1. TOP
  2. 未分類
  3. 人間関係のストレスと不安で眠れないあなたへ

人間関係のストレスと不安で眠れないあなたへ

 2018/06/21 未分類   3,537 Views
自然な眠り

職場や家庭での人間関係で、ストレスや不安を抱えている人は多いです。

人間関係の問題は、基本近い距離で接している人達の間で起こります。関係者間の心のズレや違和感、価値観の違いなどの積み重ねによって、ストレスを抱えていきます。

どちらかが勝者、どちらかが弱者となるか、或いは同等に張り合うか、いずれにしても弱者の人は、大きなストレスを抱え、夜眠れないほどになってしまう場合もあります。

この問題は、単純にコミュニケーション能力の問題や相性の問題ではなく、もっと別なところに問題があることが多いです。

本記事では、この人間関係の問題を改善する4つのプロセスをご紹介します。

 

人間関係の問題で眠れない程のストレスや不安を感じていませんか?

職場や家庭での人間関係が不和の場合、一緒にいたり接する時間が長い分、より苦しい思いをしますね。それによって眠れない辛さを、少しでも軽くして良質な睡眠につなげていくための方法です。

 

職場、家庭では、理不尽な問題も生じる

上司、同僚、部下など、職場での人間関係によるストレスや不安を抱えると会社へいくのが億劫だったり、仕事に集中できなかったりします。

あなたは、次のような心当たりがありますか?

  • 言いたいことが言えず、いつも心の中に抑えこんでいる。
  • 周りに気を遣って、他人優先、自分は後、一見いい人で我慢していることが多い。
  • 指示した通りにできていないことが多く、イライラしてつい罵倒してしまう。そんな自分が抑えられない。
  • 自分はなぜか疎外感を感じていて、いつも悶々としている。
  • 「あの人からこう思われているのではないか?」といつも自分の評価が気になっている。

これらのことは、組織、上下関係がある限りきっとなくならないでしょう。

しかし、理不尽な事といえば、例えば

  • 上司のイライラのはけ口として、勝手に約束を破ってくる。
  • 上司のせいなのに、なぜか自分のせいになっている。
  • 評価を気にしていることを逆手に、次々と上司がやるべき仕事を自分に押し付けてくる。
  • よかれと思ってやっていることが、はじめは感謝されていたのに、いつの間にかおせっかいな奴だと陰口を叩かれていた。
  • えこひいきされていないので、人一倍の努力をしないと評価されない。
  • 私がサポートをして部下に点数を稼がせたのに、部下はちゃっかり全部一人でしたと私の上司に報告していて平気な顔をしている。
  • 何がいけないのか何も言わずに、意地悪としか思えないような声掛けばかりして、私の集中力を妨げてくる上司。

このような理不尽なことが続いているとしたら、きっと人間不信になって、仕事のやる気がそがれてしまうのではないでしょうか。しかし、簡単に仕事を止めるわけにはいかず悩みますね。このようなストレスを感じて、日々働いているとしたら、気持ちが暗くなり、憂鬱になり、夜も眠れない日があって当然でしょう。

このストレスが上手に解消できなくて溜まっていくと、仕事に支障をきたしたり、健康にも大きく影響してしまう恐れがあります。

 

一方、家庭では、夫婦関係に姑との関係、親子関係といろいろありますが、どれも関係が悪いと家での居心地は当然悪いですね。関係が悪い当人同士の他に、それ以外の家族も辛い思いをします。家族全員がストレスを抱えてしまいます。

 

これらの人間関係の問題を改善するのは、一概にコミュニケーション能力のなさとか相性の悪いだけとは言えません。コミュニケーションも非常に重要ではありますし、相性もあるでしょう。しかし、その他にも改善に向けて使える「能力」があります。

その能力はだれでも使えるものです。ただ、学校で教えてくれる能力ではないので知らない方がほとんどです。

 

本ブログでは、これらのような心の居心地の悪い人間関係の問題を解消する特別な「能力」についてお知らせします。

その特別な「能力」を活用した方法では、単にコミュニケーションの問題では解決できなかった上司からのいじめ克服や、夫婦関係の改善、親子(夫と子供)関係の改善ができています。

また、この方法では、敵視している相手に対しても理解してもらえやすいコミュニケーション力も高まってきます。

 

その結果、家庭は平安で居心地の良い場に、職場は遣り甲斐ある場になっていきます。

 

人間関係は、誰でも抱える三大悩みの一つ

あなたは次の悩みの内、どれか1つは多少なりともお持ちではありませんか。

ビジネス(経済的含む)の問題、人間関係の問題、健康の問題

 

しかも、この三つは、相互に影響し合います。

職場の人間関係のこじれは、仕事に健康に、ともすれば家庭にまでひびいてきます。仕事を辞める辞めないの話になれば、経済的問題にまで発展してきます。また、家族関係のこじれも、家族がバラバラになるかもしれないという大きな痛手を負うことにまで発展するおそれがあります。

問題が大きくならないよう、我慢する人が多いのも事実です。収入上の問題があるので我慢して会社で仕事をし、人と付き合い、ストレスを感じながら仕事をしなければならないということですね。

 

人間関係のストレス度は非常に高い

ワシントン医科大学のトーマス・ホルム博士らによる研究により、生活の場で経験するストレスの量や、心理的動揺の度合を測定する方法を考案しました。

その「ストレス尺度表」によると

■一番ストレス値が高いのが100…配偶者の死亡
家庭

■それ以外の家庭の人間関係に関しては

 離婚…73(2位)、配偶者とのよりをもどす…45、

 夫婦喧嘩の頻度の変化…36、配偶者の家族の者とのトラブル…29

職場

■職場の人間関係

上司との間のトラブル…23、

仕事であるからこそ人間関係に関連する問題として

 失業・解雇…47、 職業上の変化(職場の移動など)…39

 経済上の変化(大金の出費など)…38    転職…36、

 職責の変化…29、    勤務時間・条件の変化…20

この表に表記されている43項目の内、21個は人間関係の問題でほぼ50%半分を占めています

ストレス度が一番低いのが:法律上の軽い違反行為…11 となっております。

 

それだけ、人間関係の問題は多く、かつストレス度も高いことがこの研究からもわかります。

 

このことは、人間である以上は、避けられません。

しかし、人間関係の問題が一生続くわけではありません。それは時間が解決するといってもいいのですが、自分が当事者である時には、時間は長く感じるものです。

1日でも早くそれを解決したいと思いませんか。

 

この人間関係の問題は、一生続くものではなく解決できる課題として扱っていきましょう。

その課題を解決すれば、あなたは夜寝られるようになり、さわやかな朝を迎える日がくるでしょう。

 

職場、家庭の関係改善の事例

 ■職場の上司の理不尽な”いじめが、3週間で改善、健全な関係へ!
私が営業し、契約あと一歩というところで、上司が「お前が契約を取ってきても、ちっとも嬉しくない」と平気な顔をして、 その案件を別なスタッフに移してしまうという”いじめ”が続いた。その関係を一つのテクニックを活用して、3週間で改善、上司との関係も健全化に成功した。この体験で 本当に願う事は確実に実現されるものだと知りました。…女性 40代 福岡県 会社員
 ■離婚や別居の話も出ており離婚届にサインまでしていた。

それが仲の良い夫婦に! …
私は、主人と”夫の両親や家族、女性問題”で喧嘩が絶えず、お互いに顔を合わすのも嫌なくらいでした。 離婚や別居の話も出ており離婚届にサインまでしていました。シルバメソッドを受講して、自分の思考癖に気づき、それも原因であることに気づき、プラス思考への改善と『夫が私に夢中になっている』イメージを描き続けました(笑)。その結果、夫婦関係が仲良く楽しくなる関係にもどりました。 …40代 アーティスト 埼玉県

 ■離婚も視野に入れていた夫婦が、マインドの鏡で今は夫婦円満に!
私達は結婚してから、とにかく夫婦喧嘩ばかりでした。正直、主人と一緒に居るのが嫌になる事も多かった為、離婚も視野に入れていました。そんな時、シルバメソッド受講して、「わたしの望むものは家族3人で楽しくいることだ」といことに気づき、このことが自分でも、とてもびっくりでした。 更に、私は今まで『素直では無かった』と気づきました。マインドの鏡で、三人で楽しく笑いながら「おいしいなぁ」と言って、食べている所を思い浮かべました。その通りの展開、今は幸せです。  …31歳 主婦 兵庫県

 

問題にネガティブ感情を持つのは、あなた自身です

あなたの思いは、あなたの選択

あなたに生じる問題は、現象にすぎない

問題を悩んでばかり不安に感じているばかりでは、なかなか解決しません。

悩み不安でいる時は、心は緊張し萎縮し、知恵もわかず、頭の回転も遅くなります。人によってはうつ状態になる場合もあります。解決策をなかなか思いつかず、思いついても行動に移すまで時間がかかります。

 

ここで、確認しておかなければいけないことは、『これは問題だ!大変だ!』と思っているのは、誰かということです。

 

あなたが問題だと思っていることは、あくまで「現象」です。

起こっている「現象」に、本来、良い、悪いはないのです。

それに意味づけして、良い悪いを判断しているのは、「私」や「あなた」だということです。

そして、起こった現象に対して、私が「悪い」「イヤ」と思えば、不安やストレスを作りますし、逆に「良い」「嬉しい」と思えば、その問題を積極的に解決する方向に考え、行動していけます。

 

「現象」に対して、感じ方は人それぞれです。しかし、いかに感じたとしても、その後、それをどう受け止めるかは「あなた次第」だということです。

 

問題を悪いことだと決めつけているその正体は何か?

更に、もう一つ、その起きてしまった「現象」や起きてしまうかもしれないことを「悪い(イヤ・困った)」「良い(好き)」と反応しているその正体は何か、ご存知ですか?

それは、あなたが意識的に活用していない「心の深いところ」にある記憶、それに従ってあなたは単に反応しているのです。

「心の深いところ」とは、あなたの「潜在意識」のことです。

潜在意識は、普段、意識的には使っていませんが、無意識にはいつも使っています。

即ち、習慣やクセなどは、その潜在意識の記憶に従って反応するので、その記憶に従って考えたり、行動したりしているのです。箸の持ち方や言葉遣い、歩き方、態度、考え方など、これまでにあなたの心とからだが体験したこと感じたこと、すべてあなたの潜在意識に記憶されていますので、その結果の現れだということです。

ですから、その記憶された(した)情報に反応して、あなたは無意識に「イヤ」「好き」など感じ、そういう行動をしているということです。

 

あなたに起こった現象を悪いことだと反応するのは、あなたの潜在意識に「その現象は悪ことだ」と記憶されているからです。

だから、逆の場合ももちろんあります。「その現象は良い」ことだと感じる人もいるということです。

それは、これまでそのような現象を乗り越えられてきた人や「大したことではない」「なんとかできるかも」という記憶が潜在意識に記憶されている人達です。人間関係のストレスを上手く切り抜けられた成功者たちということです。

 

彼らは、そのストレスを解消する、或いは、悪い関係を改善する(成功する)まで、数多くの失敗を重ねてきたことでしょう。もしかすると、自分の経験ではなく身近な他の人の経験から学んだ場合もあるかもしれません。

勿論、なかなか上手くいかない、失敗した時には落ち込んだこともあるでしょう。しかし、最善を尽くした結果、或いは「失敗は、成功につながる糧だ」と考えてあきらめなかった結果か、わかりませんが、その体験から学んだ結果の反応です。

どんな問題でも、それを乗り越えてきた(それぞれに成功してきた)人達の潜在意識には「問題が起きた以上は、ありがたいこと。チャンス。」だと捉えるようにしているので、前向きにトライしていこうと決意するのです。

 

ですが、悪い人間関係の渦中にある人は、そのような解決できたという免疫(記憶)がないので、「私には無理だ」と思われるかもしれません。しかし、成功した人達もはじめは同じです。はじめからできるとは思えなかったこともあるでしょう。このような問題の改善には、前述の特別な「能力」の使い方、それを知っているか否か、情報の有無が大きく影響してきます。

 

「問題」は、あなたが成長する為に準備されたもの

さあ、このような「問題」と感じてしまうことがなぜ起きてしまうのでしょうか。

私たちは、はじめからなにかも完璧にできるわけではありません。この人生はオギャーと泣いて生まれたことから始まりました。それから言葉を覚え何度も転びながら歩き始めました。このようにからだを動かすことから始まり、メンタルの面でも、いまだに学び続けています。

 

ですから、この人生は問題集です。

あなたがさまざまなことを学ぶ人生だと考えた方が人生は楽になります。次から次に問題ばかり起きてイヤだ!ではなく、私たちは完璧ではないので問題が起きるのは当たり前と捉えて生きたほうが、多くの事が学べて成功しやすくなります。

あなたも人間関係で「問題」を抱えていれば、それはまず「成長できる」「良かった」こととして受け止めるように努めましょう。それが解決に向けての一歩前進につながっていくからです。

 

仮に、職場でいじめにあっていても、上司から邪険に扱われていても、

家庭で、喧嘩が絶えなくても、姑にいじめられていても、夫婦関係が悪くても

そこから学び、成長する機会が与えられているのだと考えましょう。

 

今はそう考えられなくても、希望の光が見えてくるようになります。

読み進めて実践してみてください。

 

 

では、どのようにすれば良いのか? それを次の章でお話していきます。

 

もし、あなたが上記の事例のような問題を抱えていて、現在、お手上げ状態だったとしても、それでもあなたが何とか解決したいと思っているならば、それを解決できる特別な「能力」をあなたは備えていることを知ってください。

 

 

あなたの心の深いところを使い、人間関係の問題解決方向を知る

深い心を知る

人間関係を改善する方法は、一般には良いコミュニケーションだと考えますね。

そのスキルを身につけましょうということを、ここでは言うつもりはありません。

とはいえ、コミュニケーションは人間関係においてとても重要です。その潤滑油であるコミュニケーションスキルを磨くことはお勧めします。

 

しかし、前述した理不尽な行為の事例の場合、コミュニケーション力だけではなかなか解決できないのも事実です。

改善までに非常に時間もかかるでしょうし、改善まで心とからだが耐えきれるかという問題もあります。

 

また、何故、コミュニケーションだけでは難しいかというと、相手がすること(いじめたり悪口をいったりすること)は、その人のクセ、習慣だからです。

人のクセを改善するのは容易なことではありません。人をコントロールすることはできません。

本人がその“悪いクセ”に気づいたとしても、そのクセを変える方法を知りません。

本人が唯やれることは、意識してその行為をやらないことです。しかし、クセですので、その行為は、あるキッカケで無意識に行うことになります。その結果、その行為がそのクセを強化することにもなります。

 

本ブログでの人間関係の改善は、上記のような理不尽な内容の問題の改善まで可能にする可能性の高い方法です。また、コミュニケーションにも良い影響を示す方向でもあります。

 

なぜ、そのようなことが可能なのかを次に説明しますね。

 

問題を解決する為に、潜在意識の二つの働きを活用する

この問題解決には、あなたが普段、意識的には活用していない意識、潜在意識を活用していきます。

(普段意識的に活用している意識は、心理学用語では顕在意識、表層意識と呼ばれています。)

それには二つの目的があります。

①ポジティブな自分に変えること。

被害者意識に捉われたすぎたネガティブな自分ですと、心が萎縮して建設的な考えや行動がとれません。

そして、それが相手にも伝わり、多くの場合、改善の方向には向かわないことになります。

なので、今、人間関係上の問題をネガティブ考えずに、ポジティブにとらえていく必要があるから、前向きな自分に変えていきたいのです。

 

②あなたが望む関係を引き寄せること。

潜在意識は、あなたが望む方向を引き寄せる力を持っているということです。

 

 

では、以上の二つが何故できるのかを説明していきますね。

 

その前に、実は世の中で成功している人や天才と呼ばれている人達の多くは、実は潜在意識を活用している人達です。

それを人間関係の問題を解決する為に活用しようとしているのです。

これは、誰でもできる方法であり、その能力は既にあなた自身にも備わっています。

ただ、活用の仕方を知らないので活用していないだけなのです。

 

ですから、その能力は今、抱えている問題だけでなく、その他のあなたの願望にも使えるのです。

それを知ったら、少しワクワクしてきませんか!

 

 

人間問題での不安を解消し、悩まない自分になる為には

元気で、やる気

前述説明しましたように、あなたの「こまった」「たいへんだ」という思いは、あなたの潜在意識の記憶に則して反応したもので、そのようなネガティブな思いになってしまうのだと言いました。

当然、頭ではマイナスに考えるのでなくプラスに考えて「できる」「解決できる」と考えた方がいいと分かっています。しかし、思ったようにはいかず、問題が生じた時、マイナスの反応をしてしまうのです。

 

それは何故でしょうか?

 

それは、潜在意識の力は、顕在意識の力の二乗に比例するぐらいに強いからです。

その為、頭で考え(=顕在意識)「プラスに捉えよう」と思っても、潜在意識の力が強いがために、その記憶に則して「こまった」「たいへんだ」という思いが勝ってしまうのです。

別な表現でいえば、それがクセ・習慣なのです。

 

では、そのように考えてしまうクセや習慣にどう対処していけばよいのか?ということです。

それをがんばって意識して変えていこうとするよりも、もっと効果的に効率的に時間的にも短くスムーズに変える方法が、次のようなやり方です。

まずは、心とからだをリラックスして、脳波をアルファ波にします。そして、あなたが望んでいる状態を、言葉、またはイメージする方法です。これを何度も繰り返して、あなたの潜在意識に新たに記憶させていくのです。

脳波をアルファ波状態にすると、潜在意識とつながる状態ができますので、効率良く潜在意識に記憶していくことができます。このように新しい記憶を入れていくことを「プログラムする」と言います。

 

これに関して詳しくは、下記をご参照ください。

↓ ↓ ↓

 

 

あなたが望む関係を引き寄せるには?

引き寄せる

前述の体験談のようなことが、何故起こるのでしょうか?

 

それは、潜在意識の3つの機能(働き)から説明がつきます。

このことは、最近の量子力学でも説明されています。

量子力学では、全ては、エネルギー・波動だと明確に説明されています。

 

その波動の法則の一つに、共鳴現象があります。

簡単に言えば『類は友を呼ぶ』という法則です。

例えば、自分と親友のAさんがケンカして、なかなか仲直りできなかったとします。それでは心の居心地が悪いので何とか仲直りしたいとします。そこで、イメージ上で良好な関係をつくります。それを繰り返している内に、実際に誤解が解け、元のような良好な関係が引き寄せられるということです。

これが共鳴現象です。

前述の体験談の事例は、この法則の働きの結果だと考えることができます。あなたの課題に対しても少し可能性を感じて頂けましたか。

 

さて、潜在意識の3つの機能の一つに、主観的コミュニケーションというものがあります。

有名な心理学者ユングは、これを普遍的無意識と呼んでいます。

彼は、意識の深い所(潜在意識)で全ての意識はつながっているだといっています。

 

ですから、潜在意識を使うことによって、第三者の潜在意識と交信ができるということです。

これを使って、あなたが望む状態をイメージすることで、その状態を引き寄せることができる可能性があるのです。

但し、あなたが望み、かつ相手もあなたと同じ状態を望んでいる場合です。

 

相手をコントロールできるのかという疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、相手をコントロールすることはできません。

望む状態が叶うということは、相手も心の中ではそうありたいと思っている状態のことです。

お互いの望む状態が引きあってこそ、引き寄せることが可能なのです。

 

もし、相手が今、望んでいないならそれは引き寄せられません。

例えば、病気の人の場合。基本「健康になりたい」という思いがありますので、病気の改善や健康回復は可能性が高いです。誰も「病気になりたい」という思いは、まずありませんからそれは引き寄せられません。

また、上司がいじめているとしても、人間である以上心の奥では、それは不自然でよくないという思いをもっているはずです。ただ、上司がこれまで生きてきた環境から、上司の潜在意識にそうしてしまう記憶が入っているのかもしれません。

しかし、上司と部下であっても、平和で愛のある関係は誰でも望んでいる状態です。ですから、それを実践することで引き寄せられる可能性は十分あると考えられます。

 

これに関しての詳しい内容は、下記をご参照ください。

------------------------

★あなたの潜在意識活用の仕方の理解の為に、無料メールセミナー10回をご活用ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

では、具体的にどのようにしたらいいか、ご紹介しましょう。

人間関係の不安やストレスから解放される具体的な方法は

 

人間関係、改善の基本ステップは次の4つです。

①不安ストレスで眠れない自分を眠れる自分にする。

②ネガティブな思いを解放し、ポジティブな思いに変える。

③望む結果を心の深いところ(潜在意識)にイメージし、プログラムする。

④直感で感じたことや気づいたことを行動に移す。

 

 

①不安で眠れない自分を眠れる自分にするために

いつも関係の悪い相手のことが気になって、不安やストレスにさられている時には、どこか気が張っていて心が休まりません。眠れない状態をなんとかしたいけれど、その気力も湧かずただただ辛い気持ちが心を占領しているかもしれません。

まずは、あなたの心を癒しましょう。ストレスを少しでも解き放ち少しでも眠れる時間を増やしていきましょう。

その為に、次の二つのことを試みてください。

 

■ストレス解放・心を癒す瞑想のススメ

瞑想

この瞑想は、とても簡単です。必要なことは実践する時間(約15分)のみです。

誰にでもできます。

 

次の手順で実践してください。

1)心とからだのリラックスをします。

静かな場所で、椅子に座り(横になっても良い)目を閉じます。

心とからだをリラックスさせるために、深呼吸をします。

呼吸を大きくゆっくり吸い、できるだけゆっくり吐きます。腹式呼吸ができる方はしてください。自分の呼吸に意識を集中してください。

できれば、深呼吸は最低3回位行ってください。

 

この時、脳波がアルファ波状態になることが望ましい状態です。

しかし、はじめての方は、脳波のことは気にせずに、自分の呼吸に意識を集中させるだけで大丈夫です。

目を閉じるだけでも脳波はアルファ波に近づいていきますから。

 

深呼吸を数回続けていると、あなたの体、特に手のひらや足の裏などが若干温かくなるでしょう。

息を吐くときに、手のひらからモヤ~とした触感を感じられる場合もあります。

 

脳波をアルファ状態へ誘導する方法は、下記を参考にしてください。

↓ ↓ ↓

 

2)呼吸にだけ意識を集中して、この状態を約15分位保ち続けてください。

呼吸に集中するというのは、息を吸う音、吐く音を聞こうとして耳を澄ますとより集中できます。ここでは苦しくない程度にゆっくりとした呼吸をします。

もし、いろいろな雑念が出てきたら、それに対して考えようとしないで、ひたすらその雑念を一瞬で消して、呼吸に意識を集中します。

雑念を一瞬で消すのは、アニメの世界を真似してください。出てきた雑念を消しゴムで一瞬にして消す、とか、ホースで水を流し雑念を流すとか、雑念を透明にしてしまうとか、ちょっと吹き出してしまうようなやり方でも構いません。そして、消したら自分の呼吸に意識を集中します。

(尚、次の③で描く、望む自分のイメージをここに取り入れて、喜びに浸ってもよいです。)

 

3)終わり方

次のことを心の中で宣言して目を開けます。

「これから大きく3回深呼吸することによって、気持ち良く目を開けます。

十分睡眠をとったときのように気持ち良く、爽快な気分です」

 

実際に、3回深呼吸して、目を開けます。

そして、背伸びをしながら「爽快な気持ちで、すっきりしています」と宣言されるとよりベストです。

最後に、宣言する言葉は、このような意味を含んでいる言葉であればあなたの言葉で宣言して構いません。

 

眠れない内は、できれば毎日3回位実践されることをお勧めします。朝起きた時、昼食後、眠前などがお勧めですが、あなたがとれる時間帯で構いません。しかし、忙しい場合には、1日1回でも良いです。いずれにしても実践する時間帯を決めた方が習慣にしやすいです。

眠れない時に15分にとどまらず時間を伸ばして実践してみてもよいです。寝られないことを気にして心配やイライラしているよりも全然良い時間を過ごすことができます。

 

■熟睡できる状態にするための段取りをしよう

熟睡

睡眠は、疲れやストレスを取り、やる気を高める為に大切です。また、睡眠によって日中の記憶の整理がなされるようです。

睡眠は、主に次のことを睡眠中に行っています。

・睡眠中、脳は前日の記憶の整理をする。

・脳に溜まった老廃物の排出をする。

・心や体のストレス、疲労を取り除く。

 

十分に睡眠が取れない状況では、脳はこうした作業を行うことができず、結果として意識散漫状態ややる気の低下をまねいてしまう可能性があります。

特に、仕事や人間関係などで不安やストレスを溜めすぎていると、呼吸が浅くなり、夜中目が覚めて問題のことを思いだして眠れなくなることもあります。しかし、私たちの身体は良くわかっています。本当に睡眠が必要な時には、からだの方から睡眠を要求してきます。

ですから、寝られないこと、熟睡できないことを気にしすぎないでください。いずれ寝られるようになると信じて、夜間、寝られない時には、まずは、先ほどの瞑想を実践してみてください。

 

そこで、不安・ストレスを感じ眠れない状態を、熟睡できるようにする為に、さらにできることは環境を整えることです。

 

下記のことを注意してみましょう。

寝る前の準備…

  1. 食事は、できるだけ寝る3時間以上前に摂りましょう。寝る直前に食べると、胃腸に負担がかかり睡眠を邪魔します。
  2. 布団に入る1時間前に半身浴がおススメです。寝る前約1時間位前に風呂に入り、湯船にゆったりとつかり心身共にリラックスします。風呂から上がり体温が少し下がって落ち着いたところで、先ほどの瞑想をおススメします。
  3. 寝る前にぬるめ白湯をゆっくり飲み、体を温めるのもリラックスに効果的です。これは快眠を促すと共に成長ホルモンの分泌も促してくれるそうです。
  4. 入浴後はなるべく、スマホやパソコン、TVなどは見ないで、瞑想してからお休みください。静かな時間も心を癒してくれます。静かめにヒーリングミュージックをかけても良いですが、瞑想中はかけないでください。
  5. 寝る時間を決め、その時間は布団に入るように、なるべく規則正しい生活を心掛けていきましょう。規則正しい生活はからだにとっても負担が少ないです。
  6. 補足:眠れなくて、途中で目が覚めたら、瞑想を実践してください。くれぐれもイヤなことを思い出し反芻する時間を減らしていくことに注力していくことが大切です。

 

<備考>上記の準備を心掛けてみてください。しかし、それでも眠れない場合は、シルバメソッドのテクニック「睡眠のコントロール」を活用する方法もあります。

 

ここまでの取り組みで、不眠が解消できれば、このまま終了になります。しかし、これで終わってはもったいないという気もします。なぜなら、この瞑想をもっと有効活用して、気になる相手との関係を改善することに使えるからです。

この瞑想に慣れたなら、或いは、余裕ができた方は、是非、下記の取り組みも進めてみください。あなたと気になる相手との驚く結果を手にして頂きたいと存じます。

 

②ネガティブな思いを解放する具体的な方法

ポジティブな自分

ネガティブな思いをポジティブな思いに変える方法があります。

ここでは、現在あなたが気になっている対象の人、関係の悪い人のことが毎日何度も思い浮かんでネガティブな気持ちになる場合です。そのような状況を少しでもポジティブに変えていきたいのです。

なぜなら、その主な理由として二つあります。

  1. ネガティブな思いは、あなたにストレス、不安を作ってしまい。望む状態へのやる気、集中力をなくします。
  2. ネガティブな思いを繰り返し思い出すことで、その望まない状態を引き寄せてしまうからです。

 

では、この状況を改善していく具体的なワークをしてみてください。

これは、あなたの心の整理をする時間です。少し時間はかかるかもしれませんが、このワークは現象を改善に進める為の非常に重要なステップです。

【 ネガティブな思いを解放するステップ 】

1)現状を認識します。

あなたが気になる人のどんな言動・行動が嫌なのか?書き出してみて下さい。

★ここはあなたにとってつらいワークかもしれません。しかし、自分を客観視する上では重要なので深呼吸をして落ち着いて取り組んでみてください。

 

2)1)で書き出した中で、あなたが最も気になったその大元は何か探ってみてください。

例1>会社のA上司は、私(営業マン)のマンション契約案件を次々と横取りすること。

例2>夫が私の料理について、文句ばかり言う。

★補足:さまざまな思いがよぎるかもしれません。しかし、最終的にこれが根源で、これが改善できればよいと思うことを取り上げてください。

 

これで終わりではありません。この続きのワークを下記に記します。引き続きワークしてください。

 

③望む結果を心の深いところにイメージし、記憶を重ねていく

望む姿

先ほどの続きです。

3)あなたが望んでいる状態はどんな状態ですか?

例1>私が直接契約したお客様は、私の実績として残るように最終まで契約を進められること。

例2>夫は、私の食事を誉めながら、おいしそうに食べている。

★補足:この段階では、本当に望んでいるようにできるかどうかわからないとか、希望が持てない状況でも全く構いません。まずは、相手ができるできないを考えないで、あなたが望んでいる状態を探ってみます。

あなたが望んでいる状態は1つではないかもしれません。正解もいろいろあります。

あなたが悪く思っている相手が不幸になるようなことは望まないでください。そうすると、あなた自身がそのような目に合うことを引き寄せてしまう可能性があるからです。

まずは、あなたが望む状態を探ってください。もし、あなたと相手、両方がウインウインの関係が想像できれば、最高です。上記の例2などは、それに相当しますね。

 

4)3)で探った最終的な望む状態をイメージに置き換えてみる。

そして、それが本当に実現した時のあなたにとっての喜びは何か?考えてイメージに盛り込んでみる。

例1>私が直接契約したお客様は、私の実績として残るように最終まで契約を進められること。

イメージ⇒実際にお客様が契約書にサインして、自分の実績として記録されたところのイメージ。私は心の中でガッツポーズをしている。今年のトップ営業マンとして表彰されている(賞金付き)ところ。私も家族も喜んでいる。私と同じ営業所の皆も喜んでいる。(もし、入れられれば、こんなイメージもありです!⇒私はA上司に握手を求め感謝している・・・なぜなら、もっと真剣に営業を見直して勉強をするきっかけとなったから)

 

例2>夫は、私の食事を誉めながら、おいしそうに食べている。

イメージ⇒自宅の食卓で実際に夫がおいしそうに食べている。私は嬉しい顔をしている。今まで夕方が近づいてくると時計を見るたびに不安だったが、今では楽しみになっている。献立を考えるのも楽しく、買い物をするのも楽しくなっている。私は料理を作ることが負担ではなく毎日気持ちよく生活できているところ。2歳の子供ともいっしょに笑う時間が増えた。夫との会話も増えた。夫の気持ちが良くわかるようになった、etc・・・。

 

ポイント!

いろいろな場面を動画で試してみてください。

最初の内は、あまり喜びを実感できなくても、あなたが本当に望んでいることであれば、イメージを繰り返すたびに徐々に喜びの感情が増してくるはずです。

 

5)4)でつくってみた望む状態のイメージをあなたの潜在意識にプログラム※していきます。

※潜在意識に記憶を積み重ねていく、刷り込んでいくという意味です。

まずは、次のような時間を活用してプログラムしていきます。

●寝る直前と目覚めたと時

目を閉じたままで、深呼吸をして(最低3回) 心とからだをリラックスします。少しの間、呼吸に意識を集中する時間をつくってください。

その後、4)でつくったイメージを動画で展開してみてください。イメージでは表現できない場合には、文章で心の中で宣言します。

いずれにしても、ここに出すイメージや文言はすべてハッピー(肯定的)な状態にしてください。

あなたの心が落ち着いたり、温かい気持ちになったら、次のことを心の中で宣言して目を開けます。

「これから大きく3回深呼吸することによって、気持ち良く目を開けます。十分睡眠をとったときのように気持ち良く、爽快な気分です」実際に、3回深呼吸して、目を開けます。

そして、背伸びをしながら「爽快な気持ちで、すっきりしています」と宣言して(心の中でもOK)終わりです。

 

●隙間時間の活用

例えば、休憩時間や通勤電車内で、寝る直前と目覚めたと時にやる内容の短めヴァージョンを実践します。

言葉で簡単に表現して終わってもいいですし、イメージを簡略化して終わります。

 

6)実践回数について

この実践に取り組んで、「そうなるのが当然」と思えるようになるまで、1日最低1回、楽しくなって来れば何回でも実践して構いません。プログラムを重ねていくにつれて、あなたの潜在意識がゴール(望む状態)を達成できるぞ!という気持ちになってくればしめたものです。

この結果、本当にその通りになる場合もありますし、違っている場合もあります。違っていた場合は、あなたが望んだ以上か、もしくは後からこの結果で本当に良かったんだね、と思える状況が訪れてくることは間違いないでしょう。

なぜなら、まず、あなたが望んだイメージに誰かが不幸になるイメージは入れていないわけですから、悪くなりようはないからです。そして、もう一つ、潜在意識は私たちが頭で考えている以上に、あなたの本当の望みを知っているからです。

もし、何度やっても望んでいるイメージが違和感を感じる場合には、再度望んでいる状態の見直しをして、新たにチャレンジしてください。

 

★上記のイメージによるプログラムを成功する為に、詳細は下記の無料メールセミナーをご活用ください。

------------------------

★あなたの潜在意識活用の仕方の理解の為に、無料メールセミナー10回をご活用ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

④直感で感じたことや気づいたことを行動に移す

③のイメージ通り、この現実の世界、顕在意識の世界で意識的に行動することも非常に大切です。

日々③を実践していると、潜在意識が活発に機能しはじめるので色々な気づきやインスピレーションが入ってきます。直感が働くようになったり気づきが多く入るようになります。それらを活かして行動できることは、どんどん行動に移していきましょう。

この行為が、③との相乗効果を生みより成功へと導いてくれます。

 

 

まとめ

さまざまな人間関係で苦しい思いをしていると不眠状態になることがあります。

この改善は、コミュニケーション力や相性の問題だけでは解決できません。

 

人間関係のストレスを改善するには、その現象を少しでもポジティブに捉えられる自分にすることが第一歩です。

自分の現状を客観的に受け止め、観察してみることも大切です。

そして、弱者のままで過ごすのではなく、望む状態を模索することです。

次に、潜在意識を活用して、あなたが望んでいる状態への改善行動に取組んでいきます。

その具体的な下記の4つのプロセスを実施することです。

  1. 不安ストレスで眠れない自分を眠れる自分にするために ・ストレス解放・心を癒す為の瞑想のススメ ・熟睡できる状態にするための段取りをすること。
  2. ネガティブな思いを解放する。
  3. 望む結果を心の深いところにイメージし、記憶を重ねていく。
  4. 直感で感じたことや気づいたことを行動に移す。

 

今日のテーマは、「人間関係のストレスと不安で眠れないあなたへ」でした。

 

以上

あなたが潜在意識にアクセスして、願望実現や問題解決していくためのより具体的なプログラム方法があります。それを理解する為に、下記の無料メールセミナーまたは、クイック体験セミナーをご活用ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

潜在意識の活用の仕方をもっと、知りたい方は、下記を参考にしてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの潜在意識を活用して、ビジネス、人生、学業、等の願望実現が 必ず実現する方法とは?
世界110カ国1400万人以上が効果を実感した潜在能力開発法シルバメソッドの講師が語る。普通人が「ハッピーな成功人」になるレッスン潜在意識シルバメソッドのメールセミナー
無料メールセミナー登録
即、体験したい! 自分の課題や願望に対してどのように実現するのかを、直ぐ知りたい方 は、クイック体験セミナーをご活用ください。潜在意識シルバメソッドの体験セミナー
クイック体験セミナーの申込

\ SNSでシェアしよう! /

マインドの達人の注目記事を受け取ろう

自然な眠り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マインドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

林 幹雄

林 幹雄

■潜在能力開発法:シルバメソッド・ジャパン代表
■シルバメソッド国際公認講師(講師歴29年)  ■経営コンサルタント
33年前にシルバメソッド・セミナー受講。研究開発、事業企画でアイデア発想、難題解決や目標達成にテクニック活用し、自信を培い。20年勤務した会社から離れ、脱サラ経営コンサルタントの道へ。ここでもテクニック活用、目標達成、様々な課題を解決してきました。今日の自分があるのもシルバメソッドのお陰。多くの方に伝えることに邁進しています。<詳しくは、右記のボタンをクリック>

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事ができる人とできない人の決定的な差は? それがビジネス成功の秘訣でもある!

  • 思考転換…心配、不安をプラスの感情に瞬間的に変える簡単な方法

  • 仕事に行きたくない時はどうするべき?

  • 仕事における集中力が続かない原因と高める方法

関連記事

  • ビジネスの壁ぶち当たり、窮地に立たされ時を打開する5つのブレークスルー法

  • 幸運を引き寄せる夢・抱負の作り方と実現する二つの視点

  • 諦めかけていた結婚、相手を見つけ結婚に成功した5つの秘訣:潜在意識/引き寄せの法則

  • 先延ばし癖の4つのタイプと改善法:これはビジネス成功の要だ!

  • 危機状態の時、成果を高めようとしても上手くいかない時の三つの成功の秘訣

  • 中間管理職の共通した悩みは、判断・決断力の欠如!ビジネス決断の要は直感力