1. TOP
  2. 集中力
  3. 仕事、勉強に集中できる方法:3つの事前準備

仕事、勉強に集中できる方法:3つの事前準備

 2016/08/27 集中力   2,677 Views
目標達成のイメージング

仕事、勉強に集中力を高め、処理能力、記憶力、そして発想力を高める為に、事前準備が重要になります。

その目的を達成するために、潜在意識を活用して、集中力を高め、本来の能力を発揮できるようにするものです。

その3つの準備を紹介します。

==============================

テーマ:集中力を高め、勉強や仕事に能力を劇的に高める4つの方法

本ページは、4つの方法の【ポイント3】を紹介します。

尚、本テーマ(全5頁)のトップページを参照する場合には、ここをクリックしてください

 

仕事、勉強が好きになる集中力の高め方:2つの方向【ポイント1】

仕事、勉強の集中力を高める目標設定の仕方:3ステップ【ポイント2】

仕事、勉強に集中できる:3つの事前準備【ポイント3】※

仕事、勉強の集中力を高める改善すべき4つのコンディション【ポイント4】

 

==============================

仕事、勉強に集中できる方法:3つの事前準備【3】

当日の仕事、勉強に集中できるようにする為に、下記の三つを行うことを勧めます。

(1)翌日の準備とゴールの確認

(2)仕事、勉強前に集中できるようにプログラム

(3)ゴール達成したことを確認する

 

翌日の準備とゴールの確認(1)

前日に、明日に行うこと「Doリスト」とそのゴールを記入する。

①準備1:することリスト&そのゴール

Doリストとそれぞれのゴール設定する上での注意は、集中できる時間毎にすることです。

心理学的に確認されていることは、人が集中でいる時間は最大で90分から2時間を言われています。

それを超えると集中力が低下してまします。

この事を考慮して、この時間を一つ単位として、ゴール=何を、どこまで、どのレベルに持っていくかを決めることです。

それをDoリスト帳を作り、それぞれのDoリストを1行で書きます。

することリスト

例えば、勉強でしたら

・数学を23頁から28頁まで、問題を解き、溶けない問題に関しては、解き方を覚えてしまう。

仕事でしたら

・レポートを 10頁もので、目次は、・・・・の内容を書き上げる。

 

だだし、集中できる一般的な時間ですので、自分の最大能力を発揮出来る時間を見つけることお勧めします。

 

勉強では、高い集中力の時は、勉強した内容が深く脳に定着しやすくなります。

ダラダラと長い時間勉強しても、「勉強している時間には、進度や頭に吸収される量が落ちる」と言われ、まさに時間対効果という意味では、非常に悪くなります。

 

◎リストの中には、復習を入れることを忘れないでください。

記憶には、一時的記憶する脳の部位と永久的に記憶する部位が違います。

勉強は最終的には、永久的に記憶する脳の部位に記憶内容を移行することが重要です。

その為には、復習を定期的に行う必要があります。

例えば、復習を翌日、3日後、一週間後、1ヶ月後。とい具合です。

そうすると脳は、この記憶の内容はいつも使うのだと思い、永久的に希望される部位に記憶内容を移行されます。

 

②準備2:休憩に何をするか決め、準備しておく。

集中して勉強した後、10分、15分の休憩時間を設けて、脳を休めることにより、また、集中力を高めることができます。

その時、休憩中に何をするかが大切です。

目的は、脳を休める。気分転換を図ることです。

自分の休み方を作ることが大切ですね。

例えば、ストレッチ、10分庭の散歩、お茶を飲む 等

ここでのポイントは、目的を満たすと共に、休憩が楽しく、嬉しいことを用意することです。

その時間を取るために、勉強中が楽しく、集中できるといこともあるからです。

休憩時間は、10分と決めることが大切です。

 

 

仕事、勉強前に集中できるようにプログラムする。(2)

集中力を高め、ゴールを達成するために、あなたの潜在意識の力を借りるために、勉強前に、望む状態をプログラムします。

ラガーマンの五郎丸選手が、キックする前に、儀式、ルーティンをしますね。

潜在意識にいつもの通り、望む状態を作るプログラムをしているのです。

 

よりプログラム効果を出すために、心身をリラックスして、脳波をアルファ状態にして、次のようにプログラムします。

「私は、今から、○○の勉強します、記憶力、理解力、集中力が高まります」

これを勉強前に、することにより飛躍的に集中力が高まり、望む状態を作ることができます。

尚、シルバメソッドの卒業生でしたら、瞬間的に脳波アルファ状態に入り、プログラムすることを15秒ぐらでしてしまいます。

 

ゴール達成したことを確認する(3)

達成感をゴール達成した毎に、Doリストに達成したことを記す○印をします。

そして達成したことを再度感じることが大切です。

 

リストのゴール達成、1日の目標の達成、1週間の目標の達成、1ヶ月の目標達成と、段階的にいくつも目標設定することで、小さな達成感を積み重ねていくことができます。

この小さな成功体験の積み重ねが、成功できる自分を潜在意識にプログラムする行為として働きます。

 

達成感は人間にとっては「快楽」であり、脳は快楽を求めます。

この方法により脳を集中しやすくチューンナップしていくれるのです。

その為に、1日の目標を事前に前日にDoリスト化しているのです。

それができたことをチェックすることです。

 

 

まとめ

仕事、勉強に集中力を高め、処理能力、記憶力、そして発想力を高める為に、事前準備が重要になります。

潜在意識を活用して、集中力を高め、本来の能力を発揮できるようにするものです。

その3つの準備を紹介します。

(1)翌日の準備とゴールの確認

  • 準備1:Doリスト&そのゴール /リストの中には、復習を入れることを忘れないでください。
  • 準備2:休憩に何をするか決め、準備しておく。

(2)仕事、勉強前に集中できるようにプログラムする。…潜在意識の記憶を機能させる

(3)ゴール達成したことを確認する。…達成感を味わい、潜在意識に成功体験をインプット

 

-------------

次のページでは、4番目の下記を紹介します。

仕事、勉強の集中力を高める改善すべき4つのコンディション【ポイント4】

  -------------

この記事と一緒によく読まれている記事は、こちらです。

仕事、勉強の成績を効率よく高める為の集中力アップの3つのステップ

集中力は、あなたの望みを叶える為の重要なスキルです。

集中力は、仕事や勉強、そして願望・目標の実現、課題の解決とその力を高めることができるスキルです。

また、健全な集中力はあなたの心の安定と余裕をももたらしてくれます。

無料メールセミナー全10回 

  「仕事、勉強の成績を効率よく高める為の集中力アップの3つのステップ」

をご活用ください。

集中術:無料メールセミナー申込
即、体験したい! 自分の課題や願望に対してどのように実現するのかを、直ぐ知りたい方 は、クイック体験セミナー潜在意識シルバメソッドの体験セミナー
クイック体験セミナーの申込

\ SNSでシェアしよう! /

マインドの達人の注目記事を受け取ろう

目標達成のイメージング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マインドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

林 幹雄

林 幹雄

■潜在能力開発法:シルバメソッド・ジャパン代表
■シルバメソッド国際公認講師(講師歴29年)  ■経営コンサルタント
33年前にシルバメソッド・セミナー受講。研究開発、事業企画でアイデア発想、難題解決や目標達成にテクニック活用し、自信を培い。20年勤務した会社から離れ、脱サラ経営コンサルタントの道へ。ここでもテクニック活用、目標達成、様々な課題を解決してきました。今日の自分があるのもシルバメソッドのお陰。多くの方に伝えることに邁進しています。<詳しくは、右記のボタンをクリック>

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事ができる人とできない人の決定的な差は? それがビジネス成功の秘訣でもある!

  • 思考転換…心配、不安をプラスの感情に瞬間的に変える簡単な方法

  • 仕事に行きたくない時はどうするべき?

  • 仕事における集中力が続かない原因と高める方法

関連記事

  • 希望大学の受験合格3つの攻略法:受験勉強のモチベーションが下がり、偏差値が高まらない方へ

  • 仕事、勉強に超集中する仕組み「ゾーン」の入り方の4ステップ

  • 仕事や勉強中に雑念で集中できない方の為の3つの集中力アップ法

  • 周囲に影響されない、ブレない自分になる2つの視点と方法

  • 勉強で集中が切れてしまう方の集中力・継続力の4つの改善法は?

  • いまに集中できず、やる気がでない方の為の簡単な改善方法