1. TOP
  2. 仕事の成功・改善
  3. 時間は有限。可能性は無限。時間の使い方の工夫で1週間を活き活き過ごす成功の秘訣

時間は有限。可能性は無限。時間の使い方の工夫で1週間を活き活き過ごす成功の秘訣

 2020/08/13 仕事の成功・改善 受験・勉強 習慣・クセ改善   1,268 Views

あなたの時間は有限です。一方、可能性は無限です。

しかし、限られた時間を使って、可能性を追い求めるのですから、ベースには、そのの使い方に工夫が必要です。

時間を無駄に使っているようでしたら、無意識に望まないことに集中し、心が奪われている状態になっている。

あなたの期待している人生を歩めることにもなります。

 

目  次

有限の時間を無駄に使っているならば、無意識に望まない方向にコントロールされている

お金は貯めることができるが、時間は貯めることができない

あなたの時間は有限です。

そして、誰にも平等に与えられています。1日24時間。

お金より、時間が大切です。

なぜならば、お金は貯めることができますが、時間は貯めることができません。今という時は、今しかないのです。

ですから、今、この瞬間を大切にした生き方をすることが大切です。

その積み重ねが、あなたの人生を豊に幸せにしてくれます。

このことは分かっていることです。

しかし、常に意識しているとは言えないのではないでしょうか。

今、ここを大切にして生き方をしていないことはないでしょうか?

 

今日は、貴重な有限な時間を無駄に使っていることはないか?

 

あなたの人生の主人公はあなた!そうでない自分に!

一方、あなたの可能性は無限です。

しかし、時間は有限、限られた時間を使って、可能性を追い求めるのですから、ベースには、時間の使い方に工夫が必要であることが分かります。

 

時間は有限、それを無駄に使っているようでしたら、無意識に望まないことに集中 し、心が奪われている状態になっています。

あなたの人生は、あなたが主人公にもかかわらず、その無意識に集中していることが主人公になっていないことをお話します。

 

 

このことは、ビジネスや人生に大きな影響をもたらします。

この無意識に集中してしまうことをあなたがコントロールできれば、あなたの期待している人生を歩めることにもなります。

例えば、

・実力テストで、いつも100点をとれる高校生と50点しかとれない高校生の違い。

・長い目で順調に出世できるビジネスマンとそうでないビジネスマンとの違い。

・幸せに送っている主婦とそうでない主婦との違い。

 

この違いは、実は、今回お話するちょっとした違いから生じるのです。

その積み重ねが、望む、または望まない結果をもたらします。

 

 

時間を無駄にする、間違った習慣に従っていないだろうか!

ちょっとした違いとは何でしょうか。

 

時間は有限、それを無駄にしている癖です。

日常の代表的な”ちょっとした癖”の例をあげてみましょう。

あなたも該当していないか、チェックしてみてください。

 

仕事上では

  •  朝は、一般的に能率が上がる時間帯です。仕事にかかる前に一杯お茶を飲んでから、あるいは、1本タバコを吸ってから仕事にかかる。
  •  何か難しい問題に当たると、考えるのを止めて、目先の仕事をしたりして時間を過ごす。
  •  気持ちがのらないので日中はだらだら書類に目を通したり、メールをチェックする。残業時間になると集中して仕事がすすむ。
  •       ・・・・

 

 

私生活では

  • 仕事や家事の疲れで、ついついテレビをダラダラ見てしまう。
  • テレビやラジオをつけたまま、勉強をしている。
  • つい目的もなくネットサーフィンをして過ごしている。
  • ・・・・

 

これらに近い癖は多くの人が持っています。

 

この、ちょっとした癖があなたの大切な時間を大きく無駄にしています。

この積み重ねがあなたの人生を大きく決定しています。

その重大性を再認識する為に、あなたがすでに分かっていることをお話し致します。

 

物事に集中できる自分になる為に、下記メールセミナーを活用してください

↓ ↓ ↓

誘導音声「心身のリラックス&脳波アルファ波に導きます」

すぐに!仕事・勉強に集中できるセルフコントロール術

 

 

テレビやスマフォに、あなたはコントロールさていない!

例えば、

テレビ、スマフォ漬などは、冷静に考えれば時間を無駄にしている

代表的な癖の1つです。

 

多くの方がその罠にはまっています。

 

あなたがテレビ漬けの傾向があるならば、あなたはテレビを消す事で実際に人生が変わってきます。

次のように考えてみましょう。

 

 

無駄な時間をなくす為の1日仕事・睡眠・自由の三等分法

あなたが仕事をしているならば、1日を三等分して、

・8時間は仕事をしており、

・8時間は睡眠に当て、そして、

・残り8時間が、あなたの自由な時とすれば・・・

 

人生は、この自由な時の8時間で決まるといっても過言ではありません。

何故ならば、人生は仕事だけではありません。

あなた仕事以外に5つか6つの分野を考えて行動しています。

 

例えば、

家族や健康のこと、習い事や趣味に、教育や自己啓発のこと、等。

それらについて考えたり、行動するのは、自由時間である8時間です。

しかし、この中には、食事や風呂に入る時、通勤に家事、等のそれぞれの時間が含まれます。

 

そう考えると、本当に自由な時間は少ないです。

 

 

お金に変えられない大切な自由な時を、他者にコントロールされ無駄に

その時、仕事の疲れで、何もやる気がしない。

ゴロゴロテレビを見て過し、スマフォを見ている等で1日が終わってしまう。

 

それならば、日曜の休みの時間を活用しようと考えます。

しかし、上記のような癖を持っている方は、日頃の疲れも手伝って、やはりテレビ漬けなってしまう。

あるいは、気乗りしないまま、ダラダラと過ごします。

結果上、休みの大部分を何していたか分からないことに使っています。

 

何故ならば、テレビを見る癖、スマフォを使う癖を持っているからです。

 

もし、このようにテレビ漬けになっている人は、

あなたの”主人公はテレビ”になっています。

 

テレビを見ているときに、あなたが目にしているのは他人が楽しんでいる様子です。

その人たちは実に楽しそうですが、あなたは他人が楽しんでいるのを受身の姿勢で見ているにすぎません。

彼らはお金を稼ぎ、あなたは時間を無駄にしているのです。

 

他人が楽しんでいる様子を、たまに見るぐらいならよいでしょう。

しかし、平均的には、一日に7時間もテレビを見ているというデータがあります。

また、スマートフォンでは使用者の56%が「2時間以上」。

高校生では、平均使用率が男子4.3時間、女子6.4時間という統計があります。(女子高生のスマフォの所有率は、95.1%)

 

 

望む人生を過ごすには、目的を持って時間をあなたがコントロールする

あなたは、どうですか、チェックしてみてください。

 

テレビやスマフォが悪いわけではありません。

貴重な情報を簡単に手に入れることができ、また、疑似体験も可能で心を豊かにしてくれることもあります。

 

問題は、目的もなく、テレビやスマフォに時間を費やすことです。

テレビがあなたの主人公ではなく、あなたがあなたの人生の主人公にならなければなりません。

 

 

人生は有限です。

その有限の時間をコントロールし、豊かな人生を創るのも、望まない人生を創るのも

“あなた”

次第です。もう一度言います、時間は有限です。

 

 

日常の時間を無駄にしている癖を良い癖に変えるには

テレビやスマフォを例にしましたが、それ以外にもあなたにとって時間を無駄にしてしまう癖はあります。

癖になってしまったその行為(行動)をしてしまうのは、無意識に意識がコントロールされているからです。

 

それならば、その癖とは、どこに形成されているのか?

それを知らないとなかなか改善が難しいのです。

 

 

癖や習慣は、潜在意識の記憶に従っている行為

癖は、潜在意識 の中の記憶、プログラムです。

あなたの潜在意識があなたの95%の行動を決定しているといわれています。

 

潜在意識へのプログラムが、あなたに自然とその行動(癖)をするようにコントロールしています。

そのプログラム通りに考えたり振舞ったりするのが、あなたにとって楽だからです。

 

行動を変えようとすると、違和感や不快を感じたり、抵抗を感じたりするように潜在意識が働きます。

だから、私たちは楽な方を選択し、その行動を取ってしまうのです。

それが癖の正体です。

 

 

そう考えれば、癖を改善するということは、潜在意識に書き込まれているプログラムを自分が望む行動に書き換えればよいということになります。

良い癖を作れれば、無意識に良いことに集中できる自分になります。

その為には、どうすればよいか?

 

ー ー ー ー ー ー ー

本テーマの良い癖に効果的に改善や潜在意識に関しては、下記メールセミナーを活用してください。

★心身リラックスして脳波アルファ波状態にする方法は、下記に添付してあります誘導音声をご活用ください。

誘導音声「心身のリラックス&脳波アルファ波に導きます」

↓ ↓ ↓

潜在意識を活用して望みを引き寄せる9つのレッスン

 

 

あなたの潜在意識を活用して時間の良い使い方の癖に改善する方法

次の3ステップの実践が効果的なやり方の一つです。

 

時間の無駄をなくす強い動機を作る :ステップ1

あなたの癖は、何故、望ましくないのかを考える。

まずは、癖を変える動機を明確にすることです。

これは、良い習慣に変えたいという強い動機づけをする作業です。

 

 

あなたの動機付けを作るには、大きく二つの方向があります。

一つは、痛みを避けるため

二つ目は、快楽を求めたいから

 

 

①  時を無駄に使っている痛みを明確にする

ここでは、一番目の痛みを避けたいほうに注目しましょう。

何故ならば、その癖が問題であることを、まず、認識することです。

それが自分にとってどれほど無駄であるかを強く心で認識し、どれほどの痛みをもたらすかということを、しっかり確認することが大切だからです。

 

それが、よい癖に変える動機づけになります。

 

例えば、テレビ漬けになっている癖を例にしますと、

「自宅に戻ると直ぐテレビをつける。そして、だらだらテレビを見る」

このような癖があるならば、

あなたにとっての問題、痛みは何でしょうか?

 

  • 時間の浪費
  • 考えたい事ややりたい事をする時間がなくなる。
  • 1週間があっと間にすぎて、何も建設的な事や自分が本当に喜ぶことを行えていなかった、ということに、不満を感じるだけでなく、失望や後悔の念を感じる。
  • この繰り返しをすれば、1年間同じ生活、少なくとも1日3時間テレビを見ているとすれば、1年間に1095時間、即ち、1日24時間で割れば、45日にも相当します。ゆうに1.5ヶ月も無駄に過ごしたことになります。

 

実は、自由な時間は、1日8時間だとするならば、4.5ヶ月間、無駄に過ごしたことになります。

 

この時間は、人生全体を考える上で、もっとも大切な時間であり、それを無駄なことに削られているのです。

 

  • 望む願いは、いつになっても実現できない。
  • ・・・・

 

ここまで、考えると大変な無駄をしているだけでなく、人生上の危機感を感じ始めるのではないでしょうか。

「望むことを前向きに行えない人生を送っているのか?」

 

この作業かが、このまま続くとどのような痛みがあるかが認識できます。

 

高校生のスマフォの一日の平均使用率が男子4.3時間、女子6.4時間は、ぞっとしませんか!!

望む大学に進学したいと高校生は勉強しますが、この時間をみればとてもとても無理だとしか言えません。

 

 

② 時を効果的に使う目的は?

先程の事例

「テレビ漬けになっている」

その痛みは

・時間の浪費

・考えたい事ややりたい事をする時間がなくなる。

・1週間があっと間にすぎて、何も建設的な事や自分が本当に喜ぶことを行えていなかった、ということに、不満を感じるだけでなく、失望や後悔の念を感じる。

と言うことが分かりました。

 

しかし、上記の痛みが実感できるかと言うと、曖昧であることに気付きます。

何故ならば、「時間の浪費」「考えたい事ややりたい事をする時間がなくなる」

その時間を具体的に何に使うのかが明確になっていないからです。

 

そこで動機付けの二つ目「快」を求める

その時間を有効に使う目的は、何か?それを実現したいから時間が大切であるのです。その目的「快」を明確にすることがより、痛みを具体的に実感できます。

例えば、

・5年後、○○になりたい。

・○○をやりたい。

・○○を手に入れたい。

その目標を明確にすることです。それを叶えられないことは、大きな痛みになります。

 

高校生の事例でしたら、

・○○大学合格

・○○の成績を100点取りたい。

です。

 

 

時の浪費を改善の決意

「痛み」と「快」の両方考えることにより、時間を意味あることに使話ない行為に対する強い痛みを感じます。これが強ければ強ほど、その癖をなくそうという”決意”を持つことができます。

では、ここで、この癖をなくすと”決意”してください。

 

 

どのようにしたいかを決める=目標 :ステップ2

- 改善したい癖をどのように変えたいのかを考える -

 

あなたの望む良い癖を考えてみるのです。

時間を無駄に使う癖を改善し、望む姿を明確にします。

 

例えば、上記のテレビ漬けの例でしたら

・テレビは事前に番組を見て、今日観る番組を吟味して、1時間以内にする。

・残りの2時間を今、したいことに費やす。

 

そのしたい事は、〇〇です。…この〇〇を具体的に決めることが大切です。

この〇〇に快楽の要素があるからです。2番目の動機付け「快を求める」です。

その快楽、即ち、喜びや充実感、満足感は何か・・・をしっかり考え、紙に列挙してください。

 

 

望む姿を潜在意識にプログラムする :ステップ3

その望む状態になるようにあなたの潜在意識にプログラムし、実行する。

望む状態にするための潜在意識にプログラムする場合は、次の二つの方向でします。

 

1)どのような行動をとるか事前に決める

イ.例 テレビの例でしたら前日に、翌日に観る番組にマークをつける。

1時間以内。

ロ.残りの時間内でやりたい事、何をするのかを決める。

勿論、テレビを1時間観て、残りが2時間でしたら、2時間でできる

内容です。

 

注)イ、ロを妨げる障害があるならば、それを解消します。

例えば、家族で住んでいる

・その見たい番組を事前に伝えておく。

・この時間は、〇〇をすることを了解してもらう。

 

 

2)潜在意識に望む状態をプログラムする

標準的プログラムの仕方は、次の3つのプロセスで進めてください。

1.心身をリラックスして、脳波をアルファ状態にする。

 

2.次の二つをあなたの潜在意識にプログラムしましょう。

(1)「私は、前日に観たい、または観る価値があるとマークをつけた

番組だけ見ます。 それを見ることで満足できます。」

(上記の言葉アファーメーションは、あなたの確信が入る内容に変えて

OKです)

(2)望む状態が出来た喜びに浸るイメージをして、それを満喫する。

 

3.ベーターレベルに戻る。

 

 

この一連のプログラムを毎日行ってみてください。

望む状態が自然とできる状態になるまで繰り返しプログラムします。

 

 ー ー ー ー ー

上記の心身のリラックスの仕方が分からない方は、下記をご参照ください。

★心身リラックスして脳波アルファ波状態にする方法は、下記に添付してあります誘導音声をご活用ください。

誘導音声「心身のリラックス&脳波アルファ波に導きます」

↓ ↓ ↓

潜在意識を活用して望みを引き寄せる9つのレッスン

 

 

<補足>シルバメソッド の卒業生の方は、3本指のテクニックを活用してください。

例えば、

・テレビを見たいなと思ったとき、あるいは、

・疲れたなと感じた時、

 

 

あなたは、帰宅して直ぐテレビのスイッチをつけて、だらだらテレビを見る癖をもっているならば、あなたの潜在意識は、上記の二つともテレビを見るぞという信号をだしていることに気づくことが大切です。

そのような気持ちになったときは、すぐ3本指のテクニックを使います。

そして、その気持ちを取り除き、自分の望んでいる状態を創っていきます。

 

◆補足ステップ◆

上記のことができているか、カレンダーに評価のマークをつける。

〇…できた  △…不十分 ×…できなかった

×がついた場合は、その理由をはっきりさせ、それは重大であると考えたら、その対策を上記のステップに盛り込みます。

 

 

3)将来の目標をプログラムする

意味ある時間を使い将来の望む姿をプログラムします。

プロセス3に、次のプログラムをします。

将来の得たい目標をプログラムします。

例えば、

・5年後、○○になりたい。

・○○をやりたい。

・○○を手に入れたい。

 

高校生の事例でしたら、

・○○大学合格

・○○の成績を100点取りたい。

です。

 

それが達成した時の喜びをイメージングします。

ここでのポイントは、達成した時の喜びに満喫することです。

潜在意識は、喜び感情に機能するからです。

 

<備考>シルバメソッド の卒業生は、マインドの鏡を活用してください。

 

 

以上の二つのプログラムは、“目の前の時間の使い方”の目標と“将来のなりたい姿”の目標が相乗効果をもたらし、良い習慣:望む時間の習慣化を作ることができます。

 

 

あなたの潜在意識にどのようにプログラムするのか、それに成功する為の3つの要素を詳しく紹介しています。下記無料メールセミナーを活用してください。

★心身リラックスして脳波アルファ波状態にする方法は、下記に添付してあります誘導音声をご活用ください。

誘導音声「心身のリラックス&脳波アルファ波に導きます」

↓ ↓ ↓

潜在意識を活用して望みを引き寄せる9つのレッスン

 

 

 

ちょっとした違いが、無意識に望む行為に集中できる自分を創る

テレビを見て後悔している方は、

テレビを消し、見なければ、あなたが主人公になります。

少しオーバーでしょうか。

いいえ、これは決してオーバーなことではありません。

「あなたが自分の人生をどのように生きていきたいのか?」

ということに大きく関わってくるからです。

 

 

冒頭申し上げました、ちょっとした違いは、癖です。

 

例えば、

・実力テストで、いつも100点とれる高校生と50点しかとれない高校生の違い。

・長い目で順調に出世できるビジネスマンとそうでないビジネスマンとの違い。

・幸せに送っている主婦とそうでない主婦との違い。

 

この結果の違いをしっかり確認されたのではないでしょうか。

望む行為に無意識に集中できる自分にするためには、上記の3ステップを試みてください。

 

 

その他にも改善したいと思う癖があれば、まずは上記の方法を試してみましょう。

この3ステップは、あなたの顕在意識と潜在意識のコラボレーションです。

 

 

まとめ

「テレビを消せば、人生とういう番組の主人公になれる」

日常的なちょっとした癖を改善する為には、あなたの潜在意識を

活用した3つのステップを踏みます。

◆第1ステップ:あなたの癖は、何故、望ましくないのか考える

◆第2ステップ:改善したい癖をどのように変えたいのかを考える

◆第3ステップ:その望む状態になるようにあなたの潜在意識に

プログラムする。

テレビを消し、見なければ、あなたが主人公の人生に大きく近づくでしょう。

 

以上、「時間は有限。可能性は無限!時間の使い方の工夫で1週間を活き活き過ごす成功の秘訣」でした。

<以上>

 

 

関連記事案内

------------

 

潜在意識の活用に関してより理解したい方は、脳波アルファ状態が効果をしめすことが分かっています。

その観点で、下記無料メールセミナーを参考にしてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

また、あなたのビジネス、人生、学業、等の願望を実現する方法とは?
世界110カ国1400万人以上が効果を実感した潜在能力開発法シルバメソッドの講師が語る潜在意識を活用して、望みを引き寄せる9つのレッスン潜在意識シルバメソッドのメールセミナー
無料メールセミナー登録
即、体験したい! 自分の課題や願望に対してどのように実現するのかを知りたい方 は、クイック体験セミナーをご活用ください。
潜在意識シルバメソッドの体験セミナー
クイック体験セミナーの申込

\ SNSでシェアしよう! /

マインドの達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マインドの達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

林 幹雄

林 幹雄

■潜在能力開発法:シルバメソッド・ジャパン代表
■シルバメソッド国際公認講師(講師歴29年)  ■経営コンサルタント
33年前にシルバメソッド・セミナー受講。研究開発、事業企画でアイデア発想、難題解決や目標達成にテクニック活用し、自信を培い。20年勤務した会社から離れ、脱サラ経営コンサルタントの道へ。ここでもテクニック活用、目標達成、様々な課題を解決してきました。今日の自分があるのもシルバメソッドのお陰。多くの方に伝えることに邁進しています。<詳しくは、下記のボタンをクリック>

この人が書いた記事  記事一覧

  • 祈りは効果があるのか? それは潜在意識の働き!

  • 充実した人生を送る為の3つの決断と3つのステップ

  • 落ち込みから早く立ち直る為の潜在意識を活用した2つのステップ

  • 1ヶ月で10キロ減量したダイエット法の秘訣と4つの方法 

関連記事

  • 無気力で仕事や勉強にやる気が出ない人の7つの改善方法

  • 今、ここに集中し生きることが、人生を楽しむ秘訣。誰でもできる4つの方法

  • 正しい決断をする為の直感力を鍛える4つの能力:ビジネスを成功している人は直感力を重要視

  • ビジネスの壁にぶち当たり、窮地に立たされた時を打開する5つのブレークスルー法

  • 皇室の秘密&新元号はいつから?

  • パワハラ上司への対策と5つの判例