 必ず実現する方法とは?
世界110カ国1400万人以上が効果を実感した潜在能力開発法シルバメソッドの講師が語る。普通人が「ハッピーな成功人」になるレッスン潜在意識シルバメソッドのメールセミナー
無料メールセミナー登録
即、体験したい! 自分の課題や願望に対してどのように実現するのかを、直ぐ知りたい方 は、クイック体験セミナー潜在意識シルバメソッドの体験セミナー
クイック体験セミナーの申込

\ SNSでシェアしよう! /

マインドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マインドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

林 幹雄

林 幹雄

■潜在能力開発法:シルバメソッド・ジャパン代表
■シルバメソッド国際公認講師(講師歴29年)  ■経営コンサルタント
33年前にシルバメソッド・セミナー受講。研究開発、事業企画でアイデア発想、難題解決や目標達成にテクニック活用し、自信を培い。20年勤務した会社から離れ、脱サラ経営コンサルタントの道へ。ここでもテクニック活用、目標達成、様々な課題を解決してきました。今日の自分があるのもシルバメソッドのお陰。多くの方に伝えることに邁進しています。<詳しくは、右記のボタンをクリック>

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事ができる人とできない人の決定的な差は? それがビジネス成功の秘訣でもある!

  • 思考転換…心配、不安をプラスの感情に瞬間的に変える簡単な方法

  • 仕事に行きたくない時はどうするべき?

  • 仕事における集中力が続かない原因と高める方法

関連記事

  • 仕事中、眠気が生じ集中できない!眠気解消 集中力アップ6つの改善法

  • 集中力を高め、勉強や仕事の能力を劇的に高める4つの方法

  • ビジネスの壁ぶち当たり、窮地に立たされ時を打開する5つのブレークスルー法

  • 先延ばし癖の4つのタイプと改善法:これはビジネス成功の要だ!

  • OLが3秒で仕事のモチベーションを上げる方法…やる気がでない時、落ち込んでいる時

  • ビジネスの苦境・逆境をチャンスに変え、成果をもたらすシンプルな3つの法則