1. TOP
  2. 未分類
  3. 正しい決断力を発揮できる為の3つの機能が、あなたの人生を変える

正しい決断力を発揮できる為の3つの機能が、あなたの人生を変える

 2016/12/31 未分類   4,008 Views
決断

人生、ビジネスでの転換期における正しい決断力は、豊かな人生、成功をもたらします。

その正しい決断力を得る為に、3つの場面の機能を理解することにより、改善が可能です。

正しい決断力を発揮できれば、ビジネスの成功、望む人生を引き寄せることができます。

 

目  次

全て変化しているから、人生の転換期は生じる

自然界のものは全て変化しています。

世の中も経済も、人も人生、自然も・・・全て変化している。

これが自然なのですね。

だから、人生の転換期は生じるのが必然的です。

 人生の転換期の多くは、次のような節目にきます。

結婚/子供の巣立ち/退職/別離/病気 等など

そして、1年の節目、年初めです。

年初めに転換期にきているのかを気づき、決断し、行動に移すことにより、変化に対応できる自分になれます。

 

もう一つは、今年の抱負を持つことも、自分が変わることにチャレンジの一歩です。

 

抱負を持ち、それを実現できていますか?

年初め! 今年の抱負は何でしょうか。

抱負を持つこと、夢を持つこと、願望を持つことは、あなたの希望を叶えると決断したことです。

しかし、それが叶わないといことは、決断まで至っていないといことです。

決断とは・・・

 

変化する時を心は知っている。自分の心に問いかけよう

さて、カリスマス事業者・故スティーブ・ジョブス。
彼は、

「毎日鏡の前で悔いのない人生を送れているか、いつも自分に問いかけていた」

と伝えられています。

「その問いかけにNoが続いたときは、なにかを変える必要がある」

と語っています。

重大の決断の際にはいつも、この考えを判断の手掛かりにしていたそうです。

望む人生、ビジネスの成功には、決断力が非常に重要です。

 

特に、人生の節目、転換期、そして、年初めには決断力を発揮することが大切です。

 

 

決断力は、人生を変える

人は、有限な時間しかない。正しい決断力が求めれる(1)

人は、有限の時間しか持っていない。
1日24時間。1週刊は7日、1年は365日。一生は、100年。
これはどのような立場の人も同じです。
そして、その有限の時間、一日24時間をどれだけ有意義に過ごせるかは、その人次第です。
その為に、充実した1日1日を送る為に何をしたら良いか、正しい決断力が必要になります。

有限 決断力

人は変化し続ける必要がある。また、変化に対応できる自分に(2)

先ほど説明しましたように、あなたの周囲や世の中は、絶えず変化しています。
今は、それで良いと思えても、良い状態がそのまま続くとは限らない。
世の中が変化しているならば、自分もそれに応じて変化が必要です。

変化をしなければ、それは衰退を意味します。

例えば、今、売れている商品が、その後も売れ続けることはない。
いずれは、売れなくなっていく。

このことは、ビジネスの世界だけでなく、あなたの人生、すべて同じことが言えます。
自分自身が変わると決断するのは、あなた自身です。
その決断を怠たると好ましくない人生を送ることになります。

あなたが望む人生やビジネスに成功する上でも『正しい決断力』が重要になります。

 

正しい決断力とは

 

決断力は、3つの場面で正しく発揮できることです(1)

『決断力』とは、変化の必要性に気づき、望む事を選択をし、それを実現する為に他のことを断ち、実現することを決意することです。
その為には、あなたの潜在意識を活用することが大切です。

 

即ち、決断力の3つの場面から構成されています。
[1]決断のタイミング…適切なタイミングが必要。
[2]選択…望むことを選択する。または、正しく選択する。
[3]実行…他の事を断ち切り、選択したことを実現する集中力と行動力。

 

正しく決断力を発揮するには潜在意識を活用(2)

前述の3つの場面を効果的に機能させるためには、あなたの潜在意識が非常に関係します。

適切な決断力は、成功している人達の二つの成功要因に非常に関係します。

◆成功要因1.成功者は、積極的な健全なセルフ・イメージ(潜在意識の記憶)を持っている。

◆成功要因2.成功者は、潜在意識も活用している。

 

決断力を高める為に、上記の3つの場面で正しく機能すために磨く必要があります。
そのことについて深めていきましょう。

 

チャンスをものにするには、決断のタイミングが重要…[◆1]

 

タイミング

 

人生には、大切な三つの転換期タイミングがある

人生の転換期の一つ目は、生活環境の変化の節目①

人生の転換期に気づいたことはないでしょうか。

もし、気づいたときは、多くは次のような節目です。

結婚/子供の巣立ち/退職/別離/病気 等など

 

人生の転換期の二つ目は、時の区切りの節目②

スティーブ・ジョブスが行っていたこと、
「鏡の前で悔いのない人生を送れているか、いつも自分に問いかる」
このことをあなたも自分い問いかけてみませんか。

そのタイミングは、

●一日の始まり、朝。

●1週間の始まりの月曜日。

●1か月の始まりの一日。

●年の始まり、年初め。

です。

あなたの選択が1日を決め、1年を決めてしまうといっても過言ではありません。

とはいえ、そのタイミング以外で、変化の必要性に気づいたら、その時が始まりです。
適切に判断し、選択し、行動に集中できる自分になることが大切です。

 

人生の転換期の三つ目は、心の節目③

人間には、その為の大切な仕組みが備わっています。

その仕組みとは、「心」です。

 

もし、

・いつも考えごとをして生き、不安、心配をしている日々が続く。

・仕事や人生に疲れ果てていると感じている。

この心の信号を感じているときは、あなたの転換期です。

 

その信号の意味は、

『すべき/なるべく自分』から『したい/なりたい自分』への転換です。

あなたの心が”したい”ことに集中 して邁進する自分になるための転換期の信号です。

ありのままの自分を認め、ありのままの自分を生かすことが、”なりたい自分”へ転換することです。

ありのままの自分に集中する時は、心地よい気持ちになっていることがわかるでしょう。

言葉を変えれば、その時は人生の目的、使命に集中して生きているときです。

 

 『したい/なりたい自分』は心で感じるものです。

即ち、人生の目的は、頭で考えるのではなく、心で感じるものです。

人生の目的がわからない人は、努力が苦しくなり、つらくなり、仕事がつまらなく、いつもストレスやイライラしています。

 

適切なタイミングで正しい決断しないと、望む人生は歩めません

あなたはチャンスを確実にものにできていますか?

イエスなら、適切な決断をタイミング良くできることでしょう。

 

もし、チャンスを逸していると思われる方は、まず、決断をタイミング良く行えているかが大切です。
タイミングを逸するのは、多くはリスクを感じ、不安になるからです。
その不安は、95%は取越苦労であることが分かっています。

例えば、「失敗するのでは」「損失が大きくなるのでは」「いやがれのでは」等々。
そこで、積極的にチャレンジできる自分になる為に、次の事を潜在意識にプログラムすることをお勧めます。

『私は、選択したものを直ちに行える自分です』
『チャレンジした結果がどのようなものであっても、そこから常に学び成長し続けます』

 

 

成功をもたらす正しい選択力は、潜在意識を活用すること【◆2】

人生上の重要な、またはビジネスの上のことで選択をすることを先延ばしにすることはありませんか。

選択が正しいか不安になるからです。

その不安は、あなたの集中力を弱め、先延ばしにする癖は、成功できない代表的な癖です。

そして、それを恐れて先延ばしにするば、機会損失が生じる可能性があります。

また、チャンスをもにできないといことにもなります。

 

正しい選択をする選択力を高める為には?

あなたの潜在意識を活用することにより、より正しい選択決定できます。

 

選択の4つの特徴

 

決断の第二番目の場面の機能が「選択」です。
正しい「決断」をするために、最初は正しい『選択』が必要になります。
正しい選択できる力を選択力と呼びましょう。

 

決断 潜在意識

人は無限の可能性を持っている。可能性が得られるかは正しい選択による

人は豊かさに満ちており、無限の可能性がもっています。
自分の周りに無限に存在するチャンスをつかめるかどうかは、その人自身の選択いかんにかかっています。
これは極論ではありません。
真実です。

人間は、したいことをし、なりたいものになれる自由を持っています。
この選択の力は最も偉大な力です。
人間は生まれながらにして、この力を持っています。
ただ、それが適切に活用されているかが問題なだけです。

 

これから選択力についてお話す目的は、どうしたら自分の望む人生を選ぶことができるかを知るため、選択の力を分析することです。
このことが理解できれば自分自身を信じることができます。
更に、信念を持ち、集中力を高めることになります。
自分の選択が、どのように作用するかを知れば、それを、うまく利用できます。
その結果、あなたの二つの心。顕在意識潜在意識をコントロールすることができる1歩を進むことになります。
そして、あなたの人生、1日、1年をコントロールできる自分になれるのです。

 

選択力の4つの特徴を説明します。
そして、その4つの特徴を、あなたの潜在意識にインストールするための言葉を明記します。
それは、選択力をより高めることにつながります。

 

人は行動の結果を選ぶことはできない➊

 

人は自分の行動を選ぶ自由はありますが、行動の結果を選ぶのではありません。
結果は因果法則によって必然的に決定されています。
今、この瞬間にどう選択したことが、結果としてに生じるのです。

 

選択は自分自身がしなければならない➋

判断というものは、自分のセルフイメージに適合し、自分が到達したいと願う目標に一致していなければならないのです。
この世に完全に同じセルフイメージを持っている人などいなのですから、人に委ねることは、極論すれば自分の人生を委ねることに等しいことになります。

 

『選択』する力とは開発していかなければならぬ才能である➌

判断を下した経験が少ない人、悪い結果を恐れる人は、選択することを嫌います。
人間の他の才能と同じように、選択力は、使ってこそ発達します。

良い決定をするには、決定をする習慣を身につけなければなりません。
良い決定の繰り返しがあなたの積極的な健全なセルフイメージの一部として形成されていきます。
かけのない能力であり、財産となります。

 

選択する力とは、得がたい特権である❹

選択する力があるのは人間だけです。
人間は、主体的に選択する能力をもっていいます。
この能力は、動物にはありません。
人間をほかの動物より高等にしている、1つの特性です。
また、人間が万物の霊長といわれ一つの所以もことにあります。

選択する力の本質が何であるかを理解することが、望む人生をもたらすカギになります。
人生に投じたものは必ず戻ってきます。
これは、言葉以上の事実です。

人に親切にすれば、友情を得、尊敬すれば、相手も尊敬してくれ、理解してあげれば、あなたも理解してもらえます。
あなたの意志次第で、結果を選ぶことができるのです。

人間の成功というものは、通常、その人のセルフイメージに含まれている、いろいろな素質に依存しています。
また、自分のセールスイメージを創ったのは、自分の選択の繰り返しであることも事実です。
意識的に選択することによって、有用な人にも、協力的な人にもなれます。
柔和な人、愉快を人、信頼される人、勤勉な人、規律正しい人にもなれるのです。

事実、人は、人生の目標に到達するために必要とあれば、どんな規範でも取り入れることができます。
こういうセルフイメージの人になろうと思えば、その通りになれます。
そうなれば、自分の成功を大きな軌道に乗せることができます。

適切な選択し、成功の軌道に乗れるためには、2つの心に注目する必要があります。

 

選択する2つの心が、あなたの人生を決定づける

選択する力によって変えることができるのは、セルフイメージだけではありません。
将来の状況をも変えることができます。
現在の状態は、過去の選択と決定の結果です。
ということは、現在の選択と決定は、将来、結果となって現れます。
すなわち、将来を条件づけるものは、今日の選択の結果なのです。

 

人は自分の運命をコントロールできますが、過去の選択によって既に動き出している力を止めることはできません。
過去に戻ることは絶対にできません。
済んだことは済んだことです。
環境は、今のより良い選択によってしか、未来を矯正できません。

 

人間は、もう自分は生きる価値がない、生きる張りがない、と思い込むと、急に老け込み、そして死ぬことを医学者たちは観察しています。
人の命ほど尊いものはないのに、どうして、もう生きる価値はないなどと思い込んでしまうのでしょう?
たとえ年をとっても、周りにある豊かさやチャンスを、どうして、もっと捕えようとしないのでしょう?
選択する力があるのだということを理解さえしたら、そんなことは考えられないはずです。

 

選択行為は、2つの心:顕在意識と潜在意識が行う

さて、選択には2つの心がします。
2つの心とは、顕在意識と潜在意識です。
潜在意識
顕在意識による選択は、情報に基づく論理的な選択です。

潜在意識による選択は、無意識に選択します。
日常生活の95%は、潜在意識が選択しています。
つまり、無意識に行うことです。

例えば、鉛筆の持ち方、歩き方等の習慣化された行為です。
また、考えや感情、言葉の癖もあります。
例えば、被害妄想、卑下する、ネガティブな言葉を言うたり、考えたいるすることです。

よく聞く言葉に、
「考えたとおりの人になる」
というのがあります。
考えた通りの考えとは、潜在意識の考え、思いです。
即ち、潜在意識のプログラムです。

そして、「考えた(=潜在意識のプログラム)以上の人間になれない」
この点で、人生を決めてしまうのは、潜在意識の反応する選択であることがわかります。

 

正しい選択力は、潜在意識内の正しい記憶であること

このことから、正しい選択ができるようにするには、潜在意識内の正しいプログラムであることだといことが言えます。
即ち、積極的な健全なセルフイメージを持つことです。

一方、顕在意識、即ち意識的に選択、決定するとき、正しく行う為には情報が必要になります。
例えば、ビジネス上で意思決定する場合等を考えると、選択、決定する情報が不足していことが多々あります。
その為に情報を収集しても収集しきれない場合があります。
その時に、一流の経営者は、直感力にたよるという事実があります。
その直感は、潜在意識の3つの機能から発信されるものです。
正しい直感力は潜在意識が機能させるといことになります。

以上のように、正しく選択、決定するためにも、あなたの潜在意識を活用できることが重要であるといえます。

 

成功も失敗も自分次第、人の責ではない

日々の暮らしの中で、豊かさとチャンスを自由に得たいと思うならば、自由選択の力を正しく働かさなければなりません。
自らの選択でないコースを歩んではいけません。
そのようなことをすると、自分の最善の成果をあげ、そして世間に認められることは、永久にできません。
人は自らの選択で幸せになることを選ぶこともできれば、不愉快でみじめになることを選ぶこともできる、ということをよく考えて下さい。
成功も失敗も、自分次第です。

夢の城を築くことも、自らの牢獄をつくることも、自分次第です。
しかし、決定せずに、好ましい境遇を待ち望んでも、失敗するだけだということを忘れてはいけません。
あなたが最善の努力を払うに値すると考える目標に向かって、途中のさまざまな障害を克服しながら、段階を追って実現して行ってこそ、初めて、達成といえるのです。

時、心が転換期を知らされている時の選択・決断する為に

時、思うように物事が進まない時は、決断するタイミングです。

年初め、夢の見直し、目標の見直し等の決断の為に下記を参考にしてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

決断力の3つ目の場面の機能は、

決断したことを実現する為の行動力は、潜在意識の協力が重要【◆3】

 - 他の事を断ち切り、選択したことを実現する集中力と行動力 -

行動 潜在意識

強い願望にし、潜在意識 を機能させ、行動力を高める(1)

 

他の事を断ち切り、選択したことを実現する集中力と行動力を高めるには、強い願望を持つことです。

その為の簡単な方法は、選択したことがもたらす利益恩恵を考えることです。
その利益恩恵を大きければ、願望を強くなります。
願望が強くなると潜在意識が働き始めます。
何故ならば、潜在意識は、感情により動かされるからです。
潜在意識が機能して、実現しようと思う行動力や集中力は自然と高めてくれます。

 

強い予期、潜在意識にそれができるのが当たり前と思わせる(2)

選択の内容が、夢、願望などになると次の事が生じます。

夢を叶える為に、意志力だけに頼る方は、叶わない可能性が大きいといえます。
なぜならば、様々障害が発生する中、辛かったり、苦痛を感じる時があるからです。
そして、その苦痛を避ける為の誘惑が周囲にはたくさんあります。
その誘惑や苦痛さえも断ち切ることが決断力の一つの役割です。
その為に、意志力にたよると一生懸命努力しなければ、叶わないと自分に言い聞かせている状態になります。

 

鍵は、潜在意識を活用した潜在意識力を使うことです。
何故ならば、潜在意識力は意志力より飛躍的に力が強く、日々、選択していることの95%は潜在意識が”無意識”に決めているという事実があるからです。
潜在意識にそれをするのが当たり前と思わせてしまうのです。
そこには、苦痛や苦しみはありません。
何故ならば、それをするのが当たり前だからです。

 

さらに、集中力と行動力を高める為には、それが実現した喜びを日々味わうことです。
日々、心の中で喜びを味わい、逐次進行する過程の達成感の喜びを感じることです。
このことをシルバメソッドでは、予期を高めると呼んでいます。

 

その結果、他の誘惑に迷わず、障害をプラスに受け止め、積極的にクリアーしていける自分になります。
そして、夢に向けて、一心不乱に集中し、行動していきます。

 

予期を高める具体的な方法(3)

それを具体的に潜在意識を活用して実現する方法は、
シルバメソッドで願望実現の方法である「マインドの鏡」で潜在意識にプログラムします。
その結果、潜在意識がそれが実現するのが当たり前と考え、その実現する行為を無意識に始まり、続けることができます。
ですから、実現する過程は、充実感と喜びに満ち、努力しているという感覚はありません。

 

以上のように、正しく決断するためにも、あなたの潜在意識を活用できることが重要です。

日々の暮らしの中で、豊かさとチャンスを自由に得たいと思うならば、決断の力を正しく働かさなければなりません。
自らの決断でないコースを歩んではいけません。

 

人は自らの決断で幸せになることを選ぶこともできれば、不愉快でみじめになることを選ぶこともできる、ということをよく考えて下さい。
成功も失敗も、自分次第です。

 

夢の城を築くことも、自らの牢獄をつくることも、自分次第です。
しかし、決断せずに、好ましい境遇を待ち望んでも、失敗するだけだということを忘れてはいけません。
あなたが最善の努力を払うに値すると考える夢、目標に向かって、途中のさまざまな障害を克服しながら、段階を追って実現して行ってこそ、初めて、達成といえるのです。

 

さあ、1日の初めに。1年の初めに。将来の夢を今。決断してそれに集中できる自分に磨きをかけましょう。

 

<備考※>

潜在意識に効果的に効率よくプログラムし、望むセルフイメージを形成する方法や潜在意識の3つの機能については、無料メールセミナーをご参照ください。

 

まとめ

人生、ビジネスでの転換期における正しい決断力は、豊かな人生、成功をもたらします。

その正しい決断力を得る為に、3つの場面の機能を理解することにより、改善が可能です。

正しい決断力を発揮できれば、ビジネスの成功、望む人生を引き寄せることができます。

 

人生の正しい決断力の3つの場面から構成され、その3つを正しく機能させることです

[1]決断のタイミング…適切なタイミングが必要。

[2]選択…望むことを選択する。または、正しく選択する。

[3]実行…他の事を断ち切り、選択したことを実現する集中力と行動力。

人は無限の可能性を持っている。可能性が得られるかは正しい選択による。

選択力の4つの特徴

➊人は行動の結果を選ぶことはできない

➋選択は自分自身がしなければならない

➌『選択』する力とは開発していかなければならぬ才能である

❹選択する力とは、得がたい特権である

決断したことを実現する為の行動力は、3つの要素を強化が必要です。

(1)強い願望にし、潜在意識 を機能させ、行動力を高める

(2)強い予期、潜在意識にそれができるのが当たり前と思わせる

(3)予期を高める具体的な方法

 

< 以 上 >

 

適切な決断力を下せる鍵は、潜在意識を活用できることです。その潜在意識の働きをより理解と活用法に関しては、下記、無料メールセミナーを活用ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの潜在意識を活用して、ビジネス、人生、学業、等の願望実現が 必ず実現する方法とは?
世界110カ国1400万人以上が効果を実感した潜在能力開発法シルバメソッドの講師が語る。普通人が「ハッピーな成功人」になるレッスン潜在意識シルバメソッドのメールセミナー
無料メールセミナー登録
短時間で、潜在意識の活用の仕方を知り、それの根底のなるトレーニングの体験と、自分の課題や願望に対してどのように実現するのかを、直ぐ知りたい方 は、クイック体験セミナー潜在意識シルバメソッドの体験セミナー
クイック体験セミナーの申込

\ SNSでシェアしよう! /

マインドの達人の注目記事を受け取ろう

決断

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マインドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

林 幹雄

林 幹雄

■潜在能力開発法:シルバメソッド・ジャパン代表
■シルバメソッド国際公認講師(講師歴29年)  ■経営コンサルタント
33年前にシルバメソッド・セミナー受講。研究開発、事業企画でアイデア発想、難題解決や目標達成にテクニック活用し、自信を培い。20年勤務した会社から離れ、脱サラ経営コンサルタントの道へ。ここでもテクニック活用、目標達成、様々な課題を解決してきました。今日の自分があるのもシルバメソッドのお陰。多くの方に伝えることに邁進しています。<詳しくは、右記のボタンをクリック>

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事ができる人とできない人の決定的な差は? それがビジネス成功の秘訣でもある!

  • 思考転換…心配、不安をプラスの感情に瞬間的に変える簡単な方法

  • 仕事に行きたくない時はどうするべき?

  • 仕事における集中力が続かない原因と高める方法

関連記事

  • 夢、目標を見つける二つの方法と叶え方の3つの秘訣

  • 正しい決断をする為の直感力を鍛える4つの能力:ビジネスを成功している人は直感力を重要視

  • 目標設定したが達成できない。必ず実現、成功する目標設定とは!

  • 中間管理職の共通した悩みは、判断・決断力の欠如!ビジネス決断の要は直感力

  • 47才女性初婚、20数項目もの条件ピッタリの相手を見つけた方法

  • 人に対する苛立ち解消法:自分の疲労、不甲斐なさ、禁煙、妊婦の苛立ち